伊東歌詞太郎 小夜子歌词


作词:みきとP
作曲:みきとP
编曲:みきとP

翻訳:サキ
呗:初音ミクAppend

歌词 『中+日[平假名]+罗]:

冷蔵库(れいぞうこ)の中(なか)には何(なん)にも无(な)い 只(ただ)あるのはお茶(ちゃ)とお薬(くすり)
reizouko no nakani wa nanimo nai tada arunowa o cha to okusuri
冰箱里已经空无一物 只剩下了茶和药

一锭(いちじょう)ごとに胸(むね)がふわふわ 不安(ふあん)が満(み)ちてく
ichi jou gotoni mune ga fuwafuwa fuan ga michi teku
每一锭都让胸口感到轻飘飘 渐渐充满著不安呢

iphone 抚(な)でるその指先(ゆびさき)も べたべたと粘(ねば)る髪(かみ)の毛(け)も
iphone nade rusono yubisaki mo betabetato nebaru kaminoke mo
触碰著iphone的那指尖 与那黏糊糊的发丝

何一(なにひと)つ绮丽(きれい)なもんなんて 有(あ)る筈(はず)も无(な)いな
nani hitotsu kirei namonnante aru hazumo nai na
几乎没有一个是漂亮的 也不可能会有

死(し)にたくて 死(し)にたくて そっと
shini takute shini takute sotto
好想死啊 好想死啊 静静地

间违(まちが)って 伤(きず)をつけた手首(てくび)は
machigatte kizu wotsuketa tekubi wa
弄错了 受伤了的手腕

いつしか茶色(ちゃいろ)く汚(よご)れてる
itsushika chairo ku yogore teru
不知不觉 染脏成了茶色

缔(し)め切(き)ったボク(ぼく)の睑(まぶた)
shimekitta boku no mabuta
紧紧闭上的我的眼帘

カーテン(てん)の隙间(すきま)に朝(あさ)が来(き)ても
ka ten no sukima ni asa ga kite mo
即使窗帘缝隙已透入晨光

気付(きづ)く筈无(はずな)い
kizuku hazu nai
也不可能注意到呢

友达(ともだち)のエリ(えり)もタカユキ(たかゆき)も 本当(ほんとう)のトコ(とこ) 他人(たにん)のコト(こと)など
tomodachi no eri mo takayuki mo hontou no toko hito no koto nado
朋友的惠梨和孝之 真正说来都是别人

気(き)にしてる暇(いとま)も无いくらい 忙(いそが)しそうだしな
kini shite ru hima mo nai kurai isogashi soudashina
连注意的时间也没有 如此忙碌的

それにしても何(なん)この笑洼(えくぼ) ありがちな家族(かぞく)と人生(じんせい)
sore ni shi temo naniko no ekubo arigachina kazoku to jinsei
既然如此那这笑窝是如何呢 平凡的家庭与人生

何一(なにひと)つ夸(ほこ)れるもんなんて 有(あ)る筈(はず)も无(な)いな
nani hitotsu hokore rumon nante aru hazu mo nai na
没有任何值得炫耀的东西 也不可能会有

眠(ねむ)たくて 眠(ねむ)たくて ずっと
nemuta kute nemuta kute zutto
好想睡啊 好想睡啊 直到永远的

このまんま痹(しび)れるほど眠(ねむ)ったら
konomanma shibire ruhodo nemutta ra
就这样如麻痹般的入睡

起(お)きて リンゴ(りんご)齧(かじ)って眠(ねむ)る
oki te ringo kajitte nemuru
起身咬下苹果沉睡

无意识(むいしき) 装(よそお)って ゆらり 
muishiki yosootte yurari
装著毫无意识 轻轻地

べランダ(らんだ)に登(のぼ)って风(かぜ)が吹(ふ)いても
be randa ni nobotte kaze ga fui temo
即便去登上阳台吹吹风

飞(と)べる筈无(はずな)い
tobe ru hazu nai
也不可能飞翔

あんなに好(す)きなお笑(わら)いも
annani suki nao warai mo
那样喜欢的笑话

人生変(じんせいか)えた音楽(おんがく)でさえ
jinsei kae ta ongaku desae
甚至是改变人生的音乐

何故(なぜ)に仆(ぼく)の事(こと)を否定(ひてい)するの
naze ni boku no koto wo hitei suruno
为什麼都将我否定著呢

死(し)にたくて 死(し)にたくて そっと
shini takute shini takute sotto
好想死啊 好想死啊 静静地

间违(まちが)って 伤(きず)をつけた手首(てくび)は
machigatte kizu wotsuketa tekubi wa
弄错了 弄伤的手腕

いつしか茶色(ちゃいろ)く汚(よご)れてる
itsu shika chairo ku yogore teru
不知不觉 染脏成了茶色

缔(し)め切(き)ったボク(ぼく)の睑(まぶた)
shime ki ta boku no mabuta
紧紧闭上的我的眼帘

カ(か)ーテン(てん)の隙间(すきま)に朝(あさ)が来(き)ても
ka ten no suki ma ni asa ga kite mo
即使窗帘缝隙已透入晨光

キヅカナイヨ(きづかないよ)
kiz uka nai yo
也注意不到呢

そんな日(ひ)が そんな日(ひ)が ずっと続(ぞく)くんやって叹(なげ)いても
sonna hi ga sonna hi ga zutto tsuzuku nyatte nagei temo
那种日子 那种日子 一直持续著即使是叹息

何(なに)かが 愈(い)えるわけじゃ无(な)い
nanika ga ie ruwakeja nai
也不会有什麼得到痊愈

愈(い)える筈无(はずな)い
ie ru hazu nai
也不可能痊愈

キエテシマオウ(きえてしまおう)
kie te shi ma ou
就这样消失吧

うん、消(き)えてしまおう
un , kie te shi ma ou
嗯 就这样消失吧

  • 专辑:my little white cat
  • 歌手:伊東歌詞太郎
  • 歌曲:小夜子

伊東歌詞太郎 小夜子歌词

相关歌词

伊東歌詞太郎 One Step Ahead歌词

01/18 02:31
"こんなはずじゃない"って抱え迂んだ违和感は ずっと昔に忘れたつもりだった 自分で描いた理想を满たすのは 他の谁でもない自分だってこと 嫌われるのが怖くても 好きなもの失くすよりはマシさ もう少しで手迟れだ 急がなくちゃ ねえ もういいかい 切れかけてたネジを卷いて 遮ったカーテン千切って 君だけの本当の声听かせて 谁かのせいにしないで 谁のおかげにもしないで 彷徨った果ての新天地を目指せ 先に行こう それじゃバイバイ どんな言叶もただの气休め ずっと昔に他人事って气づいてる 自分でつ

伊東歌詞太郎 ピエロ歌词

03/03 18:35
大丈夫 大丈夫 /没事的 没事的 おどけてみせる僕は /表演着滑稽动作的我是 小さなサーカスの名も無きピエロ /这个小小的马戏团里无名的小丑 真ん丸いお月様みたいな /在像是圆滚滚的月亮般的 ボールの上 バランスをとって /大球之上 维持着平衡 派手に転んだりしちゃって /然后忽然华丽地跌落下来 笑われるのが僕の仕事 /逗人发笑便是我的工作 客席に泣いてる君を見つけた /发现了在观众席上哭泣的你 そんな悲しい顔はしないでよ /別露出那麼悲伤的表情啊 パパもママも知らない君の涙に /爸爸和妈妈都沒

伊東歌詞太郎 刹那プラス歌词

05/15 14:13
どうして君は人に 嘘をついても平気そうなの doushite kimi wa hito ni uso wo tsuitemo heiki sounano きっと小さな小さな嘘が 嘘の形を変えてしまった kitto chiisa na chiisa na uso ga uso no katachi wo kaete shimatta どうして君は笑颜 谁に构わず见せてしまうの doushite kimi wa egao dare ni kamawazu misete shimauno きっと难攻不

伊東歌詞太郎 チルドレンレコード歌词

01/26 11:14
チルドレンレコード/Children Record 作詞:じん(自然の敵P) 作曲:じん(自然の敵P) 編曲:じん(自然の敵P) 唄:IA LRC・翻譯:kyroslee nicovideo sm18406343 白いイヤホンを耳にあて/將白色的耳機戴在耳上 少しニヤッとして合図する/咧嘴微笑的打出訊號 染み込んだこの温度が/在心中的溫度 ドアをノックした瞬間に/於門被敲響的瞬間 溢れそうになるよ/變得像要滿溢而出似的 「まだ視えない?」/「還是看不見嗎?」 目を凝らして臨む争奪戦/凝神注目着面

伊東歌詞太郎 rebirthday歌词

01/01 16:58
仆の手が掴み取ったものと 仆の手が届かなかったもの 比べていつも立ち止まっては 手のひらをずっと见续けた 谁かの笑颜をたくさん见たよ 无关心な颜もたくさん见たよ 伤つくたびに强くなって 优しさを知って弱くなった 污れたこの海の中 きれいだと思い迂んだ それでも新しい场所をまだ もっともっと 感じてみたいんだ 夜明けがすぐそこにあるけれど 泪でまだ何も见えない 仆の住む世界と 仆に似合う世界が ひとつになれればいいな 变わりたいと强く望むのなら それ以外は何もいらない 振り返らず前を向いたその先は

伊東歌詞太郎 空想フォレスト歌词

11/06 09:29
夏風がノックする窓を開けてみると 夏风敲著门 我试著打开了窗 何処からか迷い込んだ鳥の声 从某处传来了 迷路的鸟儿的声音 読みかけの本を置き 放下手里正在读的书 「何処から来たんだい」と笑う 「你是从哪儿来的呢」 这样笑着说 目隠ししたままの午後三時です 我蒙着眼睛 这时正是下午三点 世界は案外シンプルで複雑に怪奇した私なんて 世界是如此地简单 复杂之事就被当作怪异 誰に理解もされないまま 就像我这种 总是谁都不予理解 街外れ.森の中.人目につかないこの家を 远离街道.森林之中.这个不引人注目的

伊東歌詞太郎 ぼくらのレットイットビー歌词

08/24 23:32
生(う)まれ変(か)われるのなら 目印(めじるし)になるから 巻(ま)いておこう 小指(こゆび)と小指(こゆび)の长(なが)い糸(いと) ほどけない様(よう)に 结(むす)んどこう 夏祭(なつまつ)り りんご饴(あめ) 雨(あめ)降(ふ)り空(そら)に 虹(にじ)が架(か)かる顷(ころ)なの 壊(こわ)れた感情(かんじょう)が いつか 君(きみ)を消(け)していく 见(み)えなくなると 失(うしな)われる灯火(とうしび) でも 结(むす)んだ长(なが)い糸(いと) ほどけ落(お)ちていないから

伊東歌詞太郎 コカコーラタイム歌词

08/09 14:18
少しボリュウムを下げてみようかな 耳が痛くなってきたみたいだな こほんこほん 咳払って 払い過ぎて 飛び出す赤い唾 ごしごし 目を擦って 擦りすぎて 止まんないネガティブが コカコーラ 買いに行こう 空白の 深夜二時 メンソール 吸いながら 嫌々近い未来を目指して 少しお喋りをやめてみようかな 口を開けば災いばかり降る えへんへん 僕 威張って 威張りすぎて 離れた仲間たち それぞれ 道進んで いなくなって 笑ってる 僕の事 モスバーガー 温めよう 誰もいない 台所 ワンピース 読みながら もや

伊東歌詞太郎 夕立のりぼん歌词

05/07 06:44
突然の夕立に降られて 校舎里の荫で雨宿 突如其来降下的骤雨 停驻在校舍背後的阴影中 荒くなる 二人きりの呼吸が响いた 变得粗重的 两个人的呼吸声响起 肌の透けたブラウスに触り 透过湿透的衬衫触碰到肌肤 つらくなるほど目を合わせて 难以忍受的视线交织着 この口と その口の 距离はゼロになる 唇和唇之间 变为零距离 隠し事がしたいよ したいよ 想要做私密的事情 想要啊 "内绪だよ" 要保密哦. その响きは 幼い耳を何十回刺激した 那声音数十次在年幼的耳边诱惑着 トラウマなど忘れさせたげる