日草把春归三年寒风微风笑


松たか子 明日、春が来たら歌词

10/20 00:29
走る君を见てた 白いボール きらきら 放物线描いて 记忆の奥へ飞んだ 振り返る君远くへ 追いかけてるまっすぐ スタジアムの歓声 梦の中で缲り返す そして名前呼び続けて はしゃぎあったあの日 I LOVE YOU あれは多分 永远の前の日 明日.春が来たら 君に逢いに行こう 夕立が晴れて时が 止まる场所をおぼえてる? 长い廊下の向こう 笑う君のシルエット 壁にもたれて闻いてた スパイクの足音 そばにいたら二人 なぜかぎこちなくて そばにいればもっと わかりあえたはずなのに 沈む夕日かすめ 渡された

松たか子 明日春が来たら歌词

11/07 18:16
明日.春が来たら 松たか子 走(はし)る君(きみ)を见(み)てた 白(しろ)いボール きらきら 放物线(ほうぶつせん)描(えが)いて 记忆(きおく)の奥(おく)へ飞(と)んだ 银座线(ぎんざせん)の阶段(かいだん) 駆(か)け上(あ)がり 见(み)えた 空(そら)の色(いろ)と共(とも)に 君(きみ)の名前(なまえ)思(おも)い出(だ)す そして名前呼(なまえよ)び続(つづ)けて はしゃぎあったあの日(ひ) I LOVE YOU あれは多分(たぶん) 永远(えいえん)の前(まえ)の日(ひ) 明日

石野真子 春ラ!ラ!ラ!歌词

11/17 13:30
春ラ!ラ!ラ! - 石野真子 詞:伊藤アキラ 曲:森田公一 春という字は 三人の日と書きます あなたと私と そして誰の日? あなたが好きになる前に ちょっと愛した彼かしら 会ってみたいな久しぶり あなたも話が合うでしょう 三人そろって 春の日に 三人そろって 春ラ!・ラ!・ラ! 何かはじまるこの季節 三人そろって 春ラ!・ラ!・ラ! けんか別れをした人も なぜか今ではなつかしい 理由をあなたに話したら お前が悪いと言われそう 三人そろって 春の日に 三人そろって 春ラ!・ラ!・ラ! 桃の花咲く樹

Nokko わすれな草歌词

05/08 09:26
歌:Nokko 作詞:のっこ 作曲:川村結花 風が強く吹くね 大きく揺れる枝の緑が きらきら波立つ季節 ベランダの岸辺では一緒にいるだけでどこへでも飛べそうね 風のせいにして何も聞かないほら もう日が暮れるよ すみれ色に染まる空に木々は黒くうねりつづけ 灯がひとつ 星がひとつ そしてキスをひとつよりもコバルトの世界が岸辺をつつみこむ 足元で揺れていたよあの日 わすれな草 あなたといる他のために退屈がありなんて 寝ころんでいるうちに夏が深まってゆく 汗ひとつかかずに重いドアを開くと破裂するような

LUNKHEAD 桜日和歌词

04/21 23:03
歌:LUNKHEAD 作詞:小高芳太朗 作曲:小高芳太朗 春の陽はあったかくて 眠くなるような懐かしい匂いがした 今日僕らは旅に出る 期待と不安と少し寂しさと 大人になるって事は諦めるって事じゃない 格好悪くてもそうやって僕らは 夢を見て歌を歌い笑いながら 息つく暇もない日々が過ぎて いつか穏やかに思い出すだろう 花咲き陽の当たるこの道を どれだけ離れても たとえ君が月まで行こうとも 僕らはこの小さな場所から始まった 誇りに思うよ 気を抜けば崩れてしまいそうな小さなプライドを ちっぽけなこの手に

フジファブリック 春の雪歌词

10/13 08:32
線路は続くよ 揺れながらカーブを曲がって運んで行く 窓には映る顔 横切る明かりと目が合ってた 遠く思い出は まどろみを残して浮かんだシャボンの花 触れたら 泡のように弾けてしまいそうになった 今 最終列車は時の隙間 幻を乗せながら走り出す 走り出す 夜を越える胸の静寂 輝きを見つけたよ 滲まずにいるよ いつまでも君にとって 不安なんてないような 毎日を祈るように 遅い春に雪が舞う 最終列車は時の隙間 またいつか会える日が来るのかな 来るのかな さよなら今 叶うのなら もう何もいらないと見つめ合え

765PRO ALLSTARS 明日、春が来たら歌词

07/05 04:05
走る君を見てた 白いボール きらきら 放物線描いて 記憶の奥へ飛んだ 振り返る君遠くへ 追いかけてるまっすぐ スタジアムの歓声 夢の中で繰り返す そして名前呼び続けて はしゃぎあったあの日 I LOVEY OU あれは多分 永遠の前の日 明日.春が来たら君に逢いに行こう 夕立ちが晴れて時が 止まる場所をおぼえてる? 長い廊下の向こう 笑う君のシルエット 壁にもたれ聞いてた スバイクの足音 そぱにいたら二人 なぜかぎこちなくて そばにいれぱもっと わかりあえたはずなのに 沈む夕日かすめ 渡された君

日本ACG 阿鼻依れ叫喚(6)(春日野椿のテーマ)歌词

04/20 06:13
阿鼻依れ叫喚(6) TVアニメ「未来日記」春日野椿のテーマ 作詞:畑亜貴 作曲:畑亜貴 編曲:加藤達也 歌:畑亜貴 てん てん てまり てん てん てまり どこでしょうか? 嗚呼 更に故に地獄などは恐れぬ 故に尚に存えれば生き地獄 視ても 静か 誰もおらず い出よ 去れよ 命奪え死に絶えろ 太古に戻れば 忽ち渇くような 意思より弱きが 人より勝る獣心 真っ赤な黒へと染まれ 止まらぬ聖なる汚れ 真っ赤な黒へと染まれ 止まらぬ聖なる汚れ 阿鼻依れ阿鼻依れ阿鼻依れ叫喚阿鼻依れ阿鼻依れ阿鼻依れ叫喚 阿鼻

Zone オレンジの夕日歌词

04/17 07:04
窓から差し込む夕日 今日は静かな風が吹く アルバムふっと開いては 素敵な笑顔が私を見てる いつも思う戻れるならば だけどそれじゃ思い出が無くなる- 目を閉じればあなたとの 物語が始まるの- 明日からの私. オレンジの夕日の中 懐かしい風感じ また逢えるかな 未来の2人 窓の外に ひとりであの公園の 小さなブランコに座って 何度も読み返してる あなたからの手紙胸の奥で- いつも思うあの時言えば 時を止める事ができたのかも 窓の外はもう春の 予感がするから きっと 目が覚めたら私 涙がこぼれていたの

若草恵 ボクらの冒険 (tv-size)歌词

03/28 11:29
どこにあるのかな ボクだけの宝物 今 大きな冒険へ やわらかな日差し 旅立ちの予感 空も花も ホラ 笑っている この先には何が待つのだろう? 深呼吸 夢の扉にそっと手をかけて-「行こう!」 風に吹かれながら 心揺らしながら 真っ白な地図を片手に持ちながら ボクは走り出すよ 夢を叶えるため どんな壁も越えてやる 風に吹かれながら 明日を描きながら 遠くまで 何処まで? 行けるところまで タンジュンな不安もフクザツな未来も もう 何も何も コワクナイ ゆっくり探せばイイ 傷つく事なんてそれはみんな同

松元環季 春うらら歌词

07/03 03:59
松元環季 - 春うらら 作詞: 黒石ひとみ 作曲: 黒石ひとみ 編曲: 黒石ひとみ 春うらら 春が来たよ お待たせしました今年も 春色がペイントする 私の庭にも街にも 春うらら 春が来たよ あなたを誘いに行きましょう 春風に自転車こぐ 丘まで続いた滑走路 しゃららら 花を摘んで しゃららら 髪に飾る しゃららら 「似合わないな」 あなたって照れて言うの いいの春の優しさに 笑い転げる二人 ずっと友だちでいてね うらら日和に誓って 春うらら 春が来たよ 蕾が目覚める草原 始まりの空の下で 毎年いっ

小松未歩 東京日和 歌词

12/22 23:45
恋の終わりに 東京タワーを見た 夢とあなたを 天秤にかけた答え 焼きつけてた 外苑通りで 夕陽追いかけ はしゃいだあの日 羽田までの 最後のドライブ ゆらり揺れていた わざと訛って あなたが喋るから ヘンで笑えた 上達してないね 今も 遠のいてく お台場の海は まぶしい西陽に 乱反射して 滲む景色 湾岸道路も ゆらり揺らめいた 渋滞は今日も大井まで続いてる 目を閉じても たどれるよ いまは 少し手前の駅で降ろして 天空橋 モノレールに乗り ゆらり揺られてく 专辑:小松未歩 7 ~prime nu

ちょうちょ 木漏れ日色の記憶歌词

03/31 23:06
ぽつりと呟いたのは本音ともつかないような 心のすぐ手前でまだ揺れている戸惑い 時々僕たちはやるせない思いで何かを許して 胸に吹いた風の愛しさを知っていく どうしてこんなにわかりたくて ねえ.どうして傷ついてしまうんだろう まだ全てが木漏れ日の中で明日を探している 待たせてしまってるのは変わりたい自分なのかも 君は何も言わないけど感じはじめてるね その背中をいつか見失うとしてもきっと大丈夫 つないだ温もりはひとりじゃない記憶 どうしてこんなにもがいてるのか でも.こうして無邪気に笑ってもいる 今が

九州男 窓の外はもう日曜日歌词

06/25 04:11
何もない時代に生を受け何も考えず僕は育った 裕福でもなければそんな貧しくもない一般的な家は一応二階建 さえない僕は男子校 学校の先生や親はああしろ.こうしろなんて言うのが口癖なんだろうか いつからか思いっきり階段駆け上がる変な癖がついて 殺風景な部屋には親が付けたカーテンは花柄 開けば気まぐれな空が広がる二階のベランダ そして週末になればいつも家の前を通り過ぎる君を見降ろしていた 晴れが曇り後に雨がふりまた晴れが来て天気は笑う 色んな気分を覗かせるわがままな空だったとしても 呆れるほど君が好きで

日本ACG 明日になって歌词

11/28 14:24
茅野愛衣 明日になって 茂森真央(茅野愛衣) 作詞:rino 作曲:戸田章世 広がる空を 突き抜ける願いと 動き出す世界 明日になって 私は行くよ! 降り注ぐ木洩れ日から 届くよ 春風のメロディ 追いかけて 今すぐ会いたい 桜色 染まるこの場所で 夢に架かるシルエット 煌めいて 戸惑いを振りほどいてく 真っすぐに進め! 理想に揺れる鼓動のシグナル 触れて知る未来 加速して行くよ 心に秘めたる想いは 強さになってく 不器用でも 伝えたいよ そう 突然 君と出会い この日々は確かに変わったの 高鳴り

soulja be alive ~そのままの君でいて~【Bonus tracks】歌词

07/06 01:36
出会った頃と同じ季節が来て やっと2人で歩き出したの 苦いコーヒー マックで語り合い 部活終わる二人きり doin' 宿題 like 一緒にいると鳴らない携帯 時間に気づかずそろそろやばい 俺はバイトで君は塾へ 家に帰れば電話しあって. 話し込んで 親には怒られて "yo i gotta ta go 明日また学校で" そんな日々も流れ 君はしっかり志望校受かって 喜んで俺も嬉しくて けど なぜかどこか 心さみしくて 春の風 君と二人で この場所で約束をかわして その後初めて君を抱きしめ

吉岡亜衣加 ゆめいっぱい 歌词

01/18 10:31
※ 楽しいことならいっぱい 夢見ることならめいっぱい 今すぐおしゃれに着替えて 友だち探しに行こうよ 青空に続く坂道 息せきかけてくあの娘はだあれ 忘れてた宝物見つけたよ 切り取った時間の片隅 夕焼け草原風の匂い 笑顔の魔法を教えて △ 元気になろうよいっぱい キラキラしようよめいっぱい ハリキリ翼をひろげて ペチャクチャおしゃべりしようよ 麦わら帽子の夏休み 赤い自転車でどこへ行くの 日だまりの草笛が聞こえたよ 思い出のあの橋渡ろう 陽炎ひまわりマシュマロの雲 心の絵の具があふれ出す ※ くり

Every Little Thing スケッチブック歌词

10/10 16:50
バスの窓から 差し込む陽光(ひかり)が 君の頬 照らして ふいに見惚れてた ゆらり 揺られて 何も言わずに 顔を見合わせて 首傾げる君に 僕は曖昧に ごまかしたんだ いつかの日曜日 薄桃色の春 消えない 記憶の彩(いろ) 君にありがとうって ごめんねって この先もずっと 忘れそうなくらいの 幸せでも 心に 書き留めておかなきゃ 暮れ残る空 優しく吹く風 君の手を握って 明日の向こう側 描いてくんだ 寄り添い眺めてる コインみたいな月 気持ちは あの日のまま だから.ありがとうって うれしいって

槇原敬之 今年の冬 歌词

12/08 18:05
今年の冬(今年的冬天) 作诗:槇原敬之 作曲:槇原敬之 电気ストーブの低いノイズと 电暖炉轻轻的杂声 君の寝息がとける顷 和你的酣睡声交溶在一起的时候 そっとベッドからぬけ出して 悄悄地从床上下来 キッチンでミルクをついだ 在厨房倒一杯牛奶 幸せを确かめたくて 想要确认自己真的幸福 眠れない夜があるね 在这个不眠之夜 目ざましの赤いLEDが 闹钟上红色的LED上 诞生日の日付けになった 已经到了生日的日期 気に入ってたセーターを 喜欢的毛衣 相棒の犬がかんでいて 被爱犬咬住 ひどく叱りつけていた

中孝介 人魚 歌词

07/06 20:23
「人�」 作�∶NOKKO 作曲∶筒美京平 歌∶中孝介 アカシアの雨にうたれて 泣いてた 春�の中で月が登るまで その笑�をしぐさをいとしくて 本�で思った 抱いて抱いて抱いて �つめあう�は 高波のように そばにいるだけで 自分を忘れた その激しさ その声 その胸が 消えてしまった 抱いて抱いて抱いて 冷たい夜は 子供のように ふるえて眠る 奇�を待って �が枯れるその前に 星を�上げる 素�なこともさみしさも�きに似て あなたがくれた その面影に 本�でさけんだ 抱いて抱いて抱いて アカシア