里アンナ 過ぎゆく季節歌词


瞳閉じて
浮かぶ君の姿
光の中 一時でも
炎が残る 温もりに願うの
儚い夢 囁いて
満ちゆく祈り
上弦の月へ
叶わないと知ってても
さよならの言葉を
口に出さずにいるの
切ない思い出が
溢れ出すから
面影も笑顔も
心に生き続ける
過ぎゆく季節が
流れても

欠けゆく祈り
上弦の月へ
戻れないと知ってても
愛しきあの声は
今も私を包む
優しい微笑みは
色褪せぬまま
もう一度聞かせて
柔らかな愛の歌
二人の季節に戻るから

面影も笑顔も
心に生き続ける
過ぎゆく季節が
流れても

  • 专辑:水無月
  • 歌手:里アンナ
  • 歌曲:過ぎゆく季節

里アンナ 過ぎゆく季節歌词

相关歌词

竹井詩織里 新しい季節 歌词

03/22 09:28
[ti:新しい季节] [ar:竹井诗织里] [al:My Favorite Things] [by:ivan6219] [00:01.362]新しい季节 [00:02.741] [00:04.024]作词:竹井诗织里 [00:05.951]作曲:后藤康二 [00:07.916]编曲:古井弘人 [00:09.543]www.Feiyes.net ★ The Ivan制作 [00:11.351] [00:21.649]心晴れない けだるい朝 [00:28.624]ふと见上げれば 空は高く [00:3

真野恵里菜 18才の季節歌词

09/24 21:40
一日が一秒で ひと月が 一日みたい 光のよう 过ぎて行きます クラクラしちゃってる 望んでた 梦だから 明日だけ 见つめているよ でもたまに お休みしなきゃ 息切れしちゃうかも そんな时 ふいに ケイタイに友达の声 みんな集まるよ 今度の日曜日 人间はひとりでは なにもそう できないことが 一年で 少しわかった ほんの少しだけど... 上手く言えないけど ありがとう やさしい气持ち みんなの颜见て 泣いたらどうしよう わたしは なにを あげられるかな? なにかが 少し 变わったなら それは何?

森山直太朗 君は五番目の季節歌词

07/03 06:36
君は五番目の季節 - 森山直太朗 詞:森山直太朗/御徒町凧 曲:森山直太朗/御徒町凧 君と別れて いくつかの季節が過ぎていった 僕はもう君の知らない町で 君の知らない歌を唄っているよ 勝手気侭な タンポポの綿毛を指で追って 国道の緩いカーブを超えて あの日のままの君の影を抱いた それ故に 春が来て 夏が来て 秋が来て 冬が来て 今年もまた君がやって来る 君は僕に訪れる 五番目の季節 君は五番目の季節 何故に世界は こんなにも麗らかで悲しいんだろう 夢にまで及ぶ君の遺香を 返す返す暮れる空に放った

中恵光城 さくらの季節歌词

08/12 18:58
曆の上では春になりました. -曆上已是春天 でも.さくらの花はまだ咲きません. -但是,櫻花仍未綻放 また明日.きっと明日は. -在明日,一定會在明日盛開 窓の向こうに見えるさくらの木. -從窗外望著櫻樹 でも.今降るものは花でなくて. -但是現在飄落的並不是花瓣 去る冬の忘れものです. -而是過去冬天遺忘之物 さくらの花はまだ咲きません. -櫻花尚未綻放 また明日.きっと明日は. -在明日,一定會在明日盛開 ふくらむつぼみに. -當櫻花飄落之時 わたしは希望を重ねるのです. -我的願望也將與它

吉岡亜衣加 夢待ちの季節 歌词

05/12 00:20
ほら.旗雲が 明日へたなびく 過ぎた日をたたうように 同じまなざしで駆け抜けた絆を包んで 木洩れ陽を編む かそけき葉音 刻を巻き戻してゆく 信念(まこと)の祈りを めぐる季節に重ねた日々- 春は花の浮橋-彼方照らし.集い.流れ往く 夏はそう蝉時雨-命謳い どこまでも 分け合う歓びが 幸せ増やすから どんな日も越えられた 信じる場所染める 季節の贈り物たち 勇気をいつもありがとう 浅葱の風が 心の水面 爪弾いたあの瞬間(とき)から 熱い志 貫ける寄す処はここだけ 空知らぬ雨 降らせ芽吹いた 夢とい

みとせのりこ 花の季節歌词

12/16 10:32
遠い野道をただ 馬車は過ぎて行く 冬の静かな夜 森は今眠る 時は巡り 町の空に 光あふれる朝は つばめたちが呼びかけるよ 花の季節が来たと 暗い野道をただ 馬車で今日もゆく ゆれるランプの灯に 結ぶ旅の夢 時は巡り 町の空に 光あふれる朝は つばめたちが呼びかけるよ 花の季節が来たと 重なる生命をただ 馬車はのせて走る 刻む轍のように 終わらない旅の夢 時は巡り 町の空に 光あふれる朝は つばめたちが呼びかけるよ 花の季節が来たと Lalala- ばらの花束投げて 娘たちと踊れ今日こそ燃える炎の

松田聖子 裸足の季節歌词

04/06 00:35
歌曲:裸足の季節 歌手:松田聖子 作词: 三浦徳子 作曲:小田裕一郎 歌词: 白いヨットの影 渚を滑り 入江に近づくの 手を振るあなた 夢の中のことと わかっていても 思いっきり 答える私です ※えくぼの秘密あげたいわ もぎたての青い風 ほほを染めて今走り出すわたし 二人ひとつのシルエット※ 誘われた映画は まぶしすぎたの 背のびする季節と 言われたけれど はらはらしどおしの エピローグには 思わず うつむいた私です えくぼの秘密あげたいわ もぎたての青い空 愛をめがけ 今走り出すわたし 二人ひ

彩冷える 桜舞う季節に歌词

10/24 20:20
歌:彩冷える 作詞:彩冷える 作曲:彩冷える 君が見えなくて 僕も見えなくなって こんなにも傍にいたのに 君と過ごした日々 当たり前な温もりは消えて 夏に恋をして 秋に寄り添い 冬を越えて 桜舞う春 想いよ すれ違うなんて 君のふてくされた顔が大好きで わざと怒らせては 頭を2回撫でて 両頬を軽くつねるの まるで「ありふれた恋の歌」のような それは2人だけの 仲直りの合図 僕は 形ばかりを追い求めて 肝心なものが見えなくなってた 僕が見てたのは 隣で微笑む君じゃなかったんだよね 君が見えなくて

VOCALOID 桜の季節歌词

10/03 11:31
桜の季節 作詞:ゆうゆ 作曲:ゆうゆ 唄:初音ミク album:EXIT TUNES PRESENTS Vocalostar feat.初音ミク by:黑崎ルキア 桜咲く頃に僕はここに戻ると誓った 君と見上げた空をいつまでも覚えてるよ 「あんなに綺麗な花はないよ」とはしゃいでいた横顔 風に吹かれて花びら高く高く昇ってく 時が過ぎて 流れた涙も渇いて 誰もが二人を忘れてしまっていても さくら さくら 舞い踊るように あたたかい思い出包み さくら さくら 咲かせておくれ あの人のいない道を 独りとい