こぼれ落ちた涙が君に ナオトインティライミ


NO NAME この涙を君に捧ぐ歌词

08/04 11:40
この涙を君に捧ぐ/NO NAME いつかの願いは 土の中で眠って 約束の時刻に 希望の芽が出るんだ 2人が出会った頃 夢などまだ種だった どれくらい時が過ぎ 花は咲くのだろう? この涙を君に捧ぐ もっと君が輝くなら ずっと見守ってた 沈黙の空から 今 僕は雨になろう 小さな幸せ 見上げていた太陽 期待に膨らむ あの未来がつぼみさ 心が渇いたとき 誰かの愛を求めた 悲しみの風が吹き 花が枯れる日まで この涙を君に捧ぐ たとえ君が気付かなくても 少し暖かくて なんとなく懐かしい そう 僕は雨になろう

澤野弘之 落涙歌词

10/16 17:36
落涙 - 石川智晶 詞∶石川智晶 曲∶石川智晶.西田マサラ 余計な戯言 浮かばないほど闇雲に 行きぬくことだけ すべてを注いでいられたら あたり前に登る月と太陽の下より 荒れた野原の風が性に合っている 戦えど戦えど終りなきものは 見るに堪えないここではなくて 人の底にある救いがたい悪夢だけ 明日が我が身にないかもしれないこと うすら寒い夜が すり寄せそっと教えてきた その覚悟なければ 出会うことのない本当の 脱ぎ捨てた自分の力に出会えない 慰めに口にする善悪を すべて捨てることで 残された情熱の

石川智晶 落涙 ~2010 NewYork Trad-Mix歌词

11/11 04:06
落涙 作词:石川智晶 作曲:石川智晶 编曲:西田マサラ 余計な戯言 浮かばないほど闇雲に 生きぬくことだけ すべてを注いでいられたら あたり前に登る月と太陽の下より 荒れた野原の風が性に合っている 戦えど戦えど終りなきものは 見るに堪えないここではなくて 人間の底にある救いがたい悪夢だけ 明日が我が身にないかもしれないこと うすら寒い夜が すり寄せそっと教えてきた その覚悟なければ 出会うことのない本当の 脱ぎ捨てた自分の力に出会えない 慰めに口にする善悪をすべて捨てることで 残された情熱のよう

福山雅治 恋人歌词

02/06 17:58
黄昏に染まる街 そんな季節 切なくて この頬に ひとつこぼれ落ちた涙のあと 君が描いた夢の中で 僕は生きることが出来ず- ※恋人よ もうあの頃は 眩しい光の中 恋人よ もう抱きしめることなど 出来ないのに なくしても まだ忘れられぬ 君のぬくもりが 消えなくて※ さよならを言葉にせず 恋の終り迷わせた やさしさの意味さえも 知らない僕がいた あの日 君より傷つくのが 僕は怖かった とても- 恋人よ もうあの頃は 眩しい光の中 恋人よ もう名も知らぬ 誰かを愛してるの 逢えないと わかっているから

kaoling 雨の庭歌词

08/26 10:56
作詞:kaoling 作曲:kaoling 編曲:kaoling 歌:IA 愛してるよ 僕は初めて君の庭で 泣いた 呼んでいるよ 抜け殻の名前 冷えた声を さあ あたためておいで 愛してるよ 愛して.居るよ 君の庭で 僕は転んだ 凍えた手に くちづけをしよう 冷えた恋を さあ 楽園(しあわせ)と呼んで 愛してるよ 君の涙で満たした心(うつわ) しずくのように 落ちてはじけた.雨の庭 そして君は 虚ろな瞳でさ ひとつの歌だけ 歌おうとしてた 愛して居るよ. 僕は僕を. 殺さないで良いね. 壊れかけ

高橋真梨子 「恋人」(福山雅治/1993)歌词

05/27 01:20
黄昏に染まる街 そんな季節 切なくて この頬に ひとつこぼれ落ちた涙のあと 君が描いた夢の中で 僕は生きることが出来ず-- 恋人よ もうあの頃は 眩しい光の中 恋人よ もう抱きしめることなど出来ないのに なくしても まだ忘れられぬ 君のぬくもりが 消えなくて さよならを言葉にせず 恋の終り迷わせた やさしさの意味さえも 知らない僕がいた あの日 君より傷つくのが 僕は怖かった とても-- 恋人よ もうあの頃は 眩しい光の中 恋人よ もう名も知らぬ 誰かを愛してるの 逢えないと わかっているから

黒うさP サヨナラ歌词

04/05 10:22
サヨナラ 落ちた涙 君だけを見つめてた ただ 嬉しかった 最後は 「ありがとう」 微笑んでいれたかな おもいを詰めて 春が 終わって 何気ない出会いでした だけどとても大切な事で 記憶はいつか薄れてく それでも それでも 校舎の影に座って 沢山の夢を話していた うなずく私の仕草に 戸惑い 空を見上げて 二つの 影が伸びて 恋心 この胸に咲いた線香花火 流れた 星が一つ 夏の色 消えないで 願いを託す(たくす) 君の 横顔 焼け付いた風に揺られ ただ青い空の下を歩く 茶色く錆びた線路沿い 果てなく

織田かおり きみと夢みて歌词

01/30 17:37
動き出す風に誘われて歩いた道 揺れてる花びら 木漏れ陽の中で見つけた背中に 言葉はいらない 声に出すよりも 繋いだ手と手に伝う本当の気持ちが どんな風景も どんな毎日も ひときわ煌めかせる 君と出逢い 初めて知る季節 嬉しいことばかりじゃない けれど独りで過ごした日々より 笑顔は増えたから 触れあって 強がって 時に泣いても 心の底からあふれる想い 君のこと誰よりも愛してる 遠い明日を指さしながら これからは君と一緒に 同じ夢をみて生きてく 静かな夜更けに 眠れず星を探した あの頃みたいに 戸惑

日本ACG 君のままで歌词

11/20 11:37
「君のままで」 作詞∶江幡育子 作/編曲:大山曜 歌∶榊原ゆい 時に雨は優しい こぼれそうな涙 そっと隠してくれる だけど 隠しきれずに 震えてる背中 霧の中に揺れた いつか 雲が晴れたなら そうきっと虹の橋 見えるから 胸を張ってごらん 見つめてるよ いつも 自分を信じればいい 君のままで ありのままで 君が選んだ道 まっすぐ行けばいい 強い心と優しさ 胸の奥に あふれているから 過ぎるほどに一途に 見えない期待に 応えたくて君は 理想求め疲れて 自分を責めたり 落ち込んだりしてる ふさいだ君

日本ACG 君の中の英雄歌词

05/13 17:40
[君の中の英雄 ] 作詞/作曲/演唱:栗林みな実 こぼれ落ちた涙が今日も星になり 静かに見守ってる 次の時代へ受け継がれてく宇宙を そっと抱きしめた 終わらない痛みの奥で 動きだす儚い希望は 行くべき道を示し.導いている 君の中の英雄が 未来の君を目覚めさせる 壊して生まれ.生まれてはまた還る 進化をして.繰りかえし変わっていくよ 恐れないで-! 光失っても想い繋げる その笑顔に逢える日まで- 信じていた正義に今日も囚われる 誰もが迷いながら 後悔をして-進んでいくよ いつかきっと届くから 暗闇

栗林みな実 君の中の英雄 歌词

11/12 02:33
こぼれ落ちた涙が今日も星になり 静かに見守ってる 次の時代へ受け継がれてく宇宙を そっと抱きしめた 終わらない痛みの奥で 動きだす儚い希望は 行くべき道を示し.導いている 君の中の英雄が 未来の君を目覚めさせる 壊して生まれ.生まれてはまた還る 進化をして.繰りかえし変わっていくよ 恐れないで-! 光失っても想い繋げる その笑顔に逢える日まで- 信じていた正義に今日も囚われる 誰もが迷いながら 後悔をして-進んでいくよ いつかきっと届くから 暗闇にわずかに残る 真っ白に煌めく鼓動は 願いを超えて

Aimer 君を待つ歌词

12/30 13:20
さよなら おやすみ いつかまたね 手を振った夕暮れ どこへ帰るかも 分からないまま ただ歩いた 冷たい雨から逃げるように 駆け込んだ木阴で 刹那の息をつき 下弦の月 暗に堕ちる 笑った颜はすぐに 思い出せるはずなのに 少しずつ渗んでく こぼれ落ちた涙 眠れない夜 见上げた空 揺れる夜光は 身を焦がす 瞳闭じれば 记忆の海 深く沈み 手を伸ばす 几千年も変わらず 君を待つ 冷たい夜风に 吹かれるまま 騒ぎ立つ羽音に 重ねる言叶も 分からないまま また振り向いた 纺いだ花はすぐに 枯れてしまうだけな

ケツメイシ 涙 歌词

02/20 02:34
思うまま泣いて笑う君は 俺の心奥底まで響いた 周り見ずに1人傷つき そこで己脆さに気付き 人目はばからずに涙流して 嫌なことから無理矢理羽ばたいて 答え出す自分の中で 涙.乾いたら違う眺め 時に夢やぶれ涙溢れ まだある先進むべき明日へ 弱さを見せる 怖さも癒える ありのままで俺で居れる 抑えこんだ感情なら今出そう ありのまま生きるならば今だぞ 涙の数だけ大きくなる訳 そこに本当の自分があるだけ ※溢れた感情は単純にこぼれる涙 止めずに泣いて枯れるまで 溢れた感情は単純に疲れた君を そっと包んで忘

栗林みな実 涙の理由歌词

11/08 10:07
痛みが胸を刺すの それでも嘘重ねた ささやく声は甘く 想い止められないままに そばにいても不安な夜 一番近い 言い聞かせて 笑顔が見たくて すべて許した 裏切りは いつか還る 好きになることにおびえていた 好きになることで傷つけた 思い出にできず あおぐ空が まぶしすぎて 落ちる涙 痛みが胸に残る 木漏れ日 揺れる記憶 あの日が輝くのは 今も好きだってことなの 振り返れば孤独な朝 絡めた指の ぬくもり.どこ? 淋しいわけなら わかっているのに 目を閉じて 見えないふり 愛されなくても愛したくて

yu-yu 君とずっと…歌词

08/14 21:45
想(おも)い出(だ)してごらん 萌(も)ゆる草木(くさき) 散(ち)る花(はな)ビラ 共(とも)に笑(わら)い 手(て)を繋(つな)いで 歩(ある)いた並木道(なみきみち)に なにげなく あった日々(ひび)たち かけがいのないものだった 溢(あふ)れる想(おも)い ひとつ 「ありがとう 輝(かがや) く星(ほし)のよに 永遠(えいえん)に 傍(そば)にいるから」 「ありがとう きっと強(つよ)くなるね 君(きみ)のように 輝(かがや) くから」 想(おも)い出(だ)してごらん 染(そ)まる夕陽(

藤田麻衣子 恋に落ちて歌词

06/23 03:11
恋に落ちたのは ほんの一瞬で 君を知るほど もっと好きになっていた 藤田麻衣子 - 恋に落ちて 作詞:藤田麻衣子 作曲:藤田麻衣子 編曲:藤田麻衣子 出会った日から いくつも何かが 変わっていくような 不思議な気持ちで その理由が何か認めるまで少し 二人時を重ねて 今ならはっきりわかるよ 手を握ったなら 握り返してくれる 触れればそっと 抱きしめてくれる それだけでいい それだけでいい また少しの間 君に会えなくて またすぐ会えるよね でも離れたくないよ 思い出すだけで 胸がぎゅっとなるよ 遠く

美郷あき さよなら君の声(PCゲーム『ましろ色シンフォニー』挿入歌)歌词

06/19 06:40
さよなら君の声 忘れたりしない ずっと たくさんの想い出が 私を包むから... 悲しくなんてない 心でそう呟いてみたんだ 君を想えば 柔らかな温もりが 痛みを誘うから 動けないよ さよなら君の声 忘れたりしない ずっと 涙はまだいらない 大好きだったから 言葉じゃなくても届くよ 私たちだけの絆 胸にあるから 精一杯の強がりで 送り出せば 笑顔に会えるの さよなら君の声 どうか元気でいてね 離れて気付く愛に 振り向かないで行こう さよならの途中で 溢れゆく想い出が 滲まないように 今は 涙にもさよ

日本ACG ラブソングを君に歌词

06/08 22:10
巡(めぐ)り逢(あ)えてよかったと 心(こころ)からそう想(おも)うよ ひび割(わ)れた心(こころ)に潤(うる)む君(きみ)の声(こえ) 春(はる)に舞(ま)う陽炎(かげろう)にとけたTears 見(み)つめてた未来(みらい)を 運命(うんめい)に変(か)えるように この日々(ひび)から生(う)まれゆく光(ひかり) 溢(あふ)れるように(溢(あふ)れるように)愛(あい)が咲(さ)くよ つまずいても そこで知(し)る痛(いた)み 強(つよ)さに変(か)えて すれ違(ちが)いを何度(なんど)も重(か

NO NAME てもでもの涙 NO NAME ver.歌词

09/19 07:58
降り始めた細い雨が 銀色の緞帳を 下ろすように 幕を閉じた それが私の初恋 待ち伏せした 二つ目の路地 声も掛けられないまま 下を向いたら 紫陽花も泣いていた こんなに会いたくても こんなに好きでも 目の前を通り過ぎてく それでも こうして あなたを見ている この場所から こんなに会いたくても こんなに好きでも 振り向いてさえもくれない 傘 差してるのに 頬が濡れるのは どうにもできない てもでもの涙 一人きりで歩き出した 切なさが残る道 心の中 迷い込んだ 誰も知らない愛しさ 雨が好きな この

flumpool Belief ~春を待つ君へ~歌词

12/14 20:52
どれほどの涙 君はその笑顔に隠すの? どれほどの笑顔 誰かのために捧げてきたの? 君の優しさに触れて 今 雪が溶ける どんなに遠くても 君の願いは叶う 人知れず 涙枯らして 慰めては 踏み出してく 君の足跡が 春を待つ祈りが いつの日か 届くように 故郷(ふるさと)へと ゆく 道になれ 疑われたって 裏切られたって信じて どれだけ我慢を 明日のために飲み込んできたの? 君は真っ白な夢を また 広げてゆく どんなに辛くても 明日を信じてゆく 真夜中に 積もる想いを 胸に秘めて 歩いてゆく 君の眼差