我ら光を憎み闇を抱くものなり


安元洋貴 光を憎み、暗を抱くもの歌词

12/21 22:58
その卑しき唇で 浅ましく願いを 唱えるが良い 舌先が裂かれる前に その穢れた瞳孔で 思うさま悪意を 貪るが良い 眼(まなこ)が潰される前に 哀れな子羊達よ 跪け 我は光を憎み 闇を抱くものなり 溢るる悪意を以(も)ちて 汝の望みを 叶えて見せよう その魂を代償に 遍(あまね)く絶望の淵で 汝の祈りを 聞き届けよう 希望は既に失われた 哀れな子羊達よ 畏憚(いたん)せよ 我は光を増み闇を抱くものなり 哀れな子羊達よ 跪け 我は光を増み 闇を抱くものなり 哀れな子羊達よ 畏憚せよ 我は光を僧み 闇を

元ちとせ 失われたものたちへ 歌词

11/13 08:24
此処からは何もかもが霞むようだな 夜になって 降り出した雨 朝までに止め 叩くキーボード 意識だけが光の線を這う 見失って 泣き出したって 遅いので 憂え 塞ぎ込んで何を知った? 胸の奥に垂れ落ちた 黒い重油に塗れたような世界からも 光る道筋を上へ 世界中を悲しみが覆うようだな 神様だって そう望んでいて ヤバイ ヤメヤメ 叩くキーボード 仮想世界の創造主になる 幻だって 今 気付いたって 遅いので 憂え 塞ぎ込んで何になった? 胸の奥に垂れ落ちた 黒い重油に塗れたような世界からも 光る道筋を

suzumoku 素晴らしい世界歌词

06/24 20:00
歌:suzumoku 作詞:suzumoku 作曲:suzumoku 都会を飾る真夜中の明かり 「あれは残業の景色なんだよ」と 君は眠そうに目を擦りながら 独り言のように呟いてる 商店街のシャッターが閉まり 終電車は最後の片道を 重たそうにひどく軋みながら 二人の影を瞬かせて消えた 帰り道 頭をめぐるのは 明日の不安ばかり 駆け抜ける風の潔さが 羨ましくなるよ 僕らが見つめてる世界はいつまでも 光も暗闇も抱え続けるから 迷うことくらい 何度もあるさ 涙が浮かんだら そのまま流せばいいよ 酔い潰れ

中村由利子 光なき夜をゆけ(ハミング・バード)歌词

03/25 23:34
満たされないとわかっても 求めるのか永遠を 罪人と聖者の狭間で 殺那の時つないで 終りのない過ちに 彩られた世界は 化石の森に姿を変えて 哀しみの神話をつむぐ いつか身体さえ風になり大地へ 還るだろう だけど心は何処へゆくのか人は 答えを知らない そして歩きだす 光なき夜をゆけ 深い闇に抱かれて 隠してた涙がおちる 瓦礫の街を憐れむように 月の炎が揺らめく 欲望も愛ももう見分けがつかない この世界で 幻と知りながら胸を癒すものを 人は追い続ける 痛みと引き換えに 真実を捜すように 満たされないと

ハナレグミ 光と影歌词

11/30 09:44
歌:ハナレグミ 作詞:永積崇 作曲:永積崇 だれでもない どこにもないぜ 僕だけの光と影 闇の向こうの光を見に行こう 光と影 僕はいま ゆれるキャンドルをみてる ただ ぼんやり ぽっかり はっきり くっきり すっぽり うっとりと いつだって君の側 健やかな光と影が 降り注ぐようにと 少しだけ願った あの日僕ら ケモノみたいに抱き合った 玄関閉め キスして 孤独をぶつけて 火の玉になった その先に 痛みがあろうと 不安で胸が張り裂けようと 今を薄めたくなんてなかった 深く刻みたいと思った いつだっ

シギ 白い闇歌词

04/06 14:44
真白な世界なら 僕等は夢見がちにはなれない 征服できるだけの悪魔がいなきゃ 僕等は正義きどりは出来ない 君にとっての平和が僕にとっての悪だとしたら どんな答えを出したらいいの 僕にはわからない 僕にとっての正しさが君にとっての歪みだとしたら どんな顔で話したらいいの 何もない自由な世界なら 僕等を縛ってくれと願うだろう 征服できるだけの悪魔がいるから 正義きどりの役になれていいな ひとりひとりの溜まった孤独を吐き出す 無力だ 人はいつも 自分の傷だけ妙に痛むな 社会に逃げ隠れして その傷口を僕に

やいり 閃光⇔Frustration歌词

10/20 02:16
足元掬われる かもしれない もどかしい想いは すぐに壊して しまわないようにと 消えてしまう 切ない百合の花の香り これ以上は 困らせないで 苦しませないで 見下しているような目をしないで 望み過ぎている かのような多様な閃光が 目の前を霞め消えそうだ 今なら僅かでもいい 届くかな? その手のひらに零れた 虚構の盾を 貫いて一筋の光 輝け闇の中で ただそれだけ いままでのこと 謝ってみてよ 元通りになることは無いのに さよならだね 「照らせ光のままに」 嗚呼何がしたい?君がしたいことをしたい し

Suara 光の季節歌词

01/16 15:58
アスファルトに咲(さ)いた こどもの落书(らくが)きが 阳炎(かげろう)に 揺(ゆ)られて 歩(ある)き出(だ)した 谁(だれ)も知(し)らない 约束(やくそく)の丘(おか)で めぐり逢(あ)う たった一度(いちど)の 今日(きょう)という 奇迹(きせき)の时(とき)を 感(かん)じて 流(なが)れる云(くも) 追(お)いかけて 今(いま)にも 掴(つか)めそうな 胸(むね)の予感(よかん) 高鸣(たかな)り 动(うご)き始(はじ)めた 运命(うんめい) 目(め)が覚(さ)めるほど 色(いろ)づ

歌ってみた 閃光⇔Frustration歌词

11/07 07:17
足元掬われる かもしれない もどかしい想いは すぐに壊して しまわないようにと 消えてしまう 切ない 百合の花の香り これ以上は 困らせないで 苦しませないで -見下している- ような目をしないで 望み過ぎている かのような 多様な閃光が 目の前を霞め 消えそうだ 今なら僅かでもいい 届くかな? その手のひらに零れた 虚構の盾を 貫いて 一筋の光 輝け闇の中で ただそれだけ いままでのこと 謝ってみてよ 元通りになることは無いのに さよならだね 「照らせ 光のままに」 嗚呼 何がしたい? 君がし

高橋洋子 metamorphose歌词

12/30 17:49
「サヨナラ」とささやく 醜き世界に あかく あかい その翅(はね)で すべてを飾って 汚されるほど 愛しく思える この地球で息をしている者よ 憎んでいるほど 抱きしめたくなる 鏡の前 別の自分 ジッと見つめてる そして人は弱さ 隠すために やさしい誰かを傷つけた 「サヨナラ」とささやく 醜き世界に あかく あかい その翅で ひらりと舞い躍る どうか熱いキスを そうよ何度でも 暴れ出した心に気づいたなら もう一度 変われる- 守りたいけど 壊したくなるの はかなすぎて 悲しくなったから 言葉はなく

Elements Garden 生命の桜歌歌词

03/19 22:50
傷ついた手を取り.微笑む 共に未来へと歩き出そう 道なき道を進んだ先に 手にした"今日"が煌めく 悲しみ.憎しみ そっと抱き上げ 口づけしたら 世界は祈りで満ちてゆく 降りしきる桜の下 枯れることない約束をしよう 廻りゆく時代の中 何度でもまた 出逢えるでしょう 見守ってる ずっと- これまで来た道を想えば 涙した日々も愛しくて 「いつか花開く」と信じてた 莟が今.ほころぶの 光と闇とを そっと結んで 夜明けが来れば 愛の音楽で満ちてゆく 生命(いのち)よ.今咲き誇れ 見上げた空に輝く

日本ACG Metamorphose 歌词

10/18 21:35
「サヨナラ」とささやく 醜き世界に あかく あかい その翅(はね)で すべてを飾って 汚されるほど 愛しく思える この地球で息をしている者よ 憎んでいるほど 抱きしめたくなる 鏡の前 別の自分 ジッと見つめてる そして人は弱さ 隠すために やさしい誰かを傷つけた 「サヨナラ」とささやく 醜き世界に あかく あかい その翅で ひらりと舞い躍る どうか熱いキスを そうよ何度でも 暴れ出した心に気づいたなら もう一度 変われる- 守りたいけど 壊したくなるの はかなすぎて 悲しくなったから 言葉はなく

hide MISERY 歌词

12/15 18:01
MISERY 作詞者名 hide 作曲者名 hide ハレルヤ ラ ミゼラブル Do you wanna show me how low & low? SAY ハレルヤ 君の痛み うれしそうに 羽根を広げて舞い降りてくる 昼の光は 君の傷を抱いて 優しく広げてゆく ハレルヤ ラ ミゼラブル 星の嘆き聞けば ハレルヤ ラ ミゼラブル ほんの小さな事だろう 夜の闇に落ちてゆけば 忘れてしまう事なのかも 揺れる思い つかのまの夢 小さな悲劇 降る星の数 数えたら 泣くのに飽きたろう 笑う月の蒼さ 傷を

飛蘭 飛翔の刻歌词

07/16 22:42
歌:飛蘭 作詞:yozuca* 作曲:藤間仁 さぁ私をごらん さぁ憎しみ抱いて どんな色してる? Blue? What of it? 甘えた愛に溺れた者には分かるはずもない 光のない孤独な闇に誘われる失望 愚かな戯言 あの日からずっと そう誰が敗北者だと? 証明してみせよう 屈辱の中から這い上がり 私はまたここから希望に変わりゆく 自由になる 大空を羽ばたき優雅に舞うだろう もう誰にも邪魔はさせない 後悔も懺悔もなんにも持たずに飛び立てる ここから-ここから- さぁ私に見せて ほんとの強さ 愛の

Innocent Key Requiem ~世界は終わり、そして始まる~-First Angriffより 歌词

08/22 14:14
Requiem-世界は終わり.そして始まる- [原曲:暗闇の風穴] Lyric:溝口ゆうま Arrange:溝口ゆうま Vocal:大瀬良あい by Innocent Key - 東方闇鍋 眠れ眠れ 時よ 止まれ静かに 底深くに 宿れ 未知の誘い ゆらぎゆらぎ堕ちる 招かざるとも 異としてその御霊は 天を目指した 燃ゆる陽目指して幾千 永久の闇を抱えて 贖(あがな)う現世の記憶に 「さあ.今お行きなさい」 地に眠る瞳は 一筋の涙だけ 閉ざされた心が 揺れ動くと信じてた 何も見えぬ 世界 「置いて

子安武人 ONE DAY歌词

02/01 01:49
思い出せない過去があるから ONE DAY 最果ての闇の中 光 求めて 抱けるのか 抱き締められるか 転(ごろ)がり続ける 今日もこうして 凍りついてゆく 夢 帰る場所もない 幻 愛を信じるのなら 捩(ねじ)れ壊れてく 状態 声が呼ぶ昨日から 妖精の 甘いくちづけ 落ちて汚ちてゆく 何処までも堕ちて 眠りについたとき 光 溢れて 重ね合うことさえ出来なくて もどかしさつのる 何がどうして 風の匂いさえ 毒 甘く囁いた 誘惑 深く昇りつめたら 空に堕ちてゆく 牢獄 消える消えてなくなる 愛憎の 果

JAM Project CHAOS歌词

09/08 20:42
JAM Project In the Chaos JAM Project featuring 奥井雅美 作词:奥井雅美 作曲:奥井雅美 何かに导かれ 幻の中 生きているのか- 止められない 毎日に翻弄される谁もが すがるように爱を求め続け 彷徨っている Forever 心 闭じこめるための 铠はいつしか 违う私をつくりだす 美しく咲き夸る 花は强くもろい 隠した棘はもう折れてしまった 何もできず- We're caught in the chaos 悲しみや憎しみを受けとめられず谁もが 影を抱き

日本ACG 円舞曲、君に歌词

12/18 20:41
(ヒューゴ・ジュリアード:細谷佳正/G.O.バッハ:日野聡 /桐朋源二:松岡禎丞/桐朋源三郎:梶裕貴/ フランシスコ・ルイス・アストルガ:立花慎之介) いま 幕が上がる 光の中に 闇に生まれる恐怖 闇に隠れる魔物 打ち払う 我ら 奏組 それぞれ違う音色を こころ動かす音色を 若さあふれる 音色を 守るべきもの まさに 守るために 戦おう 冬の寒さを耐え抜き 生きる力を抱きしめ愛の奇跡を 信じて 胸にいっぱい 満開のサクラ 奏でよう 自由...逃げることも とどまることも 自分しだい ロマン...

木村良平 黒い太陽歌词

07/11 06:55
暗黒に染まったルフが踊る カラダを満たす狂気と魔力 "アバレタイ-!!!" so let me go 強さだけがオレを楽しませる 退屈なんだ 人々よ争いを Hey show me now ア・ソ・バ・ナ・イ・カ? 壊したいんだ衝動のままに 闇を照らす黒い太陽 理由なんてもう.忘れたよ 堕転のmagi 創世のwizard タタカオウ... and make your "END" もし.おまえが"運命"を恨むなら その流れに自ら抗うなら l'll t

JAM Project Cosmic Dance 歌词

04/18 20:18
激しく吸い込まれる 宇宙(そら)の海 浮かぶ光 眩しいその場所から 何を想い生まれ来るのか 戦いは運命に変えたまま 果てしない道だけを残す 避けられない未来をただ待つだけは嫌と 笑っている瞳に隠す哀しみの色 抱きしめるよ今 疼いてる傷跡をそっと 忘れはしないBrave たくさんのもらった夢を- これからも 負けないで歩いて生きたい 多次元(せかい)はすべての真実(こと)知っている 愚かさも 憎み合うパズルの上 引き返せない戦士達よ それぞれ守る軌跡 誇りに生きて欲しい-心から幸せを願う 光に還る