命落として 散りゆく花よ 刹那の蜜


吉岡亜衣加 散らない花歌词

08/27 02:04
散らない花 作詞:大森祥子 作曲:上野義雄 編曲:谷本貴義 呗:吉岡亜衣加 たとえば時が戻り 今をやり直せても 私 あなたの待つ この運命(みち)選ぶ どんなに哀しくても どんな雨に打たれても 別離(わかれ)より 出逢えた奇跡がいとしい 「さよなら」なんて言葉は この世にないと教えてくれますね 眩しい 眩しい 想い出は胸の奧 はぐれて 初めて 散らない花になれ 馨(かぐわ)しい 馨しい 遙かな温もり 触れなくても 私を眩しく- ひとつだけ叶うのなら 未來と引き替えても 私 あなた護る 楯になりた

Key Sounds Label 散花歌词

07/08 11:54
[00:00.00] 专辑:Rewrite Original SoundTrack 歌手:Key Sounds Label 歌曲:散花

松田樹利亜 散花歌词

04/18 17:07
歌:松田樹利亜 作詞:松田樹利亜 作曲:鈴木慎一郎 "大丈夫"と笑うことが いつからかこんなクセになって どうしてもできないことを 素直に言えない抱えたまま 自分の声に耳を傾け 始めよう まずは「私」を知ろう 散っても散っても 咲く花のように 何度でも変われる 生きている限り 君が途中で投げ出したって そばにいる僕らが 諦めないでいるよ 与えられたこの時間を 無駄の無いように急いできた これからも進む道を 疑うことなく歩き続けて 頑張りすぎる君もいいけど 少しだけ止まり「私」を休もう

妖精帝國 鮮血の誓い歌词

05/20 05:41
妖かしの誘いに応え給え 呼び出したるそなたへと 導かれし身を 差し出すは鮮血の 指先の証 光の神も 欺く誓い 妖かしの誘いに応え給え 堕ちる 焦がれる 命を賭して誓約の儀を 胸の楔に 手向けの賛歌 深淵の地へ 身に纏いし黒色の いばらのドレスを 染め上げる鮮血は 永遠の証 唇寄せて最期の誓い 妖かしの誘いに応え給え 我の微笑に 命を賭して 散りゆく華よ 刹那の蜜に 囚われ給え 深淵の地で 黒き地を幾億の華で埋めて すべて隠した 贋物の城 幻影の地へ 妖かしの誘いに応え給え 堕ちる 焦がれる 命を

Paradise Eve 菖蒲の微笑歌词

12/31 01:05
夜の帳だけ纏う私を置いて どこへ行くのでしょう?また会えるのでしょう? 決して絶えられない時間(とき)も私は貴方を想い 籠の中の小鳥のように歌い続けろというの? それは儚すぎる存在だときっと誰もが思うのね けれどただ泣いているだけじゃない 一人でもこの足で歩いている 立てば芍薬と?座る姿は牡丹? 走るこの姿百合の花かしら? 決して絶えられない時間(とき)も私は貴方を想い 城の中の王女のように守られていればいいの? それは弱く脆い存在だときっと貴方は知っている けれど何も出来ないわけじゃない 一人

日本ACG うらなふ花は散りぬれど歌词

02/19 12:56
月の光が降りてきて わたしを優しく包む 愛の言葉を唄にして あなたへと伝えよう 優しい瞳に見つめられて ああ 胸に忍ばせた 痛みさえ忘れる 近づくほどに 心はあく離れて 夢や現やと焦がれる 初めし想い 夜の帳に隠された ちいさな花のつぼみも 月の光に照らされてゆるやかに綻びる 目覚めの言葉を交わす度に ああ 花びらのような想いが積もってゆく 泣き濡れた夜は 悲しい夢を見る 愛しい人に屇かぬ 誓いの夢 もしもあなたの温もりに抱かれて眠れるのなら 悪い夢など朝の陽にとけて消えてゆくでしょう 初めて会

日本ACG 一輪花歌词

08/15 02:06
一輪花 作詞:二宮愛 江幡育子 作編:川越好博(Alphonte Music Inc.) 作曲:川越好博(Alphonte Music Inc.) 歌:柩(CV.寺島拓篤)&橘(CV.下野紘) 風(かぜ) あたたかく 頬(ほお)を撫(な)ぜる 暖暖地風撫過臉頰 くるりと まはるは 風車(かぜくるま) 輕微旋轉的風車 途切(とぎ)れた線路(せんろ)に 停(と)まる世界(せかい) 線路中斷而停止的世界 甘(あま)い蜜(みつ)を注(そそ)いで 傾注著甘密 踏(ふ)みしめた影(かげ)が憧(あこが)れた

デッドボールP 椿の花歌词

07/15 23:26
あと一日で 世界が终わろうとも その蕾は花开くでしょう 尽管世界於明日终结 此花蕾总会盛开绽放 百日も 长く咲けるよりも 美しく孤独に枯れる 即使延续至百日长开 总会凄美地孤独枯萎 耳の奥で椿の花が ぼとりもげる音がする 耳内听到山茶花 折断落下的声音 心の臓を踏み溃されて ぐちゃりと土に还りなさい 把心脏践踏蹂躏 返还为泥泞尘土 咽の奥で椿の花が どろり融ける味がする 喉中感到山茶花 融解混和的味道 足の腱を噛み千切られて じろりと星を睨みなさい 把足腱咬碎千段 盯视著天上星宿 眠れ 眠れ 最

mao 闘花伝 歌词

08/17 10:44
闘花伝 PSP用ソフト「薄桜鬼 -幕末無双録-」挿入歌 作詞:磯谷佳江 作曲:黒須克彦 編曲:黒須克彦 歌:mao 戦火(いくさび)燃ゆる荒野に ふたすの影が 揺らめいて交わる 瞳に宿る闘志が 火花を散らす 互いの誇りかけて 刹那 振り上げた刃で 信念を貫く 激しく熱く 高く強く早く 情熱(おもい)は煌めき 宿命は目覚める 嗚呼-軋む世界で 全てを懸けて咲く 徒花(あだばな)でいい ただひとつのために闘う 蒼い陽炎がそっと 紅く染まった 大地に立ち昇る 白い激情をたたう 闇の漆黒 響きわたった刃

日本ACG 桜散ル夜~ハナチルヤ~歌词

06/15 08:50
花匂う刹那 一夜を限り この夢に酔い痴れ 春の世を謳歌え 月は果敢なく 夜天を翔けて 過ぎゆく 時代は徒に 栄華と闇夜の間に 運命綾なし 艷やかに花は咲き乱れて 夜鳥啼交わす刹那 一会を限り この美酒に酔い痴れ 楽の音に踊れ 紗の闇 踏み惑いて 耀う 闇は徒に 揺らめく燭炎の陰翳さして 紅霞む 密やかに花は散り初めて 月満つる刹那 一夜を限り この虚構に酔い痴れ 常の夜に狂え 遊蛾果敢なく 燃えて尽きて 風馨る刹那 一期を限り この恋に酔い痴れ 春の夜に眠れ 薄紅の雪 降り注いで 彩る 罪は徒に

凋叶棕 竹ノ花歌词

04/12 10:53
アルバム:薦 サークル:凋叶棕 原曲:ジャパニーズサーガ 詩:RD-Sounds 歌唱:めらみぽっぷ 原著:魚骨工造「竹ノ花」 その花を 咲かせば あとは 枯れるのが その定めか その命 散らして つなぐ 思いを全て 受け取って 竹ノ花 [七] 遠くに見ゆるその影に.ふと過る. 遠い日に交わした約束. この手の届かぬところへ.歩み去る. その背中に影を合わせて. 交わし足りぬ言葉 全てを胸に押し止め ただただ願うのは 愛した女の幸せか 竹ノ花 咲けばただ 散るまでの身と聞けども その命の在る限り

飛蘭 しずかな蜜より赤い蜜歌词

02/21 03:33
飛蘭 しずかな蜜より赤い蜜 作詞:畑亜貴 作曲:藤間仁 嗚呼 来夜来夜 針夜 来来流夜 (ah laiya laiya hariya lailai ruya) 嗚呼 来夜来夜 針夜 来流来 (ah laiya laiya hariya lai ru lai) 重なって また教えて めぐり逢うたびに情熱 とまらない とめられないの 自然に落ちた こころとからだ それは往く宛のない私を引き寄せる (蝶のためいき) ほんの僅かな いとしさでも感じたかった 祈りだけじゃ生きてると思えぬ渇き 兆しに高まる

KOKIA 花宴 歌词

12/05 22:21
「花宴」 作詞∶KOKIA 作曲∶KOKIA 歌∶KOKIA ぼんやり眺める春うらうら うす桃色の風が光る 遠くに見えてる山も笑い 春告げ鳥の美しい声 この國は 花を愛で 春をことほぐ 季節と 共に生きる 日本の人 はらりはらりと花の宴 悠闲眺望着春意盎然 微风闪动着桃色的鲜花 远远望去 山如微笑 鸟儿歌唱春天的来到 这个国度 鲜花眷恋 祈祷春天 伴随着季节的大和之子们 如同这纷纷落下的鲜花的盛宴 一○○年樹齢の見事な幹 しっかり大地に根を下ろして 張り巡らされた 枝が天を 仰いでいる様に 手を

谷村新司 花歌词

08/06 20:13
花-谷村新司 作詞:谷村新司 作曲:谷村新司 汽車の窓辺に 寄り添う人を ┊列车上 她轻轻倚靠玻璃窗边 遠くから見つめてる 声もかけないまま ┊远处痴痴凝视的我 始终无法启唇叫唤 張り裂ける胸 抱きしめ乍ら ┊小心翼翼地拥着颗 被思念塞得满满的心 死ぬことかわりにも 人は旅をする ┊选择踏上旅途坚强独活的人们 永遠に散ることのない花を ┊永不凋谢的娇美花儿 人は愛してくれるでしょうか ┊怎会博得人的欢心 優しい雨にうたれて落ちる ┊温柔雨无情打落枝头的 儚なさゆえ 人は愛するのでしょう ┊人们才

范冰冰 花之魅歌词

11/15 03:36
[ti:花之魅(电视连续剧大唐芙蓉园片中曲)] [ar:范冰冰] [al:刚刚开始] [by:noni99] [offset:500] [00:02.00]范冰冰 - 花之魅 [00:04.00](电视连续剧<大唐芙蓉园>片中曲) [00:06.00]词曲: [00:09.00]www.Feiyes.net - noni99 [00:12.00]-------- [02:02.12][00:18.67]你伤满五月下的醉 [02:05.72][00:22.43]曾预警了心碎 [00:27.50]

榊原ゆい 此の花咲ク頃(Quartet Ver.)歌词

01/07 05:07
[ti:] [ar:] [al:] [00:00.87]『此の花咲ク頃』 [00:11.48]「ピアノの森の満開の下」主題歌 [00:16.79]作詞 作曲/榊原ゆい 編曲/幡手康隆 [00:20.74] [00:28.35]この胸の奥広がる 淡く染まる景色は [00:36.81]何も変わる事もない また切なさ溢れる [00:44.33] [00:48.46]いつも唄ってくれた メロディ達 [00:54.64] [00:55.09]零れ落ちるその笑顔は かけがえのない想い出 [01:05.42]

上原れな 命の証歌词

03/18 10:08
繋いだ心の空に 祈るものは 何一つ 君には届かないけど 何年でも 祈ってるよ 儚く燃えて 散りゆく花に あの日見た君の影を 何度も捜し続ける 地図のない 明日に向かい 僕たちはまた 愛を描くよ 動いてる 鼓動 それは かけがえのない 命の証 何にも求めなかった 小さすぎる君の手に こぼれた雫を拭いて 「笑ってよ」と微笑むから 遠くで揺れる 陽炎のように 一瞬の目映ささえ 永久に続けと願った 気付かない 大事なもの 枯れそうな花 水をあげよう 失って 気付くものが 大きな糧となるのでしょうか ゆら

榊原ゆい 此の花咲ク顷歌词

05/09 18:31
『此の花咲ク頃』 「ピアノの森の満開の下」主題歌 作詞 作曲/榊原ゆい 編曲/幡手康隆 by_汽水 **HMACG群:16226565 この胸の奥広がる 淡く染まる景色は 何も変わる事もない また切なさ溢れる いつも唄ってくれた メロディ達 零れ落ちるその笑顔は かけがえのない想い出 君は舞い散る花のように 一片の涙落とす 手を広げ 受け止めたい 小さなその肩も 此の花が咲ク頃には 君の声聴かせて 恋ひ渡る 気持ちだけが 今も心の彼方 儚く咲いてた気持ち 瞳に映る想い 何も変わる事はない まだ愛

PoPoyans 花もよう 歌词

05/01 03:11
舞い散る花もよう いずだまり沈んでゆく 重なりやその姿は ただ美しくて 強い風がふった 君がくれた贈り物が 花びらたちだった 僕の失くしたものみたいで 涙がこぼれてきた いつから君は換わらるえみて 僕を助けてくれたのは 毎日が朝声で君をたたえる 愛の始まりも終わりも見えないよ 見えなくていいの 今なら分かるよ この先もその先も 君と過ごす部屋は スミレのにおいがした 溢れてゆく思い出が 掌から 落ちた 专辑:祝日 歌手:PoPoyans 歌曲:花もよう

Dixie Flatline 花曇歌词

08/27 21:45
しまってた古い鞄から 舞い落ちた桜の花びらが 懐かしいあの日の午後に 置いて来た心呼び覚ます 薄れ行く记忆の中.优しい颜で 君はただ笑って いたよ こうして 仆らは大人になっていく 数えきれない别れを缲り返して ひとつ覚えて ひとつ无くして 譲れぬものはこの胸に秘めて そうして 月日は巡り巡っていく 华やいだ季节も全て饮み込んで 人は移ろい 花は散っても 见上げた空の色は あの日のまま 二人のあどけない恋は 想う程お互いを伤つけて 溢れ出す幼い心を ぶつける事しか出来なくて 雨に消えた爱の欠片は