霜月はるか 流れる籠の中歌词


流れる水の音(ね)は 喪失を軋ませて
絶たれた路示し導く罪を選ぶ
風の籠もる部屋で 生きを潜め続けて
灰の雨は告げる 終わらない哀しみを

安らかなる睡りすらも 赦されない闇で
崩れた希望へと縋る影は 憐れに凍り付いた

鎖された瞳を 落ちる雫も拭えずに
足元滲ませる 籠の中の囚われの日

静寂を満たした 沈黙の水鏡
視えない未来の灯 震える言葉霞む

偽りに抗う事も 赦されない夜に
私へ伸びる其の細い腕が
狂わせた明日を求めてる

歪(ゆが)みゆく刻の輪 止める術など知り得ない
繋がれた運命(さだめ)は 籠の中に囚われた侭で

鎖された記憶の 遠き願いに護られて
羽ばたく鳥の様 籠の外へお行きなさい

  • 专辑:光の雨音 ~SACRED DOORS element maxi side Undine~
  • 歌手:霜月はるか
  • 歌曲:流れる籠の中

霜月はるか 流れる籠の中歌词

相关歌词

Sound Horizon この狭い鳥籠の中で歌词

08/10 09:41
四角く切り取られた空 幼き日の私の世界 窓辺に降り立った君は 月光のように 優しく笑った-- Marz von Ludowing←→Elisabeth von wettin 運命は結ばれることのない二人を. 無慈悲なその手で引き合わせてしまった--. 冷たい土の下に 埋められたはずの 歴史の闇の中に 葬られたはずの 陰の存在 友達が欲しかったけど それがどんな物か 知らなかったよ-- 無明の刻の果てに 暴かれるままの 葦毛の馬の背なに 揺らされるままの 弱き存在 鳥籠の中にいる事 それがどんな事

MazoP 籠ノ鳥歌词

02/08 00:27
篭女 篭女 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ? 捕らわれた籠ノ鳥 鎖に繋がれてた 「空は怖いところだ」 そう教えられてた やがて女になって 繋がれて愛を知った 「いつも此処にいなさい」 言葉に酔って それはまやかし かしら 篭女 篭女 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ? 飛び方も知らぬ鳥 大地に繋がれてた 「空に焦がれはしない」 そう思い込んでた やがて男をしって 快楽に溺れ死んで 「いつか空へ逝きたい」 願

AKB48 鏡の中のジャンヌダルク歌词

07/28 05:30
鏡の中のジャンヌ・ダルク歌词 誰かが名前を呼んだ 世界のどこか かすかな声で 私のこと 今 ずっと信じて待っていた 運命の瞬間(とき) 鏡の前で生まれ変わりたい 逃げ場所のない空 愛が埋もれた街 孤独に馴らされてた 少女たちよ 今こそ立ち上がる 日がやって来た 夢があれば 華奢な脚でも踏み出せる 汚(けが)れのないつぶらな 瞳の中に映るはず 希望に満ち 光が溢れる明日の道 何のために生きるのか わからなかった 私らしさを縛られてた 過去 いつか助けに来てくれる 白馬の騎士は 心の鎖 引き千切った

[Alexandros] 真夜中歌词

01/29 19:07
聞こえるのは高速の音だけ 部屋で考え事したいな 一人部屋の隅でうずくまって 歌でも歌っていよう 一人だけ 真夜中に 君はまさにこのタイミングで 同じ夜を過ごしてるの? 同じ様な事を考えながら 歌でも歌っているの? 一人だけ 真夜中に 一人 部屋 白いソファに埋もれ 誰かれの歌を流してみる 胸の中身その歌に重ねてみる けれど どこか物足りない 誰も代弁してくれない 聞こえるのは東京の音だけ 胸の音を吐き出したい 誰かに「何か」伝えたいけれど 声が出てこない 「言葉」の数と 「思い」の数はもう 二度

霜月はるか 瑠璃の鳥歌词

06/25 03:17
[PCゲーム「殻ノ少女」主題歌] 震え届く風 頬撫でゆく 静寂に抗う 赤子のように 抱え込み離さなかった 籠は容易く崩れ去る 限られた時間(とき)と空間(はざま)をゆく 瑠璃の鳥 示した星の兆し 月を背にした暗闇さえも いとおしく思える 罅(ひび)割れ欠けてく 歪んだ糸模様 届かない叫びを この胸に押さえて 翳(かざ)した手のひら すり抜けていく 思い出せもしない 打ち棄てた身体 迷いの中 漂い辿り着くのは 途切れた軌跡 明ける空を忌み 影落とす者 望むべきものは ここに無いと 踏み出した土は脆

陈丽斯 七月雨中歌词

01/08 04:45
七月雨中 陈丽斯 歌词编辑:善解人衣 就在大雨下 静静漫步 步履转重 记得去年 雨中七月 七月雨中 怀念你在那天 共我只因一把雨伞 与你初相识 初相见 似梦中 浪漫是个梦 寂寞是个梦 換了悲痛 过于偶然 过于短暫 失落雨中 曾共你度过夏季 秋天一声再见 与你始终不再见 我有痴心常摇动 如童话仙女故事 你回来时骑白马 我亦明了 这希望渐渐已化空 连绵一丝一丝雨落下 似泪流 流入眼 我有我日夜望 天天的等 心中一再暗暗盼望来日重逢 就在大雨下 静静漫步 步履转重 记得去年 雨中七月 七月雨中 怀念你

霜月はるか 彷徨える光と影歌词

03/30 02:12
[ti:彷徨える光と影] [ar:霜月はるか] [al:Diorama-Shade] [00:00.00]「彷徨える光と影」 [00:07.20]作詞:wight [00:14.40]作曲.編曲:bassy [00:21.60]歌:霜月はるか [00:28.80] [00:36.36]君(きみ)の為(ため)にひとつだけ 言葉(ことば)を探(さが)し続(つづ)けた [00:47.67]願(ねが)い事(ごと)はひとつだけ 忘(わす)れないでこの想(おも)いを [00:57.58] [01:10.47

霜月はるか 水を映す者歌词

06/06 10:37
水を映す者 澄み渡る蒼天(そら)に響く 古き鐘の音が 導きの刻を 高らかに告ぐ ざわめき集う人波 俄が静まり 見つめたその先 白き巫女(おとめ)は舞い踊る 籠められた祈りに 水(いのち)奏でるは 輝ける明日示す鍵 光の標 捧げよう この地に生きる民 護りし存在(もの)へ その声(その身体も)現に揺れる心さえ 重なる意識から流れる 優しき旋律(うた)に 瞳閉じ委ねれば 鮮やかな聖地(ゆめ)が映る 陰り出す曇天(そら)が落とす 恵みの雫が 導かれし地の渇き 潤す 聖なる雨を掬う小さな両手は 今と永久

霜月はるか 空と風の旋律歌词

07/04 05:47
歌:霜月はるか あの頃聴こえてた 風の歌 今 再び流れ始めたら その旋律に乗せ 誓おう 明日からの物語を 闇と光が寄り添い合って 形作る様に 君と僕の この手重ね 想いを奏でる ここで 涙は遠い空を 映して消えたけど 今もこの胸の中に 輝いて そしていついつまでも 途切れないようにと 繋いだこの手を感じていた 風の中 沢山の出会いを 繰り返しては 大事なものがまたひとつ 自分のためじゃなく それは 君と守るための勇気 空と大地に響き渡る 歌を追いかけて 君と僕は この手伸ばし 今ひとつになる こ