サボテン 歌詞 天野月


天野月 歌うクジラ歌词

10/14 11:55
便利なものは 壊してしまう 見た事のない景色を見る代わりに あなたと摘んだ 小さな春の 押し花に閉じ込めた決意を 変わらず暮らせてますか 少し臆病で 詭弁でしか真実を話せないまま 数え切れぬほど 言葉を知っても あなたに聞かせたくなる響きがない クジラは鳴きます 雑踏に揺れて あなたに あなただけに聞こえる 嘘を混ぜて 大事なものは 顔を伺い 足並みを揃え行く世界にはない そう呟いて カモメは飛んだ あたたかな次の場所求めて 自由になった身体で 潜ってみせた その手が触れた皮膚を 濯うみたいに

天野月 ステロイド 歌词

08/23 06:07
歌:天野月子 作詞:天野 月子 作曲:天野 月子 もうすぐバラバラになる あなたをあなたを吐く 体のひとつひとつの 小さな細胞から 狂った果実は口に潤んで 溶けて消えた あなたもきっと同じね もっともっと 欲しがるばかり 指先でなぞる あなたの模様 そりかえる睫 固い頬に わたしだけのものと伝える シルシをつけたい 来ないで (To be caught in a spider's trap) 来ないで (No doubt your love is what I want) わたしを汚さないで 壊

天野月 ゼロの調律歌词

06/23 01:04
詞:天野月子 曲:天野月子 編曲:戸倉弘智 歌:天野月子 壊れた機械は夢を見ている/故障的機器正做著夢 永遠に醒めぬ時間を奏でて/演奏著永遠不會清醒的時間 あとどれくらいの夜を紡げば/還要再織出多少個夜晚 あなたを照らすひかりになれる/才能成為照耀你的光芒 手を解かないて/不要放開你的手 あなたを追って逃げたくなるから/我想追隨著你逃離這裡 せめてやさしいそのぬくもりに抱かれて 咲かせて/至少讓我依偎在那溫柔之中 徜徉其中 Just call my name (I wanna be there

天野月 Sully歌词

08/23 05:19
作詞:天野月子 作曲:天野月子 編曲:戶倉弘智 歌:天野月子 太陽はもう目覚めやしない/太陽不會再醒過來了 餓えた獣の猛りは無感動に闇に呑まれてる/饑餓的猛獸也只能被黑暗無情地吞噬 君が浮かべた赤い気球に/你昇上天的熱氣球裡 イカサマな夢/載著虛假的夢 颯爽とキメ込んで飛べると思った/很乾脆地自以為能夠飛起來 This game had been decieded to the fate/這場遊戲已經被命運所決定了 抗うほど かなしい眩暈を喰らい 倒れる/愈是掙扎 只會受到愈悲傷的暈眩而倒地 す

天野月 風船歌词

12/01 07:54
歌:天野月子 作詞:天野 月子 作曲:天野 月子 小さい頃は 指から抜けて浮かんでいく風船が好きで 両手いっぱいの きらめくおもちゃを 一斉に放した いつの頃だろう 大事なたからを失くしていくのが怖くなってた 片付けられずに 溢れかえるのに 君と歩こう ひしゃげてる鞄持って ありったけの夢をぶら下げて行こう 星くずが泣いてまっくらになる時も わたしには聞こえる あなたの呼び鈴 時々萎んでためいき吐いて しわくちゃになっていく顔 逃げてしまった しあわせの分を 吹き込めばいいのに わたしは下手で

天野月 Howling歌词

08/25 17:02
「Howling」 作詞:天野月子 作曲:天野月子 編曲:戶倉弘智 歌:天野月子 どうしようもない災難が君の目を曇らすから/無可避免的災難讓你的眼神幪上一層陰影 トボケた夢話すんだ/讓你盡說些 掴めやしない事を/虛浮的白日夢 欲張って手放せないのは/我如此堅持地緊緊抓著 諦めちゃないから/是因為我不想放棄 しなければよかった経験も/不然再美好的經驗 明日には報われてる/也將在明天成為報應 Howling あたしの無惨な穴へ/Howling 你的光輝不斷地 君の光が射し込み続けて/朝著我那殘酷的洞

天野月 NOISE歌词

03/29 19:39
詞:天野月子 曲:天野月子 編曲:戸倉弘智 歌:天野月子 思い描いては かき消してた その橫顏/伴隨回憶勾勒描繪的是 那張消逝去的側顏 あなたをまだ 憶えていたい/只要回想你還是心疼依舊 世界が果てても/盡管世界已然如此終盡 私の蕾は 咲き亂れて 形もない/我的花蕾散亂地綻放著 連原形都殘缺不堪 どんな色に 染まっていたかを/又曾是釀染著何種繽紛的色彩 忘れてしまった/業已忘卻無憶可循 満ち欠ける光に 想いを束ねて/在尚未皎潔滿盈的月光下 將對你每一絲的思慕扎束 あなたに続いてゆく/不停歇地傳獻

天野月 サカナ歌词

08/12 10:19
「サカナ」 词:天野月子 曲:天野月子 编曲:Qoonie 歌:天野月子 今几千の星が落ちて 涙と変わり あなたの髪を染めゆく顷 私はひとり 小石の散りばめる神社道 乾いた畔道 赤い阶段を一つ上り あなたは待っていた 数えるほどの言叶达よ 肿れ上がる瞼よ 爱する人はサカナになり 海へとかえる 椿の花びら瓶に差して あなたの手を取り いつまでも続いていくような 道を歩いた 今几千の星が落ちて 涙と変わり あなたの髪を染めゆく顷 私はひとり 数えるほどの言叶达よ 肿れ上がる瞼よ 爱する人はサカナにな

天野月 Daisy歌词

12/08 11:15
天野月 - Daisy『雏菊』 作詞:天野月 作曲:天野月 翻訳:時雨 乾き切った大地のその下で『干涸龟裂的大地底下』 いくつもの想いが眠ってる『几多思念正在沉睡』 あなたを埋めた祭壇に『埋葬着你的祭坛上』 花を飾ったなら出かけよう『献上鲜花后便出发』 Hey Daisy 聞こえてるでしょ『是否听见』 あたしの中でざわめく『我心中喧嚣的』 不条理なもの 冷めた感情『不合理的一切 早已冷却的感情』 煙を上げて 燻る愛が『冒着烟 星火渐熄的爱』 Hey Daisy あたしは何処で『我到底是在何处』

伊東歌詞太郎 ピエロ歌词

03/03 18:35
大丈夫 大丈夫 /没事的 没事的 おどけてみせる僕は /表演着滑稽动作的我是 小さなサーカスの名も無きピエロ /这个小小的马戏团里无名的小丑 真ん丸いお月様みたいな /在像是圆滚滚的月亮般的 ボールの上 バランスをとって /大球之上 维持着平衡 派手に転んだりしちゃって /然后忽然华丽地跌落下来 笑われるのが僕の仕事 /逗人发笑便是我的工作 客席に泣いてる君を見つけた /发现了在观众席上哭泣的你 そんな悲しい顔はしないでよ /別露出那麼悲伤的表情啊 パパもママも知らない君の涙に /爸爸和妈妈都沒

天野月 サボテン歌词

08/15 21:43
天野月 - サボテン『仙人掌』 作詞:天野月 作曲:天野月 翻訳:時雨 特別鳴謝:雷仔 流れる雲のように『如若能像那流云一般』 自由な風に乗って『乘着自由的风』 走れていたなら『飞驰的话』 あたしにはどんな景色があったろう『我会遇见怎样的风景呢』 包み込むように ぎゅっと『其实很想 犹如包裹着你一般 紧紧地』 あなたを受け止めたかったよ『将你的一切包容』 醜い棘に『却只能一脸』 諦めたみたいな顔して笑ったね『对丑陋的利刺断念的表情付诸一笑』 霞む思い出と手を繋いで『与模糊的记忆牵手』 太陽を睨ん

天野月 ZERO歌词

08/07 19:50
词:天野月子 曲:天野月子 编曲:戸仓弘智 歌:天野月子 a broken robot keeps having an impossible dream and he still wonders in his deep delusion can i become your hope? so what should ido? for how much daylight do i have to wait? don't look back on your way 'cos i wish could

天野月 翡翠歌词

11/19 07:27
轧む音の奏でに耐え切れず无法承受的嘈杂演奏 距离を作るわたしを许さないでいい无法宽恕造成这距离的我-- あなたのやり方でいい你的做法也无可指摘 膨れ上がる上辺だけの嘘で用谎言来膨胀自己的表面 夸り庇うあなたと分かっている用骄傲将自己的真实包裹 今はそのままで悪戯に生きて终日生活在如此的恶作剧里 何を葬り 手にして 残せる双手埋葬了什么 留下了什么 わたしの腕がもう少しだけ长く如果我的双手能够稍微再长一点 すべてを包めたなら如果能包容一切 不安を焦りを痼りを取り去る就能驱除心中的不安 魔法を挂けて

天野月 箱庭~ミニチュアガーデン~ 歌词

01/03 01:19
箱庭~ミニチュアガーデン~ (天野月子) 箱庭 ~ミニチュアガーデン~ 欲しい物など手に入れたら ただのガラクタになり 忘れられてゴミと化かす お気に入りを集めて组み立てて壳を作るほど 不安ばかり消せなくて 空回る无器用さもあなたはほほえむから 探してた答えなどもうどこにもないから # 嘘を吐いてこのまま骗していてね 髪をなでる指の先から もしあなたと始まることになっても かまわないと今なら强く言えるの # ヴェールを脱ぐ生まれたばかりのわたしの姿は ただ小さく无防备でも あなたと知るいろんなわ

天野月 月歌词

04/23 09:25
金色の雨が落ちる<金色雨滴落下> 溜息は白く浮かぶ<嘆息蒼白浮現> 話し込んでたアカルイミライは<熱烈討論的光明未來> 街頭の中<在街頭> 虚ろいでいく<逐漸空洞> loser 歪んだ心の襞に深く刺さった月<月光深深穿刺扭曲的心靈皺折> わたしを責めればいい<責備我吧> glaring 錆びつき剥がれた夢が高く積もった夜<高筑斑駁腐朽夢想的夜晚> わたしを照らせばいい<照耀我吧> 見上げてる顎のライ

天野月 硝子歌词

12/01 18:12
硝子 - 天野月子 词:天野 月子 曲:天野 月子 お天気野郎に用はないわ あたしは曇ってる人が好きなの 擦れて汚れた瞳を 輝かせるのが快感なの お掃除は少しずつやるより 溜め込んだ方が気分いいわ 君の濁った硝子を 一気に磨きたい 寂れたハート抱えて 尻込みしてるLooser 切れなかったカードは 何処に仕舞い忘れてきたの ここへおいで 楽園は君の傍で眠っている 食わず嫌いに その腕が戸惑いはじめたなら 心守る 厚い壁吹き飛ばして 創始になれ すべてが欲しい そう企んでいたあの日のように 溜息吐

伊東歌詞太郎 ぼくらのレットイットビー歌词

08/24 23:32
生(う)まれ変(か)われるのなら 目印(めじるし)になるから 巻(ま)いておこう 小指(こゆび)と小指(こゆび)の长(なが)い糸(いと) ほどけない様(よう)に 结(むす)んどこう 夏祭(なつまつ)り りんご饴(あめ) 雨(あめ)降(ふ)り空(そら)に 虹(にじ)が架(か)かる顷(ころ)なの 壊(こわ)れた感情(かんじょう)が いつか 君(きみ)を消(け)していく 见(み)えなくなると 失(うしな)われる灯火(とうしび) でも 结(むす)んだ长(なが)い糸(いと) ほどけ落(お)ちていないから

伊東歌詞太郎 コカコーラタイム歌词

08/09 14:18
少しボリュウムを下げてみようかな 耳が痛くなってきたみたいだな こほんこほん 咳払って 払い過ぎて 飛び出す赤い唾 ごしごし 目を擦って 擦りすぎて 止まんないネガティブが コカコーラ 買いに行こう 空白の 深夜二時 メンソール 吸いながら 嫌々近い未来を目指して 少しお喋りをやめてみようかな 口を開けば災いばかり降る えへんへん 僕 威張って 威張りすぎて 離れた仲間たち それぞれ 道進んで いなくなって 笑ってる 僕の事 モスバーガー 温めよう 誰もいない 台所 ワンピース 読みながら もや

天野月 箱庭歌词

06/06 12:04
欲しい物など 手に入れたら 就算是渴望的事物 一旦到手後就不會再去珍惜 ho shi i mo no na do te ni i re ta ra ta da no ga ra ku ya ni na ri ただのガラクタになり 忘れられてゴミと化す 他們將被遺忘 被遺棄 如同垃圾一般 ta da no ga ra ku ya ni na ri wa su re ra re te go mi to ba ka su お気に入りを集めて 組み立てて 殻を作るほど 就算你得到所有想要的東西 你卻還想

天野月 ライオン ~DECADE Ver~歌词

04/19 20:15
优しい阳射し 柔らかな鸟の声 空っぽになる あなたの爱した间取り 剥がれ落ちたペンキの细かな屑 ふたつ买った染みのついた皿 驯染んだそのすべての游び道具を 固く缚り盖をした 広く苏る部屋 嘘みたいに明るい ライオン 诘くなった槛から出ていくふたり ずっと同じように笑っているだろうか 古い写真 今よりわたしは细く 颜の皱も 目盖の厚さも违う あなたの方は 腰に届くような髪 琥珀色のたてがみに见えた 锐いその视线の裏に潜む 孤独な日々の営みを わたしという絵具で 涂り溃せると思った ライオン 诘くな