森田童子 歌詞 セルロイドの少女


森田童子 セルロイドの少女歌词

03/25 20:32
すべるように 十七才のミドリちゃんは 决死の纲渡り 金粉涂った まぶたが ふるえている はるが希望を 见つめて ミドリちゃんは 青春逆立ち 宙返り 淋しいかっさいの中で ミドリちゃんは 笑った 七色のライトが 梦の家族を呼ぶ ああ.淋しい家族合わせ 火を吹く 弟 母の水芸 一轮车で 十七才のミドリちゃんは 孤独の荒野 ひだ走る がんばれ がんばれ ああ.家族合わせ 专辑:A Boy 歌手:森田童子 歌曲:セルロイドの少女

森田童子 ラスト・ワルツ歌词

08/24 07:33
歌:森田童子 作詞:森田童子 作曲:森田童子 美しき明日についても語れず ただあなたとしばしこの時よ すべてがなつかしきこの時よ すべてが終るこの夜に せめて最後にラスト・ワルツ この暗き部屋の窓から 街の灯はまばゆく自由が見える すべてが遠きこの時よ このまま若い日が終るのなら せめて最後にラスト・ワルツ un deux trois un deux trois un deux trois un deux trois 美しき明日についても語れず ただあなたと un deux trois すべてが

森田童子 ぼくたちの失敗歌词

01/28 14:59
作詞:森田童子 編曲:石川鷹彦 春のこもれ阳の中で haru no komorebi no naka de 春天树枝间流泻下来的阳光中 君のやさしさに kimi no yasashisa ni 被你的温柔包围的我 うもれていたぼくは 弱虫だったんだヨネ umoreteita boku ha yowamushi dattandayone 曾如此的软弱过 君と话し疲れて いつか 黙りこんだ kimi to hanashitukarete itsuka damarikonda 和你交谈的竟累了 不知何

森田童子 哀悼夜曲 歌词

06/23 08:17
目觉めては なつかしい 美しき日々よ 目をふせて 悲しい 美しき日々よ 歌っても 归らぬ 若き日々よ 深き眠りのうちに 时よ 终れ 突然發現 每天都是那麼美好 那麼令人懷念 閉上雙眼 遺憾的是那麼美好的日子 歌聲喚不回的年輕歲月 在深深的熟睡之中 時間 就這麼停止了 专辑:夜想曲 歌手:森田童子 歌曲:哀悼夜曲

伊東歌詞太郎 チルドレンレコード歌词

01/26 11:14
チルドレンレコード/Children Record 作詞:じん(自然の敵P) 作曲:じん(自然の敵P) 編曲:じん(自然の敵P) 唄:IA LRC・翻譯:kyroslee nicovideo sm18406343 白いイヤホンを耳にあて/將白色的耳機戴在耳上 少しニヤッとして合図する/咧嘴微笑的打出訊號 染み込んだこの温度が/在心中的溫度 ドアをノックした瞬間に/於門被敲響的瞬間 溢れそうになるよ/變得像要滿溢而出似的 「まだ視えない?」/「還是看不見嗎?」 目を凝らして臨む争奪戦/凝神注目着面

森田童子 みんな夢でありました 歌词

05/31 04:59
あの時代は何だったのですか あのときめきは何だったのですか みんな夢でありました みんな夢でありました 悲しいほどに ありのままの君とぼくが ここにいる ぼくはもう語らないだろう ぼくたちは歌わないだろう みんな夢でありました みんな夢でありました 何もないけど ただひたむきな ぼくたちが立っていた キャンパス通りが炎と燃えた あれは雨の金曜日 みんな夢でありました みんな夢でありました 目を閉じれば 悲しい君の笑い顔が 見えます 河岸の向こうにぼくたちがいる 風の中にぼくたちがいる みんな夢で

森田童子 今日は奇蹟の朝です歌词

06/13 05:45
今日は奇跡の朝です 不幸な時代にぼくたちは目覚めた 八月の海はどこまでも青い アーア 今日は気持ちのいい朝です 砂浜にひとは黒い影を落す まぶしい日射しにめまいする アーア 今日は気持ちのいい朝です 白い雲が流れるもうすぐ夕立ち ぼくたちは奇跡を待っています アーア 今日は奇跡の朝です 八月の海は悲しみいっぱいに 今聖母マリアが浮上する アーア 今聖母マリアが浮上する 今聖母マリアが浮上する アーア 作詞作曲森田童子 专辑:マザー・スカイ 歌手:森田童子 歌曲:今日は奇蹟の朝です

森田童子 G線上にひとり歌词

12/10 02:04
夏草の上に 躺在 ねそべって 夏天的草地上 まぶしい孤独な 晃眼的孤独的梦 夢がひろがる 肆意蔓延 ひとり目覚めて 一个人醒来 あくびして 涙ふいた 打着哈欠 却有泪水滑落 夏の空は 夏天的天空 ヒコーキ雲 留下飞机的白线 何にもいわない 什么都没有说 六月の空は 六月的天空 ぼくの好きな 是我喜欢的 みずいろです 水蓝色 暗闇よ ぼくを呼べ 黑暗 请把我呼唤 遠い記憶へ 到遥远的记忆深处吧 あなたの ところへ 请带我到 ぼくをつれてって 你的所在吧 やさしい風は 温柔的风 ぼくをなでて 吹拂着

森田童子 海が死んでもいいヨって鳴いている 歌词

07/12 19:05
チィチィよ ハァハァよ あなたのいい子で いられなかったぼくを 許して下さい ぼくはひとりで 生きてゆきます 初めてタバコを 吸いました 悲しき嘘も 知りました 夕べあなたの 夢を見ました 声を出さずに 笑うくせ 悲しきくせは 下唇をかむ 窓にうつした ぼくの顔 ぼくの声に 驚いて 目を覚ましました 僕は夢の中で 泣いていたようです 海が死んでも いいョって鳴いてます すすんでゆくぼくの ほほが冷たい 誰かぼくに話しかけて 下さい チィチィよ ハァハァよ あなたのいい子で いられなかったぼくを

伊東歌詞太郎 ピエロ歌词

03/03 18:35
大丈夫 大丈夫 /没事的 没事的 おどけてみせる僕は /表演着滑稽动作的我是 小さなサーカスの名も無きピエロ /这个小小的马戏团里无名的小丑 真ん丸いお月様みたいな /在像是圆滚滚的月亮般的 ボールの上 バランスをとって /大球之上 维持着平衡 派手に転んだりしちゃって /然后忽然华丽地跌落下来 笑われるのが僕の仕事 /逗人发笑便是我的工作 客席に泣いてる君を見つけた /发现了在观众席上哭泣的你 そんな悲しい顔はしないでよ /別露出那麼悲伤的表情啊 パパもママも知らない君の涙に /爸爸和妈妈都沒

伊東歌詞太郎 ぼくらのレットイットビー歌词

08/24 23:32
生(う)まれ変(か)われるのなら 目印(めじるし)になるから 巻(ま)いておこう 小指(こゆび)と小指(こゆび)の长(なが)い糸(いと) ほどけない様(よう)に 结(むす)んどこう 夏祭(なつまつ)り りんご饴(あめ) 雨(あめ)降(ふ)り空(そら)に 虹(にじ)が架(か)かる顷(ころ)なの 壊(こわ)れた感情(かんじょう)が いつか 君(きみ)を消(け)していく 见(み)えなくなると 失(うしな)われる灯火(とうしび) でも 结(むす)んだ长(なが)い糸(いと) ほどけ落(お)ちていないから

森田童子 君と淋しい風になる歌词

03/04 23:45
君と淋しい风になる I become a lonely wind 明日になれば.どのように 不管明天如何 僕は君を愛すだろう 我依旧爱你如初 時は短く.僕たちはもっと短い 时光飞逝,生命无常 形のない愛は.いつもぼくを摺り抜けて 无形的爱总会穿过我心灵的深处 いつか二人は淋しい風になる 总有一天我们会随风而逝 明日になれば.ぼくたちは 不管明天如何 一人どうして生きるだるう 一个人也要生存下去吧 君がいない.このあさはもっと寂しい 没有你的清晨,万籁俱寂 形のない愛はいつもぼくを摺り抜けて 无形

森田童子 ぼくと観光バスに乗ってみませんか歌词

03/08 08:28
ぼくと観光バスに乗ってみませんか もしも君が疲れてしまったのなら ぼくと観光バスに乗ってみませんか 色あざやかな新しいシャツを着(き)て 季節はずれのぼくの街はなんにもないけれど 君に話ぐらいはしてあげられる ぼくの小さな海辺の観光地にもうすぐ冬がきます 君も一度気がむいたらたずねて下さい雅兄 もしも君がすべていやになったのなら ぼくと観光バスに乗ってみませんか 君と今夜が最後ならトランジスターラジオから流(なが)れる あのドゥーユワナダンスで昔みたいにうかれてみたい あのドゥーユワナダンスで昔

伊東歌詞太郎 コカコーラタイム歌词

08/09 14:18
少しボリュウムを下げてみようかな 耳が痛くなってきたみたいだな こほんこほん 咳払って 払い過ぎて 飛び出す赤い唾 ごしごし 目を擦って 擦りすぎて 止まんないネガティブが コカコーラ 買いに行こう 空白の 深夜二時 メンソール 吸いながら 嫌々近い未来を目指して 少しお喋りをやめてみようかな 口を開けば災いばかり降る えへんへん 僕 威張って 威張りすぎて 離れた仲間たち それぞれ 道進んで いなくなって 笑ってる 僕の事 モスバーガー 温めよう 誰もいない 台所 ワンピース 読みながら もや

森田童子 菜の花あかり 歌词

04/07 16:44
春はやさしい 春温柔 今宵は満月 今宵满月 短い命の 短命的你 あなたは 十七 十七岁 淋しいあなたと 我和孤独的你 どこへ行きましょう 要去哪里呢 夜風にゆれて 在夜风呼啸的 闇の夜に 黑暗的夜里 淋しいあなたと 和孤独的你 どこへ行きましょう 要去哪里呢 春はやさしい 春温柔 菜の花畑 油菜花田的四周 あたり一面 一片 菜の花あかり 光亮 狼少年 译 专辑:ラストワルツ 歌手:森田童子 歌曲:菜の花あかり

森田童子 淋しい猫 歌词

07/19 21:02
[ti:0] [ar:0] [al:0] [by:0] [offset:0] [00:08.41]孤独的猫 [00:14.76] [00:29.89]夏天来了 [00:34.77]芙蓉的花开了 [00:41.32]小小的房间里 [00:46.36]那时你和脚有毛病的猫 [00:51.16]住在一块儿 [00:56.28]就算现在死掉也不错 [01:03.16]你年轻时候的口头禅 [01:09.98]就好像 哪里开着的 一朵花一样 [01:18.93] [01:40.65]夏天来了 [01:45.

森田童子 たとえばぼくが死んだら 歌词

10/18 15:36
たとえば ぼくが死んだら 如果 我死了 そっと忘れてほしい 请悄悄地将我忘了 淋しい时は ぼくの好きな 寂寞的时候 菜の花畑で泣いてくれ 就在我喜欢的油菜花田中为我哭泣吧 たとえば 眠れぬ夜は 如果 有无法入眠的夜晚 暗い海辺の窓から 在黑暗的海边 ぼくの名前を 风にのせて 请从窗户轻轻地呼喊我吧 そっと呼んでくれ 让我的名字 乘风而去 たとえば 雨にうたれて 如果 被雨敲打的 杏子の花が散っている 杏花散落一地的话 故郷をすてた ぼくが上着の 离乡背井的我 衿を立てて歩いている 将竖起衣领 漫

森田童子 早春にて歌词

12/09 12:23
君の好きな 強い酒 / 烈酒 あびるほどに飲み明かした 長い夜があった 淋しく二人眠った 始発の電車 ただ陽射しだけがまぶしく 話す言葉もなかった ) 悲しく色あせてゆく青春たち (口白) 黒いトックリのセーターと交換した 君の黄色のシャツを ぼくはまだもっています もうすぐそこに夏がきています 君は元気ですか 君の好きな 黒いセーター 故郷へ帰る後姿 いつまでも見ていた 肩をたたいて ただ友情だけは 信じると 淋しく笑った 君の顔 おぼえてる 悲しく色あせてゆく青春たち ------- 疯狂痛

伊東歌詞太郎 夕立のりぼん歌词

05/07 06:44
突然の夕立に降られて 校舎里の荫で雨宿 突如其来降下的骤雨 停驻在校舍背後的阴影中 荒くなる 二人きりの呼吸が响いた 变得粗重的 两个人的呼吸声响起 肌の透けたブラウスに触り 透过湿透的衬衫触碰到肌肤 つらくなるほど目を合わせて 难以忍受的视线交织着 この口と その口の 距离はゼロになる 唇和唇之间 变为零距离 隠し事がしたいよ したいよ 想要做私密的事情 想要啊 "内绪だよ" 要保密哦. その响きは 幼い耳を何十回刺激した 那声音数十次在年幼的耳边诱惑着 トラウマなど忘れさせたげる

伊東歌詞太郎 ゆるふわ樹海ガール歌词

04/25 20:29
散々夢は見た 做了一大堆梦 アラーム止めて起き上がるんだ 按掉闹钟站起身来 ちょっとだけ得意げな 猫の表情.横目にさ 斜眼看著好像有点得意的猫咪的表情 定期の更新周期 定期车票的更新周期 給料日前に襲い来んだ 每次都在发工资前袭来 気付けば毎日が つまらなかったなぁ 回过神来才发现 每天都很无聊呢 とうにぬるくなった ジュース飲んだときの 就像在喝早就不冰的果汁时 あの感覚は 味わいたくないもんな 那种感觉 永远不想再尝到了 ゆるふわ樹海ガールは 今日も笑って元気 轻飘飘树海女孩 今天也笑的很有