流浪男節


原声带 爱过歌词

02/10 18:18
女: 我要守住这片天空 守住属于我的天真 在你倦航的时候 栖息 舔舐伤口 男: 爱要不要一个承诺 谁是谁的又能如何 感情到无所谓的时候 剩下的却又是不忍心 女:你爱过我吗 男:爱过你 女:为何你转身都不曾留恋 男:爱过的人怎会不留恋 女:还爱我吗 男:爱着你 女:既然爱着的人怎么流浪 男:你爱过我吗 女:爱过你 男:还是不习惯他给的习惯 女:爱已变成习惯 男:你爱我吗 女:爱着你 男:爱是错过痛过的伤 我还傻傻寻找 女:傻傻的等 女:爱其实很简单 是我们太挣扎 男:没有人反省自己 却有人忙着猜疑

西方裕之 男なら~平成節~歌词

12/03 08:24
[ti:男なら~平成節~] [ar:西方裕之] [al:男なら-平成節-] [00:05.41]男なら-平成節- [00:09.96]作詞:鮫島琉星 [00:14.25]作曲:草笛圭三 [00:18.00]~~~ [00:19.87]男なら 男なら [00:24.12]福沢諭吉の教えにそむき [00:28.57]人の上には人垣だらけ [00:33.33]格差社会をぶちこわせ [00:36.82]男ならやってみな! [00:41.53]~~~ [00:44.05]男なら 男なら [00:48.4

游鸿明 流浪狗歌词

06/12 22:09
歌曲名称:流浪狗 专辑名称:地下铁 出版年代:2001年 发行公司:Sony 语言类别:国语 歌手名称:游鸿明 歌手类别:台湾男歌手 词曲:词:林利南 曲:游鸿明 今夜又在梦中想起 你的笑容甜美如昔 一句宝贝多么贴心 饼乾罐头一口一口 亲亲抱抱头靠着头 我只需要坐下来握手再换手 马路上的公车响起 扫地ㄚ伯正在努力 惊搁麦死卡紧闪开 雨水混着树叶泥巴 泥巴粘着我的毛发 留过我的鼻子刺痛 我的眼 我的心 我只是一只小小流浪狗 瘌痢伤心无处躲 大雨霹雳啪啦正滂沱 我没有窝 全身湿透 又冷又饿一直抖 我

董赫男 杨过歌词

10/07 08:03
歌曲名:杨 过 歌手:董赫男 专辑:热烈欢迎 编辑by:yoyo.chan 看过了几世春暖秋凉 耗尽了千年朝思暮想 我不知爱是否是我唯一的夕阳 只是有些事不敢遗忘 点支烟借点火光 来世路已无方向 你就是天幕中忽隐忽现的极光 我却只剩残缺的翅膀 求上苍寄梦相望 只怕梦碎了现实追不上 心无主黯然销魂处 独自醉倒月光 任时光画鬓如霜 只剩你我的爱天下无双 我只有继续再流浪 找世间最后的情花香 看过了几世春暖秋凉 耗尽了千年朝思暮想 我不知爱是否是我唯一的夕阳 只是有些事不敢遗忘 求上苍寄梦相望 只怕梦

根岸貴幸 友へ(大道寺知世:岩男潤子&友枝小学校コーラス部)歌词

05/15 18:55
雲間に踊る光 kumoma ni odoru hikari 草原にふりそそぐ季節 sougen ni furisosogu kisetsu 今始まる ima hajimaru 駆け寄る 友の声に kakeyoru tomo no koe ni ふりむけばそこに furimukeba soko ni いつも変わらぬ笑顔 itsumo kawaranu egao そして 陽射しは輝く soshite hizashi ha kagayaku 冬の凍てつく fuyu no ite tsuku 道を往く時

長山洋子 じょんから女節歌词

12/08 14:21
(1) 雪は下から 舞い上がり 赤い裳裾に まといつく 太棹三味線 女の旅路 燃えるくすぶる はじける愚図る 離れられない 男(ひと)がいる じょんからじょんから わかって欲しい (2) バチの乱れは 気の乱れ 別れ言葉は 言わせない 深みにはまった 女の弱み 男ごころは 風より軽い 月にかくれて されるまま じょんからじょんから 哭かせて欲しい (3) 鉛色した 空の色 春は私にゃ 遠すぎる 太棹たたけば 糸さえ切れる 憎いいとしい せつない辛い 指にからまる 女節 じょんからじょんから あん

ななひら お節介な妹が毎朝起こしにきて生きるのがつらい歌词

06/10 21:59
[ti:お節介な妹が毎朝起こしにきて生きるのがつらい] [ar:ななひら] [al:ゴキゲン77゚↑] [by:遠心力] [00:00.20] [00:00.21] [00:00.22] [00:00.23] [00:00.24] [00:00.25] [00:00.26] [00:00.27]世界でたった一人のお兄ちゃん [00:04.00]そろそろ時間だから-ねぇ起きて?-おっきろー! [00:10.75] [00:10.76]「お節介な妹が毎朝起こしにきて生きるのがつらい」 [00:19.

九州男 桜道歌词

09/06 12:47
嗚呼 花びらが散り飾る中で かけがえのない時代を歩いたね 春風の記憶にそっと包まれ 大空に舞うたそがれ ユラメイテ ユラメイテ 緩やかに飛び立ったサクラは たった一つの物語をたどり 時の流れを胸の奥に告げる 昭和時代に産声を上げ 手拍子に合わせよちよち歩いて 黄色の帽子被り 初めて人前で自己紹介 ランドセルしょって横断歩道白線から 落ちぬように渡って 鼻たらし笑ってたのは夢 また目覚ましが鳴り朝寝坊 学生服に着替え今日も走る 初恋と共に花ビラは散る 仲間と卒業証書を投げ 涙流して叫ぶ 掲示板の番

九州男 想色コーディネート歌词

11/05 09:03
季節が僕らと今重なって360°辺り彩る 春夏秋冬オシャレに季節は僕らを年中コーディネート 心地よい日差しに多少肌寒い風 薄手の長袖の袖掴み伸ばして桜舞う道を歩く 君の笑顔がよく似合う昼下がり ノンフィクション ohファンタジー 虫が鳴くころパッと花火打ち上がり 輝くたびに浴衣姿の喜ぶ君の横顔を見つめて 騒音の中くっつけ合った手の平で会話していたんだ しっかり絡み合う指は愛の誓い 接着剤はいらない 知恵の輪以上に難解な構造です 二人ノリノリで時を飛び越えてく 景色が僕らの手を引っ張って360°回転

汪峰 流浪歌词

05/04 05:30
曾经空寂的小巷 洒着似水流年的灿烂时光 没有伤痛和恐惧 没有霓虹闪烁的悲凉 如今儿时的街道 变成钢筋水泥的欲望丛林 只有孤独的你我 伴着奇幻壮丽的旷世彷徨 从明天起我愿孤独一人 让这纷乱的人生变得简单 走走停停看看这个世界 向着春暖花开的远方流浪 有人曾在歌里唱到 答案早已就在那风中飘扬 如今我们都已长大 依然那么满含悲伤地迷惘 如果我能够选择 我要挣脱这满身的枷锁 如果我可以飞翔 我要展翅飞向那光明的远方 从明天起我愿孤独一人 让这幽暗的人生变得闪亮 走走停停体验这场生命 向着春暖花开的远方流

中村美律子 河内おとこ節歌词

02/07 23:09
河内生まれの 风来坊は 生きのいゝのが あゝ-売りもんや サテモ皆様 おそまつながら こゝが男の 舞台なら 太鼓叩いて 见栄を切る 喧哗囃子の 河内ぶし 一に度胸や 二に人情や 后は腕づく あゝ-腕しだい サテモ皆様 悪声ながら 坂田三吉 物语り 派手な挂声 顶いて 念る男の 河内ぶし 马鹿な息子と 叱ってくれる 俺(わい)の亲父(おやじ)は あゝ-生驹山 サテモ皆様 おゝそれながら 肌は鉄火の 勇み肌 グイと冷酒 饮みほして 仁义がわりの 河内ぶし 专辑:中村美律子全曲集 歌手:中村美律子 歌

氷川きよし きよしのズンドコ節歌词

09/20 12:00
(ズンズンズン ズンドコ ズンズンズン ズンドコ) 风に吹かれて 花が散る 雨に濡れても 花が散る 咲いた花なら いつか散る おなじさだめの 恋の花 向こう横丁の ラーメン屋 赤いあの娘の チャイナ服 そっと目くばせ チャーシューを いつもおまけに 2・3枚 (ズンズンズン ズンドコ ズンズンズン ズンドコ) 明日 明后日 明々后日 変わる心の 风车 胸に涙が あふれても 颜にゃ出せない 男なら 角のガソリン スタンドの オイルまみれの お下げ髪 なぜかまぶしい 糸切り歯 こぼれエクボが 気に

やまだ豊 季節は次々死んでいく (TV edit)歌词

01/22 08:30
季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる 色めく街の 酔えない男 月を見上げるのはここじゃ無粋 僕が僕と呼ぶには不確かな 半透明な影が生きてる風だ 雨に歌えば 雲は割れるか 賑やかな夏の干涸らびた命だ 拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩 苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも 季節は次々生き返る 专辑:東京喰種 オリジナルサウンドトラック 歌手:やまだ豊 歌曲:季節は次々死んでいく (TV edit)

九州男 桜道【album mix】歌词

09/07 18:22
嗚呼 花びらが散り飾る中で かけがえのない時代を歩いたね 春風の記憶にそっと包まれ 大空に舞うたそがれ ユラメイテ ユラメイテ 緩やかに飛び立ったサクラは たった一つの物語をたどり 時の流れを胸の奥に告げる 昭和時代に産声を上げ 手拍子に合わせよちよち歩いて 黄色の帽子被り初めて人前で自己紹介 ランドセルしょって横断歩道白線から落ちぬように渡って 鼻たらし笑ってたのは夢 また目覚ましが鳴り朝寝坊 学生服に着替え今日も走る 初恋と共に花ビラは散る 仲間と卒業証書を投げ 涙流して叫ぶ 掲示板の番号見

藤野とし恵 残菊三河節歌词

06/18 04:37
藤野とし恵 残菊三河節 作詞:水木れいじ 作曲:水森英夫 何がなんでも 忘れちゃならぬ 義理の貸し借り 待ったなし それが男と 火打石(うちび)きり 意地で見送る 荒神山へ- お菊十八 お菊十八 おぼろ月 やむにやまれぬ 一本刀 行くが渡世の 人の筋(みち) 逝(い)かせともなや いのち賭け 惚れた心に 嘘などないが- わかれ化粧も わかれ化粧も 乱れ口紅(べに) [台詞] 仁吉っつあん! たとえ三月(みつき)十日でも菊は-菊は. 本当に倖せでした. 四十五文字(しじゅうごもじ)の 三下り半が

冬子 剑三成男群像·归离歌词

03/07 04:49
剑三成男群像·归离 --安史之乱 策划:明连 监制:大吉大利XD 原曲:華添え詩 作词:清彦 唱: 天策:吾恩 纯阳:紫凌孤君 万花:慕岱 藏剑:冬子 丐帮:小魂 明教:小荣同学 七秀:文子轩 唐门:流浪的蛙蛙 少林:Assen捷 五毒:Braska 后期:Adela[Orange混音社] 手绘:喜乐君 视频:墨染 [天策]铁骨铮 何惧一己死生 凭忠魂 长枪守关城 [纯阳]山河劫 安能独善其身 拭拂尘 白衣血色深 [万花]一笔了无痕 谁在问 故人去离经易道为何人 [藏剑]断桥旁笛声 还在等 纵黄

長山洋子 博多山笠女節歌词

12/25 20:44
夜明け前 博多の男が 山笠かいてオイサッオイサッ 風になる 私ゃあんたの 赤手拭(あかてのごい)に 一年一度 惚れ直す ときめくざわめく 祭りの 女節 水法被(みずはっぴ) かき縄締め込み 男が謳うオイサッオイサッ 晴れ姿 山笠(やま)が恋人 命をかける 妬くほどあんた 山笠(やま)のぼせ ドキドキハラハラ ワクワク 女節 祝い目出度の 若松さまよ 若松さまよ 勢(きお)い水 一番山笠 太鼓の音でオイサッオイサッ 走り出す 廻り止(どめ)まで 気合いを抜くな 男の力 魅せとくれ 凛々しいあんたに

amazarashi 季節は次々死んでいく歌词

11/15 20:35
季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる 色めく街の 酔えない男 月を見上げるのはここじゃ無粋 泥に足もつれる生活に 雨はアルコールの味がした アパシーな目で 彷徨う街で 挙動不審のイノセント 駅前にて 僕が僕と呼ぶには不確かな 半透明な影が生きてる風だ 雨に歌えば 雲は割れるか 賑やかな夏の干涸びた命だ 拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩 最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと 後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩 苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽

九州男 雲の上の君と(epilogue)歌词

01/21 03:30
歌:九州男 作詞:九州男 作曲:九州男 離れ離れになった二人が起こした奇跡の話がある 離れ離れになった愛が星となり光り語り合う 窓の外は灯りがついたり消えたり繰り返す日々 こんな生活に何の意味があるのかな あとどれくらい続くのかな また綺麗な桜が咲くけど狭い箱の中でドラマがあるわけなく 季節が時を刻んでゆく 奥の記憶を削ってゆく ずっとかごの中の鳥の様に低い天井を見上げてるんだよ もうこの景色も見飽きたよ ねぇ.そっちの景色はどうなの? 誰も先の事はわからないけど わかってる事が1つあるんだ 僕

amazarashi 季節は次々死んでいく (acoustic Version.)歌词

07/07 21:25
季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる 色めく街の 酔えない男 月を見上げるのはここじゃ無粋 泥に足もつれる生活に 雨はアルコールの味がした アパシーな目で 彷徨う街で 挙動不審のイノセント 駅前にて 僕が僕と呼ぶには不確かな 半透明な影が生きてる風だ 雨に歌えば 雲は割れるか 賑やかな夏の干涸びた命だ 拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩 最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと 後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩 苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽