浅川悠 瞬時の渦歌词


たとえこの手 汚れようとも
ただ一つの確かな光は白いまま

切り裂いては深くなる闇に
誇り高く掲げた剣を

流れ消える瞬時の渦に
映る世界は
過去と明日の狹間にある
空虛な幻
觸れるほどに失うなら
抱いている想いだけを
信じているから

墮ちる果てが業火としても
胸を燈す靜かな絆は清いまま

砕かれてた真実の叫び
隠している仮面の下に

流れ消える瞬時の渦に
見える刹那は
噓と夢で積み上げてた
儚い幻想
描くたびに傷ついても
揺るがずいる強さ求め
守っているから

光と闇 駆け抜ける翼
終焉へと
委ねる 手綱

流れ消える瞬時の渦に
映る世界は
過去と明日の狹間にある
空虛な幻
觸れるほどに失うなら
抱いている想いだけを
信じているから

——————————————————————

就算是和你一起玷污了双手
也只有真实这一个东西仍然闪烁着洁白耀眼的光芒

切断变得深邃的黑暗
用剑挑开高悬的荣誉

在流动着消失的瞬间漩涡里
所映照的世界
在过去和未来的缝隙中存在着
空虚的幻想
一触碰就会消失
抱着这种想法
因为相信

堕落的结果是地狱烈火也好
胸前点亮的束缚依旧那么沉静

粉碎了真实的呼唤
隐藏在真相的背面之中

在流动着消失的瞬间漩涡里
看见你的刹那
堆砌起一个虚幻的梦
不切实际的幻想
就算描绘他们的时候都会伤到自己也好
从未动摇、强烈地渴求
守护着这份妄想

穿越光明和黑暗的翅膀
向着终结
交出了缰绳

在流动着消失的瞬间漩涡里
所映照的世界
在过去和未来的缝隙中存在着
空虚的幻想
一触碰就会消失
抱着这种想法
因为相信

  • 专辑:Fate/stay night キャラクターイメージソングシリーズVI:ライダー(浅川悠)
  • 歌手:浅川悠
  • 歌曲:瞬時の渦

浅川悠 瞬時の渦歌词

相关歌词

Dolly 星の砂時計歌词

02/25 01:41
サラサラと零れる.砂時計とモノクロの瞬き 真っ白なパレットに色を足して眠りにつく このまま夢に食べられる前に 月と何度も.何度もワルツを踊ろう 砂に埋もれた空.スパンコールの星が映る プラチナに輝いてベルベットの川を流す このまま夢に溶けだす前に 声を幾つも.幾つも繋いで唄う 回る.回るメリーゴーランド 七色に渦巻いて 下弦にぶらさがった シャンデリアみたく この世界に降り注ぐ幾億の星.空っぽの夜空に響くオルゴール この世界に降り注ぐ幾億の星.キラキラと.零れる星の砂時計 回る.回るメリーゴーラ

fumika 時を越えて歌词

09/20 21:19
「お元気ですか」続く言葉に詰まった初めての手紙 伝えたいこと尋ねたいこと 胸の中渦巻いてる 初めて繋いだ手は見た目よりもっとずっと大きくて どうでもいいよな記憶が溢れだすとめどなく 一生(とき)の中で君を見つけた 偶然を奇跡と呼べたなら 「離さない」誓ったその言葉がいまも心に響く あの夜あの朝君のすべてを 抱きしめて守り続けたくて 時を越えまた君に出会ったのなら ずっと離さないよ永遠に 最後の君を想い出すたび胸がいまも痛むんだ 夕焼けの空 最後の握手 無理して作った笑顔 時間は巻き戻せないでも思

eufonius ぼくらの時間歌词

12/18 23:54
ぼくらの時間 作詞:逢瀬祭 ufotable & eufonius 作曲:菊地 創 編曲:菊地 創 歌:eufonius ぼくらはここにいる ぼくらがここに在る ゆるやかな時間が流れてる ぼくらの時間 この部屋で 夏の日が消えても 殘る笑顔たち こっちまで幸せの連鎖 ああ 素直さの意味 ココロのずっとずっとおくのほうへ ねえ素晴らしい日々 弱さと不安の中で知って さよならはいわないよ だっていつまでも かわることのない日々 きっといつまでも 記憶のなかにある 幸せな瞬間 光の中でいた あふれて

松尾早人 時を越えて歌词

06/11 08:05
真上に群れる 白い雲たち いつもと何も変わらず だけど私に 微笑みかける 飛び出すことも 大事と とめられないの 何もかも 受け止めて 舞い上がる 輝めく風を 体で受けて あなたへと走りだす おそれる事は 何もいらないの 時に潜んだ 微笑み抱いて 感じていたい もう何もかも 全て脱ぎ捨てて あなたを奪うの 傷つく度に 何も見えずに 心に偽り抱いて 時の速さに 身動きとれず 全てを 閉ざしてたけど あなたに触れた その瞬間に 何もかも 溢れ出す 熱った風を 体で感じ あなたへと走りだす 熱く乾いた

東方神起 時ヲ止メテ歌词

06/10 00:38
急ぐように 夏の星座たちが ビルの谷間に 傾いて隠れてく 通り過ぎる 僕らの毎日 ちっぽけな事で 泣きそうな時もある いつか君が行きたがっていた あの店はもう無くなってしまったけど どんな日も 僕たちは 「ふたりの恋は終わらない」と信じていた 時ヲ止メテ ずっと君の そばにいたい 見上げた空 願い込めて ひとつひとつ 輝く星 繋げながら 君の形- 探してた 好きだよって 上手に言えなくって 波打ち際で震えた 幼い恋 たどたどしく 並んだ目と目が 瞬きさえも 惜しいと感じていた 砂に書いた誓いはす

GLAY 時の雫 歌词

02/19 05:20
作�:TAKURO 作曲:TAKURO �曲:GLAY 佐久�正英 3度目の春を�び越えて 煌びやかな夏に�まれ 少しだけ臆病な恋をした �りない秋は寄り添って ��ぎる冬は口づけて 2人は白い地�を�いていた 「�もが抱く疑いの世界は �らの心をひどく�つける」と泣いていた あなたの心がいつの日も そうね清らかなままで生きていて欲しいと 今 切に�う 生きる�さをその心に 悲しみのドアを�奢な背に 背�ったまま 背�ったまま �の�がホラ舞い降りて 泣いているかな? 笑ってるかな? 今の�らに

石川秀美 妖精時代歌词

11/02 19:44
歌:石川秀美 作詞:松本隆 作曲:小田裕一郎 ※あなたは風よ 私の胸の 白いつぼみを 綺麗に咲かせて あなたの腕に 翔び立つ愛は 青い飛行船※ 改札口で手を振る あなたが瞳に 灼きつく 心のシャッター 切った瞬間 好きと叫びたかったのに きっと戻って来るわね 問いかければ 「たぶんね」 あやふやすぎる 遠い約束 今も信じてるのは 何故? ☆あなたは風よ 翼があれば 優しい胸に 今すぐ飛んでく 夢見ることの はかなさを知る 裸足の妖精☆ 忘れな草が 咲いても 忘れないわ あなたを ひとすじの髪 本

GIRL NEXT DOOR 時の雫歌词

05/09 22:05
「時の雫」 作詞∶千紗 & Kenn Kato 作曲∶鈴木大輔 歌∶GIRL NEXT DOOR 振り向けばいつでもあなたがいて 日溜まりのような あふれるいとしさに包まれてた 優しいぬくもり ふわりふわり舞いあがる花びらが 空を淡く染めて 想い出は春の風に吹かれて 消えた めぐる時の雫を大切にして その瞬間が永遠をつなぐ 確かめるより 感じていたら 覚めることなくいたかな? 愛する夢がはかなく散りゆく理由(わけ)を 枝を離れて 落ちて 舞い踊る 桜色したその彩りが そっと伝えてくれてる ひとみ

ポルノグラフィティ 瞬く星の下で歌词

12/27 18:39
見渡す限りの荒野に ひとり立っているんだ そりゃ身震いもするだろう 幼い少女が 夢に見ている 白馬の王子みたいなもの 僕らもどっかで 知らないうちに 期待してしまっていたのかも 不完全なこの世界を 誰かが 描き足してくれるなんてない 信じるといる言葉を 君は子供っぽいと笑うかい? 見渡す限りの荒野で 行き先を示すもの 胸に抱いて歩こう 世界が僅かに輝く 僕の手にある 運命という名の 分厚い本を眺めてる 何故だろう今は 開く時じゃない そこに何が書かれていても 碌でも無い未来などは 知りたくない