卒業


日本群星 卒業歌词

10/03 11:23
CRUDE PLAY 卒業 作詞:亀田誠治 作曲:亀田誠治 6時ちょうどにアラームを押し込んで めざましのテレビなんかに追い立てられて あわてて飛び出して行く アスファルト蹴り上げて行く イヤフォンにエンドレスのビートを鳴らして 代わり映えしないいつもの教室に かけがえの無い大切な仲間がいる 「給食のパンてどうして こんなにパサついてるんだろう!?」 そんなこと言い合えるのも もう少しで終わってしまうんだね 変わっていこうぜ やりたいことまだ見つからなくても 笑っていようぜ 俺たちは俺たちを卒業

Zone 卒業歌词

09/22 11:14
「卒業」 人は新しい扉(ドア) また一つ開けて進む- 最後の日 早起きをして. いつもの道を踏みしめてた 狭かった教室に 今.思い出が溢れている 出会った頃の不安や希望. どこか懐かしい 涙こぼれる- 「卒業」 いつか必ず来ると. 分かっていたけど切ないね- 「卒業」 きっと忘れはしない. だから笑顔でいたいよ- 少しずつ いつもの声が戻り. にぎやかにはなるけど 明日からは それぞれの道 進む事は知っていた 机に付けた傷跡眺め. 思い出全部 カバンに詰めた 「卒業」 いつも涙じゃなくて これか

高田梢枝 卒業歌词

09/02 08:10
歌:高田梢枝 作詞:尾崎豊 作曲:尾崎豊 校舎の影 芝生の上 すいこまれる空 幻とリアルな気持ち 感じていた チャイムが鳴り 教室のいつもの席に座り 何に従い 従うべきか考えていた ざわめく心 今 俺にあるものは 意味なく思えて とまどっていた 放課後 街ふらつき 俺達は風の中 孤独 瞳にうかべ 寂しく歩いた 笑い声とため息の飽和した店で ピンボールのハイスコア 競いあった 退屈な心 刺激さえあれば 何でも大げさにしゃべり続けた 行儀よくまじめなんて 出来やしなかった 夜の校舎 窓ガラス壊してま

ガガガsp 卒業歌词

08/29 17:11
歌:ガガガSP 作詞:コザック前田 作曲:コザック前田 ※さよなら さよなら さよなら 多分もう会う事はないよ 君が強く心をつなぎ そして今日も日が暮れていく さよなら さよなら さよなら 素直に喜べる事は無いよ 僕は君を卒業するよ 切ない気持ちとともに※ また多分君を思い出す事があるだろう 過去の話になるには時間がかかるだろう あなたの事で涙を流せなかった日々が 僕はふと後悔してしまう事があるだろう あぁ僕は君を本当に卒業できるのか 寂しさと切なさと懐かしさがかけ巡る 言葉と心が反比例してしま

川本成 卒業歌词

08/10 03:06
卒業 作詞: 川本成 作曲: 川本成 編曲: 下田義浩 「もしも今日が終わる事なく- 柄になくセンチメンタルにそう思う.」 だけど友よ 道なき道を かき分けて行くのも割といいんじゃないか 「夕立の中に 飛びこんでさぁ. とどかない声が 不安に叫んだ事もあったね」 さよならの言葉はないから 歩き出す あぁ 空を見上げ 胸に抱く 卒業を胸に抱く まぶたにあふれ出す青い春 「まるで今日が今この時が いつか見た夢の樣でただそう思う.」 だから友よ 夢からさめても 違う夢見るのもそれはいいんじゃないか 「

山口理恵 卒業歌词

07/24 15:14
「卒業」 作詞∶松本隆 作曲:筒美京平 / 編曲:manzo 歌∶山口理恵 制服の胸のボタンを 下級生たちにねだられ 頭をかきながら逃げるのね ほんとは嬉しいくせして 人気ない午後の教室で 机にイニシャル彫るあなた やめて想い出を刻むのは 心だけにしてとつぶやいた 離れても電話するよと 小指差し出して言うけど 守れそうにない約束は しない方がいい ごめんね セーラーの薄いスカーフで 止まった時間を結びたい だけど東京で変わってく あなたの未来は縛れない ああ 卒業式で泣かないと 冷たい人と言われ

日本ACG 卒業 歌词

07/22 18:48
「卒業」 作詞:yukana 作曲:yukana 編曲:中畑丈治 歌:yukana ゴールがスタートになること 少(すこ)しずつ慣(な)れていったのはいつからだろう あなたと歩(ある)くこの道(みち)の景色(けしき)も 気(き)づけばいつの日(ひ)か変(か)わっちゃうんだろう 知(し)らずにいた頃(ころ) 希望(きぼう)だらけだった 手(て)を繋(つな)ぎあって全速力(ぜんそくりょく)で同(おな)じ場所(ばしょ)へと 止(と)まらないものが 止(と)められないことが 切(せつ)なくて苦(くる)し

藤田麻衣子 卒業歌词

07/15 09:27
藤田麻衣子 卒業 作詞:藤田麻衣子 作曲:藤田麻衣子 告げられなかった恋だけど 草木が春色に染まる 「卒業」この言葉響く 季節が来た こぼれるほどに咲いた桜 あなたとの思い出と共に 焼き付いてく あまりにもきれいすぎて 思い出すんだろう 何年先も 告げられなかった恋だから こんなにも心に残るの? あなたは覚えて ないかもしれない 私には嬉しかった言葉 思い出すたび何度も 私の勇気になったよ ありがとう 下ばかり見てた私に あなたが自信をくれたから 顔を上げることは 前を見ることは こんなに気持ち

茉奈佳奈 卒業歌词

07/11 20:16
歌:茉奈佳奈 作詞:秋元康 作曲:林哲司 緑の木々のすき間から 春の陽射しこぼれて 少し眩しい並木道 手を翳して歩いた あの人と私は 帰る時はいつでも 遠回りしながら ポプラを数えた 4月になるとここへ来て 卒業写真めくるのよ あれほど誰かを 愛せやしないと 誕生日にサンテクジュペリ ふいに贈ってくれた 一行おきに好きだよと 青いペンで書いてた あの頃の二人は 話しさえ出来ずに そばにいるだけでも 何かを感じた 4月になるとここへ来て 卒業写真めくるのよ あれほど誰かを 愛せやしないと 4月が過

長渕剛 泣き虫歌词

06/25 04:13
歌:長渕剛 作詞:長渕剛 作曲:長渕剛 泣き虫はいつもいつも 俺らの心に住みついて 理由(わけ)もなく涙が ポロポロポロポロ流れた こんな時誰かに すがりつきたくて だけど大事な友達さえ 知らん顔して消えてった えーいえい!えーいえい! 俺らの心が温ったまるまで えーいえい!えーいえい! 子供のように泣いたのさ 人を好きになったのに 涙が出たんじゃこまるのさ 夢を追いかけてきたのに 涙が出たんじゃこまるのさ 大きな背中を追いかけて 誰にも負けずに走った 大きな胸に飛び込んで 『信じてたょ』って叫

菊池桃子 卒業歌词

06/23 05:33
緑の木々のすき間から 春の陽射し こぼれて 少し眩しい 並木道 手を翳して歩いた あの人と私は 帰る時はいつでも 遠廻りしながら ポプラを数えた 4月になると ここへ来て 卒業写真めくるのよ あれほど誰かを 愛せやしないと 誕生日には サンテグジュペリ ふいに贈ってくれた 一行おきに好きだよと 青いペンで書いてた あの頃の二人は 話しさえ 出来ずに そばにいるだけでも 何かを感じた (くりかえし) 4月が過ぎて都会へと 旅立ってゆく あの人の 素敵な生き方 うなずいた私 专辑:スペシャル・セレク

星野みちる 信じたい歌词

06/16 08:05
自分 信じたい 今は悩んでも いつかきっと 笑顔になれる 道を見失い どこへ向かい歩いてるか 分からない時 いつも 太陽のように 変わらない あなたに助けられた 失敗ばかりしてきたけど 泣いたことも無駄じゃないと思う 自分 信じたい それが愚かでも 私らしく 素直になろう 自分 信じたい 今は悩んでも いつかきっと 笑顔になれる 夢は少しずつ 叶い始めてる 毎日が楽しいけど そんな幸せが ある日消えそうで 真夜中 不安になる 人の道は それぞれだから まわりなんて 気にせずに行こう 同じ夢を見て

沢田聖子 卒業歌词

05/22 23:57
歌:沢田聖子 作詞:三浦徳子 作曲:加藤和彦 日付をひとつ消したら 心に雪どけの音 それは あなたと別れの時 告げる季節のしるしです あなたは よそゆきの顔 手を振り 旅立つけれど 私は一人 書きかけた 愛を破れない みんな卒業してゆく 一人 一人 ためらう心を箱に入れて 結んだ・・・リボンを すぐにほどくの 何故なの ノートに赤鉛筆で 書き込む くせがついたの それはあなたの 真似をしてた 幼い私の気持です 月日がやがてゆきすぎ 私の心も硬い 化石のように なるのなら このままいたい・・・ ※

高鈴 卒業歌词

04/23 03:37
自転車をこぐ ペダル踏んで 明日へ向かう 私達は いつものように 連なっていく 明日もまるで 遊ぶみたい 何事もなく 「またね」と言う いつものように「またね」と言う 大人になることは平気になることなの? 子供のままではいけないの? 涙堪えて 自転車をこいだ 涙滲んで 思い出をこいだ 悲しいけれど卒業するんだ 平気じゃないよ 放課後のチャイム 騒ぐ少年 音楽室のトランペット いつものようなみんなの声 大人になることは忘れてしまうことなの? 子供のままではいけないの? 涙堪えて 自転車をこいだ 涙

星野みちる 勇敢な僕ら歌词

04/21 05:34
少し 照れくさいけど どうか 聞いてほしい 一緒に 手をつなぎ 歩いて来た 大切な君へ おんなじ 景色を見て 笑って 心震わせた 今では それぞれの道に向かい 立っているけど 「寂しいよ」「ごめんね」 「心細いよ」「大丈夫よ」 「不安なの」「でも-」 「一緒だって言ったのに-」 言葉に詰まったけど 君なら負けないこと 僕が一番わかってる 巡り会えた奇跡 それは運命じゃない 始まりの 一歩は 勇敢な僕らだから あんなに 取っていた連絡も 減ったね でも 誕生日には 必ず メールくれたね 「会いたい

渡辺美里 卒業歌词

04/01 06:12
[ti:卒�] [ar:渡边美里] [al:Lucky] [offset:0] [00:00.47]卒� - 渡边美里 [00:39.17]うす�の 花びらを [00:44.04]屋根一面 �もらせてる [00:48.77] [00:49.34]ゆっくりと 汽�が今 [00:54.40]春の� �れてゆく [00:59.22] [00:59.96]卒�できない恋もある [01:03.83] [01:04.76]木々の色も �わるけれど [01:09.57] [01:10.38]卒�できない恋もあ

DEEN 卒業歌词

03/21 10:37
DEEN 卒業 作詞:池森秀一 作曲:山根公路 涙が止めどなく流れてくるよ 走馬灯のように蘇る日々 ここで学んだこと 僕らの宝物 同じ夢に向かって同じ時間を 一緒に泣いて笑って過ごした仲間 今日をみんなで迎えた喜び 心に刻むんだ ありがとう ただありがとう 僕らは卒業します また会える その日を夢見て ここから旅立とう やりたいこと叶わず 誰かのせいにしてた自分 今なら認められるよ みんなそれぞれの咲き方があり 輝く花になる ありがとう ただありがとう 温かいみんなの思い 忘れない 忘れはしない

DIV SEASONS歌词

03/19 02:29
君もどこかで笑ってるかな 一緒にいたあの頃を覚えてるのかな 季節はめぐり想いを馳せる やさしく春を告げる桜の便り これが最後の恋なんて浮かれては泣いてた 純粋無垢な少女はおとぎ話と共に消えた 出会った頃はまだ明日から目を伏せていた 求めるばかりでさ 与えることなんてなかった どうしてキミはいつでも笑顔絶やさずに キミの気持ちも解らずに時を重ねた 春霞たち 淡く名残り雪 梅雨寒し 肌を寄せ合いながら 溢れ出しそうな 胸が苦しい 初めての気持ち 想いをちりばめた手紙はまだ持ってますか? 無邪気に書

長渕剛 卒業歌词

02/11 17:28
長渕剛 卒業 作詞:長渕剛・県立鹿児島南高校3年7組情報処理科 作曲:長渕剛 毎日見てた君の顔 好きだと言えなくて 落書きだらけの教科書 僕は今.閉じてみた 傷つく事から恐れて 逃げ出したあの夏の日 わざと照れ笑いをしたら そのあと涙が出た 信じても 信じても 何かが壊れてしまいそうで 夕暮れの校舎の窓に 「絆」と一言僕は書いた 卒業って何で こんなに悲しいの? 卒業って何で そんなに切ないの? 桜の木の下で君と 明日別れて行くなんて-嫌さ!! 何度も何度でも くじけずに待っててくれた 君は僕の

星野みちる ガンバレ!歌词

01/03 09:51
人影ない夜の道を 青い月だけが照らす この胸の 奥まで見透かされて 君は振り返る 風が側を通り過ぎて 木々がざわざわと騒ぐ 捨てられた新聞紙がふわりと笑う やりきれない悲しみは 姿を見せずに 人の背を丸めるよ ため息が つきやすいように 心が俯く ガンバレ!落ち込まないで! そっと顔をあげて 肩の力抜いて微笑めばいい ガンバレ!元気を出して! どんなつらい一日にも 明日はやって来るから 人は帰り道を 歩いて行ける 遠回りした公園で小さなブランコ揺らし 立ち漕ぎした子供の頃もう戻れない キミが見て