葉月ゆら - 夏を飛び越えて


葉月ゆら 夏を飛び越えて歌词

06/19 07:38
淡いピンクの桜が散った後は 細い 枝葉を毛虫がかざり彩る 雨が上がって日差しがのぞいた時に 夏は目の前 心がすすり泣くのね あの人がそばに-(Last Summer Boy) あの人がいない-(Not Summer Boy) いっそ梅雨を無視して 夏を飛び越え 優しい秋の夜更けまでトリップしてみたい 夏よ.ごめん.許して みんな閉じ込め 悲しみのない季節だけ眺めていたいのよ 夕日が沈み 子供は夏の名残 惜しむかのように スイカの種を蒔く 枯れた向日葵 横目に通り過ぎて 冷めた夜風を一際感じる私

葉月ゆら 恋が熱くて歌词

12/25 13:53
ごめるね 心配ばかりの 寂しがりな女で 優しすぎるから 笑顔の裏側怖くて 探してしまうの そうよ こんなに好きなのは 夏の陽射しのせいじゃない 束縛されたい あなたに ごめんね 我侭だらけの 天邪鬼な女で 困らせるような 無理難題でも お願い 許してほきいの そうよ こんなに好きだから 二人きらの夜を越えて 恋が熱くて止まらない 言葉だけでは もう足りない どうか 夢なら醒めないで 夏の星座に照らされて 恋が熱くて止まらない 束縛されたい あなたに どうか 夢なら醒めないで 二人の運命繋がる 恋

葉月ゆら 願い唄歌词

04/30 10:23
願い唄 小さな言葉 繋ぐぬくもり 大丈夫だよと微笑みくれた 想い出すのはあの日の自分 歩く方向さえ見つからず 過去を悔いてみても 取り戻せない 今はね 君がいる 少し幸せを探そう 明日を越える希望をありがとう 夢をありがとう 愛の意味など解らなくて 唯. 全てを諦めてた 沢山の想いを込めて 君に歌います 君が悲しい時は囁き 君が嬉しいなら笑いたい 幾つもの道 幾つもの壁 無理はしないでと言いたいけど 涙流す夜は空を見上げて 月はどんな時も優しく見つめているよ 心が重く傷が深すぎて 潰されそうなら

葉月ゆら 紅歌词

01/19 09:26
紅 犯す過ちは紅 何も感じず生きてた 躯に残る傷 冷たい過去に囚われ心壊れた 崩れる私を抱きしめてくれた人 涙を流して逃げようと呟く 貴方にだけは貴方にならば 下賎な命 なれど捧げる 唯. 一時の安らぎを求め 犯す過ちは紅 夜は二人を隠して闇に誘う指 きっと貴方は寂しさ 隠しているでしょう 禁じられた恋 運命に背いた罪 これ以上続けば貴方も壊れるわ 私だけなの私でいいの 罰ならどうか全て私に 眠る貴方を置いて風に乗る 辿り着く先は 地の獄 咲いて嬉しいはないちもんめ 泣いて愛しいはないちもんめ

K2 SOUND 葉月の頃に歌词

05/13 18:14
葉月の頃に 原曲『廃獄ララバイ』 Album『浮符音 -UKI FUNE-』 作詞・歌:仲篠田 むぎ 編曲:京箪笥 風鈴の音 騒ぎだす子供の声 自転車を漕いで登りきった河川敷 ここに来ればまたあなたが あの頃のように待ってる気がした 誰もいないベンチに一人座り 果てない空を扇げば 夏草の匂いがなぜか切なくて 還らない日々に夢を見てた 白いTシャツ日に焼けた肌に似合う 眩しい季節がいつしか脱け殻になる 夏の終わり告げるように 寂しそうな向日葵が揺れた 坂道の途中で寝転がって 見上げてたあの星座を

葉月ゆら Twilight of the Dead歌词

07/29 17:40
嗚呼 気が付けば煉獄 妄 躯さえ上手に動かない 何故 君は何処に 愛しているわ 求める心 途切れる意識 裂いた果実酒は柘榴 躯の中 折れる感触が響く とても素敵 肌に触れたいの 喉も渇いたわ 闇の支配は甘く 抗えない欲望 葬 腐食した人形 盲 近づけはしないの 誰も見ないで 廃墟の中を 歩く人形 痛み抱えて 途切れた意識 紅い唇に堕ちる命の灯 誰でアろうとも良いの 引き裂きたい 毒に犯され夕亡者 群れ集う 君はいつまでモ逃げて 私を探さズニ- 永遠のパレード 蠢ク闇 彷徨いツづケル 辿り付イタ

葉月ゆら Flying Star歌词

03/15 08:57
僕のレディオ 光るデジタルの青い文字 鞄の中に Telephone 君の声 隠して いつものBoring day 地図で塗りかえたら パラシュート抱いて ネオンの海へ Flying Star きらきら サテライト 超えて My heart-To you-Ready to go,Now! Flying Star きらきら 三日月に 届く My heart-To you-宇宙<そら>を駆けてく 夢を見てる いつも デジタルの瞳から メモリの中に 映る 君の顔 隠して 真夏のBoring day 白

葉月ゆら ネクロフィリア・ロマンサー歌词

12/08 22:00
腐り欠けた体を ザックザック縫い合わせ 月の光集め 針に巻き込めば 魂は目覚めて 愛しい人を求め 夜へ歩く 果てなく ルララ ルララ 歌え 蒼く濁る瞳を コトコト動かして 胸元に滴る赤い傷模様 闇夜に蠢めいた 螺のようで 嗚呼 美しい夜の姫君 命果て 死に染まれ 丘を越えて かつての愛の巣 彼は待ってるはず 曖昧だけど遠い記憶の中 すでに100年が過ぎた後のお話 もしも君の命が燃え尽きても 恐れないで 僕が剥いで継いであげる お礼ならいらない 腐臭を感じたくて 甘く色づいた柘榴 触れたい 背中を

葉月ゆら サラマンドラの踊り子歌词

07/08 11:46
在前人翻译成果的基础上,调整了中文歌词的用词.押韵和字数,使中文歌词也能和原曲节奏相对应,可以直接用中文唱了.(Rollchain) サラマンドラの踊り子 沙罗曼达的舞女 真夏の夜の荒地に 在盛夏之夜的遥远地方 紅い炎燃え盛る 一朵鲜红的火焰悄然绽放 薄絹を身に纏い 轻盈的薄绢盘绕于身上 祈りを捧げる少女 虔诚的少女用灵魂在祈望 願いは戦場へと 旅立つ彼の無事を 那愿望是 征战沙场的他 旅程一切顺利人安康 他にはいらない 涙を届けて欲しい 其他的事 不曾奢望 只求眼泪能与他一起分享 髪を靡かせて

葉月ゆら BREEZE歌词

06/05 21:23
~秀逗魔导士 Try~OP 高い空を 鳥になって飛びたい 遥か遠い 希望を目指して 見下ろしたら 小さな自分がいて ただ,がむしゃら 生きてるだろうか... こんな風に今を 見つめる事出来るなら 傷つく事もなく 明日も怖くない 風に乗って 夢の彼方へ飛んでいきたい 勇気という翼を付けて 鳥になって 見下ろす心, 持ち続けたい リアルな日々に負けないよう... 険しい道 獣が選ぶように 嗅ぎ分けたら 転ぶ事もない でも人間なんて 迷わされてるばかりで 孤独と戦った 強さを持たない 風に乗って 夢の

葉月ゆら 少女標本 -maiden collector-歌词

12/14 13:39
合わせ鏡 渉り行く魔 浮かぶ傷 柘榴石(グラナトゥム)の様 片目の 絡繰人形(オートマタア)は歌う 狂った 撥条仕掛けの声 夜の闇 眩しい月 妖精の羽音が舞う 貴方は誰?私は誰? 混ざり合う 黒と くろと クロ 錆びた香り 言葉遊戱(アナグラム) 追う 眼球に 刻まれしは 蒼 私の手の中 怯える蝶 羽を奪えば飛べるのかしら? 白い部屋 螺旋階段 軋む窓をすり抜けて 貴方を呼ぶ 私を呼ぶ 混ざり合う 赤と 黒と 闇(クロ) 搦め捕られた少女の悲鳴 刃物(メス)を持つ手 少女標本(maiden co

葉月ゆら 最後の審判歌词

07/03 15:58
「最後の審判」 作詞.歌:葉月ゆら 作曲.編曲:DROP 昨日までの僕 の存在等(そんざいなど)は 定(さだ)かではなくて 絶望の時 裏切られた分(ぶん) 裏切らなければ 前に進めないほど汚(よご)れていたんだ 暗い海の底(そこ) 光が溢れた 白い泡(あわ) ふわりと 沸(わ)きあがって胸に 誰しも守りたいのは自分だけ 夢の後先(あとさき)に翻弄(ほんろう)されている ついに出会えた女神は儚(はかな)くて 一つの言葉で世界を救(すく)える 同じ明日見つめて いられるように 僕は貴方を守り続けよう

葉月ゆら Aphrodisiac歌词

09/05 07:02
「Aphrodisiac」 作詞:葉月ゆら 作曲・編曲:DROP 歌:葉月ゆら 星降る赤い月の夜 淡い光の中目覚め まどろむ瞼に優しく 口付けをくれる私の天使 悲しく燃える清らかな欲望は 零れる吐息を求めるの 震えているのは悲しいからじゃない 貴方と赦される事が嬉しい 願いが届くならば 永遠に永遠を繋ぎ合わせたい 淡い涙と甘く漂う香りに淫れてしまいそう 愛おしく揺れる隠された欲望は 流れる滴を求めるの 震えているのは怖いからじゃない 貴方に奪われる事が嬉しい 蒼い鳥籠の中 いつまでもいつまでも囀

葉月ゆら HAMELN歌词

11/22 05:15
根据前人的翻译作品重新润色,把中文翻译歌词的字数与原曲节奏基本对应,可以用中文直接演唱,同时兼顾押韵,大家可以尝试着唱一下. 自感这首歌实在太经典,又把中文歌词改了一稿,力求完美(Rollchain) 軽(かろ)やかに響(ひび)く笛(ふえ)が 轻盈的笛声悄然吹响 窓(まど)の外(そと)の闇(やみ)に浮(う)かぶ 在窗外的夜色之中幽幽飘荡 どうか連(つ)れ去(さ)って行(い)って 无论如何,请指给我方向 冥府(めいふ)への道(みち)でも構(かま)わない 就算是通向冥府的路,那也无妨 冷(つめ)たい

M.Graveyard 生まれてきてくれてありがとう(葉月なの Ver)歌词

05/22 13:44
青(あお)い.昙(くも)り空(そら) 二人(ふたり)して 歩(ある)いた その时(とき) 君(きみ)はまだ 笑(わら)ってた 古(ふる)い.赤(あか)い日々(ひび) 何(なん)で 戻(もど)らないかな そこまで 见(み)えるのに 远(とお)すぎて 届(とど)かない梦(ゆめ)を 见(み)るようで 今(いま) どこまで行(い)っ ても 空回(からまわ)りするように もう 最后(さいご)の言叶(ことば) なんだか思(おも)い出(だ)せない 突然(とつぜん)消(き)えた空(そら) 思(おも)い出(だ)す

葉月ゆら 宵闇花火歌词

11/08 12:37
宵闇花火 サークル:清風明月 歌:葉月ゆら 作詞:葉月ゆら 作編曲:drop 夕暮(ゆうぐ)れに手(て)を振(ふ)る子(こ)たち 戻(もど)る場所(ばしょ)の無(な)い.私(わたし) 日暮时分 玩伴们挥手告别 可我却 没有归身之处 夜(よる)の風(かぜ)と遊(あそ)びながら 踏(ふ)み込(こ)んだ宵闇(よいやみ)の中(なか) 感受着夜风微抚 踏进夜晚的黑暗中 「君(キミ)ハ何処(ドコ)ヘ行(ユ)クノ?」 "你要去哪里呢?" 狐(きつね)の面(めん)が笑(わら)う 戴着狐狸面具的人笑着说

葉月ゆら 禁色の恋歌词

02/17 19:33
禁色の恋 作曲:藤田真梨 编曲.E.Guitar:奥山明 作词:叶月ゆら 灯る指先甘くも优しく 蔷薇の残り香肌を抚でるの 冷たい部屋 何时までも贵方の影を求めてる 小さな顷に见た黒い城 独り湖上に立つ贵方 绮丽な红い瞳と白い肌美しくて 立ち竦み见とれていた ?おいでお姫様秘密をあげよう? 热く火照った喉元へと 印をつけて彼は去った 真実の恋に堕ちた日から 私.谁にも言えない 喉が渇いておかしくなりそう 雫をください ?早く王子様もっと教えて? 热く火照った胸元ほら 贵方への爱で震える 真実の恋に

日本ACG 葉月 (120円の春より)歌词

11/07 02:06
[ti:葉月 (120円の春より)] [ar:ebi] [00:00] 专辑:Narcissu Soundtrack 歌手:日本ACG 歌曲:葉月 (120円の春より)

葉月ゆら こねこのおやくそく歌词

03/15 13:12
三日月の夜 初参加 猫達の集会/新月的夜晚 第一次参加喵星人的集会 にゃにゃにゃ長老猫との約束 覚えて帰るにゃ/喵喵喵聆听了喵老大的约定 然后回家 1.毛づくろいの後は草を食べるにゃ 食べるにゃ/1.吃了毛之后要吃草喵 要吃草呀喵 2.お年寄りには優しく鳴くみゃーv 優しく鳴くみゃーvv (にゃー ฅ(・ω・ )ฅ)/2.要经常问候老人家呀喵 问候呀喵 (喵~ฅ(・ω・ )ฅ) 3.ねずみとりには近寄らないのにゃくっついちゃうからにゃー (はがれないにゃ T▽T)/3.不能接近捕鼠夹呀喵 不然就

葉月ゆら 幻燈遊郭歌词

09/03 16:45
幻灯游郭 作曲.编曲:Drop 作词:葉月ゆら ふわりふわり花(はな)びら 格子(こうし)の中(なか)に积(つ)もって 飘然而下的花瓣 如门框上堆积的 赤(あか)い赤(あか)い红(べに)ひく 私(わたし)の肩(かた)抚(な)でた 一抹朱红 轻抚着我的肩膀 梦(ゆめ)と现(うつつ)の狭间(はざま)に捕(と)らえて 受困于现实与梦境之间的人 命(いのち)の火(ひ)と引(ひ)きかえに快楽(かいらく)をあげましょう 用快乐来换取你的生命之火吧 桜(さくら)舞(ま)え 胧月夜(おぼろづきよ)诱(いざな)う