石川智晶 Vermillion(テレビアニメ)歌词


Vermillion 僕らは生きることにしがみついたけれど <Vermillion 我们拼命抓住生存的希望>
Vermillion それを格好悪いとは思わない <Vermillion 并不觉得有什么狼狈不堪>
Vermillion 朱红
作詞/作曲:石川智晶
演唱:石川智晶
翻译:动新 MADE BY:路西法の哀伤
真っすぐ過ぎる君だから <你的性格总是太过老实>
自分の椅子が見えないと<当找不到自己座位的时候>
冬の枝のようにぽっきり<你那脆弱苍白的表情>
折れるようで心配なんだ<令我为你担心不已>
あの日丸めたままの<那一天你丢给我一个小纸团>
紙切れを押し付けて走ってった<自顾转身 远远跑掉>
「僕を覚えていて」<那上面写着「希望你永远记住我」>
指で文字をなぞっては<我轻轻抚摸着你的字迹>
大声で泣いた夕映え<呆立在晚霞下失声痛哭>
Vermillion 僕らは生きることにしがみついたけれど<Vermillion 我们拼命抓住生存的希望>
Vermillion それを格好悪いとは思わない<Vermillion 并不觉得有什么狼狈不堪>

知らぬまにつくってた<不知何时擦破的伤口>
かすぎ傷から溢れる<缓缓渗出了一粒血珠>
その朱く愛しいもの<那朱红而晶莹的颜色>
手を触れずに見つめていたよ<令我凝望良久 不忍拭去>
窓の外の気配に<感受着窗外的气息>
君の名を呼びながらしゃがみ込んだ<我蜷缩在角落轻唤着你的名字>
僕はこの世界の全てを知ってはいけない<为何我不得不去知晓世界的残酷>
たとえ君をなくしても<就算在你已经离去之后...>
Vermillion 僕らの中に静かに流れてるものは<Vermillion 我们身体中静静流淌的热流>
Vermillion あの空より朱く激しいものだよ<Vermillion 比那天晚霞更加朱红而热切的事物>
朱く激しいものだよ<朱红而热切的事物>

無性に喉が乾くのは<对未被命运选中的人们的羡慕>
僕に生まれ始めた<开始在我心中萌芽>
生きたいという叫びたいほどの真実<那是渴望生存最真实的心声>
Vermillion 僕らは生きることにしがみついたけれど<Vermillion 我们拼命抓住生存的希望>
Vermillion それを格好悪いとは思わない <Vermillion 并不觉得有什么狼狈不堪>
Vermillion 僕らの中に静かに流れてるものは<Vermillion 我们身体中静静流淌的热流>
Vermillion あの空より朱く激しいものだよ<Vermillion 比那天晚霞更加朱红而热切的事物>
朱く激しいものだよ<朱红而热切的事物>

END

  • 专辑:僕はまだ何も知らない。
  • 歌手:石川智晶
  • 歌曲:Vermillion(テレビアニメ)

石川智晶 Vermillion(テレビアニメ)歌词

相关歌词

石川智晶 スイッチが入ったら歌词

04/05 23:33
スイッチが入ったら 专辑:不完全燃焼/スイッチが入ったら(2011.07.27) 七月番『神様ドォルズ』ED 作词/作曲/演唱:石川智晶 编曲:西田マサラ 歌词从歌詞検索イペスタ歌詞とる(http://www.evesta.jp/lyric/artists/a315411/lyrics/l154508.html)资料整理. 其他信息从AMAZON资料整理. スイッチが入ったら 世界の裏側を転がり落ちてくる あの橋の下の掃き溜めのように キレイゴトですまされない 1から10までパーツ全部揃えても

石川智晶 Prototype 歌词

08/05 13:02
純真さがシンプルな力に変わる時 世界に影をつくりだす ガラスケースに横たわる 光の存在に触れたくても 振り上げた手 降ろせなくて 落ちるようにしゃがみこんだ Prototype boy 明日の理想だけで 語り継ぐような美淡にもならないけど この体を失いそうなギリギリの場所が 哀しいくらい似合ってる 嘘みたいな静けさは わずかな綻びが弾ける前触れのようだ 過剰なまでの眼差しが 膝の震えさえ逃がそうとしない この両手を挑発する ありふれた偽善さえも Prototype boy 心奪われてく 曖昧なジ

石川智晶 逆光歌词

10/04 12:48
「逆光」 作詞∶石川智晶 作曲∶石川智晶 歌∶石川智晶 放し飼いにされた大海原で 迷ったふりして 右往左往して どこまでも認めたくないんだよ もはやヒトではないことを 空に浮く白い鳥 美しいと目を細めても 今宵 クヌギの木の住処へ足を踏み入れる なんてあさましい奴かと光の前に平伏して どれだけ謝ればいいんですか ああ逆光は体を黒く埋めつくす たぐいなき日々を前にして マブシクテ マブシクテ 「ここでは何をしてもいいんだよ」 何百回もまじないのように 唱えた先に押し寄せる闇よ それを「恐れ」という

石川智晶 TW歌词

01/01 00:07
「TW」 この世界の単なる敗者でいられないのなら/如果这个世界已经不再需要仅存的失败者 両耳ふさいで/那就捂住双耳 闇雲に暴走すること/在乌云下狂奔 本線から踏み外していくこと/或者离开主流走上独径 それこそ健全じゃないか/那才是正常的不是吗 I'll try to keep in contact with you/我会一直接触你 紫の花が持っている/紫色花朵所拥有着的 咳き込むような正義感を/犹如持续咳嗽的正义感 毛嫌いする雑草らは/让人厌恶的杂草 そのまやかしを飲み込むように/却要咽下那份虚

石川智晶 涙歌词

10/14 20:31
このところ続いてる長雨が はやる気持ちを押さえ込んで 道切れることのない後悔が 前髪(まえがみ)を揺らす 暗闇より人の 優しさに足止めされそうで あなたとの約束を まぶたに思い返してた 涙 涙の雫(しずく)が落ちて 朽ちかけた月が浮かんだ 涙 涙が伝えるすべてを ひとつも逃さない気持ちで 雨宿りその一時(ひととき)に見える 幻が明日(あす)を変えることも あなたなら両手にその輝き 抱きしめていたろう 夜の静けさから 走る息づかいだけが聞こえる 背中を押すものは 愛に似たきずな一つだけ 涙 涙の雫

石川智晶 House歌词

02/23 21:34
石川智晶 - house 作词:石川智晶 作曲:石川智晶 编曲:西田マサラ ★ 小さな手と大きな両手で 庭の隅の家庭菜园 学校りに食べた野いちご 土の味がしてた 夏の终わりに太阳に嫌われた 荒れ始めた目の前の楽园は あぶら虫のついた菜の花だけが ぽんやり揺れていた 手をつないだ小さな兄妹たち どうしようもないことがあるんだ 毎日水をやりつづけてもなくなってしまった 锖びた自転车 细く続く砂利道 二人乗りしたオレンジの空 意味もわからないませた歌をうたって 笑いころげていた この日はじめておねだり

石川智晶 美しければそれでいい歌词

10/06 20:46
-光に包まれ無数の花たちは 迷いのない瞳で明日を見つめてる- 誰もが純粋さを私に望むけど すり切れそうな空に持って行けるものなど 咲いてる花を折って自分のものにするような 罪深いものばかり 未来と指切りするのをやめたのは 痛みから遠く逃れようとしても 冷えた風がほら髪を揺らすよ 何処で答えを探せばいい? 身勝手な運命に息をついても どこかで救われているような気がする 作り直しがきかない過去もいつの日か 小さな箱にしまえるように 光に包まれ無数の花たちは 迷いのない瞳で明日を見つめてる 静かに見下

石川智晶 その逆歌词

06/23 04:07
愛されたいと望んでいるヒトほど かたくなに向こう側でドアを締めてる その逆 逆にあるもの その逆 逆に恐れているもの 上っ面な優しさ 月夜に陶酔するだけの 半分嘘だろうと言われても 救われたいために誰か助けようとする 走ってる時ほど失速した時のこと考えてる その逆にある感情こそ 歩きたい道を繋ぐ 隣合わせのビルに空室が笑いなくしても 賑やかしい街で息をする その逆 逆にある姿を その逆 逆に見えてこないもの 君の手を握り 列車の窓眺めてた春景色 もう1人の空は仰げない その逆から身勝手なほど喜び

石川智晶 hounse歌词

04/23 17:56
小さな手と大きな両手で 庭の隅(すみ)の家庭菜園(さいえん) 学校帰(かえ)りに食べた野イチゴ 土の味(あじ)がしてた 夏の終わりに太陽に嫌われた 荒(あ)れ始めた目の前の楽園は あぶら虫のついた菜(な)の花だけが ぼんやり揺(ゆ)れていた 手をつないだ小さな兄妹たち どうしようもないことがあるんだ 毎日水をやり続けてもなくなってしまった 錆(さ)びた自転車(じてんしゃ) 細(ほそ)く続く砂利道(じゃりみち) 二人乗りしたオレンジの空 意味もわからないませた歌を歌って 笑いころげていた この日初