伊東歌詞太郎 ゆるふわ樹海ガール歌词


散々夢は見た
做了一大堆梦

アラーム止めて起き上がるんだ
按掉闹钟站起身来

ちょっとだけ得意げな 猫の表情、横目にさ
斜眼看著好像有点得意的猫咪的表情

定期の更新周期
定期车票的更新周期

給料日前に襲い来んだ
每次都在发工资前袭来

気付けば毎日が つまらなかったなぁ
回过神来才发现 每天都很无聊呢

とうにぬるくなった ジュース飲んだときの
就像在喝早就不冰的果汁时

あの感覚は 味わいたくないもんな
那种感觉 永远不想再尝到了

ゆるふわ樹海ガールは 今日も笑って元気
轻飘飘树海女孩 今天也笑的很有精神

中学生のタバコを 涙で濡らしていく
用眼泪沾湿中学生抽的香烟

気付けば毎日が 人を殺すような夏でした
回过神来才发现 每天都像会杀人般的夏天

今日も新宿前では 女子高生が2、3人死んでいる
今天的新宿车站前 又有两三个女高中生死掉了

OH Yeah~

ずっと嫌いだった 中学時代の級友と
碰见了一直讨厌的中学同学

すれ違いそうだ ふと視線を下げてしまった
快要擦身而过的时候 不争气地垂下了视线

向こうはこちらなど 気にしていない模様
对方看起来 似乎一点也不在乎这边

情けなくなってきた 酷い気分だなぁ
觉得自己好丢脸 感觉糟透了

とうにぬるくなった ジュース飲んだときの
就像在喝早就不冰的果汁时

あの感覚だって 味であるはずなんだ
那种感觉 永远不想再尝了

ゆるふわ樹海ガールは 今日も愉快に元気
轻飘飘树海女孩 今天也开心的很有精神

信号無視する車に 中指立ててみたり
对于无视信号灯的车 竖起中指给他瞧瞧

今じゃ僕らには 未知なんかどこにもなくて
现在对我们来说 根本不存在着所谓的未知

案外完全な町の中 僕らは暮らしている
我们生活在 意外的完整的城市中

ゆるふわ樹海ガールは 明日もきっと元気
轻飘飘树海女孩 明天也一定很有精神

コンビニ の 不法占拠も 辞さない彼らもきっと
赖在小卖铺里不走 他们也不觉得有什么不对

気付けば毎が 人を殺すような夏でした
回过神来才发现 每天都像会杀人般的夏天

今日も新宿前では 女子高生が2、3人死んでいる
今天的新宿车站前 又有两三个女高中生死掉了

OH Yeah~

]ゆるふわ樹海ガールは 今日も元気ーーーーぃ
轻飘飘树海女孩 今天也很有精神

  • 专辑:my little white cat
  • 歌手:伊東歌詞太郎
  • 歌曲:ゆるふわ樹海ガール

伊東歌詞太郎 ゆるふわ樹海ガール歌词

相关歌词

伊東歌詞太郎 夕立のりぼん歌词

05/07 06:44
突然の夕立に降られて 校舎里の荫で雨宿 突如其来降下的骤雨 停驻在校舍背後的阴影中 荒くなる 二人きりの呼吸が响いた 变得粗重的 两个人的呼吸声响起 肌の透けたブラウスに触り 透过湿透的衬衫触碰到肌肤 つらくなるほど目を合わせて 难以忍受的视线交织着 この口と その口の 距离はゼロになる 唇和唇之间 变为零距离 隠し事がしたいよ したいよ 想要做私密的事情 想要啊 "内绪だよ" 要保密哦. その响きは 幼い耳を何十回刺激した 那声音数十次在年幼的耳边诱惑着 トラウマなど忘れさせたげる

伊東歌詞太郎 rebirthday歌词

01/01 16:58
仆の手が掴み取ったものと 仆の手が届かなかったもの 比べていつも立ち止まっては 手のひらをずっと见续けた 谁かの笑颜をたくさん见たよ 无关心な颜もたくさん见たよ 伤つくたびに强くなって 优しさを知って弱くなった 污れたこの海の中 きれいだと思い迂んだ それでも新しい场所をまだ もっともっと 感じてみたいんだ 夜明けがすぐそこにあるけれど 泪でまだ何も见えない 仆の住む世界と 仆に似合う世界が ひとつになれればいいな 变わりたいと强く望むのなら それ以外は何もいらない 振り返らず前を向いたその先は

伊東歌詞太郎 ピエロ歌词

03/03 18:35
大丈夫 大丈夫 /没事的 没事的 おどけてみせる僕は /表演着滑稽动作的我是 小さなサーカスの名も無きピエロ /这个小小的马戏团里无名的小丑 真ん丸いお月様みたいな /在像是圆滚滚的月亮般的 ボールの上 バランスをとって /大球之上 维持着平衡 派手に転んだりしちゃって /然后忽然华丽地跌落下来 笑われるのが僕の仕事 /逗人发笑便是我的工作 客席に泣いてる君を見つけた /发现了在观众席上哭泣的你 そんな悲しい顔はしないでよ /別露出那麼悲伤的表情啊 パパもママも知らない君の涙に /爸爸和妈妈都沒

伊東歌詞太郎 ぼくらのレットイットビー歌词

08/24 23:32
生(う)まれ変(か)われるのなら 目印(めじるし)になるから 巻(ま)いておこう 小指(こゆび)と小指(こゆび)の长(なが)い糸(いと) ほどけない様(よう)に 结(むす)んどこう 夏祭(なつまつ)り りんご饴(あめ) 雨(あめ)降(ふ)り空(そら)に 虹(にじ)が架(か)かる顷(ころ)なの 壊(こわ)れた感情(かんじょう)が いつか 君(きみ)を消(け)していく 见(み)えなくなると 失(うしな)われる灯火(とうしび) でも 结(むす)んだ长(なが)い糸(いと) ほどけ落(お)ちていないから

伊東歌詞太郎 コカコーラタイム歌词

08/09 14:18
少しボリュウムを下げてみようかな 耳が痛くなってきたみたいだな こほんこほん 咳払って 払い過ぎて 飛び出す赤い唾 ごしごし 目を擦って 擦りすぎて 止まんないネガティブが コカコーラ 買いに行こう 空白の 深夜二時 メンソール 吸いながら 嫌々近い未来を目指して 少しお喋りをやめてみようかな 口を開けば災いばかり降る えへんへん 僕 威張って 威張りすぎて 離れた仲間たち それぞれ 道進んで いなくなって 笑ってる 僕の事 モスバーガー 温めよう 誰もいない 台所 ワンピース 読みながら もや

伊東歌詞太郎 刹那プラス歌词

05/15 14:13
どうして君は人に 嘘をついても平気そうなの doushite kimi wa hito ni uso wo tsuitemo heiki sounano きっと小さな小さな嘘が 嘘の形を変えてしまった kitto chiisa na chiisa na uso ga uso no katachi wo kaete shimatta どうして君は笑颜 谁に构わず见せてしまうの doushite kimi wa egao dare ni kamawazu misete shimauno きっと难攻不

伊東歌詞太郎 チルドレンレコード歌词

01/26 11:14
チルドレンレコード/Children Record 作詞:じん(自然の敵P) 作曲:じん(自然の敵P) 編曲:じん(自然の敵P) 唄:IA LRC・翻譯:kyroslee nicovideo sm18406343 白いイヤホンを耳にあて/將白色的耳機戴在耳上 少しニヤッとして合図する/咧嘴微笑的打出訊號 染み込んだこの温度が/在心中的溫度 ドアをノックした瞬間に/於門被敲響的瞬間 溢れそうになるよ/變得像要滿溢而出似的 「まだ視えない?」/「還是看不見嗎?」 目を凝らして臨む争奪戦/凝神注目着面

伊東歌詞太郎 One Step Ahead歌词

01/18 02:31
"こんなはずじゃない"って抱え迂んだ违和感は ずっと昔に忘れたつもりだった 自分で描いた理想を满たすのは 他の谁でもない自分だってこと 嫌われるのが怖くても 好きなもの失くすよりはマシさ もう少しで手迟れだ 急がなくちゃ ねえ もういいかい 切れかけてたネジを卷いて 遮ったカーテン千切って 君だけの本当の声听かせて 谁かのせいにしないで 谁のおかげにもしないで 彷徨った果ての新天地を目指せ 先に行こう それじゃバイバイ どんな言叶もただの气休め ずっと昔に他人事って气づいてる 自分でつ

伊東歌詞太郎 ヒーローマスク歌词

05/30 00:12
子供のころは见えていた青いロボットも 气付いたら押入れから消えてた どんなふうに生きてきたの? 闻かれても答えられない自分が嫌で 时が仆らを欺いた 世界の谜を明かしたあと ツギハギだらけのマスクでどうにかあなたを见つけられた もしも谁かの何かになれたら 降り注ぐ淡い雨になれたら 借り物の体でも弱虫な仆は见せないで 时间も场所も飞び越える赤い扉は いつしか鼻で笑われたのさ どんなふうに生きてももう爱されないような气がして 受け容れたふりをした 例えば-怪兽が突然现れて みんなの街を坏していって 战