矢野顕子 Vincent歌词


歌:矢野顕子
作詞:Don McLean
作曲:Don McLean

Starry starry night
Paint your palette blue and grey
Look out on a summer's day
With eyes that know the darkness in my soul
Shadows on the hills
Sketch the trees and the daffodils
Catch the breeze and the winter chills
In colors on the snowy linen land

Now I understand
What you tried to say to me
And how you suffered for your sanity
And how you tried to set them free
They would not listen
They did not know how
Perhaps they'll listen now

Starry starry night
Flaming flowers that brightly blaze
Swirling clouds in violet haze
Reflect in Vincent's eyes of china blue
Colors changing hue
Morning fields of amber grain
Weathered faces lined in pain
Are soothed beneath
The artist's loving hand

Now I understand
What you tried to say to me
And how you suffered for your sanity
And how you tried to set them free
They would not listen
They did not know how
Perhaps they'll listen now

For they could not love you
But still your love was true
And when no hope was left in sight
On that starry starry night
You took your life as lovers often do
But I could have told you, Vincent
This world was never meant
For one as beautiful as you

Starry starry night
Portraits hung in empty halls
Frameless heads on nameless walls
With eyes that watch the world
And can't forget
Like the stranger that you've met
The ragged men in ragged clothes
A silver thorn, a bloody rose
Lie crushed and broken on the virgin snow

Now I think I know
What you tried to say to me
And how you suffered for your sanity
And how you tried to set them free
They would not listen
They're not listening still
Perhaps they never will

  • 专辑:音楽堂
  • 歌手:矢野顕子
  • 歌曲:Vincent

矢野顕子 Vincent歌词

相关歌词

矢野顕子 春咲小紅 歌词

07/02 22:08
歌:矢野顕子 作詞:糸井重里 作曲:矢野顕子 ホラ 春咲小紅 ミニミニ見に来てね わたしのココロ ふわふわ舞い上がる いつ咲くかしらと 待ちぼうけ 指折り数えて いたかしら お返事出します 微笑みの どこかにボチッと 赤い色 わたしに逢えばわかります 自分で言うのも ヘンだけど 今日はなんだかキレイです ホラ 春咲小紅 ミニミニ見に来てね 陽だまりかげろう ユラユラ 春の夢 ホラ 春咲小紅 ミニミニ見に来てね ガラスの花びん キラキラ 午後の星 春夏秋冬 そして春 やさしいあなたを 見つめてた

矢野顕子 ひとりぼっちはやめた歌词

12/09 07:32
雨があがった朝の光 胸にいっぱい吸いこんだから あなたに会いにゆくんだ 電車にのってゆくんだ さよならだけが人生なんて ほんとのことかな? それだけかな? こんにちはだってあるよね 毎日あるよね だれも気づかない この気持ち あなたにだけにはわかってほしい ひとりぼっちはやめた 楽しい気持ちを分けてあげる 窓のガラスに夜が映る たたんでおいた心 広げ いじわるしてごめんね あやまれなくてごめんね 力がないの こんな時 しかたがないの 泣きたい時 あなたの声が必要 抱きしめてほしいよ だれも気づか

矢野顕子 ケ・セラ・セラ歌词

11/19 12:02
小さいときママに 私はたずねた なるかしら 綺麗に お金持ちに ケ・セラ・セラ なるようになる 未来は見えない お楽しみ ケ・セラ・セラ 恋をして彼に 私はたずねた 来る日も来る日も 虹の色ね ケ・セラ・セラ なるようになる 未来は見えない お楽しみ ケ・セラ・セラ 今では子供が 私にたずねる なるかな かっこよく お金持ちに ケ・セラ・セラ なるようになる 未来は見えない お楽しみ ケ・セラ・セラ ケ・セラ・セラ 专辑:ホーホケキョとなりの山田くん 歌手:矢野顕子 歌曲:ケ・セラ・セラ

矢野顕子 中央線歌词

11/29 22:20
君の家のほうに 流れ星が落ちた 僕はハミガキやめて 電車に飛び乗る 今頃君は 流れ星くだいて 湯舟に浮かべて 僕を待ってる 走り出せ 中央線 夜を越え 僕を乗せて 逃げ出した猫を 探しに出たまま もう二度と君は 帰ってこなかった 今頃君は どこか居心地のいい 町を見つけて 猫と暮らしてるんだね 走り出せ 中央線 夜を越え 僕を乗せて 专辑:はじめてのやのあきこ 歌手:矢野顕子 歌曲:中央線

矢野絢子 吉野桜歌词

09/24 11:47
お庭に桜がやって来た 院子里的樱花树终于运来了 私のために父さんと 为了我 母さんが植えてくれました 爸爸和妈妈给我种好了 ある春の絹の風の中 在一个春天如丝绸般的微风之中 春の良い日はいつだって 春天的好日子 无论何时 とんでもなく遠くまで来た様な 都好像意料之外的远道而来 淋しいくらいの穏やかさ 平静得有些寂寞 投げ出した素足 若葉の香り 伸出的光脚丫 嫩叶的香味 生まれてから今日までを 即使把从诞生到今天为止 全部足してみても 全部加上去看一看 あの山の木の葉一枚にも足らぬ 也不足那座山上

矢野絢子 明るい方へ歌词

04/12 09:04
明るい方へ - 矢野絢子 詞:矢野絢子 曲:矢野絢子 シャボンの泡に包まれて どこまでも高い空の下 冷たい空気を食べながら そう僕らはもっと大きくなる どんどんずんずん伸びてゆく もっとずっと明るい方へ まっすぐに伸びたてっぺんから 僕等の願いはシャボンになり あとからあとからあふれ出て ああ空に飛んでゆくのさ いくつもいくつも膨らんで 空の色閉じ込めてまわる たった一つの空だから 生まれてこわれて またうまれて もっとずっと明るい方へ シャボンの泡に包まれて どこまでも高い空の下 冷たい空気を

矢野絢子 燐光歌词

06/20 19:27
燐光 - 矢野絢子 詞:矢野絢子 曲:矢野絢子 ねぇ目をつむって明日の空の色 ねぇ思い出してるよ遠い日みたいに そう全て長くは続かないけれど ねぇ今小さな温もりのかけらを わたしの手のひらから あなたの手のひらに あなたの手のひらから 空の間に 月の光より弱くて 川の光より強くて 静かにそっと燃え続ける 炎のような ねぇ大事なものだから言葉にできないから ほんの少しでも伝わればいいね 変わり続けて形を変えて 汚れながらきれいになるよ あなたの手のひらから わたしの手のひらに わたしの手のひらから

矢野絢子 夕闇歌词

06/26 11:06
歌:矢野絢子 作詞:矢野絢子 作曲:矢野絢子 足元に目を落としてそれっきり 動かないあなたを たくさんの言葉が包み込んで 何も言えずただそこにいた あなたが今日まで生きて 本当は何を思って何を見て どうしたら痛みがやわらぐのか 僕にはわからないよ 何て言えばいいんだろう 何て言えばいいんだろう 抱きしめても 抱きしめても きっと 足りない こえという手にひかれて 黒い夜の絨毯を歩いてきた たくさんの思い出が足の下で やわらかくただそこにいた 僕が今日まで生きて あなたと共に生きて 何を見て どん

南野陽子 接近(アプローチ)歌词

04/22 15:51
接近(アプローチ) 作詞:森田記 作曲:亀井登志夫 唄: 南野陽子 夕暮れせまるカフェテラス ごめんと電話で呼び出した あなた着て来たセーターは あの子の手編みとすぐにわかる 友達の恋 相談したいのって 言ったけれど ホントはあなたにね 会いたかったの 好きよ あなた 好きよ あなた 横顔に ほらアプローチ 好きよ あなた 好きよ あなた 胸が痛くなる 会話が急に途切れたら あなたの星座を当ててみる どうして僕の誕生日 憶えているのと不思議そうよ 意味もないのにジッと見つめたり はぐらかしたり