四面楚歌 中恵光城


中恵光城 四面楚歌-Mitsuki ver.-歌词

09/09 22:43
四面楚歌-Mitsuki.ver- [ユグドラシル-Filie Best Album-] 作詞:あたいわだれか 作曲:あたいわだれか 編曲:HIR 歌:中恵光城 静(しず)まりし夜(よ)の大地(だいち)に響(ひび)く 懐(なつ)かしき故郷(ふるさと)の歌(うた) 是(こ)れ何ぞ楚人(そひと)の多(おお)きや.と 杯(さかずき)をかわして 幾重(いくえ)に囲(かこ)む漢軍(かんぐん)の 轟(とどろ)く楚(そ)の歌(うた)流(なが)れれば 万里(ばんり)を手(て)にした覇王(はおう)でさえも 今(い

中恵光城 黄昏トンボ歌词

12/05 07:37
黄昏トンボ 作詞:黒川うみ 作曲:ジン 編曲:ジン 歌:中恵光城 いと恋しや.と再会を願う 天河の岸と岸のよう出逢えぬ二人 望月まに.星は薄燈く流れ 芒は風にしなうまま 宵は更けて.刻は過ぎ去るの 一夜(ひとよ)一夜の恋心 一色(ひとつ)一色織り重ねても 叶うことなく.帰るとなく 遥空(そら)に散り溶け消えてゆく 彼(か)は誰とき.と持ち続けても おとない人は夫婦(めおと)の黄昏トンボだけ 淋しさ余り.空に消えられたのなら あの人は追いかけてくれるのかと. ふと思いながら くるりくるりと周り道

中恵光城 或る春のことだった歌词

02/18 03:15
それは或る春のことだった 星のまたたく夜だった 桜の下に並んで座って 宛てない夢を語り合った 少し腕が触れただけで おかしいくらい火照った 帽子で隠れた貴方は どんな表情をしていたんだろう それは昔からだった 金平糖が好きだった 貴方と食べる金平糖はね とても甘くて好きだった 少し洒落た喫茶店で懸命に背伸びをした 気付いて微笑む貴方は大人なのだと思った それは或る春のことだった ある麗らかな春だった 桜の花が静かに咲いては 黙したままに散っていく 少し低い好きな声が "待たせました"と

中恵光城 カガヤ歌词

01/09 12:19
Vlin/ Riko かがや かがや いとこひし かがや かがや いとかわい ねんじのねがひはいくらでも このわれがかなえてしんぜよう 赫や 赫や いと恋し 赫や 赫や いと可哀い 爾の願いは幾らでも 此の余が叶えて進ぜよう "では.彼方のあの月を 消してみてはくれませんか" なんとも他愛のなきことを 月とは朝に消えるもの あれあれ爾とあろうもの 可笑しな戯れを申します かがや かがや いときよし かがや かがや いといとし ねんじをぜひにもわがつまに しからばいかがはせんぜよう 赫や

中恵光城 さくらの季節歌词

08/12 18:58
曆の上では春になりました. -曆上已是春天 でも.さくらの花はまだ咲きません. -但是,櫻花仍未綻放 また明日.きっと明日は. -在明日,一定會在明日盛開 窓の向こうに見えるさくらの木. -從窗外望著櫻樹 でも.今降るものは花でなくて. -但是現在飄落的並不是花瓣 去る冬の忘れものです. -而是過去冬天遺忘之物 さくらの花はまだ咲きません. -櫻花尚未綻放 また明日.きっと明日は. -在明日,一定會在明日盛開 ふくらむつぼみに. -當櫻花飄落之時 わたしは希望を重ねるのです. -我的願望也將與它

中恵光城 あやかしかいぎ歌词

03/04 11:35
あやかしかいぎ 作詞 : 黒川うみ 作編曲 : 片琴ゆうじ たそがれ刻遊んでる 悪い子供どもに教えちゃろ 影法師に神隠し 手鞠唄なんぞ歌っちゃろ ウサギうさぎオクリウタ 人喰いアジサイお月さま 狐どんに誘われて 綺麗な嫁さん隠された 「もういいかい?」 「まあだだよ」 「もういいかい?」 「まあだだよ」 こわいコワイ夜が来るのに まだまだ遊ぶ子供どもや 知らんシラン何が起きても わらわら笑う子供(ガキ)どもや 行きはよいよい帰りはなぁい ぼたぼたよだれウマソウダ ひとりくらい喰うてもええか わら

中恵光城 神隠し歌词

01/15 23:22
遊びに行くなら この子も連れてきゃ 乳呑児(ちのみご)背負って 手てら繋いで 陽が暮れたら 戻ってこんしゃ 山ん中へ 行ったらあかん 陽が暮れまい 戻ってきいや 山ん神様 誘われちまう あんたがたどこさ あの山向こうじゃ 焚き木捨うて お唄をうとうて 遊びながら 働けんども 山ん中は とつくに近うて 陽が暮れんど 戻ってきいや 口五月蝿(うるそ)う 言われてようよ そんだば速れしょ 行ってみやせんしょ 目じるし置いて 手てら繋いで 陽が暮れたど 戻らなあかん 聞かんと奥へ 行ったらあかん 里へ戻

中恵光城 機械仕掛の詩歌词

05/09 13:40
Sing a Song 製作委員会「Sing a Song Project」より 消え行く物語 宝石を砂に変え 軋む針を響かせ 時は巡り行く いつかは消えるその歌声で 紡ぎ合えば明日が始まる ずっとずっと君を待つ 閉ざした箱の中で いつかいつか朽ち果てて 言葉を忘れても どこまで歩いても 終わりの見えない日々 霞む過去の記憶は 霧に包まれて いつかは消えるあの約束に 縛られてる私は人形? 廻る廻る旋律は 輪廻の旅路の中 一つ一つ許された 明日への道標 君の為に奏でよう 機械仕掛の詩を 強く強く咲

中恵光城 Pure Love, True Love (Full Ver)歌词

05/24 01:05
笑い合う毎日が 少しずつ重なって 前よりキミを感じている 手が触れた あの時に 景色さえ輝いて 胸の鼓動が高鳴り出す これから 描く恋の模様は まだ見えないけれども きっと綺麗だよ ほら ねえ.誰より キミのこと見てるけど 鈍感ね- でも大好きだよ 近づいて 染まる頬にキスして さあ.はじめようよ Pure Love 帰り道 二人きり 少しずつ距離縮め 指を繋いで歩きたいの 肩越しの横顔が 口癖をつぶやいた 優しい声が響いてくる これから 開くドアの向こうは キミと一緒に行けば きっと大丈夫 ほ

中恵光城 狂ひ紫陽花歌词

03/16 09:38
降りやまない雨は夏の始まり -永不降雨的夏季終於開始 さなぎは静かに変わりゆく -往常的寧靜,開始出了變化 鳴りやまない音は祭りの合図 -鳴叫而不停止的合音 うてなを広げて騷ぎ出す.それは赤 -逐漸騷動而擴散出來的,是血 咲かせましょう 時計の上に -在時間上,盛開吧 咲かせましょう 死体の上に -在屍體上,盛開吧 時間は廻る る・る・る・る -時間在輪迴,嚕˙嚕˙嚕˙嚕 廻るよ廻る 歯車を圧し -迴旋又迴旋,壓在齒輪上 舞台は踊る ら・ら・ら・ら -舞台上跳著,啦˙啦˙啦˙啦 踊るよ踊る 七色

中恵光城 手鞠歌歌词

05/15 08:00
ててて 手まりをつきましょか ててて 手まりをつきましょか ひとつ ふたつ みっつ ててて 手まりをつきましょか おらの声が聞こえるかい よっつ いつつ むっつ ててて 手まりとうたいましょ おらと一緒にうたいましょ ななつ やっつ ここのつ ててて 手まりはもどります おらのお手にもどります みっつ ふたつ ひとつ ててて 手まりをつきましょか ててて 手まりをつきましょか... +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 05手鞠歌 来来来

中恵光城 とおりゃんせ歌词

06/28 08:27
ひとつ積んでは母のためと 通い歩いたこの百の日々 どこまでも続く赤鳥居 ランプを頼りに歩きます こーん こーん 誰かが人を恨むように 一途な想いで進みます 優しい顔した かかさまに どうか もいちど逢わせて下さいませ とおりゃんせ とおりゃんせ 口ずさんで とおりゃんせ とおりゃんせ とおりゃんせ とおりゃんせぇ この願いを天まで とおりゃんせ お天気雨に導かれて 辿り着いた狐のお堂 少し休ませてくださいな おきつねさまは哂った こんこんこん とおりゃんせ とおりゃんせ とおりゃんせ こっちにお

中恵光城 影法師歌词

01/23 12:48
01 影法師 詞:つきみ 作/編曲:村里翔太(arc) 歌:中恵光城 ひとつ ぽつり 影法師 花の傘 少女が一人 しゃんしゃん しゃらら 鈴揺らす 竹馬ごっこは さようなら 海の向こうの お人形抱いて かかさま眠る 土の元 一生分の お参り ひとつ ゆらり 影法師 青い瞳の 異人がひとり しゃんしゃん しゃらら 花を摘む 一夜の夢は さようなら 離れるならば この腕抱いて 手折れば永久と 笛を吹く 行く先知るは 風のみぞ ひとつ ふたつ 影法師 暗(やみ)はまやかしと 嘯くように 細道照らす お

中恵光城 謎掛条約 -ナゾカケジョウヤク-歌词

01/09 05:01
謎掛する人[提出谜题的人] この指止まれ[停住这根手指] 謎掛する人[提出谜题的人] 小指に止まれ[停留于小指上] 謎掛する人[提出谜题的人] この指止まれ[停住这根手指] 謎掛する人[提出谜题的人] 小指に止まれ[停留于小指上] 知りたい知りたい[我想知道 好想知道] 何知りたい[想知道什么] 秘密をこっそり知りたいな[我想悄悄地窥探秘密呐] 言いたい言いたい[我想说出来 好想说出来] 何言いたい[想说什么] 秘密をこっそり言いたいな[我想悄悄地泄露秘密呐] 我慢は心体(からだ)に毒だから[忍

中恵光城 あるびの歌词

06/21 15:03
遠く光る 銀色の細い月 斬り裂かれた 浅い傷口の様に 同じ色の うさぎを誘う こっちへおいで ここは何処 私は誰 誰とも違う毛並み 白く映えて 浮かび上がり 何処にも混じれない ウサギ ウサギ ナニミテハネル 此処ではない何処かへ 桃源郷を 夢見て跳ねる ワタシヲツレテッテ 淡く浮かぶ 朧気な丸い月 口を開けた 甘い逃げ道の様に 赤い目をした うさぎを誘う こっちへおいで あなたは誰 何処へ行くの 誰とも違う言葉 そっと優しく 抱き上げる 何にもわからない ウサギ ウサギ ナニミテハネル 優しい

中恵光城 待宵姫歌词

12/21 14:54
いつまでも待ちましょう また夏を送りましょう いつの日か名を呼ばれるその日まで 遠い遠い追憶の彼方 揺れる想い 今は顔もおぼろげな貴方は誰ですか 永い永い星霜の果てに何があるの 水は流れ 玉響の涙も留まらない どうして 寂しいのでしょう その理由も解らないけれど いつまでも待ちましょう (あなたを) また夏を送りましょう (まってる) 誰かも判らぬ 愛しい貴方のこと (きおくはかすんで) 生きる意味を与えて 温もりを教えてくれた (それでも.いまはただ) それだけは 忘れずに憶えてます 浅沙(あ

中恵光城 Alphard歌词

08/21 03:21
アルバム書き下ろし曲 歌:中恵光城.ひろさわけんぢ 目に視えないものは怖いかい? 君は 隙間なく理由を敷き詰めてる 手にとれないものは怖いかい? 君は 絶え間なく理屈を組み上げてる ねぇ だけど気付いて欲しい それはただの 箱庭に過ぎないんだと 本当に大切なものは この目には視えなくて 言葉には出来ないままで 其処に漂っている 目の前のあやふやなものを 心で確かめるの 形を超えた先に 確かなものがある 一番怯えているのは 君じゃないか 誰も君を 遠ざけようとしていないのに どうして幸せか分かるか

中恵光城 青いカナリヤ-Acoustic ver.-歌词

09/19 05:53
フィーレ「詩紡ぎ-フィーレ-」より Piano:圭輝 A Guitar:なみへい 聞いてください 私の歌を 聞いてください 私の歌を-- 幸せを謳う 青いカナリヤ 彼はまだ 雪解けの瞬間(とき)を夢見てるのだろう 幸せ求める 人に届けと 今はもう 枯れ果てた声で歌い続けている るるりらら 私の声が聴こえますか-- 聞いてください 私の歌を 聞いてください 私の歌を 愚かな幸を追って 視力(め)を失った人々に 幸せの祈りは 聴こえない―― 幸せを捜す 盲目の少女 その手には錆びた鳥籠 "幸せを手に

中恵光城 千年の花歌词

03/28 20:59
ふわり 風に感じる 優しい花の薫り 見上げれば満開の木 目を疑う 真昼に見る夢のよう 綺麗すぎて怖い 現実味のない景色 手を伸ばせば 届きそうで (僕を呼んでく 君は誰?) 僕の現在(いま)と君の過去(ゆめ)が共鳴してる 千年の時越え 実らずの花開く 届けられた 祈りの歌を聴いた 狂い乱れ咲き 花ひらり はらひらり 笛を吹く 君の姿が綺麗で ゆらり 影が滲む あふれる涙の向こう 知らないのに知っている 胸が痛い 君が呼んでいる名前 君に向けた想い こみ上げてくる感情は 僕のじゃない 誰の記憶?

中恵光城 小指と糸と鋏 -コユビトイトトハサミ-歌词

09/20 21:37
小指と小指を絡めますれば 人の間に縁が生じ 俗には赤い糸の仲ですと 申す輩もおりますもので 鋏で小指をちょん切りまして 「これが私の覚悟です」 ほの字の相手に渡しまします 何と奇怪な願掛けだこと 恋は盲目.いと可笑し 人は愛憎.あゝ可笑し あの人は他の女に首っ丈 それでも愛してる愛してるの 産まれてくる子に罪はなけれど ここでは幸せにしてやれない あの人は他の女に首っ丈 夜なべで働いて稼いだって 湯水の如く貢いでしまう ここでは幸せにしてやれない 熊野の烏に誓いますれば 人の間に縁が生じ 必ず二