THE SxPLAY 桜のみち歌词


あたたかい風の香りが 二人でいた日々 思い出すの
並んで歩いた道は 桜の花が今 咲き始める頃

『もう少し一緒にいたい』 ささやくように言って
強く抱きしめてくれた 私泣きながらキスをした
その日悔しいくらい 空は晴れていた

あなたのぬくもり 忘れるために
私は今 何をすればいいの?
消えない想いはここにあるよ
時々はあなたも私を思い出してね

哀しみだけ残したまま 二人の距離 はなれてゆくのに
アドレス消せない私がいるの 今も心が泣いている

言葉にはできなかった どこでまちがえたの?
うつむいて 見上げた空 “ずっと忘れない”
胸の奥で消えそうにつぶやいた 想いが溢れそう

こんなにこんなに 想っていても
会えない時間だけが過ぎてゆく
優しい笑顔が忘れられない
できることなら またいつかあなたと 手を繋ぎたい…

ねぇあの時私が 『あなたのことを好き』と素直に
胸を掴み止めてたら 今 隣にいれたのかな?

会いたい会いたい 今すぐにでも
永遠の向こうに あなたがいるの
二人で過ごした日々がいつか
思い出になったなら あなたとまた会えるかな?

  • 专辑:First Story
  • 歌手:THE SxPLAY
  • 歌曲:桜のみち

THE SxPLAY 桜のみち歌词

相关歌词

KANAN 千本桜歌词

02/16 16:48
大胆不敵にハイカラ革命/大膽無畏洋化革命 磊々落々反戦国家/光明磊落反戰國家 日の丸印の二輪車転がし/騎著日之丸印的二輪車 悪霊退散ICBM/惡靈退散ICBM 環状線を走り抜けて/奔馳穿過環狀線 東奔西走なんのその/東奔西走不算什麼 少年少女戦国無双/少年少女戰國無雙 浮世の随に/跟從著浮世浪 千本桜夜ニ紛レ/千本櫻溶入夜中 君ノ声モ届カナイヨ/連你的聲音也傳不到啊 此処は宴鋼の檻/此處開宴鋼鐵牢籠中 その断頭台で見下ろして/自那斷頭台上往下看吧 三千世界常世之闇/三千世界黃泉之闇 嘆ク唄モ聞コ

日本群星 桜歌词

01/14 15:16
名もない花には名前を付けましょう この世に一つしかない 冬の寒さに打ちひしがれないように 誰かの声でまた起き上がれるように 土の中で眠る命のかたまり アスファルト押しのけて 会うたびにいつも 会えないときの寂しさ 分けあう二人 太陽と月のようで 実のならない花も 蕾のまま散る花も あなたと誰かのこれからを 春の風を浴びて見てる 桜の花びら散るたびに 届かぬ思いがまた一つ 涙と笑顔に消されてく そしてまた大人になった 追いかけるだけの悲しみは 強く清らかな悲しみは いつまでも変わることの無い 無く

THE SxPLAY 君がいるから歌词

05/03 09:06
「泣いたっていいんだよ」 君がふいにそう言ってくれたから 何だか嬉しくて 涙じゃなく 笑顔が零れた 不器用すぎる言葉で 君を傷つけてしまった それでも 離れたりしないで 今もこうして 支えになってくれてるんだ きっと- 叶えたい願い 叶えたい夢 届けたい想い 全て 信じ続ける事が奇跡を呼んで 未来に繋がって行くよ ずっと ねぇ ずっと 見守っていて欲しい Dear My Friends 「君なら大丈夫だよ」 別れ際にそう言ってくれたから 感じてた孤独が その一言で 綺麗になくなった 新しい扉を開

レインブック 千本桜 歌词

11/03 17:05
遠く 遠く 届くように 淡く 淡く 心に響く いつか 空に 届くように いつも いつも 心に願う 桜色に 色めく季節 愛する人の景色に残してく 花びらが舞う 懐かしい空も いつか見ていた 切なく青い記憶にも 母の笑顔にも 父の背中にも 遠く 遠く 届くように 淡く 淡く 心に響く めぐる めぐる 千本の 淡く 淡く 桜に寄せて この想いが 願いとなって 愛する人の守り神になろう 樹木が寄せる 温かな鼓動 記憶に残る やさしさに包まれてく 私の心よ 高く舞い上がれ 遠く 遠く 届くように 淡く 淡

ももちひろこ 桜ナミダ歌词

10/15 06:53
桜ナミダ 作詞: ももちひろこ/イワツボコーダイ 作曲: イワツボコーダイ 編曲: イワツボコーダイ ひらり 舞う 桜ナミダ にじむ景色 ねぇ 聞こえてる? 「負けないよ」 ゆっくり空を見上げ キミへと誓うよ いつもの公園 1人ぼっちの影 キミからのメールは まだ消せないままで あの日言えなかった あの日言いたかった 行き場なくした言葉は 薄紅の花になった 繋いだ手離した別れも 振り返らなかった背中も 今ならわかるんだ 最後にくれた キミの がんばれ ひらり 舞う 桜ナミダ にじむ景色 ねぇ 聞

清水翔太 桜歌词

03/28 13:58
今年も春がきて この桜の木の下で 君の事を思い出す 無邪気にはしゃぐ姿 ずっと側にいるつもりで 僕は 笑いかけてた こんな日が来るなんて 思ってなかった 桜のように 綺麗な人 2度と忘れられない人 この気持ちは変わらない 君は永遠の恋人 ありがとうと言えるなら 何度も伝えたいけど 繋がっていた手と手 もう さわれないマボロシ 大人になってく事ほど 怖いことはないね 泣きたい時に泣けないよ こんなに好きなのに 桜のように 愛しい人 僕を包んでくれた人 あきれるほど側にいた 君は僕だけの恋人 今年も

矢野絢子 吉野桜歌词

09/24 11:47
お庭に桜がやって来た 院子里的樱花树终于运来了 私のために父さんと 为了我 母さんが植えてくれました 爸爸和妈妈给我种好了 ある春の絹の風の中 在一个春天如丝绸般的微风之中 春の良い日はいつだって 春天的好日子 无论何时 とんでもなく遠くまで来た様な 都好像意料之外的远道而来 淋しいくらいの穏やかさ 平静得有些寂寞 投げ出した素足 若葉の香り 伸出的光脚丫 嫩叶的香味 生まれてから今日までを 即使把从诞生到今天为止 全部足してみても 全部加上去看一看 あの山の木の葉一枚にも足らぬ 也不足那座山上

Silver Forest 春桜歌词

06/23 04:10
春桜 arrangement: NYO lyrics: NYO vocals: さゆり original title: 春の湊に(東方星蓮船) 風が運ぶ香りは季節をめぐらせ 新しい命 景色変える 晴れた空に浮く雲 春の日差し暖かくて 風に浮かぶ その花びらは 限りなく舞う きっと つむいだ夢 奏でた 終わらない季節を 願ってただ舞い散る 桜の花のように 桜舞い散る春に あなたの隣で 何気ない時間を過ごしていた 茜色に染まった 二人だけの あの時間に 頬をなでた その手のひらで ずっと包んで欲しい

山口百恵 秋桜歌词

07/25 04:56
秋樱(日文版) 演唱:山口百惠 薄紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽留りに揺れている 此頃 涙脆くなった母が 庭先でひとつ咳をする 縁側でアルバムを開いては 私の幼い日の思い出を 何度も同じ話くりかえす 独言みたいに小さな声で こんな小春日和の穏やかな日は あなたの優しさが浸みて来る 明日嫁ぐ私に苦労はしても 笑い話に時が変えるよ 心配いらないと笑った あれこれと思い出をたどったら いつの日もひとりではなかったと 今更乍ら我儘な私に 唇かんでいます 明日への荷造りに手を借りて しばらくは楽し気にいた