小柳ルミ子 わたしの城下町歌词


格子户をくぐりぬけ
见あげる夕烧けの空に
だれが歌うのか 子守呗
わたしの城下町

好きだとも云えずに
步く川のほとり
往きかう人に
なぜか 目をふせながら
心は燃えてゆく

家并がとぎれたら
お寺の钟がきこえる
四季の草花が咲きみだれ
わたしの城下町

桥のたもとにともる
灯のように
ゆらゆらゆれる
初恋のもどかしさ
气まずく别れたの

桥のたもとにともる
灯のように
ゆらゆらゆれる
初恋のもどかしさ
气まずく别れたの

  • 专辑:ゴールデン☆ベスト 小柳ルミ子 シングル・コレクション
  • 歌手:小柳ルミ子
  • 歌曲:わたしの城下町

小柳ルミ子 わたしの城下町歌词

相关歌词

小柳ルミ子 泣きぬれてひとり旅歌词

03/08 05:34
歌:小柳ルミ子 作詞:河島英五 作曲:河島英五 あの人を京都の街で見かけたと教えられた なぜかしら言葉にごらせ話すのは わけでもあるのでしょう たぶん誰かと一緒に河原町やら 木屋町を歩く姿が忍ばれて つらい恋です しょうがない あなた追いかけ京都にひとり 街も華ぐ祭りの夜です 四条大橋たたずむ私 見知らぬ人に声かけられて 揺れる女心が悲しいの あの人が金沢の街をひとりきり歩いていたと 何処かしら古い都の影背負い 肩を落としていたと云う あなた探し続けるわけは聞いておきたい事がある ただそれだけの

小柳ルミ子 京のにわか雨歌词

10/24 09:03
[ti:京のにわか雨] [ar:小柳ルミ子] [al:] [00:00.60]京のにわか雨 [00:04.56] [00:07.62]作词 なかにし礼 [00:10.88]作曲 平尾昌晃 [00:13.32]呗 小柳ルミ子 [00:16.92] [00:29.22]雨だけがひとつぶ頬に [00:35.98]见上げればお寺の屋根や [00:43.38]细い道をぬらして [00:50.34]にわか雨がふる [00:57.85]私には伞もない 抱きよせる人もない [01:05.17]ひとりぼっち 泣き

小柳ルミ子 冬の駅歌词

08/11 14:56
冬の駅 好きになるのが 罪ならば 罪に泣いても いゝのです 愛しても--- 愛しても あゝ 雪の花 燃えてこぼれる 女の情け 朝は悲しい 冬の駅 いのち縮める 運命でも もとの他人にゃ 戻れない 眼をとじて--- 眼をとじて あゝ雪の花 濡れてせつない 女の涙 みれん寒々 冬の駅 夢の続きを 待ちますと 言えば身を切る 風の笛 縋っても--- 縋っても あゝ 雪の花 ついて行けない 女の心 汽車よわかるか 冬の駅 专辑:ゴールデン☆ベスト 小柳ルミ子 シングル・コレクション 歌手:小柳ルミ子 歌

音羽しのぶ 会津・城下町歌词

09/08 03:27
歌:音羽しのぶ 作詞:つつみりゅうじ 作曲:弦哲也 磐越線に 揺られて着いた ここは若松 みちのく路(じ) 会津の町は 想い出ばかり どこまで行けば この恋に 再び逢うこと できますか せめて教えて 城下町は もう春です あの日と同じ お堀に映る そびえ立ちます 鶴ヶ城 会津の町は ぬくもりほしく ひとりで歩く 蔵の町 あなたの優しい 面影に 紅葉色づく 城下町は もう秋です 北風しのぎ 明日(あした)を待てば 万にひとつの 夢叶う 会津の町は 吹雪にたえて 愛しき日々を ひとすじに 恋しさつの

小柳ルミ子 アカシヤの大連歌词

01/26 17:13
洋槐树下的大连 Translated by Kiddy アカシヤの大連を 洋槐树下的大连 訪ねてきてみたの 多想来看一看啊 遠い日のまぼろし 远日的幻影 手さぐりするように 寻寻觅觅 丘の上から港を 从小丘上的港口 はるか見下ろせば 远远地往下看 靄(もや)にかすむ波止場を離れて 雾霭朦胧的码头相距甚远 大きな船が出る 大船从那里出航 街のあちらこちらに 大街小巷 日本の匂いが かすかに残る 残留着一点日本风 夢のふるさと 那是我理想的故里 アカシヤの大連を 洋槐树下的大连 歩いて涙ぐむ 步步皆

多岐川舞子 浮草の町歌词

08/20 17:26
歌:多岐川舞子 作詞:石原信一 作曲:徳久広司 人を押しのけ 生きられなくて へたな世渡り それが好き あなたの値打ちは わたしがわかる いまに我慢の 花が咲く 涙もお酒も 半分わけて そばにおいてね 浮草の町 惚れているよと 口には出さず 広い背中で ものを言う あなたの心は わたしがわかる 少しぬくもり あればいい せつなさ辛さも 半分わけて そばにおいてね 浮草の町 指輪なんかは 欲しがりません どうぞ自分の 夢を見て あなたの値打ちは わたしがわかる ついて行きます どこまでも 凍える寒

小柳ルミ子 瀬戸の花嫁歌词

08/19 21:23
瀬戸は日暮れて 夕波小波 あなたの島へ お嫁にゆくの 若いと誰もが 心配するけれど 愛があるから 大丈夫なの だんだん畑と さよならするのよ 幼い弟行くなと泣いた 男だったら 泣いたりせずに 父さん母さん 大事にしてね 岬まわるの 小さな船が 生れた島が 遠くになるわ 入江の向うで 見送る人たちに 別れ告げたら 涙が出たわ 島から島へと 渡ってゆくのよ あなたとこれから 生きてくわたし 瀬戸は夕焼け 明日も晴れる 二人の門出 祝っているわ 专辑:ゴールデン☆ベスト 小柳ルミ子 シングル・コレクシ

小柳ルミ子 お久しぶりね歌词

05/08 10:39
作詞:杉本真人 作曲:杉本真人 お久しぶりね あなたに会うなんて あれから何年経ったのかしら 少しは私も 大人になったでしょう あなたはいい人 できたでしょうね お茶だけのつもりが 時のたつのも忘れさせ 別れづらくなりそうで なんだか こわい それじゃ さよなら 元気でと 冷たく背中を向けたけど 今でもほんとは 好きなのと つぶやいてみる もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 めぐり逢いたいね お久しぶりね こんな真夜中に あなたから電話をくれるなんて おかしいくらい まじめな

小柳ルミ子 泣かないから歌词

01/21 13:01
歌:小柳ルミ子 作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二 泣かないから わかってるから 今夜だけは そばにいて 泣かないから わかってるから さよなら言わないで 長い夜は ためいきまで 抱いてくれた やさしいひと 逢えないから わかってるから 想いだしてほしいだけ 逢えないから わかってるから さよなら言わないで あの日 ふたりみていた空 いまも胸に ひろがるのに- 泣かないから わかってるから 今夜だけは そばにいて 泣かないから わかってるから 夢のように 忘れないわ 忘れないで あなただけを信じてた