あなたは瞳の中で愛の光を


大木理紗 光の中へ 愛のテーマ歌词

04/13 22:13
空のはてに 心お飞ばすの轮 彼方のすぐに 谁もいないから 雨の音に 耳お澄ましながら 闭じ込めた言叶は 埋もれてしまう 心お见つめる 虚ろな瞳は 心お写しはしない 彼方お待ってる 私がいることに 早くきずいて 何时かきっと 闭ざされた'扉お 彼方が开くでしょう 途惑いながら 思い出の箱に 键お挂けたとき 何かが砕けてちった 呼びかける声も 爱した歌さえも 今わとどかない 何时かきっと 暗に沈む船お 彼方が导いて 光の中へ 专辑:Final Fantasy Vocal Collection Vol

嘉陽愛子 瞳の中の迷宮歌词

10/21 06:12
会いたい-会えない 思い募るほど 想见你-却遇不见 思念越来越强 この祈りが届かないのは 这个祈祷不能传达 なにかをきっと 見失ってるから 必定是遗失在某处了 いつだって この瞳に 映されたものだけが 唯一の真実だと 信じていたけど 一直也相信着无论何时都被这双瞳反映的东西 才是这世上唯一的真实 世界は一つじゃない「もしも」という世界 無限にあると知って 但是世界或许并非只有一个 当知道有无限『假设』的世界 いま途方に暮れている 所以现在我们在旅途中 会いたい-会えない 悔やみきれないよ 想遇见

嘉陽愛子 瞳の中の迷宫歌词

05/29 04:12
会いたい...会えない 思い募るほど/想见你--却遇不见 思念越来越强 この祈りが届かないのは/这个祈祷不能传达 なにかをきっと 见失ってるから/必定是遗失在某处了...... --------------------------------- 瞳の中の迷宫 暗与帽与书和旅人 唱:嘉阳爱子 作词:Kenn Kato 作曲:渡部チェル 编曲:ats-Chorus Arrangement:渡部チェル ------------------------------------ いつだって この瞳に 映さ

日本ACG YOU ARE MY REASON TO BE~愛は瞳の中に~歌词

10/12 21:04
When I look into your eyes I realize That my love for you will never ever die Together for the rest of our lives I always want you here by my side 何も言わず 抱きしめた 貴方の 優しさを 忘れる日は ないの YOU ARE MY REASON TO BE You are a dream come true You are everything to

中恵光城 硝子の棺歌词

09/14 07:35
花の香り 甘い罠の中 貴方のためだけに 用意された舞台 美しいよ とても綺麗だと この姿を愛(め)でる 凍るような視線 その翅が くすまぬ様にと 与えられた望まぬ揺り籠 虚ろな瞳が 苦痛に歪む 暗い牢獄 捕らわれた蝶 せめて夢の中で ひらひらと さあ舞踊れ 艶やかに 艶やかに 蝕むような 深い闇の中 私のためだけに 用意された棺 その亡骸を 弄ぶ指 独占を悦ぶ 満ち足りた微笑み その翅が 崩れぬ様にと 永久を謡う凍れる箱庭 鮮やかな翅が 棺に沈む 串刺しの翅 動かぬ体 せめて想いだけは ひらひら

中恵光城 カガヤ歌词

01/09 12:19
Vlin/ Riko かがや かがや いとこひし かがや かがや いとかわい ねんじのねがひはいくらでも このわれがかなえてしんぜよう 赫や 赫や いと恋し 赫や 赫や いと可哀い 爾の願いは幾らでも 此の余が叶えて進ぜよう "では.彼方のあの月を 消してみてはくれませんか" なんとも他愛のなきことを 月とは朝に消えるもの あれあれ爾とあろうもの 可笑しな戯れを申します かがや かがや いときよし かがや かがや いといとし ねんじをぜひにもわがつまに しからばいかがはせんぜよう 赫や

中恵光城 四面楚歌-Mitsuki ver.-歌词

09/09 22:43
四面楚歌-Mitsuki.ver- [ユグドラシル-Filie Best Album-] 作詞:あたいわだれか 作曲:あたいわだれか 編曲:HIR 歌:中恵光城 静(しず)まりし夜(よ)の大地(だいち)に響(ひび)く 懐(なつ)かしき故郷(ふるさと)の歌(うた) 是(こ)れ何ぞ楚人(そひと)の多(おお)きや.と 杯(さかずき)をかわして 幾重(いくえ)に囲(かこ)む漢軍(かんぐん)の 轟(とどろ)く楚(そ)の歌(うた)流(なが)れれば 万里(ばんり)を手(て)にした覇王(はおう)でさえも 今(い

中恵光城 影法師歌词

01/23 12:48
01 影法師 詞:つきみ 作/編曲:村里翔太(arc) 歌:中恵光城 ひとつ ぽつり 影法師 花の傘 少女が一人 しゃんしゃん しゃらら 鈴揺らす 竹馬ごっこは さようなら 海の向こうの お人形抱いて かかさま眠る 土の元 一生分の お参り ひとつ ゆらり 影法師 青い瞳の 異人がひとり しゃんしゃん しゃらら 花を摘む 一夜の夢は さようなら 離れるならば この腕抱いて 手折れば永久と 笛を吹く 行く先知るは 風のみぞ ひとつ ふたつ 影法師 暗(やみ)はまやかしと 嘯くように 細道照らす お

中恵光城 あるびの歌词

06/21 15:03
遠く光る 銀色の細い月 斬り裂かれた 浅い傷口の様に 同じ色の うさぎを誘う こっちへおいで ここは何処 私は誰 誰とも違う毛並み 白く映えて 浮かび上がり 何処にも混じれない ウサギ ウサギ ナニミテハネル 此処ではない何処かへ 桃源郷を 夢見て跳ねる ワタシヲツレテッテ 淡く浮かぶ 朧気な丸い月 口を開けた 甘い逃げ道の様に 赤い目をした うさぎを誘う こっちへおいで あなたは誰 何処へ行くの 誰とも違う言葉 そっと優しく 抱き上げる 何にもわからない ウサギ ウサギ ナニミテハネル 優しい

中恵光城 待宵姫歌词

12/21 14:54
いつまでも待ちましょう また夏を送りましょう いつの日か名を呼ばれるその日まで 遠い遠い追憶の彼方 揺れる想い 今は顔もおぼろげな貴方は誰ですか 永い永い星霜の果てに何があるの 水は流れ 玉響の涙も留まらない どうして 寂しいのでしょう その理由も解らないけれど いつまでも待ちましょう (あなたを) また夏を送りましょう (まってる) 誰かも判らぬ 愛しい貴方のこと (きおくはかすんで) 生きる意味を与えて 温もりを教えてくれた (それでも.いまはただ) それだけは 忘れずに憶えてます 浅沙(あ

中恵光城 小指と糸と鋏 -コユビトイトトハサミ-歌词

09/20 21:37
小指と小指を絡めますれば 人の間に縁が生じ 俗には赤い糸の仲ですと 申す輩もおりますもので 鋏で小指をちょん切りまして 「これが私の覚悟です」 ほの字の相手に渡しまします 何と奇怪な願掛けだこと 恋は盲目.いと可笑し 人は愛憎.あゝ可笑し あの人は他の女に首っ丈 それでも愛してる愛してるの 産まれてくる子に罪はなけれど ここでは幸せにしてやれない あの人は他の女に首っ丈 夜なべで働いて稼いだって 湯水の如く貢いでしまう ここでは幸せにしてやれない 熊野の烏に誓いますれば 人の間に縁が生じ 必ず二

中恵光城 黒猫論歌词

04/09 01:24
つまらない日々の慰めごとに 戯れで騙る招き猫遊び 手鞠は厭きたの 気まぐれに可愛らしく啼いてあげるわ にゃあ 嘘か真かなんて些細なこと びぃどろに乱反射する物語 覗いてみたいのでしょう? 抑えられないのでしょう? 果ての 果ての 果てへ おいでなさい 幻惑-ゆめ-を見せてあげる 赤い 赤い果実は食べごろ だけど-変ね その手はまだまだ届かない 結末-おわり-にはまだ早いわ 当然.相応しいご褒美をいただかないと 溜息なんてつかせないくらい 激しく揺らしてみせなさい 何度堕としても這い上がってくる

中恵光城 指切唄歌词

03/20 11:35
指切唄 作詞 : 黒川うみ 作編曲 : 翡翠 小指出しませ 指切りしなせ 愛のあかしに 言のちかいに 小指出しませ 指切りしなせ 恋のたわむれ 踊るでまかせ ひとり ふたり さんにんと 絡まる指がいっぽん多い 誰の指? 小指出しませ 指切りしなせ 仁のかたぎに 夢のはじめに 小指出しませ 指切りしなせ 金のむしんに 片のかわりに いつつ むっつ ななつめと くちつく嘘がいっぽん多い 誰の嘘? 小指出しませ 指切りしなせ 次のつきには 次のばんには 小指出しませ 指切りしなせ 実はいつわり 贋のゆ

中恵光城 桜花狂咲歌词

12/22 13:11
来自于http://yyya0126.blog126.fc2.com/blog-entry-228.html 中惠多次唱出的點題句→ もう一度.お会いしましょ並沒有出現在歌本上 作詞:Jager 作/編曲:如月秋祐 vln:Riko.ジャッカル 藍色の闇が追り 名殘惜しそうな夕暮けは ゆっくりと消えてゆく 重だげな雨雲が唸り 遠くに響いた春雷が 静寂に木霊した 冷えた身体を寄せてみても 嗅ぎ慣れた愛しい匂いは 土埃が奪って じっと黙っている貴女と 不安で重ねた唇は 冷たく渴いていた 重なる影 抱

中恵光城 恋歌宣誓歌词

04/08 14:30
一私は.嗚呼 自らの心を信ずる自由を有する. 一私は.そう 貴方への想いを貫く自由を有する. お偉い法も役人も 何人たりとも触れやしない. 善人ぶった悪魔などに.私の権利を冒せやしない. 言の葉溢れる此の場所で 私は貴方に出逢いました 目深に帽子を被る人 誰より言葉を 愛した人 一私は.好んで翼を折る鳥はいないと想ふ. 一私は.好んで嵐を飛ぶ鳥はいないと想ふ. 鼓笛の音が群集を 前へ倣えと追い立て急かす 右も左も解らずに 如何に正しさを明かすのだろう. 色鮮やかな砂糖菓子に 貴方と結んだロマネス

中恵光城 鬼灯落ちて。歌词

09/10 21:24
仄甘い言葉を舌に絡めて 華の秘蜜に吐息を濡らして 無垢な雪を染める 紅い牡丹と愛を紡いだ声 月の夜結んだ契りの糸 妖しく鬼灯誘う 道を辿る 薄暗い部屋には二匹の獣 薄い襦袢の子猫はだぁれ? 床の軋む音と 衣擦れの音 耳障りな音と 契りの言葉 猫は口から泡(あぶく)を垂れて 人の言葉も聞きやしないわ 手の鳴る方へ 手の鳴る方へ 惨めな鬼さん此方 骨から削ぎ落として 彼に触れた全てを 薪にくべる 約束(いと)の重みを解せぬ男が 泣いて鬼に許しを請う 手の鳴る方へ 手の鳴る方へ 二度と戻れぬ 鬼さん此

中恵光城 古書ノスタルジヰ堂歌词

07/09 11:06
此れは愉快 奇奇怪怪 懐古の花弁散る ノスタルジックな古書堂をご所望? 不可思議で 蠱惑的な本をお探しですか? さぁ皆々様 お手を拝借 チントンシャン さて.貴方の為の本を呼びませう 嗚呼.人生(いのち)の琴線に触れる本を おや.どうやら早くも見つかったようだ にゃあ.と黒猫が啼けば序章は捲るめく (ひいふうみい やいやいやー) 辛いことでも或りましたか? 其れでは慰めてあげませう 来々世界 唐傘からからハイカラ さようなら 物語がワタシを招く 紳士淑女 老若男女 金銀の眼 爛々と 黒猫がにゃぁ

中恵光城 影絵ノ蝶歌词

05/30 03:03
ゆら ゆら 戯れを 夜な 夜な 艶やかに魅せて 舞い跳ねる宵の蝶 ひら ひら その翅が ちら ちら 焼焦げ朽ちようとも 胸に宿る灯は 燃え盛って けして負けないと決めた どんなに泥濘に塗れようと 生きること 生き抜くこと 其れが証 餞の意思 ゆら ゆら 揺らめいて 夜な 夜な 影絵は蠢く 胸に芽吹いた蕾 ひた隠して けして求めぬと決めた どんな光に焦がれようと 騙り事 偽り事 其れは無間に肢を掬う 恋し 貴方様 焦がれ 焦がれ けして 嗚呼 結ばれぬ運命でも 凍て付く冬は春を識って 何度 何度

嵐 瞳の中のGalaxy歌词

09/05 07:10
どうして流れ星に 願い事するんだろう 宇宙の彼方に消えてゆくのに 夜空の下 君がつぶやいた 願い事って儚いのかな 僕らは風の中で鼓動を重ねた ペパーミントと涙の味がした 消えてゆきそう 君が手を握る 永遠なんてリアルじゃないけど ※もしも君がこの銀河の中で迷っても どこまでもどこまでも 小さな光を探すよ そして僕は星座になって 君の傍にいるよ いつまでもいつまでもGalaxyなその瞳を見つめたい※ どうして好きなんだろう ビッグバーンみたいだね 切なさが広がって胸が苦しい わがままだよね 君が目

中恵光城 廃れた夢歌词

11/07 18:24
鳥籠の中 赤い実を食(は)む 毒に気付かず小鳥は甘(うま)げに 緩る緩る沈む 意識の海を 泡(あぶく)を噴出す惨めな姿で 見つめている... 空ろな黒眼を見開き 遠ざかる現実に.さよなら これで君は自由だ 僕の手をすり抜け 飛んで行くんだ.どこまでも軽やかに たとえ残酷な夢物語でも 君に自分を重ねては.嗚呼... 囚われの鳥 麗しい声 珍しいだけの生きた置物 繰る繰る移る 遊び心に 季節の花より早く飽きられる 愛している... 異国の眸と言葉で 帰れない故郷に.さよなら そして君は死に果(は)つ