青葉市子 遠いあこがれ歌词


My Dream
My Love
あなたがそばにいると
風の色さえ 変わってしまう

水は輝き 光とあそぶ
時をあの空へ 溶かしてしまえ

Your Dream
Your Love
あなたが 微笑む時
うるんだ瞳の かげりは消える

熱い思いに 胸を焦がして
やがて旅立つ 希望への道

流れる雲に 森を映して
鳥は大空へ 自由に翔ぶよ……

  • 专辑:剃刀乙女
  • 歌手:青葉市子
  • 歌曲:遠いあこがれ

青葉市子 遠いあこがれ歌词

相关歌词

青葉市子 IMPERIAL SMOKE TOWN歌词

05/23 03:35
潮騒に 立ち込める 煙の舞 海岸へ 押し寄せる 鉄工員は ぎこちなく 高度な技術 input (インプット) 通り そろそろ さみしい 人間は どこ どこ どこ... 太陽が 沈みゆく 遠くから 薫るsilhouette (シルエット) 懐かしい やわらかな目 瞬きする 女の子だ 彼女は 全部 知ってる 人間は ぼくらを 生み 育て 教え 褒め それは それは 幸せな日々 ずっと ずっと 昔のこと あの日が 来る まで 隠蔽なimperial (インペリアル) ああここへ来ては いけないよ つか

青葉市子 いきのこり●ぼくら歌词

03/07 20:09
雨雲の灯りで瞳をつないで ようやく辿り着いた ここは大きな日本家屋 長いトンネルを抜けるまで 怖かったよね ほっとして 座り込んだ ひどく汚れた 足の裏 怪我してるのか 少し痛いけど どれが僕の血なのか わからないね 大きな山の頂で 貴重な生命 身を寄せ合って あたたかな 温度を抱きしめながら 大きな山の麓には 死者の国 僕らを見上げては 光の玉届けて ボストンバッグには 3日分の服とあの子の写真 今頃どこかで 泣いてるかもね それとも 笑ってるかもね 新しい亡骸を 峡谷へ落とす 鳥たちがすかさ

青葉市子 ポシェットのおうた歌词

05/23 06:01
頬を撫でるあ一瞬の風が 胸の奥に いたずらをして 忘れていたあなたの安らぎを じわじわと思い出させる ポシェットの中には いつかのあなたが いつかのまま 残されていたのです 专辑:剃刀乙女 歌手:青葉市子 歌曲:ポシェットのおうた

青葉市子 四月の支度歌词

02/07 12:10
風に吹かれて あなたの髪 忍び込むの 自転車から 切り取る 新しい 景色に くさりをかけるように 腰に添えた あたたかさも あなたになら 奪われてもいい 静かな町 定食屋の懐かしさよ あなたの隣で生きている 夢の ように いずれ揺らぐ危うさも 春の光に 甘く 溶けて ゆく 专辑:青葉市子 歌手:四月の支度 歌曲:

青葉市子 奇跡はいつでも歌词

01/29 21:52
失うものは さよならの代わりに あなたの好きな 世界を連れてくる そうだとしたら 素敵な事でしょう 奇跡はいつでも 誰にだって 微笑んでいるわ 大事なものは あなたの前で 何を映して 何を隠すの 答えはそっと 瞳の奥に 目覚めのひと息を 自由に浸して 想うままに 駆け出すといい 光に あふれた 世界を ここに 专辑:うたびこ 歌手:青葉市子 歌曲:奇跡はいつでも

青葉市子 はるなつあきふゆ歌词

03/01 10:27
2人待ちわびた春 そよ風をつれて歩こう 見たこともない花には 好きな名前をつけてしまおう あなたがうまれた夏 木漏れ日の下で話そう 水辺に跳ねる光は その柔らかな髪に飾ろう はるなつあきふゆ めぐりゆく月日を あとどれくらい 数えられるのかな これから訪れる 全ての月日は きっとあなたに 捧げるために あるのだろう 2人が出逢った秋 長い影を連れて歩こう 黄昏の坂道では あの頃と同じキスをしよう ふたたびめぐり来る冬 静けさに耳を澄まそう つめたい霧の夜には 温もりをわけ合って眠ろう はるなつあ

千葉紗子 雨のヴィオロン歌词

03/27 10:24
千葉紗子 雨のヴィオロン 作詞:朝水彼方 作曲:梶浦由記 降り始めた音は 細い雨のヴィオロン そっと想いが よみがえる いつもそばにいた人 背を向けたあの日と同じ 雨の匂いがしている あの日々は 遠ざかって 遠ざかっていたのに あの日々に 近づいてく 近づいてく 雨音 まだ忘れ切れない 囁きつづけてるコード 雨に唄うヴィオロン 弱い心が 啜り泣く ずっと無口なままだったね その肩にもたれかけても 淋しくて 眠れなかった あの恋は 遠ざかって 遠ざかっていたのに あの恋に 近づいてく 近づいてく

千葉紗子 話しかけたかった歌词

10/14 21:58
風が踊る 5月の街で 輝いてる 彼を見かけたわ 視線だけで追うアーケイド ほんとは ついてゆきたいの ずっと あこがれてたから いつか振り向かせたいひと 駆け寄って 話しかけたかった 気をひきたかった 無邪気なふりして キレイと 思われたかった だけど追えなかった はねた髪 あなただけに 逢う偶然を 待ちつづけて 時間が過ぎてゆく 朝の電車 夕焼けの道 いつでもオシャレしていたの 友達と待ち合わせた カフェテラスですれ違うの 駆け寄って 話しかけたかった でも出来なかった みんなが呼ぶ声 私を

稲葉浩志 遠くまで歌词

10/04 03:52
稲葉浩志 遠くまで 作詞:稲葉浩志 作曲:稲葉浩志 歩こう肩をよせて どんより滲む空の下 二人 呼んでくれ 好きな呼び名で たわいのないこと それでいい しゃべろう 遠くまで 僕らはゆける 強い雨も 凍る風も受けながら 目を覚ませば すべてがまぶしい 花の色も 街の声も 涙の理由さえも 悲しむことでも 喜ぶことでも 強くなってゆけるよ ひとつずつ 少しずつ 歩こうよ前をむいて たまに見つめあい そして恥じらって 今にも何かが 壊れそうな 本当にそんな世界だとしても 遠くまで 僕らはゆける 強い雨