めぐる季節に覚えている場面がある


ゆうゆ 桜の季節(八王子P MIX)歌词

04/30 03:01
歌:ゆうゆ 作詞:ゆうゆ 作曲:ゆうゆ さくら さくら さくら さくら 咲かせておくれ 桜咲く頃に僕はここに戻ると誓った 君と見上げた空をいつまでも覚えてるよ 「あんなに綺麗な花はないよ」とはしゃいでいた横顔 風に吹かれて花びら高く高く昇ってく 時が過ぎて流れた涙も渇いて 誰もが二人を忘れてしまっていても さくら さくら 舞い踊るように あたたかい想い出包み さくら さくら 咲かせておくれ あの人のいない道を 独りという長い旅に僕はもう疲れ果てて 君の遺した記憶 春は遥か遠くの場所 ただ会いたい

VOCALOID 桜の季節歌词

10/03 11:31
桜の季節 作詞:ゆうゆ 作曲:ゆうゆ 唄:初音ミク album:EXIT TUNES PRESENTS Vocalostar feat.初音ミク by:黑崎ルキア 桜咲く頃に僕はここに戻ると誓った 君と見上げた空をいつまでも覚えてるよ 「あんなに綺麗な花はないよ」とはしゃいでいた横顔 風に吹かれて花びら高く高く昇ってく 時が過ぎて 流れた涙も渇いて 誰もが二人を忘れてしまっていても さくら さくら 舞い踊るように あたたかい思い出包み さくら さくら 咲かせておくれ あの人のいない道を 独りとい

熊木杏里 桜見る季節歌词

07/04 01:46
たくさんの人の たくさんの夢が 混ざり合い 希望に変わる 風によぎった あなたの声に 私は今 呼び止められた 幾つもの日々が それぞれに今 旅立ちの唄を歌ってる 乗り越えるのは自分なんだって あなたはそう 駆けだしてゆく 桜の下をゆく 春の足音には 明日へ向かう人の香りがして 泣いてしまったって 歩き出すんだって 私にささやくよ 桜の色に舞う 薄紅色の時 未来が開いて花になって 変わらないんだって でも変わるんだって 季節をあなたはくれた人 なくしたものと 手にするものは いつも同じではないんだ

KOKIA 心の季節歌词

10/25 14:18
心の季节は春の访れを じっと耐え忍んで待っているの 冬の寒さの中 やがてやって来る 光の季节を覚えている穏やかな 雪融けを待ち焦がれている いずれ终わりを告げる 冬の寒さよ 足元に见つけた 小さな花が 笑う季节へ 春へ运んで 私の心 光の中で 开かれてゆく 新しい扉を开けてみれば ほら 暖かい春の光 长い冬は终わり 花が香る顷には 过ぎた日のこととして 思い出に変わっているだろう 春夏秋冬の それぞれの季节を楽しむ过ごし方 访れるたびに探してる 枯れたように见えた 木々が春には一斉に芽吹く 长い

日本群星 比叡おろし (比叡季節風) 歌词

11/14 19:57
京都の町が 淋しくなる 人も疎らな 比叡おろしの頃 いつもは恋の街 木屋町も あなたと歩いた鴨川も いまはひっそり 風の中 山菜茶屋を通りぬけ 女ひとりで比叡おろしの頃 路ゆく大原女に目をふせる 悲しい思い出は寂光院 女の悲哀は今日もまた もうじき春ですね もうじき春ですね 嵯峨野の小路白く雪化粧 恋を求めて比叡おろしの頃 池のほとりの大覚寺 竹をくぐれば直指庵 たどる恋路もゆきどまり もうじき春ですね もうじき春ですね 優しい春ですね 優しい春ですね 专辑:全日傳 歌手:日本群星 歌曲:比叡お

熊木杏里 桜見る季節 AL Ver.歌词

04/28 16:20
桜見る季節 歌手:熊木杏里 作詞:熊木杏里 作曲∶熊木杏里 たくさんの人の たくさんの夢が 混ざり合い 希望に変わる 風によぎった あなたの声に 私は今 呼び止められた 幾つもの日々が それぞれに今 旅立ちの唄を歌ってる 乗り越えるのは自分なんだって あなたはそう 駆けだしてゆく 桜の下をゆく 春の足音には 明日へ向かう人の香りがして 泣いてしまったって 歩き出すんだって 私にささやくよ 桜の色に舞う 薄紅色の時 未来が開いて花になって 変わらないんだって でも変わるんだって 季節をあなたはくれ

吉岡亜衣加 夢待ちの季節 歌词

05/12 00:20
ほら.旗雲が 明日へたなびく 過ぎた日をたたうように 同じまなざしで駆け抜けた絆を包んで 木洩れ陽を編む かそけき葉音 刻を巻き戻してゆく 信念(まこと)の祈りを めぐる季節に重ねた日々- 春は花の浮橋-彼方照らし.集い.流れ往く 夏はそう蝉時雨-命謳い どこまでも 分け合う歓びが 幸せ増やすから どんな日も越えられた 信じる場所染める 季節の贈り物たち 勇気をいつもありがとう 浅葱の風が 心の水面 爪弾いたあの瞬間(とき)から 熱い志 貫ける寄す処はここだけ 空知らぬ雨 降らせ芽吹いた 夢とい

ゆうゆ 桜の季節歌词

02/18 16:34
桜咲く顷に仆はここに戻ると誓った sakurasaku koroni bokuwa kokoni modoruto chikatta (樱花盛开时我发誓我会回到这里) 君と见上げた空をいつまでも覚えてるよ kimito miageta sorawo itsumademo oboeteruyo (那时候与你一起仰望天空 我会永远记住的) 「あんなに绮丽な花はないよ」とはしゃいでいた横颜 「annani kireina hanawanaiyo」towashaideita yokogao ("那麼漂亮

少女病 季節の雫歌词

07/19 23:01
外は やわらかな风の声が まるで 目覚めたばかりの朝 诱っているような きっと あなたと出会う予感を そっと 私の心の中 教えてくれた Love to wish Hold on you いつまでも 热い想い 白い波と空とに重なって 揺れ动くよ さみしくなるよ どこまでも青い夏の 二人染まる 季节の雫 いつも おだやかにすぎてゆく日が 今は なんだか急ぎ足で 背中をたたくの きっと あなたと始まる瞬间を 少しだけ 少しだけ长く辉かせるの Take me up Make me hot 砂の上 长く伸

舞風 願いを呼ぶ季節歌词

08/07 21:23
Descriptionサークル:舞風 収録CD:東方夢想夏郷 第2話 オープニング・エンディング テーマアルバム 作詞・作曲・編曲:TOKINE {歌詞} 仰げば見える 夏の夜空が 本当は寂しくて... 飾らない今 この瞬間を 手放したくないと願っていた ただ何度も繰り返し舞い詠って... 重ねてゆく日々に再び 目を開いて 千の願いを呼ぶ季節が 夜を超えて明日へ行方をささやく 本当の奇跡を知るその時まで 忘れないでよ ずっと... 今宵始まる この場所から 皆の声が高くこだまする 未だ幼いこの手

Suara 光の季節歌词

01/16 15:58
アスファルトに咲(さ)いた こどもの落书(らくが)きが 阳炎(かげろう)に 揺(ゆ)られて 歩(ある)き出(だ)した 谁(だれ)も知(し)らない 约束(やくそく)の丘(おか)で めぐり逢(あ)う たった一度(いちど)の 今日(きょう)という 奇迹(きせき)の时(とき)を 感(かん)じて 流(なが)れる云(くも) 追(お)いかけて 今(いま)にも 掴(つか)めそうな 胸(むね)の予感(よかん) 高鸣(たかな)り 动(うご)き始(はじ)めた 运命(うんめい) 目(め)が覚(さ)めるほど 色(いろ)づ

I've 季節の雫歌词

08/01 21:04
季節の雫 作词:高瀬一矢 作曲:高瀬一矢 编曲:中沢伴行 歌:KOTOKO 外は やわらかな風の声が[外面 轻柔的风声] まるで 目覚めたばかりの朝 誘っているような[就像睡眼惺忪的早晨 邀请着我] きっと あなたと出会う予感を[一定能和你相遇的预感] そっと 私の心の中 教えてくれた[我的内心 轻轻地告诉了我] Love to wish. Hold on you いつまでも 熱い想い[不论何时 这热切的思念] 白い波と空とに重なって 揺れ動くよ[在白色的浪花和天空里 摇动着] さみしくなるよ

AiRI 青い季節歌词

03/18 22:37
澄みきった空を羽ばたく鳥達に 何故か 僕達を映してしまうんだ 制服の帰り道 僕らだけの基地があって 夢はせて 描いた 白い空へ そう 僕達はどこまでも飛べるような気がした 支えあえる仲間が傍にいたから そう ありふれた日常が輝いてたね 思い出には いつも君がいたね 卒業してから いくつも季節(とき)が過ぎ 別々の道を歩き始めたんだ 現実につまずいて やりきれない そんな夜 思い出す君の顔 あの日の声 そう 僕達はいつだって明日を信じてた もがきながら 手探りで追いかけてた そう 君が教えてくれた

advantage Lucy 杏の季節 歌词

02/16 02:54
杏の季節 -- Advantage Lucy 你好 好久沒phone过你了 我现在给你email了 今天的天气很好啊 东京的天空也是蓝的吗 我有时候想起当时 觉得有点孤独 现在他已经适应了东京那边的生活吗 他是一个害羞的男孩 我有一点不放心 今天的天气很好啊 东京的天空也是蓝的吗 杏花的季节快要来临 请代我转达给他 我还好 代我转达给他 我还好 专辑:杏の季節 歌手:advantage Lucy 歌曲:杏の季節

森山直太朗 君は五番目の季節歌词

07/03 06:36
君は五番目の季節 - 森山直太朗 詞:森山直太朗/御徒町凧 曲:森山直太朗/御徒町凧 君と別れて いくつかの季節が過ぎていった 僕はもう君の知らない町で 君の知らない歌を唄っているよ 勝手気侭な タンポポの綿毛を指で追って 国道の緩いカーブを超えて あの日のままの君の影を抱いた それ故に 春が来て 夏が来て 秋が来て 冬が来て 今年もまた君がやって来る 君は僕に訪れる 五番目の季節 君は五番目の季節 何故に世界は こんなにも麗らかで悲しいんだろう 夢にまで及ぶ君の遺香を 返す返す暮れる空に放った

中恵光城 さくらの季節歌词

08/12 18:58
曆の上では春になりました. -曆上已是春天 でも.さくらの花はまだ咲きません. -但是,櫻花仍未綻放 また明日.きっと明日は. -在明日,一定會在明日盛開 窓の向こうに見えるさくらの木. -從窗外望著櫻樹 でも.今降るものは花でなくて. -但是現在飄落的並不是花瓣 去る冬の忘れものです. -而是過去冬天遺忘之物 さくらの花はまだ咲きません. -櫻花尚未綻放 また明日.きっと明日は. -在明日,一定會在明日盛開 ふくらむつぼみに. -當櫻花飄落之時 わたしは希望を重ねるのです. -我的願望也將與它

井上あずみ めぐる季節歌词

05/20 19:12
「めぐる季節」 薄紅 花景色 せつなさを知った春 はかなく散ってゆく 风の指先ふれて 静かに见える波 まぶしすぎる夏の日 心の海岸で白く砕けていった 过ぎゆく季节の果てに たたずむ人は谁なの? ゆれる想い 自分をだきしめたの ひとり 明日(あした)はどんな日に 頬づえの窓辺から かたちのない梦をきっと见つけにゆこう 色づく街ゆけば 谁かに逢いたい秋 やさしくなれそうな夕暮れのさみしさよ 凍えた手のひらで とけてゆく粉雪は 涙によく似てた ぬくもりに出会う冬 幸せを探す人が 一番幸せだって めぐる

Sincrea 桜舞い散る季節に君が夢見たこと歌词

05/27 05:27
桜 舞い散る季節に 君が夢見たこと 涙 花びらの中に 僕がなくしたもの 風が歌うメロディー 少し風がまだ冷たい季節 希望だけを抱え ドアを開いた 手を振るとき君がくれた笑顔 離ればなれになる意味も知らずに こんなに こんなに 愛しいのに もう君の夢が見えない 戸惑いうつむいた横顔に きれいな花が零れてゆく 桜 舞い散る季節に 君が見つけたもの 涙 花びらの中に 僕が見つめたもの 風に惑うメロディー 無邪気なまま夢を見てた日々が いつの間にか 遠い過去に紛れる こんなに こんなに 会いたいのに 小

Dew 季節を追いかけて歌词

11/02 16:47
季節を追いかける君たちは いつの日か 夢を追いかけてゆくんだな はるか 遠く遠く 不思議だね 広い空の下では いつも新しい笑顔が見つかる びゅんびゅんと 風を切って飛まわってる 走るのそんなに速かったっけ トンボの群れが気づかせてくれた 未来への確かな羽ばたき それは茜色の思い出になる 季節を追いかけて君たちは いつの日か 夢を追いかけてゆくんだな はるか 遠く遠く 不思議だね ちょっと前までは 私の手 ずっと離さなかったのに ぴょんぴょんと 自分の世界ではしゃいでる ひろげたその手で何をつかむ

KOKIA うす桃色の季節 歌词

02/27 20:06
「うす桃色の季節」 作詞∶KOKIA 作曲∶KOKIA 歌∶KOKIA 100年後の日の約束 そんなものよりもこの日を 大事に歩いて行きたい 春の光の中を あれから1年経ったと 桜の花びら 知らせた あなたが愛した季節に 一緒に居たかった たった1年前の今頃 窓の外に眺めていたうす桃色 見送る切なさを知ったものは 全てを抱きしめて生きてゆく I miss you. I miss you. I miss you. 季節が巡って私は 少しずつ歩き出してる かわらないあの日のあなたを 腕に抱きしめなが