朝の光照らす石畳


Sound Horizon 石畳の緋き悪魔 歌词

12/11 14:47
残酷ナ『永遠』トイウ苦イ毒ヲ.喰ラウ覚悟ガ在ルナラバ.共ニ生キヨウ 残酷な『永遠』という苦い毒を.喰らう覚悟を決めたから.共ニ生キヨウ 『争いの歴史は駈け廻る――』 風は彼の地に <支配者>を運び続けたが 刹那の瞬きの間に 誰もが皆立ち去った 歴史が騙らざる 戦火の叙事詩を詠いましょう 敗は大地に倒れ 幾度も花を散らす 千の孤独が 蝕む檻の中から 朽ちゆく其の身を 解き放った緋き<焔> 『憎しみの歴史は駈け廻る――』 約束されざる文字をも巻き込んで<悪魔>は詠う 時は彼

石井明美 オリーブの首飾り歌词

04/15 20:16
歌:石井明美 作詞:MORGAN CLAUDE 作曲:MORGAN CLAUDE 青い空へ 胸をはずませて 鳥のように 私は今旅立つ 走り書きの別れの手紙を ターミナルのポストに 投げ入れたわ オリーブを つないだ 首飾りを ギリシャの 石畳沿いの店で みつけたいの あなたをまだ 愛しているけど 恋はある日 突然終るものよ 追わないでね わたしを もう一人の 自分と出逢いたい だから愛を棄てて来たの 好きだけれど さよなら あなた オリーブを つないだ 首飾りが 私の襟元で 地中海の色に染まる

riya 星なる石歌词

07/30 03:13
星なる石 作詞:Jun Maeda 作曲:麻枝准 編曲:Kujira Shionagi 歌:riya(eufonius) 帰り道の舗道を歩く 西日がせまる石畳の上 その隙間に光る石が 掘り出そうと君は手を伸ばす いつか夕闇が訪れても ずっとそうしてた 春の陽ざしに射抜かれて 僕の心が透き通る そこには君しかいないんだ 今も覚えてるこんな道をひとりきりで歩いてた 足下も見ずに先ばかりを急いでいた 退屈だった休みの日も そろそろなにか始めようと思う 欠けてばかりだった僕も 自信を持って生きることにす

石川さゆり 女ひとり歌词

05/19 00:22
京都(きょうと) 大原(おおはら) 三千院(さんぜんいん) 恋(こい)に疲(つか)れた 女(おんな)がひとり 結城(ゆうき)に塩瀬(しおぜ)の 素描(すがき)の帯(おび)が 池(いけ)の水面(みずも)に 揺(ゆ)れていた 京都 大原 三千院 恋に疲れた 女がひとり 京都 栂尾(とがのお) 高山寺(こうさんじ) 恋に疲れた 女がひとり 大島(おおしま)紬(つむぎ)に つづれの帯(おび)が 影(かげ)を落(お)とした 石畳(いしだたみ) 京都 栂尾 高山寺 恋に疲れた 女がひとり 京都 嵐山(らんざ

手嶌葵 黄昏歌词

06/08 18:35
通りを行きかう 人影もなく 路地裏に響く 呼び声もない 焚かれることない 凍えた炉辺 閉ざされたままの 小さな扉 歴史を刻んだ 石の壁も 今は色あせ 形をなくし 草に覆われた 石畳には 砂埃だけが 遊んでいる みんなはどこへ 行ったのだろう 私が愛した あの人たちは 色のあせていく たそがれの中 私は一人 涙する ひろがる田畑に 種は撒かれず 名前を知らない 草が茂る 営みの跡を 草木が隠し 実りの記憶も 遠くになった 繕い続けても ほつれていく 輝きの消えた 私の世界 行く手を照らす 灯りもな

Angel Note Blue-Love Chime歌词

08/11 13:50
どこまでも穏(おだ)やかに流(なが)れてく日常 それはとても青くって.美(うつく)しいシーン やわらかな日差(ひざ)しの中 君が微笑(ほほえ)んで ふいに胸(むね)がきゅんとしたの 私の中(なか)で何かが音(おと)を立(た)てて変(かわ)わっていくよ こんなやさしい想いが ずっと続(つづ)きますように.と 握(にぎ)った左手(ひだりて)に力(ちから)を(こ)めて 走(はし)り出(だ)したんだ! 響(ひび)き渡(わた)る鐘(かね)の音(おと)が 恋の始(はじ)まりを告(つ)げる ねぇ.私 君のこと

寺嶋民哉 黄昏の兆し歌词

01/12 13:52
通りを行きかう 人影もなく 也不见街道上有行人来来往往 路地裏に响く 呼び声もない 也不闻深巷里有呼唤声声回响 焚かれることない 冻えた炉辺 久未生火的僵冷的炉边啊 闭ざされたままの 小さな扉 小小的门扉紧闭 歴史を刻んだ 石の壁も 镌刻着历史的石壁 今は色あせ 形をなくし 如今也褪尽色泽变换了形貌 草に覆われた 石畳には 杂草丛生的石板地啊 砂埃だけが 游んでいる 漫漫的尘埃游弋 みんなはどこへ 行ったのだろう 大家,都去了哪里呢 私が爱した あの人たちは 我爱的那些人们啊 色のあせていく た

葉月ゆら 宵闇花火歌词

11/08 12:37
宵闇花火 サークル:清風明月 歌:葉月ゆら 作詞:葉月ゆら 作編曲:drop 夕暮(ゆうぐ)れに手(て)を振(ふ)る子(こ)たち 戻(もど)る場所(ばしょ)の無(な)い.私(わたし) 日暮时分 玩伴们挥手告别 可我却 没有归身之处 夜(よる)の風(かぜ)と遊(あそ)びながら 踏(ふ)み込(こ)んだ宵闇(よいやみ)の中(なか) 感受着夜风微抚 踏进夜晚的黑暗中 「君(キミ)ハ何処(ドコ)ヘ行(ユ)クノ?」 "你要去哪里呢?" 狐(きつね)の面(めん)が笑(わら)う 戴着狐狸面具的人笑着说

片霧烈火 get the regret over (long)歌词

08/06 00:21
斗神都市3主题曲,get the regret over 扔歌词-0- Because you had been swallowing the honestly wish. 因为你有过真诚的愿望 I thought (that) you were same feelings as me. 我相信你也能够感受得到 胸の奥底に 灼きついた いつかの声 那时的话语 依然烙印在心中 「どうか君の行く手が 穏やかでありますように」 愿你的前路 一帆风顺 ああ 祈りの灯火を 夺われ掻き消されたまま 那被夺走

KOTOKO La clef ~迷宮の鍵~歌词

10/02 15:12
[La clef -迷宮の鍵-] [KOTOKO] [『異国迷路のクロワーゼ』スペシャルソングCD] 見上げた異国の空へ 玉響(たまゆら)小さく祈り 信じて待つ背中へ一歩ずつ 夢は近付いてゆく tu es.. et toi.. hu... Je vous aime. 逃げ出すように追いかけるように 辿り着いた十字路で ふと出逢う すれ違う 石畳が泣いた- 季節はめぐり思いは宿る 古時計は語らない 臆病に止まる心は色褪せた硝子細工 遠き街角で呼び合う声 (La clef de la langue)

前川清 長崎は今日も雨だった歌词

10/14 11:45
長崎(ながさき)は今日(きょう)も雨(あめ)だった [1]あなた一人(ひとり)に. かけた恋(こい). 愛(あい)の言葉(ことば)を信(しん)じたの. 探(さが)し.捜(さが)し求(もと)めて. 一人一人(ひとりひとり)さ迷えば. いけぢ切(せつ)ない.石畳(いしだたみ). ああ.長崎(ながさき)は今日(きょう)も雨(あめ)だった. [2]夜(よる)の丸山(まるやま). 尋(たず)ねても. 冷(つめ)たい風(かぜ)が身(み)に凍(し)みる. 愛(あい)し.愛(あい)しの人(ひと)は. 何処(どこ

中村雅俊 俺たちの旅歌词

08/08 19:30
俺たちの旅 夢の坂道は 木の葉もようの石畳 まばゆく 白い長い壁 足跡も影も残さないで たどりつけない山の中へ 続いているものなのです 夢の夕陽は コバルト色の空と海 交わって ただ遠い果て 輝いたという記憶だけで ほんの小さな一番星に 追われて消えるものなのです ※背中の夢に浮かぶ小船(こぶね)に あなたが今でも 手をふるようだ 背中の夢に浮かぶ小船に あなたが今でも 手をふるようだ※ 夢の語らいは 小麦色した帰り道 畑の中の戻り道 ウォーターメロンの花の中に 数え切れない長い年月 うたたねを

加藤登紀子 そこには風が吹いていた歌词

02/23 20:40
歌:加藤登紀子 作詞:加藤登紀子 作曲:加藤登紀子 そこには風が吹いていた たえまなく音をたてて 遠い昔の物語が 語りかけてくるこの街に 古い上着を脱ぎ捨てるように 急ぎ足で歩いてきた 大切な過去たちを どこかに置き去りにしたままで 獲物を追いかける 狼のように 走り続けてる時だけ 生きてると感じてた どうして泣けてくるんだろう まだ旅の途中なのに 探し続けた星たちが 砂粒のようにみえてくるよ 思い出を禁じられた 孤独な亡骸のように 美しいこの街を 今一人で歩いているよ 忘れられた石畳に 咲きこ

氷川きよし 長崎の女(ひと)歌词

09/23 15:13
恋の涙か 蘇鉄(そてつ)の花が 風にこぼれる 石畳 噂にすがり ただ一人 尋ねあぐんだ 港町 ああ 長崎の 長崎の女 海を見下ろす 外人墓地で 君と別れた 霧の夜 サファイヤ色の まなざしが 燃える心に まだ残る ああ 長崎の 長崎の女 夢をまさぐる オランダ坂に しのび泣くよな 夜が来る 忘れることが 幸せと 遠く囁く 鐘の音 ああ 長崎の 長崎の女 专辑:氷川きよし 演歌名曲コレクション5 ~初恋列車~ 歌手:氷川きよし 歌曲:長崎の女(ひと)

山下達郎 LOVELAND, ISLAND歌词

04/06 17:16
OhLoveland 目くるめく夏の午後 誰もが木陰に逃げ込んでた 焼けつく石畳の彼方に 揺らめく逃げ水の中から 燃えるようなステップに 身をまかせ 現れた人は- Oh Loveland 頬に零れる汗が 乾いた道の上に落ちると 突然こんな砂漠の街が 南のオアシスに変わる OhIsland きっとあの人のせい あなたの瞳を向けて OhLoveland OhIsland I love you I love you OhLoveland OhIsland I love you 夢の後 辿る様に 気が付

日本ACG get the regret over歌词

11/18 10:15
斗神都市3主题曲,get the regret over 扔歌词-0- Because you had been swallowing the honestly wish. 因为你有过真诚的愿望 I thought (that) you were same feelings as me. 我相信你也能够感受得到 胸の奥底に 灼きついた いつかの声 那时的话语 依然烙印在心中 「どうか君の行く手が 穏やかでありますように」 愿你的前路 一帆风顺 ああ 祈りの灯火を 夺われ掻き消されたまま 那被夺走

FataMorgana 桜恋歌歌词

08/06 07:53
并木(なみき)の石畳(いしだたみ) ひとり そぞろ歩(ある)けば 无邪気(むじゃき)に手(て)を繋(つな)ぐ あの日 (ひ)おもいで遥(はる)か 風花(かざはな)散(ち)って こころ さらう ちくり 胸(むね)を刺(さ)した 棘(とげ)は あぁ恋ノ唄(うた) まわるまわる セピア色(いろ)のキネマ いつも优(やさ)しい めぐるめぐる 急(いそ)ぎ足(あし)の 季节(きせつ) 约束(やくそく)のせて きらめく日々(ひび)は ただ 万华镜(まんげきょう)のまぼろし 月(つき)は照(て)らす灯(あか)

ししまいブラザーズ 幻想四季歌词

03/26 19:21
Ah┅ 春は桜の蕾から<春天櫻花開始揪蕾> 夏は蝉時雨<夏天滿是蟬聲> 秋の月影 虫の声<秋天的月光 蟲的鳴聲> 冬の風に雪灯り<冬風吹拂著,在雪地上亮起燈> 此花求め東方<為尋找此花而來到東方> 鳥の翼を休ませて<讓小鳥的翅膀休息吧> 妹背の香りに 参の獅子<被夫婦的香氣吸引 禪寺的石獅> 巴の舞ぞ夢となれ<跳著祭禮之舞進入夢境吧> 永遠の歌 辿りゆく道<永遠之歌 沿路前進> 昔語りを紡がせて&l

菊池桃子 雪にかいたLOVE LETTER歌词

05/06 03:39
あなたに伝えたいの この胸のときめき 雪の上にそっと書いたレター 遠い教会の鐘(かね)の音(ね) 古いオルガンが聞こえる 白い クリスマスイヴ 私 一人ぼっちよ 誰にも言えないほど 小さな物語 叶わぬ夢 あなたを愛してから 初めて来た冬は 北の風が冷たい こんなクリスマス イヴには 人はロマンスを信じる 街の灯(あか)りがともる 恋が生まれる夜ね あなたがいつも通る[secret love] レンガの石畳(いしだたみ) 雪の上に せつない想いだけを[no body know] 指で書いておくの

長保有紀 木曽路の雨歌词

04/19 10:01
木曽路の雨 / 長保有紀 作詞:鈴木紀代 / 作曲:中村典正  話し上手で 聞き上手 別れ上手な 男(ひと)でした 薄(うす)くれないの 恋椿(こいつばき) 春を待たずに なぜ散り急ぐ 木曽路は 雨 雨 私を泣かす 涙雨 あなた忘れの 旅に来て あなたばかりを 想い出す 夕暮れ近い 石畳(いしだたみ) 窓の格子(こうし)に 灯(あか)りがともる 木曽路は 雨 雨 馬籠(まごめ)の宿(しゅく)は こぬか雨 ひとり淋しく 見上げれば 男滝(おだき)女滝(めだき)の 水しぶき 薄日(うすび)が胸に