池田輝郎 男の誠歌词


池田輝郎

男の誠
作詞:関口義明
作曲:水森英夫

野辺に咲いてる 花よりも
心きれいな 女(ひと)だった
目には見えない 男の誠
離れても…
君にささげて 人生(たび)をゆく

肩をふるわせ 泣く声が
とぎれとぎれに 風の中
時が経つほど 思いがつのる
幸せか…
君が好きだよ 今もなお

星が流れて 消えるまで
祈る願いが 叶(かな)うなら
夢をつむいだ あの日よ帰れ
離れても…
君に逢いたい もういちど

  • 专辑:湯の町哀歌
  • 歌手:池田輝郎
  • 歌曲:男の誠

相关歌词

池田輝郎 人生みなと歌词

12/21 11:02
枯葉ひとひら 音もなく 転げる路地の こぼれ灯(び)づたい 涙ほろほろ 人生みなと 言葉忘れて 呑む人の 肩が寂(さみ)しい 縄のれん 遠い汽笛が この胸の 思いをつれて 故郷(こきょう)へ帰る 吐息とまり木 人生みなと 供花(はな)も今さら いらないと 窓にあの娘(こ)の 流れ星 死ぬも生きるも 浮世なら さだめのままに 流れていたい 命ゆらゆら 人生みなと 酔うてひととき うたた寝の 海に漂う はぐれ舟 专辑:人生みなと 歌手:池田輝郎 歌曲:人生みなと

池田輝郎 湯の町哀歌歌词

04/01 19:14
いで湯銀座の 銀の字が ひと文字欠けた 灯(ひ)がともる 人のうわさの 細糸を たぐり寄せれば その先の きみは湯けむり かくれ花 酒にやつれた 横顔の 白さにつのる いとおしさ 今も住むのか この町に 寝ものがたりの つれづれに 夢が欲しいと 泣いた女(ひと) 橋のたもとで 名を呼べば 山鳥啼(な)いて 闇にとぶ 逢えば別れが 辛いから ひとり帰ろう 濡れながら きみの面影 背に捨てて 专辑:湯の町哀歌 歌手:池田輝郎 歌曲:湯の町哀歌

池田綾子 祈りの歌歌词

05/23 10:23
それは昔 人々が 海に帆を上げて まだ知らない 世界へと 旅立つ 祈りの歌 ある日聞いた 風のうなり声 「時は満ちた 進め波間を」 故郷は背を押す 海は誘う まだ見ぬ大地が 心に宿る 祈りの歌 鳴り響け 愛を 伝えよう 月の光 輝いて 水面を 照らしていた 船は進む 広い海を越え 凪の朝も 嵐の夜も 言葉や海さえ 越える星座 導く大地へ 舳先を向けて 祈りの歌 鳴り響け この身 果てるとも 漕ぎ行く手を 止めないで 月日は 巡る 薄れていく目が 微かに捉えた影 夢見た 地平が 辿り着いた その場

池田聡 思い出さない夜はないだろう歌词

01/21 12:44
思い出さない夜はないだろう - 池田聡 詞:秋元康 曲:金田一郎 思い出さない夜はないだろう あなたのことを- 泣きたいくらい 愛してるのに すべてが 終わりなんて 人ごみで 同じ香りに 僕は今も 長い髪を探すよ この腕に抱きしめるたび あなたらしさ 覚えてしまった 理屈じゃなく 後を引くよ どうすればいいのか? 思い出さない夜はないだろう 時が過ぎても- 瞳 閉じれば 愛しい顔が浮かんで来る 思い出さない夜はないだろう あなたのことを- 泣きたいくらい 愛しているのに すべてが 終わりなんて

池田奨 candle -2013 ver.-歌词

11/22 02:49
みんなで騒いだ帰り道はいつも その声が聞きたくて 隣で笑っていたくて かじかむ右手をそっと包んでくれた ダッフルコートのポケット 瞼に浮かぶよ イルミネーション 輝く街並みに 君の背中 探してしまう時も- 聖なる夜よ 響くキャロルの音にのせて どうか祈りを届けて あなたの明日が 君の笑顔が そう 輝いていますように 電話越しの声 強がっても 静寂に戻ればすぐに ため息こぼれる 見上げればほら大きなもみの木に 光るシルエット 特別なこの日だから- 聖なる夜よ 星の導きで どうか希望を与えて 独りき

池田綾子 空の欠片歌词

03/03 10:02
空の欠片 演唱/作词/作曲:池田綾子 この道を進んだなら いつかまた君に 逢えるだろう 遠く続いていく時の中で 今日を懐かしむ きっとこの場所で 微かに見える 空の欠片を 追いかけて 光と影も 心に描いて 走るとき その笑った顔が勇気をくれる 何気ない言葉だけで 君が涙の日は 飛んでいくから いつでも どんなときも 道は続いてる 多分ね 見失っても 迷ったりしても 無駄じゃない 今はね あの痛みが 教えてくれる 君の言葉の その温かさ 特別なことなんてないのに 毎日は 季節の中で 出逢いも別れも

池田奨 紅一葉歌词

12/17 01:32
風に揺らいで ひらり舞い散る 君の肩ごしに紅一葉 ただ寄り添えば わかりあえると 悲しみは空に消えるだけ 月明かり照らしてた 遠くの笛の音 御神楽太鼓 ありふれた幸せは 思えばこんなに素敵でした いつか話そう 出会えた喜び 淡い愛しさ 知らずにいた 風に揺らいで ひらり舞い散る 君の肩ごしに紅一葉 ただ寄り添えば わかりあえると 悲しみは空に消えるだけ 穏やかに迫りくる 季節は朧げ 誘いし火影 躓いて迷いながら 進んで逝くのも悪くないよ 今を漂い 願いよ届けと 絶えた祈りを 重ねるだけ 忘れられ

池田綾子 夕焼け歌词

09/13 21:16
なぜ生まれ来る /我们为什麽诞生 そしてどこへ行くのか/然後该可去可从 よく晴れた日の/万里晴空的日子 明るい雨のように /也如明亮的清雨 あれから 信じた梦を/从那开始 坚持的梦想 追いかけ続けて /仍在继续追寻著 空へと消えた君の姿を/消失在空中的你的身影 何度も描いてた/多少次在心中描绘著 生き抜く今を /坚持活著的现在 辉く日々を/闪著光辉的日子 そこから続く道が/那时开始延续的道路 きっと君につながってる/一定也与你联系著 辉きながら/闪耀著 戸惑いながら/也迷惑著 いつか约束をした

織田哲郎 世界が終るまでは…歌词

10/31 00:24
世界が终るまでは-(灌篮高手片头曲) 作词:上杉升 作曲:织田哲郎 编曲:叶山たけし 大都会に 仆はもう一人で 投げ舍てられた 空きカンのようだ 互いのすべてを 知りつくすまでが 爱ならば いっそ 永久に眠ろうか- 世界が终わるまでは 离れる事もない そう愿ってた 几千の夜と 戻らない时だけが 何故辉いては やつれ切った 心までも 壊す- はかなき想い- このTragedy Night そして人は 形を求めて かけがえのない 何かを失う 欲望だらけの 街じゃ 夜空の 星屑も 仆らを 灯せない 世