冬の旅森進一の他に誰か歌ってる人


森進一 愛人歌词

04/06 17:08
あなたが好きだから それでいいのよ たとえ一緒に 街を 歩けなくても この部屋にいつも 帰ってくれたら わたしは待つ身の 女でいいの 尽くして 泣きぬれて そして愛されて 時がふたりを 離さぬように 見つめて 寄りそって そして抱きしめて このまま あなたの胸で暮らしたい めぐり逢い少しだけ 遅いだけなの 何も言わずいてね わかっているわ 心だけせめて 残してくれたら わたしは見送る 女でいいの 尽くして 泣きぬれて そして愛されて 明日がふたりを こわさぬように 離れて 恋しくて そして会いた

森進一 冬の旅歌词

03/30 23:43
歌:森進一 作詞:阿久悠 作曲:猪又公章 ある日何かで これを読んだら 恋人 あなたは わかってくれ 泣いて一生 むだに暮らすな すぐにも 幸せ さがしてくれ もうあなたの所へは 帰らないだろう 一人一人旅に立つ 雪の降る街へ もしも誰かに たずねられたら あいつは だめだと 話してくれ 女心を 知らぬ奴だと 話を 合わせて けなしてくれ もうあなたの所へは 帰らないだろう 一人一人旅に立つ 雪の降る街へ だからあなたも 部屋をかたずけ 二年の 暮らしを 忘れてくれ おれのにおいが 残るものなど

森進一 冬桜歌词

09/01 05:27
冬空に舞う雪の様に 君を優しく包むよ 夜空に咲き乱れる花の様に 君を飾る冬桜 [冬桜] 作詞/作曲:Asu/Greg 歌:The New Classics Love の言葉を口にせず 君への想いを伝えたくて 気付いた時には既に 君の姿はもうなかった 降り積もる氷の時間(トキ)の中で 一粒の粉雪が手に落ちた 君が残した足跡を辿って いつか会いにいくよ 冬空に舞う雪の様に 君を優しく包むよ 夜空に咲き乱れる花の様に 君を飾る冬桜 それは小さく見えるかもしれないが 儚くは無く 永く永く 愛する人のため

森進一 冬のリヴィエラ歌词

12/31 04:04
関ジャニ∞ - 冬のリヴィエラ 作詞:松本隆 作曲:大瀧詠一 彼女(あいつ)によろしく伝えてくれよ 今ならホテルで寝ているはずさ 泣いたら窓辺のラジオをつけて 陽気な唄でも聞かせてやれよ アメリカの貨物船が 桟橋で待ってるよ 冬のリヴィエラ 男って奴は 港を出てゆく船のようだね 哀しければ哀しいほど 黙りこむもんだね 彼女(あいつ)は俺には過ぎた女さ 別れの気配をちゃんと読んでて 上手にかくした旅行鞄に 外した指輪と酒の小壜さ やさしさが霧のように シュロの樹を濡らしてる 冬のリヴィエラ 人生っ

森進一 新宿・みなと町歌词

08/22 20:27
歌:森進一 作詞:麻生香太郎 作曲:西谷翔 新宿はみなと町 はぐれ者たちが 生きる辛さ 忘れて酒をくみかわす町 人を押しのけて生きてゆくより 安い酒に酔いたいね 新宿- 新宿- 新宿みなと町 新宿はみなと町 心焼き尽し 背中まるめ 見果てぬ夢を語りつぐ町 誰もさみしさが苦いのだろう 俺に似てるやつばかり 新宿- 新宿- 新宿みなと町 新宿はみなと町 旅に出たやつも 流れ者も いつかはふらり舞いもどる町 生きて行くことは上手くなくても どこか優しい仲間たち 新宿- 新宿- 新宿みなと町 专辑:森進

森進一 雪の華歌词

07/15 04:08
のびた人陰(かげ)を ほどうにならべ ゆうやみのなかをきみと歩いてる 手を繋いでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい 風が冷たくなって 冬のにおいがした そろそろこの街に 君と近付ける季節がくる 今年.最初の雪の華を 二人よりそって 眺めているこの時間に 幸せがあふれだす あまえとか弱さじゃない ただ 君を愛してる 心からそう思った 君がいると どんなことでも のりきれるような気持ちになってる こんな日々がいつまでもきっと 続いてくことを祈っているよ 風が窓を揺らした 夜は揺り起こ

森進一 恋月夜歌词

02/24 23:49
歌:森進一 作詞:麻生香太郎 作曲:西谷翔 あんたの匂いが 恋しいよ 飾りもなんにもいらないよ ひとりじゃ寒かろ つらかろうと やさしい声が聞きたいよ どこでどうしていたなんて いいよ そうさ 戻ってくれりゃいいよ あんたにはじめて 抱かれたあの夜に ぼっち ぼっち 帰りたい おんな恋月夜 終電あとの 踏切りは 女が越えるにゃ 寒すぎる 誰かにそっと 上着など かけてほしい 夜空だよ どこでどうしていたなんて いいよ そうさ 顔だけ見れりゃいいよ まつげをふるわせ 抱かれたあの夜に ぼっち ぼっ

森進一 命あたえて歌词

04/11 09:44
歌:森進一 作詞:川内康範 作曲:猪又公章 はなれていました 長いこと おんなひとり寝 眠られず 息ずく 乳房抱きしめながら なおさら 寂しい わたしの愛に 誰か 誰か 誰かお願い 命あたえて 忘れてしまったわけじゃない 愛のぬくもり 欲しいけど 体が燃える 心が冷える 傷つきすぎた わたしの愛に 誰か 誰か 誰かお願い 命あたえて はなれていました 長いこと 声をこらえる よろこびに とろけるほどの よろこびに 身悶えしたい わたしの愛に 誰か 誰か 誰かお願い 命あたえて 专辑:35周年記念

森進一 港町ブルース歌词

05/27 22:46
作詞:深津武 なかにし礼 作曲:猪俣公章 背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざかる あなたにあげた 夜をかえして 港.港 函館 通り雨 流す涙で割る酒は だました男の味がする あなたの影を ひきずりながら 港.宮古 釜石 気仙沼 出船 入船 別れ船 あなた乗せない帰り船 うしろ姿も 他人のそら似 港.三崎 焼津に 御前崎 別れりゃ 三月 待ちわびる 女心のやるせなさ 明日はいらない 今夜が欲しい 港.高知 高松 八幡浜 呼んでとどかぬ人の名を こぼれた酒と指で書く 海に涙の ああ愚痴ばかり

森進一 涙そうそう歌词

07/28 21:16
夏川りみ - 涙そうそう - na mi da sou sou 作詞者名 森山良子 作曲者名 BEGIN 添加者:violet_360peipei qq47875793 hu lu yi a lu ba mu mei ku li a li ga tou wu dei zu wu ya yi ta yi zi mo yi zi mo mu nei no na ka ha lei ma xi dei ku lei lu ki to yo ha lei wa ka lu hi mo a mei no

森進一 I LOVE YOU歌词

03/04 10:13
I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重な

森進一 女の愛歌词

10/13 23:10
歌:森進一 作詞:土田有紀 作曲:弦哲也 男は夢を追う 女はあなたが 夢なのよ つらい時こそ 私の出番 あなたをかばって 身をよせる それが女の 愛なのよ 見えない心 感じて欲しいのよ- 男は惚れたがり 女はなんでも 知りたがり あなたいやです より道したら つれなくするから 尚もえる それが女の 愛なのよ 二つのからだ 命は一つです- 男の嘘なんて 女は解るの 初めから くやし涙を お酒に浮かべ 喧嘩をするのも 好きだから それが女の 愛なのよ ふたりの明日 信じて歩きたい- 专辑:森進一全曲

森進一 女坂歌词

07/03 09:54
歌:森進一 作詞:有馬三恵子 作曲:猪俣公章 身丈の着物の私をつれて 母は黙って背負子(しょいこ)で歩く 山道いつも聞かされたのは 一つ覚えの夕焼け小焼け 何が生きてて しあわせか 母の顔では 知りかねた あの日けわしく思えた道を 今あなたとなら たどってみたい 行く坂 はるかな女坂 私も母に似てきそう 湯上り子供ら寝かせる声で やっとその日が終ったような 祭りも盆も変らぬ色の 絣(かすり)の柄まで覚えています 耐えることしかない母も 夢を見た日は あるのやら 強くかよわく やさしい背なは みな

森進一 天城越え歌词

05/01 10:27
天城越え 作詞:吉岡治 作曲:弦哲也 雔しきれない移り香が いつしかあなたに浸みついた 誰かに盗られるくらいなら あなたを殺していいですか 寝乱れて雔れ宿 九十九折り浄蓮の滝 舞い上がり揺れ堕ちる肩のむこうに あなた-山が燃える 何があってももういいの くらくら燃える火をくぐり あなたと越えたい天城越え 口を開けば別れると 刺さったまんまの割れ硝子 ふたりで居たって寒いけど 嘘でも抱かれりゃあたたかい わさび沢 雔れ径 小夜時雨寒天橋 恨んでも恨んでも躯うらはら あなた-山が燃える 戻れなくても

森進一 命かれても歌词

11/22 23:14
歌:森進一 作詞:鳥井実 作曲:彩木雅夫 惚れて振られた 女の心 あんたなんかにゃ わかるまい 押え切れない 淋しさは 死ぬことよりも つらいけど なぐさめなんかは 欲しくない みんなあんたが おしえてくれた 酒もタバコも うそまでも 泣かぬつもりで いたけれど 裏町ギターの あの唄に 今夜はしみじみ 泣かされる こんどこそはと 命をかけて 惚れてみたけど 駄目だった 女の青春を唇を 返してくれとは 言わないが 死ぬまで愛して 欲しかった 专辑:35周年記念アルバム 歌手:森進一 歌曲:命かれて

森進一 襟裳岬歌词

08/02 20:35
襟裳岬 北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由のわからないことで 悩んでいるうち 老いぼれてしまうから 黙りとおした 歳月を ひろい集めて 暖めあおう 襟裳の春は 何もない春です 君は二杯めだよね コーヒーカップに 角砂糖をひとつだったね 捨てて来てしまった わずらわしさだけを くるくるかきまわして 通りすぎた 夏の匂い 想い出して 懐かしいね 襟裳の春は 何もない春です 日々の暮らしはいやでも やってくるけど 静かに笑ってしまおう いじけることだけが 生きることだと 飼い

森進一 おふくろさん歌词

11/29 20:45
おふくろさんよ おふくろさん 空を見上げりゃ 空にある 雨の降る日は 傘になり お前もいつかは 世の中の 傘になれよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない おふくろさんよ おふくろさん 花を見つめりゃ 花にある 花のいのちは 短いが 花のこころの 潔ぎよさ 強く生きよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない おふくろさんよ おふくろさん 山を見上げりゃ 山にある 雪が降る日は ぬくもりを お前もいつかは 世の中に 愛をともせと 教えてくれた あなたの あなたの真実

森進一 吾亦紅歌词

04/17 16:33
マッチを擦れば おろしが吹いて 一擦起火柴 山上就吹來一陣風 線香がやけに つき難(にく)い 怎麼點 線香也點不著 さらさら揺れる 吾亦紅 望著沙沙搖曳著的吾亦紅 花 ふと あなたの 吐息のようで... 無意間想起了你的嘆息 盆の休みに 帰れなかった 在盂蘭盆節没有能回来 俺の杜撰(ずさん)さ 嘆いているか 對於我那些藉口 你是不是很悲傷 あなたに あなたに 謝りたくて 想向你 想向你道歉 仕事に名を借りたご無沙汰 假藉着工作的名義 疏遠了你 あなたに あなたに 謝りたくて 想向你 想向你道歉

日本ACG 森籠 水色 精霊歌~Long Version~歌词

10/06 10:49
森籠に寝そべり お前を想う 月あかりきれいだ とても そばにいたい オレの声 とどくお前 なぜ胸が熱い? 待ち続け出逢えた こころに 湧き上る 泉は 水色の精霊歌(うた) お前に そっと とどけよう 夢の その中へと- 口ずさむ旋律(しらべ)は 霧にかわった 月あかり纏って ずっと そばにいたい お前だけ 喪失(な)くしたくない なぜ胸が痛い? 初めてのくるしさ こころに 落ちてくる しずくは 水色の樹雨(あめ) お前が なみだ 流すなら オレが きっとぬぐう- 教えて 欲しいんだ お前の 生き

森進一 年上の女歌词

10/06 23:44
森進一 年上の女 作詞:中山貴美 作曲:彩木雅夫 だから分って ほしいのと そっとからんだ 白い指 放したくない つらいのよ だめよだめだめ つらいのと 泣いてすがった 年上の女 髪の乱れの ひとすじに 甘い香りを 残してた 胸のしんまで もえたのよ だめよ だめだめ いけないと いのち燃やした 年上の女 燃えるせつなさ 苦しさを そっとおしえた 雨の夜 二度と逢っては いけないわ だめよ だめだめ つらいのと 涙で別れた 年上の女 专辑:35周年記念アルバム 歌手:森進一 歌曲:年上の女