池田綾子 ふたつの街で歌词


[ti:ふたつの街で]
[ar:池田绫子]
[al:a light,a life]
[offset:0]
[00:00.79]ふたつの街で - 池田绫子
[00:02.53]�:池田�子
[00:03.54]曲:池田�子
[00:04.80]
[00:24.61]今年も�やかに 街が色を�える
[00:34.15]
[00:36.60]あの日のように クリスマスの雪が舞う夜
[00:46.03]
[00:48.85]今は�う街で �かの瞳に映る
[00:58.41]
[00:59.39]あなたが笑�であるように 祈りながら
[01:09.65]
[01:13.43]今年の雪を あなたも�上げてますか
[01:24.31]
[01:25.22]もうすぐ午前0�をまわる
[01:30.32]
[01:31.49]Merry Christmas to you
[01:34.62]
[01:36.21]空に舞う
[01:38.18]
[01:49.67]�る�に映る 温かな部屋には
[01:59.22]
[02:01.74]あの日と�う日々の形 �む��
[02:11.08]
[02:13.79]元�でいるからと 少し�がっても
[02:24.46]お互い笑�であるように �いていこう
[02:35.79]
[02:38.48]今年の雪を あなたも�上げてますか
[02:49.34]
[02:50.27]あんなに人を�せたことが
[02:55.53]
[02:56.57]Merry Christmas to you
[02:59.95]
[03:01.00]大事だった
[03:02.92]
[03:27.20]雪が降る度 思い出は�えるけれど
[03:38.00]
[03:38.82]やがて心は真白に返る 雪のように
[03:48.53]
[03:51.36]今年の雪は 空からの�り物
[04:01.84]
[04:03.12]あなたが今夜 �上げた空に
[04:08.05]
[04:09.13]幸せの�いが 届くように

  • 专辑:a light,a life
  • 歌手:池田綾子
  • 歌曲:ふたつの街で

池田綾子 ふたつの街で歌词

相关歌词

池田綾子 Life歌词

12/28 03:01
目を闭じて祈っていた 永远に続く日々を 「闭上眼睛祈祷永远的每日」 部屋中に残っている 记忆の影に何もできず 「房间里残留着记忆的影子 什么也做不成」 Why 叶わないと知り 「why 知道不会实现」 Why 求め合うのだろう 「why 即使如此祈求」 雨に打たれて 涙に濡れて 「雨打在身上,泪湿了脸」 Everything has gone-so I do 守れない爱だってある 「无法守护的爱」 その切なさを力に 「也要用尽力气忍住悲伤」 流した涙が かわくまで 「直到流下的泪都乾涸了为止」

池田綾子 白いギフト歌词

06/21 04:48
歌:池田綾子 作詞:池田綾子 作曲:池田綾子・TATOO 感じてる 気付いている 愛しくなる 痛くなる だけど二人 見つめあうほど 何も言えず 答えを待つ 静けさに 身体中 震えて 始まりの声が今 胸に響く 肌に触れては 溶ける雪の中で 君の手が 何よりも温かい こんなにも募る切ない想いを 包み込んで 雪のように- 背の高い後ろ姿 そっと耳を押しあてた 高鳴ってく 鼓動の意味を感じてるよ 今ならば一言で この距離を壊せる 言いたくて でも言えない 歯がゆい想い 降り積もる雪 街を塗りつぶして 想

池田綾子 足音歌词

10/02 08:14
人はなぜに巡り合い 手と手結ぶのだろう 花のように 風に揺れて 寄り添い合うのだろう 消えてゆく星を潜り 朝日の見える丘へ 東の雲 輝くのを 君と見つめていた 目の前の 朝の光 始まりの合図にして 穏やかに 歩き出した 二人の足音 きっと超えてゆくのだろう 手には持てないほとの 荷物抱え 言葉もない 静か過ぎる夜も 動き出す町を潜り 押し寄せる人波は 涙色の 路地を抜けた 逞しい足取り 両手では抱えきれず 悩んだりつまずいても そのままで ありのままで 確かな足音 信じ合う そんな言葉 眩しくて

池田綾子 sora歌词

12/17 12:20
過去にならない 深い痛みを 胸に刻んだ ON THAT DAY 遠い空の彼方 消えていった 誓い 立ちつくす私をおいて 変わらず季節が過ぎても 君の響く声 笑顔が今も胸に 空の上から届くならば その手を伸ばして欲しい あなたの元に届くならば 今すぐ瞳を閉じて Ah 初めて知った 大切だった 今も聞こえる PAST DAYS 揺れてにじんだ空 あの日と重なる ふざけてはしゃいだ私を包んだ大きな手 人波の中で今も影を捜して・・ あなたの空を飛べるならば この両手を羽根にかえて 見つめる手のひら 落

池田綾子 旅人歌词

05/30 11:00
地平線に星が消えたら 漂う朝の気配 浅い眠り ぼんやり見てる 静かな部屋に差し込む朝陽 「どこまでできるのだろう...」 誰にも言えない言葉を抱えて いつか花のように 笑える日まで 喜びと別れを繰り返しながら いつか胸の奥に刻んだ誓い 時は流れていく 約束を乗せて 描きたくて広げた紙は 今も真っ白なまま 焦るほどに 遠のく景色 幻になってしまう前に 「どこまでゆけるのだろう...」 小さな言葉を 朝陽が照らしていた 夏の雲のように わき上がる夢 いつか私らしく 空に手を挙げて 「どこまでも行って

池田綾子 Train歌词

05/02 13:49
流れゆく風が 熱い頬を冷ます ずっとずっと願っていた あなたと心が向かい合うように 星空に誓う 「後悔はしない」 深夜午前0時には 二人で秘密の旅に出掛けよう I'm gettin' on the train with you 揺られながら遠くへ 動き出した恋が もう迷わないように 景色が過ぎてゆく 日常から離れてく たくさんの孤独を抱えて 逢いたい 逢いたい 季節を越えたね I'm gettin' on the train with you 揺られながら遠くへ 強くなれた だれど この手 握っ

池田綾子 Life(Acoustic Session)歌词

03/21 03:00
目を闭じて祈ってた 永远に续く日日を 部屋中に残っている 记忆の形に何もできず Why かなわないと知り Why 求め合うのだろう 雨に打たれて泪に濡れて Everything has gone...so I do 守れない爱だってある その切なさを力に 流した泪が かわくまで 时よ进め Time is waiting for you 灰色の街の中に 君はもういないけれど 鲜やかに全てを变えた 记忆の意味を探してる Cry 声にならなくて Cry ぎゅっと抱き合った その优しさが そのささやきが

池田綾子 Silver moon歌词

01/07 15:21
夕方6時半電車は凄い密度 人の疲れや 一日のため息で ドアが開きホームは足音で埋まる 働き蟻みたいに 足早に散った この痛みはなんだろう この空しさはなんだろう 改札抜けて 新鮮な風 思わず口ずさんだ あの曲 逢いたくなった 唇かんだ 昂まる夜の気配 息を殺した獣のように 月を睨んだ 人恋しくて この街中に人は溢れるほどいるのに 誰かが転んだ その側を通り過ぎていく 触れたら切れそうだよ 目と目で微笑みあいたいよ 渋滞の群れ 低い空に風 赤い光がなぜか怖かった 君に逢いたい 願いのように 心が乱

池田綾子 星降る森歌词

08/13 09:53
umi haruka inishie no fukai morini 海遥か 古の深い森に ikusenno hoshiga furuto iu 幾千の星が降るという hoshini natta hitotachiga tada hitoyoru no omoi 星になった人たちが ただ一夜の想い koibitoni tsutaeru tame morini furisosogu 恋人に伝えるため 森に降り注ぐ hitotsudake negau aisuru hitoyo wasurenaid