水森かおり小泊風港


水森かおり 小泊風港歌词

11/11 16:14
歌:水森かおり 作詞:小野塚 清一 作曲:杜 奏太朗 別れの手紙を 握りしめ 啼いて駆け出す 雪の中 津軽 小泊 風港 沖のうねりに ただ立ち尽くす あなた・・・ あなた あなた 海に呼べど 帰らない・・・ 帰らない 遠くに霞んだ 防波堤灯台の 揺れる灯りは 命火か 雲が渦巻く 日本海 愛の歳月が 波間に消える あなた・・・ あなた あなた 私ひとりじゃ 生きられぬ・・・ 生きられぬ 心が痛むわ 船泊り 吹雪く桟橋 身も凍る 津軽 小泊 風港 吠える荒怒濤 涙も枯れて あなた・・・ あなた あな

水森かおり 庄内平野 風の中歌词

08/16 01:15
愛という名の 絆の糸は 切れてしまえば 結べない 肩の寒さに 背を向けて 面影偲ぶ 北の旅 風が泣いてる 鳥海山(ちょうかいざん)よ 今もあなたが 恋しくて 空を見上げて 手を合わせても 明日(あす)の運命(さだめ)は わからない 出来る事なら もう一度 あなたの胸で 眠りたい 風が呼んでる 出羽の三山 私やっぱり 女です 紅い花咲く 峠の道を 越えて涙を 拭くつもり 今度生まれて 来る時は あなたをきっと 離さない 風が燃えてる 庄内平野 千のひぐらし 鳴いてます 专辑:庄内平野 風の中 歌手

水森かおり 湯布院歌词

03/10 02:57
歌:水森かおり 作詞:たきのえいじ 作曲:杜奏太朗 差し出す人も ないまま買った 花の絵はがき 竹の筆 私の隣りを すり抜ける ひとり 湯布院 しあわせが 二泊三日の 旅だけど 生まれ変わるわ この私 窓辺を染める 夕焼け見れば 遠くなります 東京が 涙とおもいで 道づれに ひとり 湯布院 石畳 あなた恋しと 焦がれても 思い届ける 術もない あなたの事が 断ち切れなくて いつか笑顔を 忘れてた 悔んでいません あの頃を ひとり 湯布院 離れ茶屋 風が湯けむり 払う度 明日がみえます その先に

水森かおり 若狭の海歌词

11/27 16:25
歌:水森かおり 作詞:下地 亜記子 作曲:弦 哲也 伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海がある 海よ荒れるな 枕が濡れる 濡れりゃ未練が また起きる 若狭の海よ・・・ あなたの面影 波がつれてくる 岬まわりの バスが着く 待ってみたとて 来ない人 沖は日暮れて 一羽の鴎 誰に焦がれて 鳴くのやら 若狭の海よ・・・ あなたに逢いたい 風がすすり泣く 眠れない夜は 雨の夜は 酒と涙が 添い寝する いつになったら 想い出捨てて 泣かぬ女に なれるやら 若狭の海よ・・・ あなたに抱かれた 夢がつらすぎる

井上陽水 森花処女林歌词

09/19 15:58
井上陽水 森花処女林 作詞:井上陽水 作曲:井上陽水 浮かべてフェミニン 波のあこがれ 未来のまま 風を渡り 星を飾って UUU-時を 旅して ハチミツ魔女湾 海のいざない あつまれママ パパのもとに 青いNEVER LAND UUU-地図に 遊んで 森花処女林 風の想い出 よみがえれば 花の香り 夢のヘブン・サウンド UUU-眠り かけても 专辑:カシス 歌手:井上陽水 歌曲:森花処女林

水森かおり 鳥取砂丘歌词

09/11 13:04
歌:水森かおり 作詞:木下龍太郎 作曲:弦哲也 潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて 眠りたい 失くした後で しみじみ知った あなたの愛の 大きさを 鳥取砂丘の 道は迷い道 ひとりで生きて行けるでしょうか-. 指のすき間を こぼれて落ちた 砂と同(おんな)じ しあわせは 愛されぐせが いつしか付いて 愛することを 忘れてた 鳥取砂丘の 風に尋ねたい 私に罪があるのでしょうか-. 二度と昨日へ 戻れぬように 砂が足跡 消して行く あなたと生きた 想い出捨てて 背伸びをすれば 涙越し 鳥取砂丘の 星

水森かおり 松島紀行歌词

03/10 15:20
松島紀行 / 水森かおり 作詞:たかたかし/作曲:弦哲也 なみだ なが (1) 涙 どんなに 流 してみても す ひ 過ぎたあの日は かえらない わか たび 別 れるための 旅 なのに おもかげ う 面影 ばかり 浮かびます まつしま みれん ひとり 松島 未練 がつのる いちど あ あなたにも 一度 - 逢いたくて く ちい へや (2) ふたり暮らした 小 さな部屋も いま なぜか 今 では なつかしい あ あなたに逢えて よかったと こころ 心 でそっと つぶやいた まつしま こころ さむ

水森かおり 安芸の宮島歌词

06/01 07:01
安芸の宮島 作詞: 仁井谷俊也 作曲: 弦哲也 唄: 水森かおり ひとりで旅する おんなの背中 泣いているよに 見えますか あなたをどんなに 愛しても いつかこころの すれ違い 安芸の宮島 朱色の鳥居 胸の痛みを わかって欲しい- 感じていました あなたはいつも 愛の狭間(はざま)で 揺れていた こんなに小さな 指輪でも 捨てる勇気が ありません 安芸の宮島 弥山(みせん)に立てば 瀬戸は引き潮 涙でかすむ- 未練という名の こころの霧は いつになったら 晴れますか あなたを忘れる おんな旅 今

水森かおり 雁渡し歌词

02/07 02:16
歌:水森かおり 作詞:木下龍太郎 作曲:徳久広司 愛を失くした 女の部屋は どっちを向いても すきま風 雁が来る頃 吹くと言う 風は北風 雁渡し 心に衣は 着せられなくて 重ね着しても まだ寒い 二本並んだ レールのように 二人の心は 離れてた 辛い別れを 決めた夜(よ)も 空に鳴ってた 雁渡し 月日を重ねて 築いてみても 崩れりゃもろい しあわせは 空を見上げりゃ 女の胸の 涙を映すか 鏡月 雁が来るとき 冬までも 連れて来たのか 雁渡し 悲しい思い出 暖炉にくべて 遅れる春を 一人待つ 专辑

水森かおり ひとり薩摩路歌词

02/12 13:20
歌:水森かおり 作詞:下地亜記子 作曲:弦哲也 春は桜の 薩摩路を 行けば涙が こぼれます あなたを忘れる 旅なのに いつまで未練に 泣くのでしょうか- ここは 出水の 鶴の里 頬を濡らして 雨が降る 待つか奪うか 別れるか 雲の流れに 聞いてみる 心にしまった 恋ならば 誰にも邪魔など されないでしょう- ひとり 指宿 枕崎 波が想い出 つれてくる 秋は紅葉の 薩摩路へ ふたり旅する はずでした うしろを見ないで 歩いたら 私の明日に 逢えるでしょうか- 日暮れ 鹿児島 桜島 あなた恋しと 風

森進一 風のエレジー歌词

08/19 04:41
森進一 風のエレジー 作詞:阿木燿子 作曲:井上陽水 ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル つなぎ止めたいお方が居ても 私の足にも 重たい鎖 動く事すら ままならない 風に想いを託すだけ ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル 飛んで行きたい 故郷(ふるさと)あれど 私の翼は 悲しみのため 力も尽きてただ悪戯(いたずら)に 空を掠(かす)めて 落ちるだけ ヒュルルヒュールル ヒュルル

水森かおり 夢の花・恋の花歌词

12/05 15:54
歌:水森かおり 作詞:麻こよみ 作曲:伊藤雪彦 雨の日 風の日 あるけれど 笑えば 明日が見えてくる 思ったとおりに行かなくて 泣いても どうにもならないわ- いつかはいつかは夢の花 きれいに きれいに 咲かせましょう 人の数だけ夢がある 自分を信じて 生きて行くのよ 恋して 別れて 傷ついて 眠れず ため息ついた夜 それでもときめき忘れずに 素敵な 出逢いを待ちわびる- いつかはいつかは恋の花 きれいに きれいに 咲かせましょう 星の数ほど愛がある 幸せ信じて 生きて行くのよ いつかはいつかは

水森かおり 瀬戸の花嫁歌词

06/28 04:00
瀬戸は日暮れて 夕波小波 瀨戶的太陽西沉,潮浪起伏 あなたの島へ お嫁にゆくの 即將遠嫁到你所在的島嶼去 若いと誰もが 心配するけれど 就像其他年輕的姑娘般,有著臨行前的不安,但是 愛があるから だいじょうぶなの 因為心裡有著愛,所以並不擔心 だんだん畑と さよならするのよ 和梯田道聲再見 幼い弟 行くなと泣いた 告訴年幼的弟弟不能跟著去,結果他哭了 男だったら 泣いたりせずに 向他說是男生的話就不可以哭 父さん母さん だいじにしてね 往後要好好的照顧父母 岬まわるの 小さな船が 繞著海岬緩行的

水森かおり 五能線歌词

08/29 21:48
水森かおり 五能線 作詞:木下龍太郎 作曲:弦哲也 どこへ行ったら あなたから 旅立つことが 出来るでしょうか 残りの夢を 詰め込んだ 鞄を膝に 列車旅 女 みちのく 五能線 窓いっぱいに 日本海 愛が終わった あの部屋に あなたはいまも ひとりでしょうか 私の匂い するものは どこかへ捨てて 邪魔ならば 過去を 置き去り 五能線 出直すための 衣替え ひとり歩きに 馴れるには 時間が幾ら かかるでしょうか 終着駅の そこからが 本当は長い こころ旅 涙 みちのく 五能線 夕陽が落ちる 日本海

水森かおり 漁火恋歌歌词

02/08 15:17
漁火恋歌 / 水森かおり 作詞:松井由利夫 / 作曲:水森英夫 1.指をのばせば この手に届く 思いすごしの 夢でした 北のはずれの 岬宿 波の間に間に 哀しく揺れる --あの漁火は 女のため息 恋あかり 2.あなたまかせの 倖せなんて しょせん片道 砂の道 頬にうす紅 さしたなら 胸のすき間を うずめてくれる --あの漁火に 女がつぶやく ひとり言 3.塩のつぶてに 打ち上げられて 肩をよせ合う さくら貝 こころ流れ木 夜(よ)もすがら 海に抱かれて 泣くだけ泣いて --あの漁火と 女の明日を

水森かおり 思案橋ブルース歌词

10/31 09:25
水森かおり 思案橋ブルース 作詞:川原弘 作曲:川原弘 哭(な)いているような 長崎の街 雨に打たれて ながれた ふたつの心は かえらないかえらない 無情の雨よ ああ 長崎 思案橋ブルース 呼んでくれるな 俺のなまえを もどりはしないさ 昔の 気ままな この俺 忘れてよ忘れてよ つれない雨よ ああ 長崎 思案橋ブルース 夢は捨てたのさ 今のこの俺 じっと孤独を かみしめ お前を好きだと いってみたいってみた 冷たい雨に ああ 長崎 思案橋ブルース 专辑:歌謡紀行VIII~安芸の宮島~ 歌手:水森

水森かおり 愛終飛行(フライト)歌词

04/27 21:28
歌:水森かおり 作詞:水木れいじ 作曲:伊藤雪彦 はるか翼の むこうに見える ふたりの部屋の 窓灯り 別れの季節が 来る前に 私は消える 星空へ・・・・・ さよなら あなた もう追わないで 女ひとりの 女ひとりの 愛終飛行(あいしゅうふらいと) 肩の寒さに ふと目覚めては いいことばかり 想い出す 淋しい心を 抱きしめて 私は見てる 夜の海・・・・・ さよなら あなた 忘れて欲しい 旅はどこまで 旅はどこまで 愛終飛行 いつか一緒に 来るはずだった アカシヤ並木 雲の下 守れぬ約束 したままで

水森かおり ひとり長良川歌词

07/10 11:51
空は晴れても 心が寒い おんな一人の まよい旅 郡上八幡 遠囃子 面影だけを 抱きしめて 行けば水面に 浮かぶ顔 恋の未練か- 長良川 一度あたなに 訊ねてみたい 辛い別れの そのわけを 美濃の柳ヶ瀬 なみだ町 季節に 花が 咲くように 川は 流れて 春を 待つ 花はいつ咲く- 私にも いつか二人で 来るはずでした 水の都の この町へ 飛騨の高山 祭り歌 夕焼け雲に 立ち止まり そっと名前を 呼んでみた 恋の運命か- 長良川 专辑:ひとり長良川 歌手:水森かおり 歌曲:ひとり長良川

水森かおり 釧路湿原歌词

05/19 17:06
歌:水森かおり 作詞:木下龍太郎 作曲:弦哲也 愛の暮らしも 月日が経てば どこかでボタンの 掛け違い 釧路湿原 荒野をめぐる 迷い川 別れたはずの あなたの胸に いつか心は 後もどり 二人掛りの 幸せ積み木 一人じゃ出来ない 崩れたら 釧路湿原 夕陽にしぼむ エゾキスゲ 女の夢と 一日花は なんでそんなに 散り急ぐ 二度とあの日に 戻れぬ旅は 地図なし当てなし ひとり旅 釧路湿原 明日が見えぬ 迷い川 あなたの居ない 心の闇を どうぞ照らして 星明かり 专辑:10周年記念~オリジナルベストセレ

水森かおり ふたり雨歌词

11/04 22:06
歌:水森かおり 作詞:仁井谷俊也 作曲:水森英夫 ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩先 かばってくれる あなたと出逢って いなければ こんな倖せ なかったわ 夢のようです- ああふたり雨 お酒に酔ってる 振りをして 胸に甘える 駅裏通り こんなに愛しい 男(ひと)だもの 人眼なんかは 気にしない 抱いてください- ああ傘の中 無口なあなたの ぬくもりが 傘をもつ手に やさしく沁みる 泣きたくなるほど 好きだから 傍にいたいの もう少し 帰りたくない- ああふたり雨 专辑:10周年記念~オリジ