加藤登紀子 千の風になって 歌词

腾讯视频/爱奇艺/优酷/外卖 充值4折起


私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の风に 千の风になって
あの大きな空を 吹きわたっています
秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鸟になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを见守る
私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません
千の风に 千の风になって
あの大きな空を 吹きわたっています
千の风に 千の风になって
あの大きな空を 吹きわたっています
あの大きな空を 吹きわたっています

私のお墓の前で 泣かないでください
watashi noo haka no mae de naka naidekudasai
在我的墓前 请不要哭泣

そこに私はいません 眠ってなんかいません
sokoni watashi haimasen nemutte nankaimasen
我不在那里 我并没有长眠

千の风に 千の风になって
sen no kaze ni sen no kaze ninatte
化为千风 我已化身为千缕微风

あの大きな空を 吹きわたっています
ano ooki na sora wo fuki watatteimasu
翱翔在无限宽广的天空里

秋には光になって 畑にふりそそぐ
aki niha hikari ninatte hatake nifurisosogu
秋天里我化作阳光 照耀著大地

冬はダイヤのように きらめく雪になる
fuyu ha daiya noyouni kirameku yuki ninaru
冬天里我化作钻石般闪耀的雪

朝は鸟になって あなたを目覚めさせる
asa ha tori ninatteanatawo mezame saseru
清晨我化成鸟儿唤醒你

夜は星になって あなたを见守る
yoru ha hoshi ninatte anatawo mimamoru
夜晚我化作星辰守护著你

私のお墓の前で 泣かないでください
watashi noo haka no mae de naka naidekudasai
在我的墓前 请不要哭泣

そこに私はいません 死んでなんかいません
sokoni watashi haimasen shin denankaimasen
我不在那里 我并没有死去

千の风に 千の风になって
sen no kaze ni sen no kaze ninatte
化为千风 我已化身为千缕微风

あの大きな空を 吹きわたっています
ano ooki na sora wo fuki watatteimasu
翱翔在无限宽广的天空里

千の风に 千の风になって
sen no kaze ni sen no kaze ninatte
化为千风 我已化身为千缕微风

あの大きな空を 吹きわたっています
ano ooki na sora wo fuki watatteimasu
翱翔在无限宽广的天空里

あの大きな空を 吹きわたっています
ano ooki na sora wo fuki watatteimasu
翱翔在无限宽广的天空里

  • 专辑:千の風になって
  • 歌手:加藤登紀子
  • 歌曲:千の風になって

加藤登紀子 千の風になって  歌词

相关歌词

加藤登紀子 島唄 歌词

05/11 12:27
日文版歌词: でいごの花が咲き 风を呼び 岚が来た でいごが咲き乱れ 风を呼び 岚が来た くり返す悲しみは 岛渡る波のよう ウージの森で あなたと出会い ウージの下で 千代にさよなら 岛呗よ 风にの乗り 鸟とともに 海を渡れ 岛呗よ 风に?り 届けておくれ 私の涙 でいごの花も散り さざ波がゆれるだけ ささやかな幸せは うたかたの波の花 ウージの森で 歌った友よ ウージの下で 八千代の别れ 岛呗よ 风に乗り 鸟とともに 海を渡れ 岛呗よ 风に乗り 届けておくれ 私の爱を 海よ 宇宙よ 神よ いの

加藤登紀子 青い月のバラード歌词

01/13 08:19
歌:加藤登紀子 作詞:加藤登紀子 作曲:Themba Christopher Mkhize 夜の底に光る 青い月のように ひとり歩いていく あなたの後姿 孤独の中へ 出て行く人のために 何が出来るの? ただ見送るだけ 花は花のように 鳥は鳥のように ひとり咲きつづけて ひとり飛びつづける 未知の中へ 一瞬の運命に 身をあずけて 振りむかずに 風が花を咲かせ 月が鳥を誘う あの日同じ哀しみと 同じ夢を見て 二人愛を重ねた 風が花を咲かせ 月が鳥を誘う あの日同じ哀しみと 同じ夢を見て 二人愛を重ね

加藤登紀子 川は流れる 歌词

07/28 16:53
歌:加藤登紀子 作詞:加藤 登紀子 作曲:加藤 登紀子 川は流れる ずっとずっと昔から ただひたすらに だまりこんだままで どこから来て どこへ行くのか それは誰も 知らない オオオー オオオー この小さな星の上に 生まれ合わせて 生きている 道に迷った子羊のように 悲しみをくり返して ほんの短い人生だから 喜びあふれて 輝いてあれ オオオー オオオー 熱い胸に 抱きしめる おさえきれないいとしさ それが確かな答えだと 感じてきたのに たったひとつの愛さえ こんなにこんなに こわれやすい オオオ

加藤登紀子 花 HANA 歌词

11/13 06:56
歌:加藤登紀子 作詞:喜納昌吉 作曲:喜納昌吉 川は流れて どこどこ行くの 人も流れて どこどこ行くの そんな流れが つくころには 花として 花として 咲かせてあげたい 泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ 涙流れて どこどこ行くの 愛も流れて どこどこ行くの そんな流れを このむねに 花として 花として むかえてあげたい 泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ 泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ 花は花として 笑いも

加藤登紀子 百万本のバラ歌词

05/04 15:32
歌:加藤登紀子 作詞:VOZNESENSKIJ ANDREJ ANDREEVICH 作曲:PAULS RAIMONDS 小さな家とキャンバス 他には何もない 貧しい絵かきが女優に恋をした 大好きなあの人に バラの花をあげたい ある日街中の バラを買いました 百万本のバラの花を あなたに あなたに あなたにあげる 窓から 窓から 見える広場を 真っ赤なバラで うめつくして ある朝彼女は 真っ赤なバラの海をみて どこかのお金持ちが ふざけたのだとおもった 小さな家とキャンバス すべてを売ってバラの花

加藤登紀子 そこには風が吹いていた歌词

02/23 20:40
歌:加藤登紀子 作詞:加藤登紀子 作曲:加藤登紀子 そこには風が吹いていた たえまなく音をたてて 遠い昔の物語が 語りかけてくるこの街に 古い上着を脱ぎ捨てるように 急ぎ足で歩いてきた 大切な過去たちを どこかに置き去りにしたままで 獲物を追いかける 狼のように 走り続けてる時だけ 生きてると感じてた どうして泣けてくるんだろう まだ旅の途中なのに 探し続けた星たちが 砂粒のようにみえてくるよ 思い出を禁じられた 孤独な亡骸のように 美しいこの街を 今一人で歩いているよ 忘れられた石畳に 咲きこ

加藤登紀子 風に吹かれていたら歌词

02/15 14:41
加藤登紀子 風に吹かれていたら 作詞:加藤登紀子 作曲:加藤登紀子 風に吹かれていたら 何も云えなくなって 一日中じっと座っていた 風に吹かれていたら とても淋しくなって 誰もいないところへ 行ってしまいたくなった 風に吹かれていたら 死んでしまった人の 口笛がすぐそこに 聞こえてきた 風に吹かれていたら 何も出来なくなって きっといつか何処かで 犬ころみたいに死ぬだろう 专辑:どこにいても私 歌手:加藤登紀子 歌曲:風に吹かれていたら

加藤登紀子 ひとり寝の子守唄歌词

05/24 22:05
ひとり寝の子守唄 作詞:加藤登紀子 作曲:加藤登紀子 ひとりで寝る時にはよォー ひざっ小僧が寒かろう おなごを抱くように あたためておやりよ ひとりで寝る時にはよォー 天井のねずみが 歌ってくれるだろう いっしよに歌えるよ ひとりで寝る時にはよォー もみがら枕を 想い出がぬらすだろう 人恋しさに ひとりで寝る時にはよォー 浮気な夜風が トントン戸をたたき お前を呼ぶだろう ひとりで寝る時にはよォー 夜明けの青さが 教えてくれるだろう 一人者(ひとりもん)もいいもんだと ひとりで寝る時にはよォー

加藤登紀子 ANAK(息子)歌词

08/08 00:44
歌:加藤登紀子 作詞:AGUILAR FERDINAND P FREDDIE 作曲:AGUILAR FREDDIE 母の胸に抱かれて おまえは生まれた 喜びの朝をはこんで 寝顔を見つめるだけで うれしさがあふれる 父はおまえの明日を祈った 夜には母さんがねむりもせずミルクをあたためた 朝には父さんがおまえを抱きあげてあやしてた おまえは大きくなり気ままな自由を求めた 母はとまどうばかり 日に日に気むずかしく変わってゆくおまえは 話を聞いてもくれない 嵐の吹き荒れる夜におまえは突然出て行く おまえ