尾崎豊 FORGET-ME-NOT歌词


小さな朝の光は

疲れて眠る愛にこぼれて

流れた時の多さに

うなずく様に よりそう二人

窓をたたく風に目覚めて

君の頬をよせてみた

幸せかい 昨晩のぬくもりに

そっとささやいて

強く君を抱きしめた

初めて君と出会った日

僕はビルのむこうの

空をいつまでも さがしてた

君がおしえてくれた 花の名前は

街にうもれそうな

小さなわすれな草

時々愛の終りの悲しい夢を

君は見るけど

僕の胸でおやすみよ

二人の人生 わけあい生きるんだ

愛の行く方に答はなくて

いつでもひとりぼっちだけど

幸せかい ささやかな暮しに

時はためらいさえも

ごらん愛の強さに変えた

時々僕は無理に君を 僕の形に

はめてしまいそうになるけれど

二人が育くむ 愛の名前は

街にうもれそうな

小さなわすれな草

行くあてのない街角にたたずみ

君に口づけても

幸せかい 狂った街では

二人のこの愛さえ

うつろい踏みにじられる

初めて君と出会った日

僕はビルのむこうの

空をいつまでもさがしてた

君がおしえてくれた 花の名前は

街にうもれそうな

小さなわすれな草

おわり

  • 专辑:FORGET-ME-NOT/OH MY LITTLE GIRL
  • 歌手:尾崎豊
  • 歌曲:FORGET-ME-NOT

尾崎豊 FORGET-ME-NOT歌词

相关歌词

尾崎豊 I LOVE YOU歌词

06/09 03:19
ss 尾崎豊 - I LOVE YOU 作词:尾崎豊 作曲:尾崎豊 I Love You 今だけは悲しい唄 闻きたくないよ I Love You 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された 恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は 落ち叶に埋もれた空き箱みたい だからお前は 小猫の様な泣き声で きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく体 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい呗に 爱がしらけてしまわぬ様に I Love You 若(わか)すぎる二人(ふたり

尾崎豊 ハイスクールRock'n'Roll歌词

07/09 00:21
ハイスクールRock'n Roll 歌手:尾崎豊 作詞:尾崎豊 作曲:尾崎豊 by:豪放磊落 Oh! 朝は目覚めても昨日の疲れひきずったまま 様にならない制服着て表へ出るよ そして ぞろぞろと駅へ歩く人達に まぎれ込んで 俺も歩いてゆくよ 満員電車に押し込まれ 言葉さえなくした Strange boy 何がどうなろうと 誰にもどうにも出来ないみたいさ セーラー服のLittle girl 小さな躰もみくちゃにされ それでも夢見てるの 失う事ばかりなのに Rock'n' Roll 踊ろうよ Rock

尾崎豊 街の風景歌词

03/29 10:03
街の風に引き裂かれ 舞い上った夢くずが 路上の隅で寒さに震え もみ消されてく 立ち並ぶビルの中 ちっぽけな俺らさ のしかかる虚像の中で 心を奪われている あてどない毎日を まるでのら犬みたいに 愛に飢え 心は乾き ふらつき回るよ 灰色の壁の上 書きなぐった気持は それぞれの在り方の空しさに震えてるんだ 追い立てられる街の中 アスファルトに耳をあて 雑踏の下埋もれてる歌を見つけ出したい 空っぽの明日に向けて投げてやるさ 誰もが眠りにつく前に 心のハーモニー 奏でよう ガラス作りの歌 奏でよう 無限

尾崎豊 傷つけた人々へ歌词

12/13 04:23
どれだけ言葉費し 君に話したろう どんな言葉でも言いつくせなかった事の答も ひとつしかないはずと 時の流れに心は変ってしまうから そして いったい何が 大切な事だったのかすら忘れさられてしまう 刹那に追われながら 傷つく事恐れる僕は あの日見つけたはずの真実とはまるで逆へと 歩いてしまう 僕をにらむ 君の瞳の光は 忘れかけてた 真心教えてくれた この胸に今刻もう 君の涙の美しさに ありがとうと センチメンタルな気持じゃ悔んでばかりだよ 僕はなんてまぬけな男だったろう 君にはもう 許されることもな

尾崎豊 太陽の破片歌词

05/29 21:54
昨晩 眠れずに 失望と戦った 君が悲しく見える 街が悲しいから 昨晩 一晩中 欲望と戦った 君を包むもの全てが 僕を壊すから すり変ってゆく現実との はざまに 描いた夢が 愛を傷つける 暮しはただ 街明りに照らされ 何を信じるの どこへ向かうの 僕の手も握らずに 消えるのは何故 誰も手をさしのべず 何かにおびえるなら 自由 平和 そして 愛を何で示すのか だから 一晩中 絶望と戦った 僕はただ 清らかな 愛を信じている 目をつぶってみる 涙がほら渇くまでの間に 忘れられるさ 破れた約束の前で 人

尾崎豊 優しい陽射し歌词

12/03 23:26
優しい陽射し 歌手:尾崎豊 作詞:YUTAKA OZAKI 作曲:YUTAKA OZAKI by:豪放磊落 過ぎ行く日々の中で 寂しくなる君は うつろう心の理由に 一人唇 噛み締めている 誰かと恋に落ちて 名前は覚えるのに ふっと笑顔の影に 滲む涙が零れ落ちるから 明日を星で占うテーブルの上で 愛を探す夜に ぼんやり時を見つめているだけ 何も悲しまないと 暮らしを彩れば きっといつか 答えは育むものだと気付く 大切にしてるけど 壊れてしまうから 夢は夢のままだと 諦めてみて 戸惑うばかりで 意味

尾崎豊 街路樹歌词

12/24 08:12
街路樹 歌手:尾崎豊 作詞:尾崎豊 作曲:尾崎豊 by:豪放磊落 踏み潰された空缶の前で 立ちつくしていた 俺は4時間も地下鉄の 風に吹き上げられていた 昨日見た夢の 続きを見ていた 甘えるのが下手な 優しさに似た Rock'n Roll 誰ひとり抱きしめられず 歌ってる Oh- 答えておくれよ これは愛なのか Oh- 運命のいたずらと 泣けるかな 別々の答えが 同じに見えただけ Oh- 過ちも正しさも 裁かれる 足音に降りそそぐ心もよう つかまえて 街路樹たちの歌を 最後まで愛ささやいている

尾崎豊 卒業歌词

12/25 03:34
校舎の影 芝生の上 すいこまれる空 幻とリアルな気持ち 感じていた チャイムが鳴り 教室のいつもの席に座り 何に従い 従うべきか考えていた ざわめく心 今 俺にあるもの 意味なく思えて とまどっていた 放課後 街ふらつき 俺達は風の中 孤独 瞳にうかべ 寂しく歩いた 笑い声とため息の飽和した店で ピンボールのハイスコアー 競いあった 退屈な心 刺激さえあれば 何でも大げさにしゃべり続けた 行儀よくまじめなんて 出来やしなかった 夜の校舎 窓ガラス壊してまわった 逆らい続け あがき続けた 早く自由

尾崎豊 誕生歌词

11/21 06:51
誕生 歌手:尾崎豊 作詞:尾崎豊 作曲:尾崎豊 by:豪放磊落 俺の時計の針がちょうど午前零時を指した 過ぎ去る時は新しい日の中に消え去ってゆく 訳もない涙が溢れ そっとこぼれ落ちる 分からないものが俺の全てを狂わせてしまった 愛を失い 仕事すらなくし 俺は街を出た そして今俺は一体何を待ち続けているのか ポケットには別れた家族の写真がある 皆で笑い俺は兄貴に肩を抱かれてる その写真をながめる度 分けあった訳の中に それぞれが選んだ生き方を思い浮かべてみる 人生はいつも誰にも冷たいものだから 捨