豚乙女 恋死に 歌词


原曲:【ラストリモート】

時が終わりを告げる
「全ては遅過ぎた」と。
喉の奥 血塗れの言葉が
息も出来ずに張り付いて乾く

嘘なら良かったね 初めからなかったことに
お願い、ねえ 返して

守ることも出来ず瞳を開けぬまま
殺された 死んで逝った 恋心
夢の続きは亡く 眩しい笑顔すら
灰色に変わり朽ちる

辛く険しい道でも何時かは忘れられる
出会いさえ無ければ良かったと心が嘆く
その手で終わらせて

涙もこぼれない 引きつった笑みさえ浮かぶ
後はもう壊すだけ

生まれ来る罪達 全てを許せたら
昇華され報われる 恋心
夢の終わりを見て 眩しい笑顔だけ
焼き付けたまま朽ちる

死んだ世界の中 本当はなにもかも
抱きしめて愛したい それなのに
深い業が故に 貶められて行く
貴方の愛が欲しい
生まれ来る罪達 全てを許せたら
昇華され報われる 恋心
夢の終わりを見て
眩しい笑顔だけ
焼き付けたまま朽ちる

  • 专辑:オリエンタル夢紀行
  • 歌手:豚乙女
  • 歌曲:恋死に

豚乙女 恋死に 歌词

相关歌词

豚乙女 歪~wai~歌词

11/22 16:04
ワタシの全部.アナタのもの. ワタシのセカイ.全てが. アナタは違う.世界がある. ───ワタシはそれが.サミシイ 叶わない.想いも.朽ちることすらも. どうせなら腐って溶けて. アナタが作ったものはワタシだけよ. 優しくなんてしないで.お願い. 壊れるくらいにぎゅっと抱きしめてね. 歪な恋の歌 ずっと歌わせて. アナタの笑顔.大好き.でも. ハッポウビジン.嫌いよ. アナタが死ねばワタシも死ぬ. ───そんな未来は.まだかな. わからない.どうして.そんな目で見るの? 裂いた花.ふわりと消えて

豚乙女 髑髏歌词

12/17 13:57
髑髏 作詞.作曲:コンプ 触(ふ)れて濡(ぬ)れて捩(よじ)れた脳 火照(ほて)る肌(はだ)は桜 春も夏も昼も夜も揺れた紙芝居(かみしばい) 惚(ほ)れて腫(は)れて夢心地(夢ごこち) 醒(さ)めたあ口(くち)は芥(あくた) 無粋(ぶすい).クスリいりません 鎖国恋しばり 求(もと)め求め求め られてられて乙女 染(そ)めて染められたら一片(ひとひら) ふわふわふわふわり くらくらくらくらり 骨(ほね)の髄(ずい)まで ぱっと咲かせ色を飾(かざ)るなら 来やしゃんせ 通りゃんせ 命の三つ四つあげ

豚乙女 夢じゃない何か歌词

03/19 14:54
きみが好きでも嫌いでもどっちでも どうでもいいんだよ些細なことさ わたしがきみと出会いそばにいるのは 「運命」というよりも「縁」のおかげさ 平凡な人間だけどすぐに きみのため.わたしもっともっときっとちゃんとずっと ぐっとそっとそう強くなる 果てしない世界で一つだけ見つけたよ 恋とか愛とかじゃなくて.もっと大事で あたたかくなる なにか 悩み事なんてさ性に合わない いつでも笑ってりゃなんとかなるさ 揺れるならそれだって構わない きみの分.わたしもっともっときっとちゃんとずっと しっかりここに立っ

豚乙女 面隠し歌词

07/23 13:53
編曲:コンプ 作詞:コンプ 原曲:亡失のエモーション そう深い深い深い森 探していたものは見つからないまま 彷徨う 茂る木々に光取られ 闇に近い視界に「希望」亡くした 怒り狂った鬼の面 角度を変えりゃ喜びに 元々あった人の情 一つも欠けちゃいけません 宿った業も そう長い永い時間の中 飽くなき感情が形に変わった いつしか 時に笑い悲しみ眠る そんな一つ一つがすべてのすべて 寄り添い合った恋の道 恨みこもった蛇の道 傷つけ合った修羅の道 それぞれ持った物語 業を踊った 怒り狂った鬼の面 角度を変え

日本ACG 乙女セツナ恋吹雪歌词

11/28 23:05
乙女セツナ恋吹雪 TVアニメ「おとめ妖怪ざくろ」キャラクターソング 作詞:こだまさおり 作曲:橋本由香利 編曲:橋本由香利 歌:西王母桃(CV.中原麻衣) あっちもこっちも恋の花咲くうかれ弥生 わたしの心はまだ誰のものでもないわ おしたりひいたり駆け引きなんて知らない 純情可憐に咲かせて 鈍感な人 あなたのことだわ 言わなくてもわかって欲しい きっと-好きよ 嗚呼.セツナ恋吹雪 美しく舞い散れ 嗚呼.胸が苦しくて困るの 乙女心に正論はゲンキン 手に負えないの あなたご用心 一進一退深まっていく?

豚乙女 月を焦して歌词

06/22 13:05
[ti:月を焦して] [ar:豚乙女] [al:ひかり] [by:遠心力] [00:00.16] [00:00.17] [00:00.18] [00:00.19] [00:00.20] [00:00.21] [00:00.22] [00:00.23] [00:00.24]「月を焦して」 [00:12.55] [00:13.75]夜の静寂に伝う涙は [00:26.75]季節の隙間に求めきれない寂しさ [00:39.60] [00:39.62]たとえ束の間と分かってても [00:46.75]すべてが

豚乙女 からすの王様歌词

11/28 17:35
金色の空はひぐらしの調べ 黄昏はまぶたを撫でてゆく 懐かしい夢でいつか見た小道 人里へ帰れと 呼ばう声 その深い森には神様がすむの 木の葉の囁きに耳をすましてごらん 山の深くで見つけたあやかしたちの宴 鈴の音も高らかに謡う声がひびく 赤いランプは鳥瓜 つむじ風も踊る みんな消えたあとには 大きな黒い羽ひとひら 转载来自touhouwiki そよ風の木々は錦の装い 三日月がお山に沈む頃 誰ひとりそこへ行ってはいけない 日が落ちりゃ帰れぬ 迷い道 やみ色した鳥の王様が居るの また今年の秋も羽根の音が

豚乙女 暗夜航路 歌词

01/04 15:01
原曲:[幽霊客船の時空を超えた旅] 何のために在るのだろう 感情などはとうに腐って のろわれた水に沈んだ 呼ぶ鳥は遥か遠くて 兆しすらないままに叫んだとて 虚しくなるだけ 何度でも夢に見る光なんて 幻でしょ 行くあてのない旅路 暗闇の中一人 救われるはずも無い 永久にこの海に 足る事も知らぬまま 愚かに歩を進める いつまで続けるのか 会えるその日まで 在りたくて在るわけじゃない 滅び方すら分からないだけ 輪廻に戻れるのなら 塵と消えても構わない この海に縛られて忌み嫌われて 全てを失くした 未練

豚乙女 巡る業歌词

12/08 12:41
巡る業 阿礼の子供 滅びのうた詠う 少女は立ちすくむ 喜びも悲しみも怒りも すべてが無に帰す 終わりとは 始まりだ 携えた覚悟を心に 覚えている 記憶の向こう側も 忘れられぬ これから生きることも 暖かさは 幻 記憶の奴隷だと 言われて笑ってた 「御阿礼の子供は必要悪」 神様 何故なの? 始まって 終わっても 断罪は成されず果たせず 呪い飽きた宿命を噛み砕いて 向こう側の笑顔を思い出せど 手を伸ばせば 消えてく 望んでいた平穏崩れ去って 私はまた一人で業を巡る 捨て去れない想いを胸に抱いて 涙一