Polyphonic Branch 凍る光と深海魚の涙歌词


Ⅰ凍る光と深海魚の涙

作曲、作詞:PolyphonicBranch
歌:ちょまいよ

水底で待っていた/持續在水底等著
息を潜めて待っていた/隱藏著氣息等著
微かに降りる光を/一直渴望著微弱的光線
ずっとずっと求めている/照射下來

幼いまま大人になった/從小孩子變成了大人
どうしようもない僕らは/任何辦法也沒有的我們

目を瞑ったまま 行き場を探したって/迷茫的尋找去處
どこにも答えなんてなかったんだ/在哪都得不到答案
それでも水面に昇ったとして/假使到了水面上
きっと光に目がくらんで/也一定會因為光太過耀眼
消えてしまう/導致暈眩而消失吧

水底で待っていた/持續在水底等著
息を潜めて待っていた/隱藏著氣息等著
気まぐれに降りるのを/反覆無常的
ずっとずっと求めている/一直渴望著

誰かが言う 手遅れだと/不知誰說著太遲了的話語
どうしようもない僕らは/任何辦法也沒有的我們

宝石の海を泳ぐ人魚に会った/遇見了游在寶石之海的人魚
僕らはただ見とれていたんだ/我們只是單純的看著
いつまでも鮮明に残る映像は/影像鮮明的殘留在腦海
視界をなくしても忘れない/即使已不在眼前也忘不了

宝石の海へと泳ぎ出す夢を見たら/從游在寶石之海的夢中醒來之後
涙の粒が/淚滴
宝石の海から差し込む光の粒子を/從寶石之海照射進來的陽光粒子
今日もまた待っているんだよ/今天也一樣在等著呦

  • 专辑:拝啓、水底より。
  • 歌手:Polyphonic Branch
  • 歌曲:凍る光と深海魚の涙

Polyphonic Branch 凍る光と深海魚の涙歌词

相关歌词

Polyphonic Branch キネティック偏愛倶楽部歌词

11/13 01:04
キネティック偏愛(へんあい)倶楽部(くらぶ) ki ne ti kku he n a i ku ra bu 动力学偏爱俱乐部 作詞:PolyphonicBranch 作曲:PolyphonicBranch 編曲:PolyphonicBranch 唄:初音ミク 新宿(しんじゅく)の浮世(うきよ) 喧騒(けんそう)を駆(か)け抜(ぬ)け 新宿的尘世 穿过了喧嚣 shi n ju ku no u ki yo ke n so u wo ka ke nu ke 辿(たど)り着(つ)いた二人(ふたり)の場所

FLOWER 熱帯魚の涙歌词

11/17 12:09
夏が来るわ 夏が- 頬杖をついた窓に 吹いた微风(かぜ)は 少し暑くて 汗ばんでる 私の肌を ひらり抚でて张りついた どうしてでしょうか? 思い出すわ 夏になるとあなたを 私 あなたの腕の中の 爱を知らない 热帯鱼だった どんなに 激しく泳いだって そこにあるのは 涙の海でした 夏が(来るわ) 夏が- 水槽の中漂う 鱼たちは とても绮丽ね 羽根広げた 孔雀みたいに 辉いては乱反射 どうしてでしょうか? それなのにねえ とても悲しそうだわ 私 なんにも知らなかった 爱してほしい そう愿いながら 何

Polyphonic Branch 神様なんていらない僕らの歌词

08/08 18:51
Q1 <あなたは神様/Q1 <你相信 信じていますか?>/有神明的存在嗎?> Q2 <恋人と親が溺れていたら?> /Q2 <戀人與親人墮海的話你會救誰?> Q3 <屋上から飛び降りようとするあの子に./Q3 <對那想要從屋頂跳下來的那孩子, かけてあげられる言葉は何でしょう?>/你認為你該說些什麼話才對?> 最近じゃあの頃を思い出すこともなくて/最近呀對那時候的事連想也沒有想起過 ふと見上げた青空に孤独を感じたよ/因忽然抬頭仰望的藍天

Polyphonic Branch Daisy歌词

03/06 08:46
作詞/作曲:PolyphonicBranch もっと美しいもの触れてみたい 像是可以觸碰到更美好的東西一般 土と埃の中見つけたのに 明明在泥土與塵埃之中發現了 愛している君の事を 愛著的你的事 無意味な言葉響く 無意義的言詞迴響著 あの日の僕は死んでしまったよ 那一天的我已死 気付かずに棘は刺さったままで 不經意的被荊棘刺傷 僕の造った白い仮面から涙流れ 眼淚從我創造的白色假面流下 誰かが気付くのをずっと待っていたんだ 一直等待著誰能夠發現 雛菊の散るイメージが頭を離れないから 因為雛菊散落的印

Polyphonic Branch 七色ライフ歌词

11/30 21:25
響く鐘の音が 胸を揺さぶる 幻想を打ち破る 合図が今 未来は形を持たずに待っている 君だけのストーリー 描く色彩を その手から解き放って 七色のFlight 流線を描きながら光る 夜と朝の境界を感じて 淡い夢が醒めたなら 一歩ずつ 確かな鼓動で さあ.君の 新しい世界へ 灰色の空から降る悲しみに 嘘ついてごまかした感情 本当の孤独は僕の中にあると 温もりが伝わる 指と指を強く ほどけてしまわないように 七色のLife 人は傷つきながら生きてゆく それでも分かち合えるはずと 振り向いたらきっと あ

Polyphonic Branch 夢で逢いましょう歌词

12/16 19:22
夢で逢えたなら/如果能在夢中相會 伝えたいこと/想向你傳達 幾千の言葉/千言萬語 ひとつの愛を/化作一句愛妳 夢で逢えたなら/如果能在夢中相會 二人歩こう/兩人一同前行吧 実りの草原/在盛開的草原 手をつないでこう/緊牽著彼此的手 深い森の奥には/在森林深處 白い教会/純白的教會 幸せの鐘が鳴り/幸福的鐘聲響起 笑顔が満ちる/臉上洋溢著笑容 夢で逢えたなら/如果能在夢中相會 二人眠ろう/兩人一同沉睡吧 一人では歩けない/一個人無法前進 背中を押してください/所以請支持著我 黄金の夕日空/金黃色的

Polyphonic Branch 君に、花束を。- Bonus Track -歌词

10/12 12:15
[ti:君に.花束を] [ar:Polyphonic Branch] [al:RE:collection] [by:遠心力] [00:00.19] [00:00.20] [00:00.21] [00:00.22] [00:00.23] [00:00.24] [00:00.25]「君に.花束を」 [00:00.26] [00:00.27]見つめあった瞳 [00:01.75]ふと逸らしたら藍色の空 [00:04.75]色が薄れてゆく感覚 [00:08.75]君だけの色彩へ [00:11.74] [0

Polyphonic Branch 君に捧ぐファンタジア歌词

02/23 02:18
幻想(げんそう)の果(は)てに見(み)た 狂喜(きょうき)を抱(だ)いて 擁抱著在幻想盡頭 看見的狂喜 モノクロの孤独(こどく)に夜(よる)を重(かさ)ね 於灰色孤獨中度過無數夜晚 背中(せなか)にはゼンマイが寂(さ)び付(つ)いたまま 背脊上的發條始終鏽跡斑斑無法扭動 逝(い)きついた終焉(しゅうえん)に 於消逝而去的終結中 真実(しんじつ)の唄(うた) 旋律(せんりつ)が聴(き)こえる 我聽到了 真實之歌的旋律 真紅(しんく)の雨(あめ)を呼(よ)び 染(そ)まる世界(せかい)を越(こ)えて

Polyphonic Branch 泣き虫ピエロ歌词

04/10 21:05
すり傷だらけ 気付かないフリ 投げ出したまま 無くしたピース 誰にも打ち明けられない悲しみを 一人 胸に抱えていた 廻る廻る サーカスのよう 目が眩んじゃう きっと ずっと作り笑い このままだと思っていた 泣き虫だったのピエロ 素直になれない夜に 膝を抱えていた心を 見つけてくれたんだ もう泣かなくていいんだよ その悲しみを分けてよ そう言う 君は笑顔を分けてくれたんだ 何気ない嘘に傷ついた 知りたい気持ち 閉じ込めた 痛いくらいならなかったほうがいい ずっとそうやってきたんだ 少し少し触れてみ