伊東歌詞太郎 チルドレンレコード歌词


チルドレンレコード/Children Record
作詞:じん(自然の敵P)
作曲:じん(自然の敵P)
編曲:じん(自然の敵P)
唄:IA
LRC・翻譯:kyroslee
nicovideo sm18406343

白いイヤホンを耳にあて/將白色的耳機戴在耳上
少しニヤッとして合図する/咧嘴微笑的打出訊號
染み込んだこの温度が/在心中的溫度
ドアをノックした瞬間に/於門被敲響的瞬間
溢れそうになるよ/變得像要滿溢而出似的
「まだ視えない?」/「還是看不見嗎?」
目を凝らして臨む争奪戦/凝神注目着面臨的爭奪戰
あの日躊躇した脳裏から/那天的猶豫不決彷如在腦內
「今だ、取り戻せ」と/發着「就是現在,奪回來吧」
コードが鳴り出しそう/這樣的暗號

愛しくて、辛くて、/包受可憐與,痛苦,
世界を嫌ったヒトの/厭惡世界的人們的
酷く理不尽な「構成」/極為無理的「組織」
肯定していちゃ未来は生み出せない/肯定是無法創造出未來的

少年少女前を向く/少年少女向前進
暮れる炎天さえ希望論だって/儘管就連烈日步入黃昏也不過是希望論
「ツレモドセ」/「領回來吧」
「ツレモドセ」/「領回來吧」
三日月が赤く燃え上がる/火紅的新月燃燒起來
さぁさぁ、コードを0で刻め/來吧來吧,在編碼上刻上0吧
想像力の外側の世界へ/向着意想不到的世界
オーバーな空想戦線へ/向着誇張的空想戰線進發

「お先にどうぞ」って舌を出す/說着「你先請」的伸出舌頭
余裕ぶった無邪気な目/裝作從容的天真無邪的雙目
「ほら出番だ」パスワードで/說出「該換班了」這口令
目を覚ましたじゃじゃ馬は止まらない/醒過來的悍馬停不下來
もう夜が深くなる/夜已入深
「オコサマ」なら燃える延長戦/「孩子們」可是進行在熊熊燃燒的延長戰
逆境ぐあいがクールだろ?/陷入逆境超酷的對吧?
寝れないねまだまだ/還未還未能入睡呢
ほら早く!早く!!/看吧還早呀!還早呀!

イン・テンポで視線を合わせて/按照既定速度的視線交投
ハイタッチでビートが鳴り出せば/假若打出高觸感的節拍的話
考えてちゃ遅いでしょう?/思考可跟不上速度的吧?
ほらノっかってこうぜ/跟上來吧
ワンコードで視線を合わせて/以一個暗號視線交投
ぶっ飛んだグルーヴが渦巻けば/假若這飛舞的律動捲成旋渦的話
冗談じゃない見えるはず/可不是開玩笑理應能看見的
そのハイエンドの風景の隙間に/從這高端的風景的空隙之間

さぁどうだい、/來吧怎麼樣,
この暑さも/這份暑熱也好
すれ違いそうだった価値観も/好像不合的價值觀也好
「悪くないかな」/「這樣也不壞吧」
目を開き、/假若睜開雙眼,
手を取り合ったら/互相握着手的話
案外チープな言葉も/出乎意料的低俗的說話也
「合い言葉だ」って言い合える。/能異口同聲的說「是暗號呢」
少しだけ前を向ける/能稍微的向前進了

少年少女、前を向く/少年少女,向前進
揺れる炎天すら希望論だって/儘管甚至動搖的烈日也不過是希望論
思い出し、口に出す/回憶起來,說出來了
不可思議な出会いと別れを/將不可思議的相遇與離別
「ねぇねぇ、突飛な世界のこと/「吶吶,意想不到的世界
散々だって笑い飛ばせたんだ」/即使淒慘也就讓我們一笑置之吧」

合図が終わる/訊號終止

少年少女前を向け/少年少女向前進吧
眩む炎天すら希望論だって/儘管就甚至眩暈的烈日也不過是希望論
「ツカミトレ」/「緊緊抓住吧」
「ツカミトレ」と/「緊緊抓住吧」
太陽が赤く燃え上がる/火紅的太陽燃燒起來
さぁさぁ、コールだ。/來吧來吧,是召集呀。
最後にしよう/做到最後吧
最善策はその目を見開いた/最上策就是睜開這雙眼
オーバーな妄想戦線/誇張的空想戰線
感情性のメビウスの先へ/向感性的莫比烏的盡頭進發

~終わり~

  • 专辑:my little white cat
  • 歌手:伊東歌詞太郎
  • 歌曲:チルドレンレコード

伊東歌詞太郎 チルドレンレコード歌词

相关歌词

伊東歌詞太郎 ピエロ歌词

03/03 18:35
大丈夫 大丈夫 /没事的 没事的 おどけてみせる僕は /表演着滑稽动作的我是 小さなサーカスの名も無きピエロ /这个小小的马戏团里无名的小丑 真ん丸いお月様みたいな /在像是圆滚滚的月亮般的 ボールの上 バランスをとって /大球之上 维持着平衡 派手に転んだりしちゃって /然后忽然华丽地跌落下来 笑われるのが僕の仕事 /逗人发笑便是我的工作 客席に泣いてる君を見つけた /发现了在观众席上哭泣的你 そんな悲しい顔はしないでよ /別露出那麼悲伤的表情啊 パパもママも知らない君の涙に /爸爸和妈妈都沒

伊東歌詞太郎 ぼくらのレットイットビー歌词

08/24 23:32
生(う)まれ変(か)われるのなら 目印(めじるし)になるから 巻(ま)いておこう 小指(こゆび)と小指(こゆび)の长(なが)い糸(いと) ほどけない様(よう)に 结(むす)んどこう 夏祭(なつまつ)り りんご饴(あめ) 雨(あめ)降(ふ)り空(そら)に 虹(にじ)が架(か)かる顷(ころ)なの 壊(こわ)れた感情(かんじょう)が いつか 君(きみ)を消(け)していく 见(み)えなくなると 失(うしな)われる灯火(とうしび) でも 结(むす)んだ长(なが)い糸(いと) ほどけ落(お)ちていないから

伊東歌詞太郎 コカコーラタイム歌词

08/09 14:18
少しボリュウムを下げてみようかな 耳が痛くなってきたみたいだな こほんこほん 咳払って 払い過ぎて 飛び出す赤い唾 ごしごし 目を擦って 擦りすぎて 止まんないネガティブが コカコーラ 買いに行こう 空白の 深夜二時 メンソール 吸いながら 嫌々近い未来を目指して 少しお喋りをやめてみようかな 口を開けば災いばかり降る えへんへん 僕 威張って 威張りすぎて 離れた仲間たち それぞれ 道進んで いなくなって 笑ってる 僕の事 モスバーガー 温めよう 誰もいない 台所 ワンピース 読みながら もや

伊東歌詞太郎 ヒーローマスク歌词

05/30 00:12
子供のころは见えていた青いロボットも 气付いたら押入れから消えてた どんなふうに生きてきたの? 闻かれても答えられない自分が嫌で 时が仆らを欺いた 世界の谜を明かしたあと ツギハギだらけのマスクでどうにかあなたを见つけられた もしも谁かの何かになれたら 降り注ぐ淡い雨になれたら 借り物の体でも弱虫な仆は见せないで 时间も场所も飞び越える赤い扉は いつしか鼻で笑われたのさ どんなふうに生きてももう爱されないような气がして 受け容れたふりをした 例えば-怪兽が突然现れて みんなの街を坏していって 战

伊東歌詞太郎 しわ歌词

01/22 20:52
愛する人と共に過ごして どれくらいの時が経ったんでしょう 与所爱之人共度的时间 已过了多久了呢 擦り切れた時代は遠ざかって 消损的时代渐渐远离着 「人を愛せない」と思ってたけど ノック 君がドアをこじ開けたんだってこと 虽曾想过「无法去爱上谁」 但你撬开了这扇门扉 気付いてるの? 注意到了吗? Remember しわが一つずつ増えてく Remember 皱纹一道道增加着 明日のこと考えるの楽しくなってもう 单是想着明天的事就已感到快乐 しわが一つ増えるたびに 昨日よりも幸せそうな君に会えるから

伊東歌詞太郎 メランコリック歌词

04/29 02:55
全然つかめないきみのこと/被完全无法掌握的你 全然しらないうちに/在什么都不知道的时候 ココロ奪われるなんてこと/给夺走了心这种事 あるはずないでしょ/怎么可能会发生呢 それは無愛想な笑顔だったり/那是冷淡 不亲切的 笑容 それは日曜日の日暮れだったり/那是星期天的 日落 时分 それはテスト∞(ばっか)の期間だったり/那是大考小考 ∞(无止境)的期间 それはきみとゆう名の/那是患了名为「你」这种病的 メランコリンニスト./melancholinnist(忧郁的人) 手当たり次第強気でぶつかっても

伊東歌詞太郎 小夜子歌词

11/06 13:53
作词:みきとP 作曲:みきとP 编曲:みきとP 翻訳:サキ 呗:初音ミクAppend 歌词 『中+日[平假名]+罗]: 冷蔵库(れいぞうこ)の中(なか)には何(なん)にも无(な)い 只(ただ)あるのはお茶(ちゃ)とお薬(くすり) reizouko no nakani wa nanimo nai tada arunowa o cha to okusuri 冰箱里已经空无一物 只剩下了茶和药 一锭(いちじょう)ごとに胸(むね)がふわふわ 不安(ふあん)が満(み)ちてく ichi jou gotoni

伊東歌詞太郎 夕立のりぼん歌词

05/07 06:44
突然の夕立に降られて 校舎里の荫で雨宿 突如其来降下的骤雨 停驻在校舍背後的阴影中 荒くなる 二人きりの呼吸が响いた 变得粗重的 两个人的呼吸声响起 肌の透けたブラウスに触り 透过湿透的衬衫触碰到肌肤 つらくなるほど目を合わせて 难以忍受的视线交织着 この口と その口の 距离はゼロになる 唇和唇之间 变为零距离 隠し事がしたいよ したいよ 想要做私密的事情 想要啊 "内绪だよ" 要保密哦. その响きは 幼い耳を何十回刺激した 那声音数十次在年幼的耳边诱惑着 トラウマなど忘れさせたげる

伊東歌詞太郎 ゆるふわ樹海ガール歌词

04/25 20:29
散々夢は見た 做了一大堆梦 アラーム止めて起き上がるんだ 按掉闹钟站起身来 ちょっとだけ得意げな 猫の表情.横目にさ 斜眼看著好像有点得意的猫咪的表情 定期の更新周期 定期车票的更新周期 給料日前に襲い来んだ 每次都在发工资前袭来 気付けば毎日が つまらなかったなぁ 回过神来才发现 每天都很无聊呢 とうにぬるくなった ジュース飲んだときの 就像在喝早就不冰的果汁时 あの感覚は 味わいたくないもんな 那种感觉 永远不想再尝到了 ゆるふわ樹海ガールは 今日も笑って元気 轻飘飘树海女孩 今天也笑的很有