伊東歌詞太郎 空想フォレスト歌词


夏風がノックする窓を開けてみると
夏风敲著门 我试著打开了窗

何処からか迷い込んだ鳥の声
从某处传来了 迷路的鸟儿的声音

読みかけの本を置き
放下手里正在读的书

「何処から来たんだい」と笑う
「你是从哪儿来的呢」 这样笑着说

目隠ししたままの午後三時です
我蒙着眼睛 这时正是下午三点

世界は案外シンプルで複雑に怪奇した私なんて
世界是如此地简单 复杂之事就被当作怪异

誰に理解もされないまま
就像我这种 总是谁都不予理解

街外れ、森の中、人目につかないこの家を
远离街道、森林之中、这个不引人注目的我的家

訪れる人などいない訳で
当然连一个来访问的人都不会有

目を合わせないで!
别让目光和别人相遇!

固まった心、一人ぼっちで諦めて
内心已然固化 独自一人呆着

目に映った 無機物に安堵する日々は
日复一日 映入眼帘的都是没有生命的东西

物語の中でしか知らない世界に少し憧れる
只知道自己所在的这一片小天地 但对于外面的世界产生了一点点的憧憬

ことくらい許してくれますか?
这种事情会被允许吗?

淡々と流れ出した
淡淡地 就这样流露而出

生まれてしまった理不尽でも案外人生なんで。私の中じゃ
就算出生是毫无道理 这也是人生 在我的心中

ねぇねぇ、突飛な未来を想像して
呐呐、让我们想像向前飞跃的未来

膨らむ世界は今日か明日でも
因此而膨胀充实的世界 今天或者明天都行

ノックしてくれないですか?
会不会来敲响我的房门呢?

なんて妄想なんかして外を眺めていると
进行着如此这般的妄想 在眺望著窗外的时候

突然に聴こえてきたのは喋り声
突然听见了一个说话的声音

飲みかけのハーブティーを机中に撒き散らし
喝到一半的香草茶 打翻在了桌子上

「どうしよう・・・」と
「该怎么办呢……」

ドアの向こうを見つめました
这么想着 我朝向门口呆呆地看着

「目を合わせると石になってしまう」
「和人对上眼睛的话 别人会变成石头哦」

それは両親に聞いたこと
那是以前从爸爸妈妈那里听说过的事情

私の目もそうなっている様で物語の中なんかじゃいつも
我的眼睛现在好象也会那样的样子 每每在故事中提到时

怖がられる役ばかりでそんなこと知っている訳で
净是些让人恐惧的角色 那种事 我怎么会知道

トントン、と響きだした
咚咚地、响起来了

ノックの音は初めてで
敲门的声音 还是第一次遇到

緊張なんてものじゃ足りないくらいで
这种令人紧张的感觉 光说“紧张”根本无法表述

ねぇねぇ、突飛な世界は想像しているよりも
呐呐、突飞猛进的世界

実に簡単にドアを開けてしまうものでした
比我的想像还要发展得更快 就那么简单地 把门打开了

目を塞ぎうずくまる姿にその人は驚いて
看见我把捂著眼睛蹲着的样子 那个人十分惊讶

「目を見ると石になってしまう」と言うとただ笑った
「看到我的眼睛会变成石头的哦!」 听到这话他笑了

「僕だって石になってしまうと、怯えて暮らしてたでも世界はさ、案外怯えなくて良いんだよ?」
「我也曾经一直害怕会被变成石头 但是对于世界这种东西其实不用去害怕 也没什么关系的吧?」

タンタン、と鳴り響いた
铛铛地、传出了响声

心の奥に溢れてた 想像は世界に少し鳴り出して
从心底满满地溢出 想象被世界渐渐敲响

ねぇねぇ、突飛な未来を教えてくれた
呐呐、突飞猛进的未来 是你所教会的我的

あなたがまた迷ったときはここで待っているから
当我再次迷惘之时 你都会在这里等着我呢

夏風が今日もまた
今天又是吹着夏风

あなたがくれた服のフードを少しだけ揺らしてみせた
穿着你给我的衣服 轻轻地摇了摇衣服的兜帽

  • 专辑:一意専心
  • 歌手:伊東歌詞太郎
  • 歌曲:空想フォレスト

伊東歌詞太郎 空想フォレスト歌词

相关歌词

伊東歌詞太郎 空想ダイス歌词

05/22 12:18
サイコロそっと転がして 自分の未来を占った 他人が望んだ道だって 言い訳ばかり 前に进んだハズだった 気がつけば后ろにさがった 目指すべき场所は何処だっけ? 见失ってた 梦见た景色がニセモノになったって 仆らが歩いてきた时间は伪りじゃないから フリダシに戻って それでも前を向いて もう一度踏み出すよ 始まりの一歩を 远回りでいいよ 迷うくらいでいいよ 辿り着いた现在地を 仆が梦见た景色に変えていく 石コロそっと蹴飞ばして 他人の言叶で误魔化した 自分で选んだ道だって 分かっているのに カバンにし

伊東歌詞太郎 刹那プラス歌词

05/15 14:13
どうして君は人に 嘘をついても平気そうなの doushite kimi wa hito ni uso wo tsuitemo heiki sounano きっと小さな小さな嘘が 嘘の形を変えてしまった kitto chiisa na chiisa na uso ga uso no katachi wo kaete shimatta どうして君は笑颜 谁に构わず见せてしまうの doushite kimi wa egao dare ni kamawazu misete shimauno きっと难攻不

伊東歌詞太郎 rebirthday歌词

01/01 16:58
仆の手が掴み取ったものと 仆の手が届かなかったもの 比べていつも立ち止まっては 手のひらをずっと见续けた 谁かの笑颜をたくさん见たよ 无关心な颜もたくさん见たよ 伤つくたびに强くなって 优しさを知って弱くなった 污れたこの海の中 きれいだと思い迂んだ それでも新しい场所をまだ もっともっと 感じてみたいんだ 夜明けがすぐそこにあるけれど 泪でまだ何も见えない 仆の住む世界と 仆に似合う世界が ひとつになれればいいな 变わりたいと强く望むのなら それ以外は何もいらない 振り返らず前を向いたその先は

伊東歌詞太郎 Calc.歌词

06/12 04:33
すれ违いは结局运命で 全ては筋书き通りだって 错过说到底是命运 一切按照脚本进行 悲しみを纷らわせるほど 仆は强くないから 难以掩饰悲伤 因为我不够坚强 弾き出した答えの全てが 一つ二つ犠牲を伴って 计算得出的答案全都 伴随着一两个的牺牲 また一歩踏み出す勇気を夺い取ってゆく 将再向前踏出一步的勇气逐渐夺走 いつか君に捧げた歌 今じゃ哀しいだけの爱の歌 曾几何时献给你的歌 如今成了徒留伤感的爱之歌 风に吹かれ飞んでゆけ 仆らが出会えたあの夏の日まで 被风吹拂飞往 回到我们当初相遇的那个夏天 巡り

伊東歌詞太郎 HEAVEN歌词

07/31 22:05
僕らの飛行船は今/我們的飛船 見えないホタル星を追う/現在正在追逐著看不見的螢星 感情が冷めないうちに/趁著感情還未冷卻 大気圏を抜けだそう/飛出大氣圈吧 夜空を眺めすぎた目は/過度眺望夜空的雙目 苦しんだ光を見つけた/找到了令人痛苦的光芒 その合図瞬く君へ/那信號不斷閃爍 ふさわしい声届けよう/向你傳遞著相稱的聲音 今 巡り合う物語/現在 相逢的故事 交わる度に不時着したメッセージ/在交匯之時 到達的訊息 Eメールを言葉に出して/用e-mail傳達著的語言 読んでみて分かったことは/試著讀了之

伊東歌詞太郎 チルドレンレコード歌词

01/26 11:14
チルドレンレコード/Children Record 作詞:じん(自然の敵P) 作曲:じん(自然の敵P) 編曲:じん(自然の敵P) 唄:IA LRC・翻譯:kyroslee nicovideo sm18406343 白いイヤホンを耳にあて/將白色的耳機戴在耳上 少しニヤッとして合図する/咧嘴微笑的打出訊號 染み込んだこの温度が/在心中的溫度 ドアをノックした瞬間に/於門被敲響的瞬間 溢れそうになるよ/變得像要滿溢而出似的 「まだ視えない?」/「還是看不見嗎?」 目を凝らして臨む争奪戦/凝神注目着面

伊東歌詞太郎 小夜子歌词

11/06 13:53
作词:みきとP 作曲:みきとP 编曲:みきとP 翻訳:サキ 呗:初音ミクAppend 歌词 『中+日[平假名]+罗]: 冷蔵库(れいぞうこ)の中(なか)には何(なん)にも无(な)い 只(ただ)あるのはお茶(ちゃ)とお薬(くすり) reizouko no nakani wa nanimo nai tada arunowa o cha to okusuri 冰箱里已经空无一物 只剩下了茶和药 一锭(いちじょう)ごとに胸(むね)がふわふわ 不安(ふあん)が満(み)ちてく ichi jou gotoni

伊東歌詞太郎 ピエロ歌词

03/03 18:35
大丈夫 大丈夫 /没事的 没事的 おどけてみせる僕は /表演着滑稽动作的我是 小さなサーカスの名も無きピエロ /这个小小的马戏团里无名的小丑 真ん丸いお月様みたいな /在像是圆滚滚的月亮般的 ボールの上 バランスをとって /大球之上 维持着平衡 派手に転んだりしちゃって /然后忽然华丽地跌落下来 笑われるのが僕の仕事 /逗人发笑便是我的工作 客席に泣いてる君を見つけた /发现了在观众席上哭泣的你 そんな悲しい顔はしないでよ /別露出那麼悲伤的表情啊 パパもママも知らない君の涙に /爸爸和妈妈都沒

伊東歌詞太郎 ぼくらのレットイットビー歌词

08/24 23:32
生(う)まれ変(か)われるのなら 目印(めじるし)になるから 巻(ま)いておこう 小指(こゆび)と小指(こゆび)の长(なが)い糸(いと) ほどけない様(よう)に 结(むす)んどこう 夏祭(なつまつ)り りんご饴(あめ) 雨(あめ)降(ふ)り空(そら)に 虹(にじ)が架(か)かる顷(ころ)なの 壊(こわ)れた感情(かんじょう)が いつか 君(きみ)を消(け)していく 见(み)えなくなると 失(うしな)われる灯火(とうしび) でも 结(むす)んだ长(なが)い糸(いと) ほどけ落(お)ちていないから