NO NAME 虹の列車歌词


虹の列車

作詞 秋元康 
作曲 藤本貴則
編曲 野中“まさ”雄一

風の駅で待ってる陽射し
空を渡る雲の線路
僕は時計をチラリ眺めて
そっと深呼吸したんだ

君は「行くな」と引き止められてるのか?
愛を振り切れるか?

虹の列車が時刻通りに
夢に向かって出発するよ
君と一緒に旅立ちたいんだ
すべて捨ててやって来い!

同じ土地で生きていたら
当たり前の今しか見えず
遥か彼方 目指しながら
世界 広いねって気づこう

君は未来へ行ってみたくないのか?
過去にしがみつくか?

虹の列車に乗り遅れるな
次がいつかは知らされてない
やがて僕らは何かを手に入れ
いつかここに戻るだろう

今 ようやく君が間に合った
走り出せば何か始まる
七色(なないろ)の架け橋

虹の列車が時刻通りに
夢に向かって出発するよ
君と一緒に旅立ちたいんだ
すべて捨ててやって来い!

  • 专辑:希望について
  • 歌手:NO NAME
  • 歌曲:虹の列車

NO NAME 虹の列車歌词

相关歌词

馬場俊英 人生という名の列車歌词

11/04 22:59
人生という名の列車 作詞:馬場俊英 作曲:馬場俊英 人生という名の列車が走る 時代という名のいくつもの街を行く ヒロシは負け組みで タカシは勝ち組 優子は負け犬で 直美は捨て犬さ ああ 雨の日も嵐も曇りもあるけれど ああ ふぞろいの僕らはとにかく旅をした とある病院の分娩室に 始発のベルが鳴り響き 列車が動き出した あれは 昭和四十二年 人生という名の列車が走り ある土曜日の夜に辿り着いた街はブラウン管の中に 改札を抜けるとそこはお茶の間で 8時ちょうど 全員が集合 みんなでオイース! 「タライ

LGMonkees 未来列車歌词

09/14 21:55
歌:LGMonkees 作詞:山猿 作曲:HIRO from LGYankees 町はまだ眠ったままで 何もしらないこの町に最後のごあいさつ 遠くで遠くの方でニコッと笑う 月が僕の背中を押してくれてるみたいだ このままジッとしてたって きっとなにも変わらなくって あのままの弱い僕じゃ また人のせいにしちゃうよ 首からぶら下げたこのチッポケなプライドと 一緒にこの町を離れる事にした 君に行くと告げた日から僕は少し大人び 揺らぎ 迷い うつむいたままの僕はもう居ない 首をかしげたまま走る未来の列車は

ムック 最終列車歌词

01/07 09:58
最終列車 噎せ返る午後の日差しを 避けるように仆等は歩いた 人ゴミに紛れた交差點 逸れぬよう 裾をつかむ君 仆達は正反対で 磁石のように魅かれあっていた 気が付けば君に依存してばかりで いつの間にかダメになってたよ Ah 風は色づいて めぐりめぐる季節の中で 仆は何かを 見失ってしまったから 星月夜空に 走り出す最終列車 小さなカバン一つだけ 抱えて乗り込んだ仆 さよなら さよなら 列車は星を擦り抜ける あなたの眠る街并背に 遠ざかる仆をのせて Ah 長い時間を 旅して迷子になっただけさ さあ.

熊木杏里 時の列車歌词

03/02 12:51
旅の先で 会いたい ちがう私と明日に 迎えてくれる場所は いつも新しい香り ゆれる日ざし 胸に入れて 笑顔の花を持ち帰ろう 昨日の糸と 今日の糸が きっと結ばれた出会い また行こうね またどこかで 会いましょうね その時まで 私らしく日々を過ごす 時の列車は いつでも 夢の先へ 行きたい いつかあこがれ見ていた 大人になってみても それは新しい扉 ゆれる心 開け放して 今日だけのことを探しにゆこう 見たことのない空が始まってゆく 戻れるよ 私に 手をつないで さぁ帰ろう 切符はもうあるんだから

服部浩子 涙の終列車歌词

01/22 15:13
歌:服部浩子 作詞:建石一 作曲:聖川湧 愛の 愛の迷いを たち切れと 隣のホームで ベルが鳴る 許してね 許して 女ごころの わがままを ひとり旅路を のりかえる あゝ 涙の 終列車 降りる 降りるつもりの あの町が 遠くなります 時刻表 バカなのね バカなの 胸にすがれば いいものを みれん汽笛が 泣きじゃくる あゝ 涙の 終列車 きっと きっとあなたは 約束の 駅で私を 待っている わかってね わかって 悪い男には したくない あかい唇 かみしめる あゝ 涙の 終列車 专辑:服部浩子 全曲

多岐川舞子 海峡終列車歌词

02/07 16:39
歌:多岐川舞子 作詞:かず翼 作曲:岡千秋 風に舞い散る 粉雪が まつげで溶けて 涙をさそう つれて行ってと すがった胸に 遠い海鳴り 聞くなんて- バカね未練ごごろが 凍りつく 愛はまぼろし 海峡終列車 ベルが急かせて 閉まるドア ふるえる指が あなたをなぞる 明日へ着けない 真冬の駅に ひとり残して 行かないで- バカね後ろ姿の 夢なのに 時刻(とき)を止めたい 海峡終列車 海に消えてく 窓灯り 思わず走る プラットホーム 呼んで戻らぬ ぬくもりならば いっそ知らずに いたかった- バカね女

三橋美智也 哀愁列車歌词

05/12 20:17
歌:三橋美智也 作詞:横井 弘 作曲:鎌多 俊與 惚れて 惚れて 惚れていながら 行くおれに 旅をせかせる ベルの音 つらいホームに 来は来たが 未練心に つまづいて 落す涙の 哀愁列車 燃えて 燃えて 燃えて過ごした 湯の宿に うしろ髪ひく 灯(ひ)がひとつ こよい逢瀬を 待ちわびる 君のしあわせ 祈りつつ 旅にのがれる 哀愁列車 泣いて 泣いて 泣いているのを 知らぬげに 窓はふたりを 遠くする こらえきれずに 見返れば すがるせつない 瞳(め)のような 星が飛ぶ飛ぶ 哀愁列車 专辑:三橋美

eufonius 虹の電車歌词

06/07 08:42
弾け出す水玉 光の予報 不思議だらけの日々 二人で繋げよう 君だけに見せたいんだ 探してた空模様 この螺子を巻いたら ほら 僕達だけの音楽 飛び出して来るから 虹の電車を見つけて どこまでも行こう 小さな箱を手に 君に逢いにゆく 今すぐに逢いにゆく 思い出の真ん中には ビー玉の波模様 この螺子を巻いたら ほら 僕達だけの時間が また動き出すから 虹の電車が走れば 始まりの合図 同じリズム刻み 僕を乗せてゆく ゆっくり進んでゆく 陽だまりはハチミツ色 夢の中似ているね うたた寝の合間に ほら 見え

前川清 雪列車歌词

09/13 03:46
匂うように 笑うように 雪が降る 白い景色 逃げるように 汽車は走る サヨナラが 夢ならば ひき返すけど あの頃が 夢ならば このまま行く あたたかいものを 何かください こころも からだも 寒すぎるので どうぞ 少しばかり 離れた席 恋人たち 無邪気色の ひざかけを かけて眠る なにげなく 髪を切れた 幸せな日は 同じように 雪の日で あなたといた あたたかいひとに もたれていたい ひとりで いたけど 冷えてきたので どうか サヨナラが 夢ならば ひき返すけど あの頃が 夢ならば このまま行く