葉月ゆら 踊り子


葉月ゆら サラマンドラの踊り子歌词

07/08 11:46
在前人翻译成果的基础上,调整了中文歌词的用词.押韵和字数,使中文歌词也能和原曲节奏相对应,可以直接用中文唱了.(Rollchain) サラマンドラの踊り子 沙罗曼达的舞女 真夏の夜の荒地に 在盛夏之夜的遥远地方 紅い炎燃え盛る 一朵鲜红的火焰悄然绽放 薄絹を身に纏い 轻盈的薄绢盘绕于身上 祈りを捧げる少女 虔诚的少女用灵魂在祈望 願いは戦場へと 旅立つ彼の無事を 那愿望是 征战沙场的他 旅程一切顺利人安康 他にはいらない 涙を届けて欲しい 其他的事 不曾奢望 只求眼泪能与他一起分享 髪を靡かせて

葉月ゆら Dark Fairy Tail歌词

10/02 08:54
ⅢDark Fairy Tail 作詞:月棘苑子 作編曲:上月幻夜 菫色の雨が くらい空に降りそそぐ夜 隠してたジャムを取り出して 秘密の言葉を唱えよう Welcome to My Fairy Land どんなことだって出来る 甘いマシュマロもマスロンも 刎ねた首の赤い雫も セカイ彩る星屑 飾り付けて 君にあげるよ カボチャの馬車の上 踊る 無数の悪意たちと 硝子の靴を放り投げて 小さくお辞儀を チョコレイトの瞳が 光る 謎ときを明かすように 美しき夜の少女たち 秘密の言葉 囁き合う Welco

葉月ゆら 紅の魔女姫歌词

05/21 17:46
凍える吐息と白い柩 私の身体は今日も乾いて 冷たい指先 死せる哀しみを確かめ いばらの毛布で眠る - ねえ 永遠に生きてゆく痛みさえ 一人きり 箱庭に歌う - 願いへと辿る眼差しは羽ばたく 黒い鉄の翼広げて 嗚呼 人の生を狩り取る 残酷を知らずに 「廻れ 廻れよ 人の子よ 踊れ 踊れ 儚き命を散らして」 見つめる闇は 未だ幼き<紅の魔女姫> 崩れた城壁 揺れる戦火 荒野の大地は 終わることなく 彷徨う騎士 触れる白銀の獅子 初めて心震える - 胸に抱く十字 煌きを放つ 誓い - 恋に落ちる眼差

葉月ゆら 夢魔と羊の群れ歌词

12/26 14:30
夢魔と羊の群れ -梦魔与羊群- さぁさぁ おいで夢の奥へと [来吧来吧,到梦境的深处来] 招く闇 囁きは甘く[甜声细语与黑暗一同召唤着] 虚ろな少女 お好みでしょう[空虚的少女,是你的喜好吧] この子は如何? 笑う黒い烏[这孩子如何?黑色乌鸦微笑着] 白い肌に貧相な躯[苍白的肌肤,贫寒瘦骨的身躯] ほら.触れた場所から軋む骨の音[你听,指尖触碰之处骨头嘎吱作响] 「コワシテシマエ ハヤク」[快点毁灭--这一切--] 恐れよりも快楽が勝るなら真実[快乐与恐惧相较若占上风即为真实] とろける血の味と

葉月ゆら 月のワルツ歌词

07/08 18:00
こんなに月が 蒼い夜は 不思議なことが 起きるよ どこか深い 森の中で さまよう わたし タキシード姿の うさぎが来て ワインはいかが?と テーブルへ 真っ赤なキノコの 傘の下で 踊りが始まる 貴方は何処にいるの? 時間の国の迷子 帰り道が 解らないの 待って 待っているのに 眠れぬ この魂は 貴方を捜し 森の中 「月の宮殿(チャンドラ・マハル)」の王子さまが 跪いて ワルツに誘う 睫の長い 蝶々たちが シフォンのドレスでひらひらと 虹色タイツの かぶと虫は 剣の ダンス 求めるものは なあに?

葉月ゆら 13番目の御伽ノ国 ~Ending theme of clepsydra~歌词

10/17 04:11
13番目の御伽ノ国 作詞:葉月ゆら(清風明月) 作曲:Drop(清風明月) お陽(ひ)様(さま)消(け)して.月(つき)をつけましょう 響(ひび)くブレーメンの音楽隊(おんがくたい)(布莱梅的乐队(格林)) お付(つ)きの者(もの)は.七匹(しちひき)の小(こ)ヤギ(狼和七只小山羊(格林)) さぁ.参(まい)りましょうお姫様(ひめさま) 三日月(みかづき)のウサギの.お茶会(ちゃかい)へ (爱丽丝漫游仙境,三月兔(March Rabbit)和帽匠(Mad hatter)的茶会,(英国) 原文:M

葉月ゆら HAMELN歌词

11/22 05:15
根据前人的翻译作品重新润色,把中文翻译歌词的字数与原曲节奏基本对应,可以用中文直接演唱,同时兼顾押韵,大家可以尝试着唱一下. 自感这首歌实在太经典,又把中文歌词改了一稿,力求完美(Rollchain) 軽(かろ)やかに響(ひび)く笛(ふえ)が 轻盈的笛声悄然吹响 窓(まど)の外(そと)の闇(やみ)に浮(う)かぶ 在窗外的夜色之中幽幽飘荡 どうか連(つ)れ去(さ)って行(い)って 无论如何,请指给我方向 冥府(めいふ)への道(みち)でも構(かま)わない 就算是通向冥府的路,那也无妨 冷(つめ)たい

葉月ゆら 宵闇花火歌词

11/08 12:37
宵闇花火 サークル:清風明月 歌:葉月ゆら 作詞:葉月ゆら 作編曲:drop 夕暮(ゆうぐ)れに手(て)を振(ふ)る子(こ)たち 戻(もど)る場所(ばしょ)の無(な)い.私(わたし) 日暮时分 玩伴们挥手告别 可我却 没有归身之处 夜(よる)の風(かぜ)と遊(あそ)びながら 踏(ふ)み込(こ)んだ宵闇(よいやみ)の中(なか) 感受着夜风微抚 踏进夜晚的黑暗中 「君(キミ)ハ何処(ドコ)ヘ行(ユ)クノ?」 "你要去哪里呢?" 狐(きつね)の面(めん)が笑(わら)う 戴着狐狸面具的人笑着说

葉月ゆら 御伽影牢館歌词

08/06 07:50
真夜中を告げる时计 钟の音 钟声告知了午夜的光降 メルヒェンを求めて歩く骑士 跟随着童话而来的骑士 さぁ ここへ 贵方を暖めましょう 来我这里 让我温和你吧 代偿は人生の全て 作为代价请将你的人生所有都交给我 人鱼の声 白い雪の少女の肌 有着人鱼的嗓音 和雪般肌肤的少女 全て手に在る 美しい私 具有一切的 姣好的我 御伽の国から迷い出た少女は 怅惘于童话之国的少女 我侭で骄傲な女 是个任性而骄傲的女人 女王に憧れ堕ちていく运命 她因向往成为女王而腐化 王子様は来ない いつまでも 可她的王子 永远

葉月ゆら 夢、麗しく闇を奏でる歌词

05/30 17:46
少女α:今宵も梦见る 优しい牙を[今夜也梦见了,温柔的尖牙] 少女β:冷たい月 欠ける月[冷月,月缺] 子爵:今宵も焦がれる[今夜也依旧想念] 少女α:首筋に残る 痛み爱しく[让人怜惜的疼痛残留在脖颈] 悦楽は夜に咲く棘のよう[欢乐如盛开在夜晚的荆棘] 少女β:圣女を装い全てを夺う 何処までも堕ちて逝け[伪装成圣女剥夺一切,无论到哪都将坠落而去] 少女α:私を呼ぶ 优しい声 触れて心の奥へと[呼唤我的温柔之声,逐渐触碰到内心深处] 少女β:贵方を呼ぶ 暗の中 焦がれる面影[黑暗中,日夜思念的脸孔

葉月ゆら 夏を飛び越えて歌词

06/19 07:38
淡いピンクの桜が散った後は 細い 枝葉を毛虫がかざり彩る 雨が上がって日差しがのぞいた時に 夏は目の前 心がすすり泣くのね あの人がそばに-(Last Summer Boy) あの人がいない-(Not Summer Boy) いっそ梅雨を無視して 夏を飛び越え 優しい秋の夜更けまでトリップしてみたい 夏よ.ごめん.許して みんな閉じ込め 悲しみのない季節だけ眺めていたいのよ 夕日が沈み 子供は夏の名残 惜しむかのように スイカの種を蒔く 枯れた向日葵 横目に通り過ぎて 冷めた夜風を一際感じる私

葉月ゆら アマリリス歌词

07/23 11:12
贵方が泣くと 仆の胸は苦しくて 当你哭泣的时候 我的胸口就会感到苦痛 贵方が笑うと 仆の胸は踊りだす 当你露出笑容的时候 我的胸口就会开始起伏 瞳に映る物の全てが 从瞳孔裏映照出来的东西全部都 美しい世界で満たされますように 像在美丽的世界裏就会感到满足一样 光の湖 雫を跳ねあげて 在光亮的湖泊中 水滴们都在翩翩起舞 手を伸ばす君の发をふわり风が舞い上げ 伸开手的你的头发轻飘飘地在风中飞舞上升 鸟たちの嗫き 见上げる君の笑颜 聆听著鸟儿们的私语 仰视著你的笑脸 香りたつ胸に秘めた 华の名はアマリ

葉月ゆら xoxo歌词

09/13 11:22
[ti:xoxo] [ar:葉月ゆら] [al:ELECTRIC GIRL] [00:01.00]xoxo [00:03.00]歌:葉月ゆら 作曲編曲:Tetsushi [00:05.00]作詞:葉月ゆら [00:08.00]by:高天原領域 [00:34.53] [00:45.33]Moonlight falls into the room 踊り疲れたら [00:52.93]Pleasures in the darkness 明かりを落として [00:58.26]見詰め合うのよ [01:00.

葉月ゆら 眠りうさぎと月の夢歌词

10/02 10:41
今日はどんな夢をみるの?ねぇ 教えて 窓の外には森の木々 手招きしてる 裸足で抜け出そう 誰にも知られないように 不思議な国のその奥で 眠りうさぎがまどろむの ヤギの執事はお茶をどうぞ 紅く綺麗な色ね 醜いもの無い世界 純粋な悪意の世界 私の中の甘い 蜜をどうぞ 分けてあげましょう 白い黒鳥 羽ばたく羽 頬を撫で 痛む言葉も刺さる傷も 消してくれる 満ちては照らす月 影絵と一緒に踊れ 揺れる記憶のその奥で 秘められた箱は開くの 涙は真珠になり 白い肌に残る傷跡 もう誰にも縛られずに 綺麗なまま生

葉月ゆら 箱庭詩集-首無し少女と魔女-歌词

11/02 18:32
溜め息と蜂蜜の涙 壊れた繭を引き摺って 冷たい石畳の上 開いた羊の背表紙 瞼の奥に散らばった 悪夢をミルクに溶かして 滅びと収穫の魔女に 祈った すべてを捧げて 辿る詩の中 物語を今 それとも- 終焉を知る為.生きるの? 祈りを孕む願いの向こう 何があるのかも知らず 零れ落ちてく銀貨 ただ土へ還す 首の折れた少女 何も見えてはいないの 思い遂げると信じ 十字切り.捨てた 蒼ざめた瞳を菟めて並べた お菓子の柩を 硝子の箱庭に埋めて まつ毛に綴る金の糸 失くした小指の先から 解いた赤は誰のもの? 滅

村下孝蔵 踊り子歌词

09/22 03:28
答えを出さずにいつまでも暮らせない バス通り裏の路地 行き止まりの恋だから 何処かに行きたい 林檎の花が咲いてる 暖かい所なら何処へでも行く つまさきで立ったまま 君を愛してきた 南向きの窓から 見ていた空が 踊り出す くるくると軽いめまいの後 写真をばらまいたように 心が乱れる 表紙のとれてる愛だから かくしあい ボロボロの台詞だけ 語り合う日々が続き 坂道を駆ける子供達のようだった 倒れそうなまま二人走っていたね つまさきで立ったまま 僕を愛してきた 狭い舞台の上で ふらつく踊り子 愛してる

葉月ゆら 死の舞踏 La Danse Macabre歌词

11/17 18:07
死の舞踏-La Danse Macabre- 作曲.編曲:オッカ 作詞:一斗まる 今宵も弔(とむら)いの鐘が響き 幕(まく)が上がる常(とこ)しえの闇 墓石(はかいし)の影纏(まと)う 澄明(ちょうめい)の怪人(かいじん) ドレスを飜(ひるがえ)す死の令夫人(マダム) 紫煙熏(しえんかおる)らせ死の侯爵(こうしゃく)(マ(ま)ーカス(かす)) 朧(おぼろ)げなら狂宴(きょうえん) 浮かび揺れる仮面舞踏会(かめんぶとうかい) Memento mori alleluia Kyrie Elesion

葉月ゆら 紅い靴 Selfish Shoes歌词

01/20 01:31
爱した人はもう この世には无く 我所深爱的人 已不在这个世上 壊れた心抱き 悲しみも麻木する 破碎的心中所怀有的悲伤也会麻木 响く镇魂歌に背を向けながら 我转身摆脱在面前响起的镇魂曲 心蚀み止まぬ 欲望の欠片 欲望的碎片 连接腐蚀我的心里 un·deux·trois 踊れ踊れ魔の靴 一二三 舞动吧魔法舞鞋 棘の道を駆け抜けて 夜の暗に孑立の赤 夜晚在荆棘门路上飞奔的孑立血红 跳ねて廻る 腾跃旋转 un·deux·trois 踊れ踊れ死の靴 一二三 舞动吧死亡舞鞋 朽ちたお城も踊り抜け 跳着越过那

葉月ゆら 双剣の姫君歌词

03/18 15:22
--------------------------------------- vocals:◇葉月ゆら◇ ◆海紅◆ ◇◆合唱◇◆ --------------------------------------- ◆ ねぇ 何時からかしら ◆ 全てが欲しくて ◇ 二人の姫君 一つの王冠 ◇◆ 廻り巡る運命の輪 ◇◆ 幾千の命を賭け ◇ 輝く月 照らす瞳 ◆ 輝く星が瞬く瞳 ◇ 私にためらいは無い ◆ 私に逆らう者など無い ◇ 血を望むなら 欲望の侭 ◆ 血を望むなら 欲望の侭 ◇ 満たして心 踊る

K2 SOUND 葉月の頃に歌词

05/13 18:14
葉月の頃に 原曲『廃獄ララバイ』 Album『浮符音 -UKI FUNE-』 作詞・歌:仲篠田 むぎ 編曲:京箪笥 風鈴の音 騒ぎだす子供の声 自転車を漕いで登りきった河川敷 ここに来ればまたあなたが あの頃のように待ってる気がした 誰もいないベンチに一人座り 果てない空を扇げば 夏草の匂いがなぜか切なくて 還らない日々に夢を見てた 白いTシャツ日に焼けた肌に似合う 眩しい季節がいつしか脱け殻になる 夏の終わり告げるように 寂しそうな向日葵が揺れた 坂道の途中で寝転がって 見上げてたあの星座を