歌ってみた 林檎売りの泡沫少女歌词


遠い遠い時の果て そこに住まう人は皆
永遠の命をもつ世界での話
赤い実の成る木の下 La La Lu La 生まれながらに
死の呪いがかけられた少女の話

色付いた街外れ 蒼く光る湖畔 赤い実のお菓子屋
ちょっぴり寒くなった今日は妙に誇らしげ 自信作を売りにゆく
待ってて 今度こそ 美味しいんだから

時計塔の見える市 驚いた
珍しく賑やかね La La Lu La Lucky!!
物憂げな街の隅 ひとり
赤い実のパイどうですか 自信作なの

そんなのひとつも売れないさ 少女を見て蔑む人達
みんなと何も変わらないのに 美味しくできたのに

今日も声は届かないのね
まるで透明になったみたいだわ
そうして誰もが知らぬ振りをした
何故なら少女は呪われているから
死んだ世界で唯ひとり生きていた少女の話

夜なべでアレンジパイと にっこりスマイル引っ提げ
少女はまだ諦めない
時計塔の針も空を指して お腹も鳴るそんな時

ふと後ろから人が少女を押す 甘い籠は落ちる
お菓子を踏み行く人達 平気な顔してさ
惨めに拾い集める ふともうひとりの手が
どろどろのパイを徐に口に入れて 「おいしいね」

その声で心は溢れた
まるで輪郭を描いたみたいだわ
そうして彼は手を差し出した
何故なら少女に呪われているから
死んだ世界で唯ふたり生きていた遠い物語

街の人達は哀れむ 赤い実を食べて呪われた者を
永遠に生きられずに死ぬのさ 嗚呼なんて可哀想な話

ふたりは笑う それでも笑う
La La La とっても素敵な呪いね
例え明日死んでも 『今』が確かで大切になるから

もう声は届かないのね
まるで透明になったみたいだわ
そうして誰もが知らぬ振りをした
何故なら世界が呪われているから

『永遠』の呪いは解かれていた
まるでふたりの方が狂ったみたいだろう
そうしていつか笑うように眠る
何故ならふたりは放たれているから
死んだ世界で唯ふたりだけが幸せだった

歌词来自:初音ミク Wiki

  • 专辑:EXIT TUNES PRESENTS STAGES
  • 歌手:歌ってみた
  • 歌曲:林檎売りの泡沫少女

歌ってみた 林檎売りの泡沫少女歌词

相关歌词

KAKIVIVI 林檎売りの泡沫少女歌词

02/11 23:22
遠い遠い時の果て そこに住まう人は皆 永遠の命をもつ世界での話 赤い実の成る木の下 La La Lu La 生まれながらに 死の呪いがかけられた少女の話 色付いた街外れ 蒼く光る湖畔 赤い実のお菓子屋 ちょっぴり寒くなった今日は妙に誇らしげ 自信作を売りにゆく 待ってて 今度こそ 美味しいんだから 時計塔の見える市 驚いた 珍しく賑やかね La La Lu La Lucky!! 物憂げな街の隅 ひとり 赤い実のパイどうですか 自信作なの そんなのひとつも売れないさ 少女を見て蔑む人達 みんなと何

黒髪ストロングP 林檎売りの泡沫少女歌词

06/02 06:07
遠い遠い時の果て そこに住まう人は皆 永遠の命をもつ世界での話 赤い実の成る木の下 La La Lu La 生まれながらに 死の呪いがかけられた少女の話 色付いた街外れ 蒼く光る湖畔 赤い実のお菓子屋 ちょっぴり寒くなった今日は妙に誇らしげ 自信作を売りにゆく 待ってて 今度こそ 美味しいんだから 時計塔の見える市 驚いた 珍しく賑やかね La La Lu La Lucky!! 物憂げな街の隅 ひとり 赤い実のパイどうですか 自信作なの そんなのひとつも売れないさ 少女を見て蔑む人達 みんなと何

KK 林檎売りの泡沫少女歌词

12/06 09:13
翻譯:つっちゃん@吐槽君 遠い遠い時の果て/在遥远的遥远的时间尽头 そこに住まう人は皆/那里的居民 永遠の命をもつ世界での話/大家都拥有永恒的生命 那样的世界里的故事 赤い実の成る木の下/在结出鲜红果实的树下 La La Lu La 生まれながらに/La La Lu La 从出生时开始 死の呪いがかけられた少女の話/便背负着死亡的诅咒的少女的故事 色付いた街外れ/远离色彩斑斓的街道 蒼く光る湖畔/闪烁着蓝色光芒的湖畔 赤い実のお菓子屋/有家卖红色果实的点心屋 ちょっぴり寒くなった/在有些微冷的今

歌ってみた 朱の少女歌词

04/11 00:49
风がやんだ世界に独り 少女は自分だけの手を握り缔め 行く先を示すと信じた宝石は 挫けた足を咎める 蹴り上げる诚実の镜は割れ 辉き.落ちた破片は胜ち残り得た现在(いま) 映る少女は叫んだ 消えずに 侵蚀の意志 傲慢の腕 沈黙の意思 见下ろす赤いあざに答えなどない 繋がれた手の温度(记忆)も忘れた 乾く喉すら润す事も忘れたまま 完全な世界は 何をくれたと言うの? あの子も谁も.私も消えた 赤い廃墟(梦)に饮まれて 静寂の钟响く世界 彼女は耳に手を当て座り込む 正しいと信じた居场所(ばしょ)は此処じゃ

歌ってみた 深海少女歌词

03/15 23:59
悲しみの海に沈んだ私 目を開けるのも億劫 このままどこまでも堕ちて行き 誰にも見つけられないのかな どこへ向かい.何をすれば? ふと射し込む一筋の光 手を伸ばせば届きそうだけど 波に拐(さら)われて見失った あれは一体なんだったのかな あたたかくて眩しかったの 無意識のカウンターイルミネーション 嘘つきは誰? 深海少女まだまだ沈む 暗闇の彼方へ閉じこもる 深海少女だけど知りたい 心惹かれるあの人を見つけたから 昼も夜も無かったこの場所 なのに眠れない夜は続く 自由の羽を大きく広げて 泳ぐあなたは

歌ってみた 鎖の少女歌词

11/26 07:26
もう何もかも嫌になる前に 在变得讨厌一切之前 ほんとの愛をくださ- 请给我,真正的爱-- 今日は少し下がった 破り捨てたい評価 差劲的评价 今天少了一些 期待を超えられず 不能达到期望 傷が增えてく 不断的受伤 振り向けば捨ててきた 友達とか夢とか 朋友们和梦 如果转过脸去,就要抛弃掉 自由を奪われて 自由被夺去 生きるどうして-? 我该如何生存-? 心を鎖で縛られた 心灵被锁链缚住的 あやつり人形 傀儡 わたしはあなたの装飾品 我是你的装饰品 もっと輝ケリクルケリクルケ 更加光辉闪耀吧 誰の為

灯油 泡沫少女と廃墟の夢歌词

08/02 23:34
深い森の中に迷い込んだ夜 君の向こうに見つけた夢を追う 恐る恐る廃墟の中出会った少女は 割れそうな蒼い瞳で 哀しみを映して泣いてた ぐるぐる回る の未来も泡沫に消え 閉じ込めた筈の壁が言うんだ 両の耳を塞いでしまえ 行く宛もなくたどり着いたんだこの長い壁 君の白い指に触れて 夜の闇を忘れて眠る 朝が来ても外は暗い森の中 少女はいなくなった音もなく 捜す捜す廃墟の中見つけた少女は 埃をかぶった額縁 蒼い瞳が見つめていた ぐるぐる回る愛と絶望崩れ去ってく 君を繋ぎ止められなかった 僕の弱さを許してほ

小南泰葉 藁人形売りの少女歌词

10/30 14:14
蝋燭(あかり)を消して 願いを込めた 藁の人形 黄色いお人形 親を捨てた夜に観た満月 千切れる手足 足枷はもうない 不幸な少女は 街を抜け出した 床に寝転び 鼠と遊び倒し いつもと変わらぬ朝を 明日迎えるんだろう 瀕死に少しだけ湧く期待も きっと裏切られるんだろう 夢燃やして見る星空に 白いレースに 赤い刺繍糸 籠から覗く 藁人形 小脇に黒い猫を抱えて 人気のない街角に佇む 今夜も一人 暖をとりながら 空に浮かんでは消える夢を見る いつもと変わらぬ朝を 明日迎えるんだろう 瀕死に少しだけ湧く期待

岩崎良美 挿入歌 南の風·夏少女歌词

10/23 03:55
翻译:saya 白い夏の制服に 将悲伤藏在 切なさを隠して 白色的夏季制服里 海岸(うみ)を見てる横顔に 向着望向海岸的侧脸 不意にキスをしたの 突然吻了下去 ずっと友だちだったね 我们一直都只是朋友 恋人になれずに 无法成为恋人 風は南よ 风自南方来 キミも少しは優しくしなさい-- 你也该温柔一点-- 困ったひとね 这人真是不省心 涙ふくから横向いてて 我要擦眼泪 你快转过去 好きと書いて名を消した 车站的留言板上 駅の伝言板 写上告白的名字已被擦去 気づかないで過ぎてゆく 你还未觉察日子就已