堀内孝雄涙の隣


堀内孝雄 涙のとなり歌词

08/26 06:20
今日が悲しみで 胸(こころ)の中が曇(くも)っても いつかは懐かしい 想い出になるさ たとえうしろから 迷子(まいご)になった人生が 手をふり 声かけて 呼び止めたとしても 涙の隣りに 座ってごらん 心を話(はな)せる いい奴(やつ)だから 涙の隣りに 座ってごらん 昨日が遠くに 見えてくるから もしも傷ついて 眠れぬ夜が続いても いつかは微笑んで 許せる日がくるよ たとえ駆けぬけた さよならだけの人生に 夢見た生き方の 忘れ物しても 涙の隣りに 座ってごらん 心を許せる いい奴だから 涙の隣り

岡村靖幸 ビバナミダ歌词

10/30 18:25
どこから来たかなんて わからないほどの日々で このところ恋の習慣 忘れた 久しぶりだね 我らにとって人生は.我が身を五分反省して 超強引な君 ジュエル 外せば さびしげなその美貌 Hey マンマ・ミーア・ベイビー! それぞれが見失った 遥か遠き花火を 夢で見るごとに 痛いんだ 胸が痛い どうかしてたよ 悩み事あるんじゃない? 今なら受け止めモナムール 戻れないほど アクセル踏んでごらん 子供じゃないなら たまには 暴れな シャラルラと 涙飛ばして 流れる星見て 単純だ 皆同じ人間だ ビバナミダ

Angel Note My Dear ~BRA-BAN! Ending Theme~歌词

08/03 02:01
淡い桃色の花びらが 舞い散る顷 阳だまりと共に微笑む あなたと巡り逢った 过ごす日々たちと 移りゆく季节の中 刻んできた时は全てが 宝物 悩みもがいた涙も 喜び溢れた涙 いつも隣で见守られてた 同じことを感じてた 一绪に歩いてきたことも かけがえのない想い出二人で描いた 美しいこのメロディ この先もずっと続きを 奏でていけたらいいな あなたがいたから 毎日が辉いてた 谁かを爱する気持ちにも 会えたから 叶えたい梦と希望 胸に强く抱けたのも いつも一人ではなかったから 移り変わった季节の それぞれ

桂銀淑 都会の天使たち(デュエット:堀内孝雄)歌词

11/11 07:03
都会の天使たち 堀内孝雄 桂 銀淑 作詞:荒木とよひさ 作曲:堀内孝雄 テレビ朝日系「はぐれ刑事純情派」ドラマ主題歌 (男)この都会に眠りの天使たちが (女)遊びに疲れて夜を運ぶ (男)悲しみのベッドで瞳を閉じれば (女)幼い昔へ誰でも帰れる ※(男女)せめて愛する人が隣にいたら (男女)夢の中まで連れていけるはず (男女)生きていることさえも切ないなら (男女)泣いていいから (女)心を抱きしめて (男女)ひとりで抱きしめて※ (男)人生は想い出数えるだけ (女)人肌恋しい寒い夜は (男)過ぎ

fumika 隣にいたかった歌词

06/08 15:47
今年の花火もきれいだから 胸が痛い 隣がさみしい 君のいない夏まだ慣れなくて TELL ME WHY 偶然 聞いた君の噂 誰かを見つめてたと 知らない君の笑顔なんて 想像したくない ONCE AGAIN どうして どうして 君を 知ってしまったのかな 消せないあの声と夢 uh この気持ちどうしたら 君に伝えられるんだろ すれちがっても こわれた約束さえも いま でも 何より たいせつなのに 見せなかった涙が キラリ ただこぼれ落ちてく いつまでこんなに 苦しいんだろう 晴れないんだろう つらい想

堀内孝雄 ガキの頃のように(ソロ・ヴァージョン)歌词

12/12 17:49
もう少し時が 過ぎるまで お前の胸で 眠っていたい 夜更けの街へとびだせば 本当はもっと 淋しくなるから 俺らしく そうさ 俺らしく ここまで生きて 来たじゃないか 泣くんなら 泣いちまえ 涙がかれてしまうまで 泣くんなら 泣いちまえ ガキの頃のように 夢だけをかじり 笑っている お前がいつも まぶしく見える 青春だけで 生きれたら 想い出なんかじゃまになるだけさ 俺らしく そうさ 俺らしく 昨日は 昨日 いいじゃないか 泣くんなら 泣いちまえ このまま眠ってしまうまで 泣くんなら 泣いちまえ

門脇舞以 月の涙歌词

06/25 08:09
いつか見たような景色を 風の中感じた 冷たく白い気持ちへと 舞い落ちた花びら 空っぽのオモチャの箱が一つ 笑顔や愛しさ詰め込めば 止まっていた季節が動き出すよ 君の隣で 月の涙に 紅く染めなれ 違う世界を 瞳に映した 遠く流れ る雲は銀色 変わる喜び ざわめく胸の音 ほら聞こえて来るね 手のひらに触れる温もり 嘘のない眩しさ 開かない固い蕾も 優しさにほころぶ 壊れてる人形すてられずに 似ているせつなさ抱きしめた 凍りついた想いが溢れてゆく 時間を刻んで 月の涙に 紅く揺れてる あの日砕けた 心

堀内孝雄 竹とんぼ歌词

11/03 12:27
竹とんぼ 歌手:堀内孝雄 「今は我慢しよう 俺たち一緒に 夢を飛ばしてきた 竹とんぼじゃないか」 砂を噛むような こんな人の世に 誰かひとりでも 信じ合えるなら 夢がささくれて 人生(みち)に迷ったら 酒でぬくもりを 分かち合えばいい 涙よ お前に負けた訳じゃない 背中が少し 淋しいだけさ なんにもなかった 昔のように もう一度あの日へ 飛ばせ 竹とんぼ 「浮いたり沈んだり 泣いたり笑ったり 面白いよな ハハっ 人生って-」 もしも次の世に 生まれ変わっても そうさ生き方を 恥じることはない 男

堀内孝雄 冗談じゃねえ歌词

03/23 04:32
夜更(よふ)けにひとりで飲(の)めば 涙(なみだ)それより苦(にが)いから 遠くで幸福(しあわせ)なんて 格好(かっこう)つけてるだけだよ お前はあしたを選(えら)び 俺を秤(はかり)にかけただけ 別(わか)れに言(い)いわけつけて 未練(みれん)脱(ぬ)ぎすて 逃(に)げてゆく 冗談(じょうだん)じゃねえ 優しさなんて 冗談じゃねえ 男と女 あばよ ひとつ 想い出が 置(お)きざりの胸の中 心が寒(さむ)くて今日も 酒であたため酔(よ)いつぶれ 強(つよ)がる背中の奥(おく)で いまも面影(お

堀内孝雄 不忍の恋歌词

08/06 13:10
ひと筆あなたに 綴りましょうね- お酒で文字(ことば)が 乱れる前に 十日も逢えない ぬくもりよりも こんなに心が 寒いから あぁ 一途な女です 日本の女です みんなに古いと 笑われるけど 忍ぶ忍ばず あなたが好きで いのちを捨てても いいほどに ひと雨あなたに 降らせましょうね- 涙のしずくが 聴こえるように 窓辺の明かり 灯したままで このまま眠って しまうまで あぁ 可愛い女です 日本の女です それでもわたしが 倖せならば 忍ぶ忍ばず あなたが夢で その手で抱いて くれるなら あぁ 一途な

堀内孝雄 ガキの頃のように歌词

06/25 15:48
もう少し時が 過ぎるまで お前の胸で眠っていたい 夜更けの街へ とびだせば 本当は もっと 淋しくなるから 俺らしくそうさ 俺らしく ここまで生きて来たじゃないか 泣くんなら 泣いちまえ 涙がかれて しまうまで 泣くんなら 泣いちまえ ガキの頃のように 如兒時一般 我還想在你的胸前 多睡些時候 因為假如躍入深夜的街頭上 實際上會變得更加寂寞 我要保持作風如原來的我 不就這樣地活到了今天嗎 想哭就哭 哭到淚乾為止 想哭就哭 如兒時一樣 夢だけをかじり笑っている お前がいつもまぶしく見える 青春だけ

日本ACG 涙は知っている歌词

12/09 17:48
君が涙に揺れる時 どうすればいいんだろう 空を見上げても 心が 痛い 傷つかなくていいコトに 誰もが触れてしまう 水の冷たさに おどろく 時の様に 隣にいるだけで 何もできないけど ありったけの 笑顔 君だけに 抱えて 贈るよ どんな時も 信じていいよ 夢はやって来る 君のためだけに 泣いてもいいよ どんな哀しみも 翼に変わるのさ その胸で 誰かを守ることなんて 簡単にできないね 君に降る雨も 止められないよ だけどあきらめたくはない ちっぽけな勇気でも いつか本当の 強さに なれるならば 小さ

堀内孝雄 恋唄綴り歌词

08/02 10:09
涙まじりの 恋唄は 胸の痛さか 想い出か それとも幼い あの頃の 母に抱かれた 子守唄 ※ああ・・夢はぐれ 恋はぐれ 飲めば 飲むほど 淋しいくせに あんた どこにいるの あんた 逢いたいよ ※ 窓にしぐれの この雨は あすも降るのか 晴れるのか それとも 涙がかれるまで 枕ぬらして かぞえ唄 ああ・・・夢はぐれ 恋はぐれ 泣けば 泣くほど 悲しいくせに あんた 抱かれたいよ あんた 逢いたいよ (※くりかえし) 专辑:OLD&NEW 歌手:堀内孝雄 歌曲:恋唄綴り

門脇舞以 月の涙 NUMBER201 Re-mix歌词

10/25 08:47
いつか見たような景色を 風の中感じた 冷たく白い気持ちへと 舞い落ちた花びら 空っぽのオモチャの箱が一つ 笑顔や愛しさ詰め込めば 止まっていた季節が動き出すよ 君の隣で 月の涙に紅く染められ 違う世界を瞳に映した 遠く流れる雲は銀色 変わる喜び ざわめく胸の音 ほら聞こえて来るね 手のひらに触れる温もり 嘘のない眩(まぶ)しさ 開かない固い蕾も 優しさにほころぶ 壊れてる人形すてられずに 似ているせつなさ抱きしめた 凍りついた想いが溢れてゆく 時間(とき)を刻んで 月の涙に紅く揺れてる あの日砕

堀内孝雄 愛しき日々歌词

03/14 20:32
風の流れの激(はげ)しさに 告(つ)げる想いも揺(ゆ)れ惑(まど)う かたくなまでのひとすじの道(みち) 愚(おろ)か者(もの)だと 笑いますか もう少し時(とき)が ゆるやかであったなら 雲の切(き)れ間(ま)に輝(かがや)いて 空(むな)しき願(ねが)い また浮(う)かぶ ひたすら夜(よる)を 飛(と)ぶ流(なが)れ星(ぼし) 急(いそ)ぐ命(いのち)を 笑いますか もう少し時(とき)が 優しさを投(な)げたなら 愛(いと)しき日々のはかなさは 消(き)え残(のこ)る夢 青春(せいしゅん)の

堀内孝雄 東京発歌词

01/04 19:44
雨が みぞれに 変わる頃(ころ) 時計の針(はり)が 昔に戻る あなたを忘れる 手だてもなくて 心は今も 籠(かご)の鳥 東京発 北国へ 雪にこの身(み)を さらしたら 断(た)ち切ることが 出来ますか 焦(こ)がれる思いを ひとつずつ すこしばかりの 身支度(みじたく)を 整(ととの)える 度(たび) あなたが映(うつ)る こぼれる涙も おもいでさえも あなたがくれた 置土産(おきみやげ) 東京発 北国へ 肌に寒さが からみつく 吹雪(ふぶき)に じゃれる 海猫(うみねこ)を 下(くだ)りの

堀内孝雄 影法師歌词

01/12 14:58
人の優しさ 恋しい夜は 男泣きする 切ない胸が この身をつつむ ぬくもりならば 愛じゃなくても 信じあえる 心の傷なら 酒でもくらって 詫びたい人なら この手を合わせて 淋しさこらえた おまえの横顔 きのうをひきずる そんな 影法師 胸にあかりを ともした夜は 思い出だけが 心のねぐら 夢がちぎれて ひとりでいても 誰かを抱けば 忘れられる 心の傷なら 涙で洗って 逢いたい人なら この目をつぶって 淋しい背中が お前の人生 きのうをひきずる そんな 影法師 心の傷なら 酒でもくらって 詫びたい人

服部浩子 涙の終列車歌词

01/22 15:13
歌:服部浩子 作詞:建石一 作曲:聖川湧 愛の 愛の迷いを たち切れと 隣のホームで ベルが鳴る 許してね 許して 女ごころの わがままを ひとり旅路を のりかえる あゝ 涙の 終列車 降りる 降りるつもりの あの町が 遠くなります 時刻表 バカなのね バカなの 胸にすがれば いいものを みれん汽笛が 泣きじゃくる あゝ 涙の 終列車 きっと きっとあなたは 約束の 駅で私を 待っている わかってね わかって 悪い男には したくない あかい唇 かみしめる あゝ 涙の 終列車 专辑:服部浩子 全曲

滴草由実 君の涙を無駄にしたくない歌词

10/22 07:58
歌:滴草由実 作詞:滴草由実 作曲:YOKO BLAQSTONE・大賀好修 Tears are fallin' from the sky 睨んだその先には 空が澄み渡る 僕を追い越し 時は 未来を創ってる 藻掻けば 藻掻くほどに 一人彷徨い追いつけない 遠い夢(ほし)の輝き 信じてもいいのですか? 君の涙を無駄にしたくない 絶望の時もあるけれど 愛してると今すぐ叫びたい こんな僕はそれしかできない ヒトリ 生きてゆく そして 痛みを隠す 今も 君が- 何もかもが止まればいい 君の一言で 明日の世

堀内孝雄 夢酔枕歌词

03/16 19:15
堀内孝雄 夢酔枕 作詞:荒木とよひさ 作曲:堀内孝雄 泣きながら飲ませて あんたが逃げたから からっぽの心に お酒をつぎたして 泣きながら飲ませて もう一度逢えたなら 昔のあたしに 今すぐもどれる *外は雨 みぞれの雨 それとも涙の雨か 優しさなんか 恋しくないよ ぬくもりなんか 欲しくはないよ どうせ ひとりの 夢酔枕* 思い出よ酔わせて あたしが悪いから 生きてた今日まで 一番惚れていた 思い出よ酔わせて 涙が涸れるまで あんたの他には 許してないから 外は雨 遣らずの雨 それとも未練の雨か