歌ってみた 星空に願いを込めて歌词


星空に願いを込めて ~Good Night~

作詞:tomoP
作曲:tomoP
編曲:tomoP
唄:初音ミク
翻譯:raku
by:CHHKKE

夜空流れる/在夜空流閃過
一筋の光に願いを込める/一道光芒裡把願望集中注入
そんな夢/那般的夢
信じてた頃に/能回到曾經相信著的時代的話
戻れたら楽になれるかな/就輕鬆簡單吧
時が過ぎゆき/時間慢慢走過
季節が変わるたび/每次轉變季節的時份
君との日々を/伴您一起的日子
少しずつ忘れ始めてる/開始逐少逐少忘記
思い出を失う 切ない/失去回憶 難受痛苦
君がこの場にいたこと 忘れない/您曾在這個地方這事實 不會忘記
ただ 過ぎ去る時間は長すぎて/只是 流走逝去的時間太過於長久
もう 蜃気楼のように薄れゆく日々/已經 如像海市蜃樓般漸薄的日子
忘れてしまっていいのかな/把完全忘卻掉都可以吧

君がいない 届かない声/您不在這 傳遞不到的聲音
あれから積み重ねて/在那時候開始堆積起來
一人で過ごす日々も/獨一個兒地過日子也
少しずつ慣れた/漸漸逐少習慣了
涙はもう流さないけど/淚水雖然已經不再流
まだ笑顔にはなれない/但依然未能展露笑臉
振り返る毎日に/因為回首看過去每天
明日は見えないから/而沒有看得見明天

...music...

星空の下/星空的底下
君がくれた言葉が懐かしくて/懷念思慕您贈與我的話語
目を閉じて/閉合起眼睛
よみがえる記憶/喚醒記憶
始まりはそこからだったよね/開端就是那時開始吧
見上げれば あのときと同じ夜空/抬起頭仰望 與那時同樣的夜空
ただ 君だけそこにいない夜/只是 只欠您不在那兒的夜晚
星たちの輝きは あの日のままで/群星的閃耀光輝 還是那天的原本一樣
私を今でも 照らしてる/如今依舊還是 照耀著我

記憶の海 泳ぎ続けても/記憶之海 即使繼續泳下去
心癒されない/亦不治癒心靈
見えるのは幻で/看得見的只是虛幻假象
君に触れられない/無法觸碰您
どんなときも どんなときでも/什麼時候都 在什麼時候亦都
いつも君はそこにいた/您都總曾是在那處
少しずつ溶けてゆく/開始逐少逐少溶化
記憶の欠片の君/記憶之碎片的您

流れる星を見つめながら/一直凝視注看著流星
願いをそっとつぶやく/一邊細聲輕輕悄訴願望
歩き出したいと/說著想要踏出步

眠りにつく君との/長眠的您伴隨及
始まりのこの場所で伝えたい/想在開端的這個地點傳遞
私には明日がある/對我來說還是有明天
歩き出さなきゃね/不得不踏上步呢
さよならはもう悲しすぎるから/說再見永別也太過於悲傷
最後はこの言葉を/所以最後用這話語
君と逢えてよかった/能遇上您真太好了
もう逃げないよ だから/已經不會逃避了啊 請所以
…Good Night

-END-

  • 专辑:Starry Sky
  • 歌手:歌ってみた
  • 歌曲:星空に願いを込めて

歌ってみた 星空に願いを込めて歌词

相关歌词

山田涼介 銀の世界に願いを込めて歌词

08/05 22:52
さよなら言えない 夢みたいな二人の時間 真っ赤なタワーがあの公園のベンチから見えるんだ 一緒にいれる囲われた世界は スノードームみたいに 綺麗で儚く過ぎてく 好きだよ 願い込めて ぎゅっと その手 握りかえした瞬間 真冬の冷たい夜空の下 ほら 雪が舞い降りて きっとすぐ また逢いたくなるから 僕はその願い込めながら 色づく銀の景色に見とれた 君のおでこに 雪にまぎれ そっとキスした わずかに震えた唇 耳元に来て 世界で僕しか聴こえないような声で伝えてくれた あの日芽生えた愛が僕ら二人 きっと強く

葉月ゆら 願い唄歌词

04/30 10:23
願い唄 小さな言葉 繋ぐぬくもり 大丈夫だよと微笑みくれた 想い出すのはあの日の自分 歩く方向さえ見つからず 過去を悔いてみても 取り戻せない 今はね 君がいる 少し幸せを探そう 明日を越える希望をありがとう 夢をありがとう 愛の意味など解らなくて 唯. 全てを諦めてた 沢山の想いを込めて 君に歌います 君が悲しい時は囁き 君が嬉しいなら笑いたい 幾つもの道 幾つもの壁 無理はしないでと言いたいけど 涙流す夜は空を見上げて 月はどんな時も優しく見つめているよ 心が重く傷が深すぎて 潰されそうなら

歌ってみた 夏恋花火歌词

12/14 20:02
押し潰されそうな人ごみ 見失いそうで不安になるけど 足早に歩くあなたの背中 追いかけることが精一杯で キラキラ光りだす空 湧き上がる歓声 ふと触れた右手が熱くなってく 夜空に浮かぶ残像に 願いを込めた花火 儚げなその光を祈るように見上げた 誰にも聞こえぬ声で呟いた 「消えないで」 そっと.あなたと手を重ねた 場所に宿る光 着慣れない浴衣姿も 繋いだままのこの右手も いつもより近いふたりの距離が 恥ずかしくなってうつむいていた ヒラヒラ舞い散る花 消えてゆく閃光 届くような気がして 手を伸ばすけど

少女病 雨に歌う譚詩曲歌词

01/14 07:35
雨に歌う譚詩曲 作詞:門司 作曲:中沢伴行 編曲:中沢伴行 歌:茶太,佳織みちる 冷たい 光の瀬 さまよう 記憶の日よ 空ゆく あの詩は こころに微笑むよ 春を夢見た 幾年月の 雨がすすぐように[いつか交わした] 夕さり遙か 名残の空に 忘れない[忘れない] 君をさがした 生きること それだけを 確かめてる いくつもの未来を[僕らは] 明日へ描く 降りそそぐ 悲しみを 受け止めたら 雨上がりの虹を[希望を] 願い振り返る 始まる譚詩曲(バラード)の 奏でる空の高み ふたりのあの詩は 今も続いてる

大竹佑季 願い星歌词

01/26 06:45
壊(こわ)れそうで 大切(たいせつ)すぎて触(さわ)れなかった 快要坏掉了 太珍贵而不能触碰 忘(わす)れないよ 星(ほし)に愿(ねが)いを 不要忘了呀 向星星许下的愿望 教室(きょうしつ)の隅(すみ)にはいつも不思议(ふしぎ)箱(ばこ) 教室的角落里总是有个不可思议的箱子 谁(だれ)にも见(み)せないし いつも见(み)ないふり 平时都是谁都看不到的样子 初(はじ)めて送(おく)ってもらった星(ほし)の夜(よる) 星空下第一次送出的 あの果実(かじつ)も まだ食(た)べてないけど 那个果实仍然还

蒼井翔太 願い星歌词

08/24 08:39
僕の全てだけじゃ 足りないんだ たぶん 切りすぎた爪 痛いくらい ぎゅっと 手を握った 君を想うだけで 胸に閉じ込めてた 数え切れない 気持ちが今 空に昇ってく 消えそうな 星が見えるよ 君の視線 たどった 右の肩と左の肩 離れないように並んでる 違う願い 同じ切なさで 伝えたくて 届かなくて 声にはならない言葉を 僕は抱きしめているよ 星空の下で 川を渡ってくる 風の中 かすかに どこからか 遠い街の花火 音だけ聴こえた 笑わせようとして はしゃいでみせだけど 君は本当は 泣きたかったの 分っ

歌ってみた 歌「呼吸」歌词

04/29 04:24
重い腰上げられない君 その焦燥感を誰も知らない 口に出すことさえ諦めて ただ消費するだけの日々 怠惰に過ごす今日 やり直せない過去に埋もれてく 脆弱な魂 飲み込むのはもうやめてくれ 腹ん中は空気でいっぱい 君の心を圧迫する その一言を 願望を 外に出してくれ 感情押し殺して 息さえも飲み込んで 嗚呼上手く鳴けないよ 抜け出したい 動きたくない 縫いとめられた影 その針を打ったのは いつかの自分自身じゃないか やめにしないか? 本当に欲しいものから目をそらすのは 出口はどこだ 暗くて長いトンネル

I've 雨に歌う譚詩曲歌词

06/24 07:47
雨に歌う譚詩曲 作詞:門司 作曲:中沢伴行 編曲:中沢伴行 唄:Healing Leaf 冷たい 光の瀬 さまよう 記憶の日よ 空ゆく あの詩は こころに微笑むよ 春を夢見た 幾年月の 雨がすすぐように[いつか交わした] 夕さり遙か 名残の空に 忘れない[忘れない] 君をさがした 生きること それだけを 確かめてる いくつもの未来を[僕らは] 明日へ描く 降りそそぐ 悲しみを 受け止めたら 雨上がりの虹を[希望を] 願い振り返る 始まる譚詩曲(バラード)の 奏でる空の高み ふたりのあの詩は 今も

歌ってみた 迷子の僕に歌词

09/21 03:15
呗:GUMI(Power) 生まれた街が嫌いだった /我討厭我出生的這條街道 退屈な日々が嫌いだった /我討厭乏味的每一天 壊れて止まった时计の针に /我討厭連壞掉而停止走動的時針 気付かない人が嫌いだった /也沒注意到的人 上辺の言叶が嫌いだった /我討厭虛有其表的話語 误魔化しの嘘が嫌いだった/我討厭騙人的謊言 その奥で丑くとぐろ巻いた /我討厭刺痛別人 本音はもっと嫌いだった /醜陋傷口的真心話 そんな风にしてすべて呪った /就像是這樣對一切都給予詛咒 自分が何より嫌いでさ /對這樣的自己