紅い月 藤宮ゆき


日本ACG 遙かなる時空の中で3 紅の月 第二夜::夏という光の泡沫歌词

03/07 17:42
夏という光の泡沫 | 閃光的夏之泡沫 | 歌:梶原景時(井上和彦) 作詞:田久保真見 作曲:近藤尚如 編曲:近藤尚如 遙かなる時空の中で3 梶原景時 IM in 紅の月 走り出す 君の長い髪 指先で 追いかけながら | 伸手追索你飄揚的長髪 | 抱きしめて しまいそうだよ | 差點將你緊緊擁入懷抱 | 蝉の声 新緑の小路 | 蟬鳴聲聲 新綠小徑 | この時が 止まればいいな | 期盼時光就此停駐 | かなわない 願いだと知ってても | 縱然明知這是實現不了的願望 | 君が居るだけで 嘘さえも透き

Yellow Zebra 紅い月 ~Story of Scarlett~歌词

04/26 15:32
Vo:藤宫ゆき 作词:芳叶 アレンジ:芳叶/らんてぃ 原曲:东方红魔郷/U.N.オーエンは彼女なのか? 射し込む窓の外 浮かぶ 真円の红い月 写り込む 格子の影 十字に私を裂く 触れるだけで崩れゆく ガラスのように 脆くても その破片の先で 未来を 丸く想い描く すれ违う人が 寄せては消えて行く 私は ここで 一人眠る 手を繋ぎ 共に进むはずの道 足迹 远く 続いている 无邪気さと 切なさが 溢れ出して 追い駆けた 爱しさよ この私を 染めて 振り返る 远い月日 笑颜ばかりを梦见てて 缲り返す

Silver Forest 永遠に幼き紅い月歌词

01/10 11:29
永遠に幼き紅い月 時の中にただ 漂うわが身よ 安らかに眠る日を 待ち焦がれている? 古城の片隅 咲き誇る真紅(ばら)よ 儚さとせつなさで 満たされて散れ 立ちふさがる者は 刹那に消えて なくなればいい この身体に触れる事もさせずに 引き裂いてあげるから 回り始めた 運命がもし この手を離れ 旅立つとしても はかなく消える 魂ならば 私の中で 悪戯に踊れ 暮れ行く館に 舞い降りし闇よ 血塗られた記憶なら 永却に消えぬ はてなく続いてく 歴史の中に 何を残すの? 始まりも終わりも 来ない世界で あが

ふぉれすとぴれお 紅月勇女歌词

11/08 06:08
[ti:紅月勇女] [ar:ふぉれすとぴれお] [al:SPRING★] [by:遠心力] [00:00.19] [00:00.20] [00:00.21] [00:00.22] [00:00.23] [00:00.24] [00:00.25] [00:00.75]底しれぬ闇たゆたう杯 [00:04.75]人知れず花開く饗宴 [00:08.75]唄え踊れ紅き処女達 影と共に歩め [00:17.27] [00:17.28]「紅月勇女」 [00:33.55] [00:34.75]掠める風の香に 睫毛

日本ACG 紅の月歌词

06/16 16:05
夜明けまで 未だ遥かな空に 鸟たちの影は何処へ向かう 仆はいま なにをするためにここに 立ち尽くしているのだろう なにもない 荒地に咲いた花も 丽しい色を湛えるのに なぜ人は抱きしめるよりも强く 冷たい拳を握る 憎しみは谁も 幸せにはしない 分かれてく道も 绊を断つことはない いつの日か巡る 新しい季节 仆は信じたい 光よ 影よ そこがどんな未来でも 怖れずに行こうか このまま 红に染まる月を抱きしめた 心が时を决めるなら 流れない川が涸れるだけなら 涡を巻く日々に舟を出そう 思いでが报われるた

日本ACG 月の迷宮歌词

10/08 18:40
その腕につつまれ 愛される夢を見たわ あなた 捜すけれど 夜のなかにひとり 優しげな仕草で いまは誰 抱いているの 時が過ぎるほどに なぜか胸をよぎる Lunatique 幸せは 窓辺の月のように Lunatique いつか欠けてく Lunatique ゆっくりと 心を狂わせる 孤独に 惑う Mon amour 忘れたと言うなら なおさらに追いかけたい 永遠(とわ)を誓う声が そっと耳に届く Lunatique 哀しみは 輝く月のように Lunatique やがて満ちてく Lunatique あ

T.Piacere 去るは十六夜、待つは紅月歌词

08/19 20:26
「去るは十六夜.待つわ紅月」 沈み行く紅月に 別れを告げる事無く 手にしてた茶器から 毀れ滴る欲望 我儘と何が違うの 自問自答繰り返す 付き人はいなくてもいい そんなの嘘 明白 血潮溢れ 滴る 自ら声に 止まらぬ紅 今すぐ 戻りたい 巻き戻したい 時間と 記憶の中の 君と私 向かい合う 十六夜 立ち上る憂鬱と 混じりあう甘美芳香 苦味は欲しくない 蜜だけ奪いつくした 飽きる事なんて無いもの そうずっと信じてた 独り自由気ままがいいと そんなの嘘 明白 血潮溢れ 滴る 自ら声に 止まらぬ紅 今すぐ

千葉進歩 紅の月歌词

01/18 10:54
儚き光は人の夢 水面に浮かんだ银の月 まぼろしだと知りながら追い挂け あなたの幼きその指が 静寂を破るその时に ひそやかなるおもい そっと重ねよう 时代を越えてなお 色褪せぬ情热が あなたのその胸の奥の 眠れる狮子を呼ぶ ひとひらの夢 ほら紅の月から 運命という名の風が吹いて 今あなたが踏み出した 歩みこそが 新たな私達になるから この絆に 风凪ぐ薫りは夢のあと 咲くのも散るのも美しや ただひたすらその生命巡らす 尽きせぬおもいがあるならば 导かれるまま漕ぎ出そう 遥かなる海へと 果てしなき旅路

日本ACG 紅の月(album mix)歌词

07/03 21:06
儚き光は人の夢 水面に浮かんだ銀の月 まぼろしだと知りながら追い掛け あなたの幼きその指が 静寂を破るその時に ひそやかなるおもい そっと重ねよう 時代(とき)を越えてなお 色褪せぬ情熱が あなたのその胸の奥の 眠れる獅子を呼ぶ ひとひらの夢 ほら紅の月から 運命(さだめ)という名の風が吹いて 今あなたが踏み出した 歩みこそが 新たな私達になるから この絆に 風凪ぐ薫りは夢のあと 咲くのも散るのも美しや ただひたすらその生命(いのち)巡らす 尽きせぬおもいがあるならば 導かれるまま漕ぎ出そう 遥

千葉進歩 紅の月(remix)歌词

07/26 10:15
儚き光は人の夢 水面に浮かんだ銀の月 まぼろしだと知りながら追い掛け あなたの幼きその指が 静寂を破るその時に ひそやかなるおもい そっと重ねよう 時代(とき)を越えてなお 色褪せぬ情熱が あなたのその胸の奥の 眠れる獅子を呼ぶ ひとひらの夢 ほら紅の月から 運命(さだめ)という名の風が吹いて 今あなたが踏み出した 歩みこそが 新たな私達になるから この絆に 風凪ぐ薫りは夢のあと 咲くのも散るのも美しや ただひたすらその生命(いのち)巡らす 尽きせぬおもいがあるならば 導かれるまま漕ぎ出そう 遥

朴璐美 紅月歌词

08/23 08:33
(ED&AL) 叶わない夢なのか 現実か 純粋な思いだけ 置き去りに (EDWARD) ふいに-全てが壊れた (ALPHONSE) 不意に視界が歪んだ (ED&AL) 初めて僕ら 痛みを知った そして僕たちは罪を背負った (EDWARD) そっと全てを燃やした (ALPHONSE) もう 後には戻れない (ED&AL) 本当は怖くなる だけと立たなくちゃ 行けやしないんだ 扉(とびら)の先(さき)へ 不安(ふあん)ならなくはない だけど歩(ある)かなきゃ 消(け)せない過(あやま)

Silver Forest 永遠に幼き紅い月 (KaNa Remix)歌词

09/06 23:24
時の中にただ 漂うわが身よ 安らかに眠る日を 待ち焦がれている? 古城の片隅 咲き誇る真紅よ 儚さとせつなさで 満たされて散れ 立ちふさがる者は 刹那に消えて なくなればいい この身体に触れる事もさせずに 引き裂いてあげるから 回り始めた 運命がもし この手を離れ 旅立つとしても はかなく消える 魂ならば 私の中で 悪戯に踊れ 暮れ行く館に 舞い降りし闇よ 血塗られた記憶なら 永劫に消えぬ はてなく続いてく 歴史の中に 何を残すの? 始まりも終わりも 来ない世界で あがき続けなさい 永遠を知る

Yellow Zebra 紅い月歌词

01/07 02:16
紅い月 原曲:「UNオーエンは彼女なのか?」(上海アリス幻樂団) ボーカル: うっちー アレンジ: らんてぃ / 芳葉 作詞: 芳葉 射し込む窓の外 浮かぶ 真円の紅い月 写り込む 格子の影 十字に私を裂く 触れるだけで崩れゆく ガラスのように 脆くても その破片の先で 未来を 丸く想い描く すれ違う人が 寄せては消えて行く 私は ここで 一人眠る 手を繋ぎ 共に進むはずの道 足跡 遠く 続いている 無邪気さと 切なさが 溢れ出して 追い駆けた 愛しさよ この私を 染めて 振り返る 遠い月日 笑

Silver Forest 永遠に幼き紅い月 ver.violin歌词

07/31 01:39
時の中にただ 漂うわが身よ 安らかに眠る日を 待ち焦がれている? 古城の片隅 咲き誇る真紅(ばら)よ 儚さとせつなさで 満たされて散れ 立ちふさがる者は 刹那に消えて なくなればいい この身体に触れる事もさせずに 引き裂いてあげるから 回り始めた 運命がもし この手を離れ 旅立つとしても はかなく消える 魂ならば 私の中で 悪戯に踊れ 暮れ行く館に 舞い降りし闇よ 血塗られた記憶なら 永却に消えぬ はてなく続いてく 歴史の中に 何を残すの? 始まりも終わりも 来ない世界で あがき続けなさい 永遠

魂音泉 仰ぎ見る、紅い月の船 歌词

12/30 18:44
原曲:東方永夜抄「月まで届け.不死の煙」 [Romonosov?] 禁断の果実頬張りながら見遣(みや)る対岸の火事 何て美味ね アタマの外側スティミュレート 泣き付く釣られた疑似餌 噛み締め "なんだか人恋しいね" ポツリ 漏らす 独り占めするキミの独占欲 揶揄されても構わないぜどうせ唐変木 月に十五日の闇夜がある Turn me on,blame it on the girl 狂おしいほどに口惜しい振り子の先っぽ 月のしずくエッセンス ルネッサンスさきっと 盲目的に走るゴーカートの様

Alieson 紅い月歌词

03/04 06:07
02.红い月 薄红を照らす頬 また日は升って 过ぎてゆくだけなのに 何故 美しいものを数えてみたら 同じ数の涙がうまれた 远く彼方から聴こえるような 小さな音 この手に抱いて 夜ごと深く 日ごと落ちて 来た道を戻り 何処に帰るつもでしょう 爱しい记忆を手缲りよせたら 変わり果てた私が映った 流れ星ふたつみっつと咏んだ こんな夜に导かれ 手を伸ばしてはつかみそこねた 伤みをいつも见ていた 朝の光さえ知らない华は 明日を照らしゆく红い月 专辑:ESPOIR. -ここにある確かな光- 歌手:Alies

石原詢子 紅い月歌词

10/18 07:31
歌:石原詢子 作詞:仁井谷俊也 作曲:五木ひろし ひとり恋化粧 ときめくこころで夜の道 人の眼を避けながら 逢いに来た あなた好みに 結いあげた 髪をやさしく 解かれて この生命- 燃えてゆく- あヽ紅い月 生きて結ばれぬ あなたを一瞬(ひととき)憎めたら あきらめることさえも 出来るのに 闇に衣(きぬ)ずれ 虫の声 息を殺して 腕の中 昨日には- 戻れない- あヽ紅い月 愛は花嵐 一日逢わないそれだけで 百年も千年も恋しいの 夢か現(うつ)つか 幻か おんな写し絵 走馬灯 束の間に- 躰(み)

華風月 深紅歌词

09/22 09:46
深紅 作词:衣袋聖志 作曲\编曲:鈴華ゆう子 歌:鈴華ゆう子 夜に開く 可憐な華を 月が 照らす 艶やかに照らす燭が 重なる影を揺らす 吐息から零れる偽りの 甘美い囁きたち ハラリ 花 舞い散る 戻らぬ 刹那 夢幻へ 迷いこむ 運命に捕らわれた身を 慈しむこともせずに サラリ サラリ 溢れる涙 夜露に散る 幾千の夜を越えて 愛が朽ち果てるころ 胸の中 芽生え始めたもの 抑えきれずに今 淡く 輝く 夜空の焔 紅く灯る月明かりが 密やかに 心焦がす トクリ トクリ 脈打つ鼓動 謳う生命よ 等しく 蜜

Yellow Zebra 紅音の瞳~Sound of Red Eye~(東方永夜抄 「狂気の瞳 ~ Invisible Full Moon 」)歌词

06/24 01:22
藤宮 ゆき - 紅音の瞳 -Sound of Red Eye- 作詞:芳葉 アレンジ:芳葉/らんてぃ 原曲:東方永夜抄/狂気の瞳 - Invisible Full Moon 低(ひく)く 浮(う)かんでいる月(つき)が 紅(あか)い瞳(ひとみ) 満(み)たす 打(う)ち寄(よ)せて 運(はこ)んできた 欠片(かけら)の中(なか) 探(さが)そうとして 幸(しあわ)せな時間(じかん)は 訪(おとず)レてくる すぐまた 引(ひ)いてく波(なみ)が 奪(うば)って行(ゆ)くのに いつまでも 追(お)い

Yellow Zebra 月のシンフォニー歌词

03/29 08:21
『月のシンフォニー』 歌:藤宮 ゆき アレンジ:らんてぃ 作詞:芳葉 原曲:上海アリス幻樂団(ZUN) (原曲: 東方花映塚 「お宇佐さまの素い幡」) 唄ってた 雨の中 放してしまった うさぎを探して 吐く息は 夢の中 まるで君の色 重ねているかのように 月の裏 見送った 果てない旅路へ 心一つ乗せ 振り返った その笑顔 小さな両手で 抱きしめられたなら-って. 飛び跳ねて 追い駆けた日々は 宝物なんて そんなの欲しくないくらいに 今を想ってた 純粋を 持ち合わせたなら あのときに言った 言葉の