それでも世界が覚ます


小南泰葉 世界同時多発ラブ仮病捏造バラード歌词

11/09 23:45
プールに溺れる黒髪を掬って遊ぶ 甘い罠に混じる 見下した黒い太陽の また下に月が眠っている 嘘で塗り固めた世界が覚醒し 狂った様に 細い脚がスキップする 世界に椅子はない 境界も壁もない ゲームの主役は僕 甘い涙を流して笑う 効き目が切れる その瞬間まで 『君には真っ逆様に飛べる羽根があるんだ ほら 使ってもいいよ』 甘い夢を膨らました臆病者よ 世界に痕を残すんだ 先生 どうして菊が机に咲くのですか 教科書には答えが載っていませんが まず僕は変ですか? 僕がいなくなったら誰か泣いてくれますか?

坂本美雨 Precious歌词

10/03 06:55
真夜中の 高鳴り 午前2時 手の平に 何度も書いては 消える文字 なにげない 言葉も あなたから 届けば 星たちが またたき 踊り出す 寂しさ 埋めるため 世界は 増やすことばかりに溺れた この手に 大切なものたち すべてを 集めても 指の隙間から こぼれてく 終わりまで 抱きしめているのは ただひとつ そばにいて 心は叫び出す 浮き雲のぼくらを どうかつなぎとめて 孤独を おそれては 世界は つながることばかり覚えた この手で守るものを探していても ポケットの中で 消えないあたたかさは 限りあ

See-Saw Emerald Green歌词

02/27 11:59
走っていく 子供たちのはしゃぐ笑い声に 光と影 追いかけてみたくなる 緑の葉に透かして見た あの太陽の先に 何があると思っていたのだろう Emerald Green 花を摘んだ手の中から 空風土へと姿を変えて行く その美しさに目を開いた 眩しすぎる場所で 寝転んだ空に問いかけてる 何枚かの大きな葉と小石拾い集め 囲むように小さな墓地をつくり 風が吹けば壊れるような そんな夢だったけど あの世界をまだ覚えている Emerald Green 木の葉揺らすあの歌から 緑の呼吸が背中を包み込む もう一度

平田宏美 tear歌词

02/21 10:43
どれくらい涙 流せば あなたを忘れられるの? 「愛してる」もうあなたには伝えられない 恋に落ちた瞬間 運命を感じた 初めての恋を知って未来を描いた 「君がくれた笑顔が何より宝物」言ってくれた言葉さえ切なく胸にのこる 消せないアドレス まだ期待しているの こんなにも大切な人だと分かったから 初めて好きになったから 忘れ方さえ知らない 寂しくて涙溢れてしまう 弱い私を もう一度あの頃のように強く抱きしめて欲しいけど 儚い夢 涙に隠し続ける 着信がある度に 名前を探してる こんな日が来るなんて思いも知

Cyua Undo -明日への記憶-歌词

06/27 22:29
Life- 出口のない 迷路の街 鳴る鈴の音 I do- 与えられた今を捨てて 歩き出す朝 光と闇 交差する世界で 覚醒(めざ)めはじめるカタルシス 震えている胸で誓った もう誰ひとり失くしたくない-! 明日ナミダ溢れても 風の中を駆け抜け行こう 放て選んだ未来へ 取り戻すよ この願いはあきらめない Love- 白い翳(かげ)が塗り潰した 心の領域(エリア) Undo- 立ちはだかる絶望さえ 覆す夜 表と裏 受け容れた瞬間 拡散されるパラダイム はしゃいだ夏 無垢な憶い出 微笑みあった確かな季節

近藤真彦 目覚めろ!野性歌词

06/17 04:39
目覚めろ!野性 空ははるか雲は流れて 遠く遠く遠くに焦がれても どこをめざして 僕は踏み出すのか 迷いを今 振り切って 逃げ場のない運命でも 明日を探して 僕を強くするのは 仲間の絆 目覚めろ!野性 あふれ出した感情 胸に秘めた がむしゃらな笑顔で 叫び声は Wow wow 真実だけに響くだろう 心燃やせ そして手をつなごう 夢に込めた 永遠の願いを 求めるなら Wow wow 探している光はきっと そこにあるさ 「時が来れば・・・」そんな言い訳を 何度何度何度繰り返すの? まぶしそうな瞳(め)

中山美穂 世界中の誰よりきっと歌词

04/10 13:02
まぶしい季節が黄金色に街を染めて 君の横顔そっと包んでた まためぐり逢えたのもきっと偶然じゃないよ 心のどこかで待ってた ※世界中の誰よりきっと熱い夢見てたから 目覚めてはじめて気づくつのる想いに 世界中の誰よりきっと果てしないその笑顔 ずっと抱きしめていたい季節を越えていつでも※ 言葉の終わりをいつまでも探している 君の眼差し遠く見つめてた そう本気の数だけ涙見せたけど 許してあげたい輝きを (※くり返し) 世界中の誰よりきっと優しい気持ちになる 目覚めてはじめて気づくはかない愛に 世界中の誰

妖精帝國 彩の無い世界歌词

11/14 09:23
TVアニメ『黒神 The Animation』EDテーマ いくつの夜を越えて 目覚めを誘う風 いつしか朝を迎え 凍てつく躰溶けて 覚めた記憶で 早すぎた死を還して 虫たちの鳴く声も 鳥たちの舞う羽音にも 音を亡くした白き涸れ地に あふれる彩をそそいでいく あざやかに・・・ 凍える朝にひとり 眠りの合図を待つ いつか本当の 目覚めを知ると信じて 飛び交う森の風も 行き交う遠い空の雲も 音を亡くして光閉ざして あふれる彩は消えていく おだやかに・・・ 閉じ込めた過去を 怖がらないで 幾千の刻に 全て

中山美穂 世界中の誰よりきっと (パート2)歌词

07/01 12:11
まぶしい季節が黄金色に街を染めて 君の横顔そっと包んでた まためぐり逢えたのもきっと偶然じゃないよ 心のどこかで待ってた ※世界中の誰よりきっと熱い夢見てたから 目覚めてはじめて気づくつのる想いに 世界中の誰よりきっと果てしないその笑顔 ずっと抱きしめていたい季節を越えていつでも※ 言葉の終わりをいつまでも探している 君の眼差し遠く見つめてた そう本気の数だけ涙見せたけど 許してあげたい輝きを (※くり返し) 世界中の誰よりきっと優しい気持ちになる 目覚めてはじめて気づくはかない愛に 世界中の誰

Active Planets 親愛なる世界へ歌词

09/15 21:57
Silent night 降り続ける 悲しみ ふりはらい どんな言葉でなら 寄り添えるの 暁に 流れ落ちる星 世界が目覚める あなたが歩む大地に 祈りを Silent heart 触れられない 愛を嘆かないで 願い 託す光 星座になる 暁に 染まる空の果て 私を感じて あなたと同じ景色を 見ている はじまりの 白い夜明けを あなたと出会った 愛し 世界で 信じる強さ 知った "I stay with your heart,so sweet,right dreaming in your heart

新居昭乃 覚醒都市 歌词

07/16 12:55
新居昭乃 - �醒都市 作�:新居昭乃 作曲:新居昭乃 �曲:保刈久明 ★ きょうも 嘘のように磨かれる街�みを 目的があるように�く � ないているの? ほんのささやかな�去たちよ �上げれば デジタルのスクリ�ンに 空が- �の歌を 高い�段を上り �こうとした 抱いて 甘く�ついた�がもう �めてもいい 泣かないで 病んだ都市 いびつなゆりかごで育った �たちは知らない �し合う意味を やせた腕を �く引き寄せた �音が�う�道 ただ�け�けるだけの 人�みの奥深くへ �れよう 冷たく白い

やなぎなぎ 終わりの世界から歌词

05/26 04:46
终わりの世界から 陪你到世界终结 笑(わら)い合(あ)えるってすごく幸(しあわ)せなこと (能互相微笑是一件幸福的事). それをきみから教(おし)えてもらったんだよ (是你教懂我这件事的) 小(ちい)さな时(とき)からなんでも知(し)っていて (从小时候已经什麼都知晓) きみの趣味(しゅみ) その理想(りそうに)に合(あ)わせようとした (为了想办法配合你的趣味 你的理想) そんなきみがこっそり教(おし)えてくれた (而你悄悄地告诉我) 好(す)きな人(ひと) 年上(としうえ)の绮丽(きれい)な

織田哲郎 世界中の誰よりきっと歌词

02/10 02:35
まぶしい季節が 黄金色に街を染めて 君の横顔 そっと包んでた まためぐり逢えたのも きっと偶然じゃないよ 心のどこかで 待ってた 世界中の誰よりきっと 熱い夢見てたから 目覚めてはじめて気づく つのる想いに Oh- 世界中の誰よりきっと 果てしないその笑顔 ずっと抱きしめていたい 季節を越えていつでも 言葉の終わりを いつまでも探している 君の眼差し 遠く見つめてた そう本気の数だけ 涙見せたけど 許してあげたい 輝きを 世界中の誰よりきっと 熱い夢見てたから 目覚めてはじめて気づく つのる想い

アンティック-珈琲店- 覚醒ヒロイズム~THE HERO WITHOUT A “NAME”~歌词

07/17 15:25
最後のガラスをぶち破れ 見慣れた景色を蹴り出して 世界が逆に回転する 日常を飛び越え 何処に向かっても感じている隣合せの影 夢中で追いかけてくけど理想に届かない 希望と劣等感が内側で駆け巡り いつか恐怖へと変わる 押し寄せてゆく不安がまた 苦痛を生み出して 逃げたいほど辛い時も決して一人じゃない 優しく包み込む風が戦う 勇気交じり 空想が現実に変わる 最後のガラスをぶち破れ 見慣れた景色を蹴り出して 世界が逆に回転する 日常を飛び越え 己の体とその全てを存在否定はさせない 空も飛べなかった名も無

Suck a Stew Dry 世界に一人ぼっち歌词

01/11 22:53
強くなりたい なれない 弱い心が 想要变得更强不习惯的脆弱的心 傷つくことをわざと探している 伤害故意找的 閉じ込めていた あの日の悲しい憂鬱が 关了那天的悲伤的忧郁 生き返るのを感じている 重生的感觉. 誰も知らない 見えない 過去の記憶から 谁也不知道看不过去的记忆 必要のない所を捨てて不需要所抛弃 朝目覚めたら 元通り いつもの日々で早晨醒来原样平时的日子 良い人の顔に切り替える好的人的脸转换 認めたらもう楽になれる 承认就已经轻松 行方など何処にもないから 去向等从哪里也没有 泣いた 哭

WISE そして世界は全て変わる歌词

08/10 22:31
こぼれ落ちる にじむ涙 今すぐに伝えたいよ 本当は君に抱きしめて欲しい でも素直になれなくて 一人ぼっち開いた本のページ めくるその後ろ姿 一瞬こっち向いた君を見た瞬間に全てが変わった 要はきっかけなんてなんだっていい 気になってしまった感覚が いまだに溶けないこの体支配 これを恋って言うんだ- every time you smile 輝く太陽 みたいにあったまる俺の体温 見ていたいよ そばにいたいよ この思い素直に届けたいよ それでも 君が見つめる視線の先 俺はいない 君があいつを見てるの分

じん コノハの世界事情歌词

12/03 11:32
「コノハの世界事情」(KONOHA的世界形态) - 第六話 目を醒ます話 (6 双目苏醒的故事) - 作词/作曲/编曲:じん (自然の敵P) 歌:初音ミク& IA PV:nicovideo sm17397763 / bilibili av238693 意味と梦と命を集めて --集合了意义与梦与生命 imi to yume to inochi wo atsumete 作られてしまった身体は --被制造出的身体 tsukurarete shimatta karada wa 终わった命を蒸し返す机械ら

霜月はるか その手が象る世界歌词

12/21 09:27
蒼色に染まる空と風の跡 絵に描かれた落日を塗り直す筆に 何を求めて 僕たちは現実(ここ)に迷うのだろう 散りゆく花片に弄(いじ)られた心は巡る 目指す場所もなく ただ君の眼は隠れた月に背いたまま 偽りの虚空へと両の腕を掲げる 不確かなものに紛れて 真実を謳う術もない それは痛みを棄てた 君だけが微笑む世界 金色が灯る湖(うみ)と雨の跡 絵に描かれた楽園へ漕ぎ出す方舟(ふね)で 何を為すため 僕たちは現実(ここ)に戻るのだろう 滴る雫に探られた躯(からだ)は竦む 祈る場所もなく ただ君の眼は凍てつ

日本ACG 覚醒歌词

06/26 19:08
もしも今世界がきみのことを けむる星深く 隠しても ただ目を閉じて やすらかな共鳴へこの命捧げるの いつだって会えるわ ありふれた日常 手まねく闇 割りきれず落とした涙まで ほら見えるでしょう 散りばめた記憶からその傷も悲しみも わたしなら解けるわ 目覚める ちいさな身体に 巡るよ みちびく強い力が そっと抱き寄せる 針の上 語る星 ひとつひとつの細胞 融けてなくなっても 目覚める わたしがわたしの容を 失くすときがあっても 目覚める ちいさな身体に 守りたいの 愛しい世界を きみのいる温かい場

monochrome-coat 覚醒歌词

07/24 03:11
「覚 醒」 monochrome-coat めらみぽっぷ ラストリモート 古明地こいし/古明地 恋 ひとりぼっち寂(さみ)しい夜(よる) ママの声(こえ)は聞(き)こえない お願(ねが)い 連(つ)れて行(い)かないでよ 神様(かみさま)なんて 嫌(きら)い 大嫌(だいきら)いよ 私(わたし)の中(なか)のもう一人(ひとり) 残酷(ざんこく)なパラノイア 見(み)えない 心(こころ) 抉(えぐ)るように 突(つ)き刺(さ)さる胸(むね) 何度(なんど)も傷(きず)つけて 灼熱(しゃくねつ)の炎(