槇原敬之 桜坂歌词


桜坂

作詞:槇原敬之
作曲:槇原敬之

この坂道が花吹雪になる前
君はこの街を出て行った
手紙をだすと交わした約束は
いつか懐かしい思い出に変わった

僕らの街の言葉は
正直綺麗じゃないけれど
どうか どうか忘れないで

君の胸にいつも帰る場所を
抱きしめていることを
甘えとか弱さではないんだと
いつか僕に伝えて

それでも花を散らすゆるい雨を
明日も解らずに見送った
君が持ってる荒っぽい優しさを
春が思い出に変え始めてるのに

どこか頼りないねと
いつも言われてた僕はまだ
ずっと ずっとあのままだけど

少し辛いですと君の文字を
どこかで見つける度
すぐに飛んで行けたあの頃が
本当に懐かしい

君の胸にいつも帰る場所を
抱きしめていることを
甘えとか弱さではないんだと
いつか僕に伝えて

甘えとか弱さではないんだと
いつか僕に伝えて

  • 专辑:春うた、夏うた。~どんなときも。
  • 歌手:槇原敬之
  • 歌曲:桜坂

槇原敬之 桜坂歌词

相关歌词

槇原敬之 遠く遠く歌词

07/03 08:46
远く远く离れていても{即使天各一方} 仆のことがわかるように{亦如感同身受} 力いっぱい 辉ける日を{在此充满力量} この街で迎えたい{迎着耀眼太阳} 外苑の桜は咲き乱れ{每当(皇宫)外苑的樱花盛开} この顷になるといつでも{总能让我想起} 新干线のホームに舞った{新干线站台上舞动着} 见えない花吹雪思い出す{似真似幻的落英缤纷} まるで七五三の时のように{宛如三五七岁孩童节时那般} ぎこちないスーツ姿も{不得体的套装式样} 今ではわりにと似合うんだ{颇为搭调的领带} ネクタイも上手く选べる{现

槇原敬之 Green Days歌词

06/22 18:50
GREEN DAYS 槇原敬之 作詞 槇原敬之 作曲 槇原敬之 制作:WGoenitz ほどけた靴ひもを直そうと 君がしゃがんだら 目の前に緑色の道が続いてた それぞれがちゃんと一人で 悩んだと分かった ダイニングを出た僕らに 湿った夏の夜風 よかった この世界は サイテーだと誤解したままで 今日一日が終わらずにすんだよ 君といたからだ わからない事だらけでも ホントの事だけ探してゆこう そんな気持ちを誰もがきっと 青春と呼ぶのだろう まっすぐにまっすぐに伸びる この緑色の道を 歩きながら続いて

槇原敬之 今年の冬 歌词

12/08 18:05
今年の冬(今年的冬天) 作诗:槇原敬之 作曲:槇原敬之 电気ストーブの低いノイズと 电暖炉轻轻的杂声 君の寝息がとける顷 和你的酣睡声交溶在一起的时候 そっとベッドからぬけ出して 悄悄地从床上下来 キッチンでミルクをついだ 在厨房倒一杯牛奶 幸せを确かめたくて 想要确认自己真的幸福 眠れない夜があるね 在这个不眠之夜 目ざましの赤いLEDが 闹钟上红色的LED上 诞生日の日付けになった 已经到了生日的日期 気に入ってたセーターを 喜欢的毛衣 相棒の犬がかんでいて 被爱犬咬住 ひどく叱りつけていた

槇原敬之 四つ葉のクローバー歌词

09/22 03:51
あげるよと言って 差し出した君の 指先風に震える 四つ葉のクローバー 見つけた人は 幸せになれるんだと ずっと君が探してくれていたもの 見つかりっこないと諦めれば 幸せなんて見つからないよと笑う君 この目で見ることが出来ないからといって そこにはないと決めつけてしまうことは 夢とか希望とか絆とか愛が この世界にはないと 決めつけることと同じなんだ 形あるものは 必ず移ろってく いつかは枯れてしまう 四つ葉のクローバー でも君がくれた 形のない気持ちは 心の中ずっと枯れることはない その時僕は気付

槇原敬之 素直歌词

07/05 11:22
作曲:槇原敬之 作詞:槇原敬之 話を切り出す順番 ゆずってくれたから 僕のことばかり聞いて 結局君は後回し いつも通りに大きく 手を振ってくれた後 歩いて帰る君の いつもより小さい背中 さびしがり屋はいつも 僕に笑ってくれた 自分よりさびしい人が これ以上増えないように そんな君に少しも 気が付けなかったけど 一番伝えたい言葉は "ごめん"じゃなくて ポケットに手を入れながら 歩く癖の訳は いっぱい詰め込んだ気持ちを こぼさないように なんだかわからないけど すごく胸が痛いよ 同じよう

槇原敬之 三人 歌词

11/18 16:42
びっくりする程 ちっぽけな カバン1つで5月の雨の中 僕は東京の街におりた 心細くは なかったよ 少し年上のルームメイトと その彼女と 僕で 暮らしていたから まだ彼女がいない頃は まよなかに大きなヴォリュームで Dooble のライブをよくきいたね そして彼女がやってきて まるで2人両親のように 夜遅い 僕を 待っていたっけ 彼女はデザイナーをめざし 彼は心優しいエンジニア そして僕は誰かのために 歌い 生きていくことを決めた 僕もあれから 2回目の引っ越しをして 何だかんだとつらいことも た

槇原敬之 Hungry Spider歌词

11/06 23:33
(Hungry Spider-) 今日も腹を減らして一匹の蜘が 八つの青い葉に糸をかける ある朝 露に光る巣を見つけ きれいと笑ったあの子のため やっかいな相手を好きになった 彼はその巣で獲物を捕まえる 例えば空を美しく飛ぶ あの子のような蝶を捕まえる 朝露が乾いた細い網に ぼんやりしてあの子が 捕まってしまわぬように I'm a hungry spider you're a beautiful butterfly 叶わないとこの恋を捨てるなら この巣にかかる愛だけを食べて あの子を逃がすと誓お

槇原敬之 No.1歌词

06/05 17:59
No.1 作詞:槇原敬之 作曲:槇原敬之 お互いのことをもう さぐるのはやめよう もうわかっている 君は僕が好きで 僕は君が好き 幸せにするといつでも 思ってはいるけど どんな風に すればいいか この僕にもわからない そんなもの 二人で歩いてみよう 一人ぼっちだった自分を お互いに忘れずに いればきっと平気 今までで一番 素敵な恋をしようよ もうこんな僕で いいかなんて思わない 世界で一番 素敵な恋をしようよ とりあえずそれが 僕らの目標 子供の頃の写真を 君に見せたとき あたりまえだけど 自分

槇原敬之 朧月夜歌词

04/02 05:07
菜の花畠に 入日薄れ 見渡す山の端(は) 霞ふかし 春風そよふく 空を見れば 夕月かかりて におい淡し 里わの火影(ほかげ)も 森の色も 田中の小路を たどる人も 蛙(かわず)のなくねも かねの音も さながら霞める 朧月夜 专辑:Listen To The Music 歌手:槇原敬之 歌曲:朧月夜