夏川りみ ずっと、憶えてる 歌词


つぼみが朽ちたよ 突然の雨に
少し咲きかけていた
涙は止まらず流れてくのに
雨はあがっていった

少し 少しずつ
时は过ぎるけど
きみにできること 探せぬまま...

ずっと、忆えている
ずっと、忆えている
あの日の空の色 风の匂いも
みんな、忆えている
全部、忆えている
いつか 话しかけた
きみが见つけた梦も

一绪に歩いた この坂道を
今日も朝日が照らす
ぼくにできるのは
雨を责めること...
それとも许して 生きてくこと...

ずっと、忆えている
ずっと、忆えている
笑い顔も声も 刺さる痛みも
ずっと、つながってる
ずっと、爱している
いつか 胸の中で
花が咲いてゆくまで...

ずっと、忆えている
ずっと、忆えている
あの日の空の色 风の匂いも
みんな、忆えている
全部、忆えている
いつか 话しかけた
きみが见つけた梦も

おわり

  • 专辑:風の道
  • 歌手:夏川りみ
  • 歌曲:ずっと、憶えてる

夏川りみ ずっと、憶えてる  歌词

相关歌词

夏川りみ 茉莉花歌词

01/22 04:04
歌名-茉莉花 歌手-汤灿 专辑-爱的月光 歌词编辑-邀月 ----------------------------------------- 好一朵美丽的茉莉花 好一朵美丽的茉莉花 芬芳美丽满枝桠 又香又白人人夸 我有心把你摘下 送给别人家 茉莉花呀茉莉花 好一朵美丽的茉莉花 好一朵美丽的茉莉花 芬芳美丽满枝桠 又香又白人人夸 我有心把你摘下 送给别人家 茉莉花呀茉莉花 我有心把你摘下 送给别人家 茉莉花呀茉莉花 好一朵美丽的茉莉花 好一朵美丽的茉莉花 芬芳美丽满枝桠 又香又白人人夸 我有心把你

mao 君ノ記憶歌词

08/22 04:57
舞い落ちる花びら[片片飘舞的花瓣] 頬を伝う雫[泪珠顺颊而下] あの日2人で見上げてた[昔日两人观景抒情] 景色に今ただ1人[如今却物是人非] 思い出すのが恐くて[害怕回忆以往] 瞳 心 を閉ざして[因而闭目锁心房] 何度も消そうとしたの[多次想消失人世] その度に あなた溢れた[每逢那时 不禁想起你] ずっと守りたいと願った[心愿守护你直至永远] たとえ傷ついても[哪怕伤痕累累] 誰よりも近くで 見つめていた[也要比谁都接近你 凝视你] 抱きしめた ぬくもりは[相拥的温暖] まだこの手の中に[

松枝賀子 久遠 ~光と波の記憶~歌词

03/10 01:27
纯音乐曲目,敬请欣赏 专辑:PIANO COLLECTION FINAL FANTASY X-2 歌手:松枝賀子 歌曲:久遠 ~光と波の記憶~

日本ACG 久遠~光と波の記憶~歌词

09/12 04:07
暂无 专辑:Final Fantasy X-2 Original Soundtrack 歌手:日本ACG 歌曲:久遠~光と波の記憶~

松たか子 夏の記憶歌词

09/28 23:05
「またね」と手を振って微笑み合ったけど あなたに出会う 季節はもう来ない みんなが呼んでいる みんなで抱き合って 深呼吸して もう一度幕があがる あの眼差しも笑い声さえ すべて止まったままの 夏の記憶 さよならあの日々から ひとり歩き始める 別れの意味はきっと そこにあるはず 言葉じゃ遠すぎて 上手に伝えられない 瞳の奥に 重なる心の地図 好きな色さえ違う僕らが 一緒に見てた夢を 抱いて行こう 眩しい光りの中 あの歓声の中へ ひとつになれたものが ここにあるよ うれしいことは もっと広がる 奇跡

日本ACG 天国の記憶歌词

03/27 06:50
だれか どこか 激(はげ)しく 惹(ひ)かれて めぐり逢(あ)ってしまう ときを止(と)めたとけい 巻(ま)きもどすみたいに うんめいがうごく 忘(わす)れられるためだけ 名前(なまえ)を持(も)つすべては うつつをあそぶけど あなたの手(て)の温(ぬく)もり ただ生まれる前(まえ)からおぼえていた 私(わたし)はなぜ切(せつ)なくて いつか 何(なに)か 二人(ふたり)は変(か)わるの とおい日々(ひび)の果(は)てに 幸(しあわ)せのうらには 悲(かな)しみが隠(かく)れて 微笑(ほほえ)み

竹井詩織里 追憶 歌词

03/16 12:58
窓の外は今日も同じ 軋むレール.ゆるいリズム 海が線路に近づき 雲から 日が射し 空とぼやける ユラリ揺れ 触れた指 離さぬように 強く握った 変わっていく季節に 途方に暮れて 君の口からもっと聞かせて好きなんだと 口癖みたいせがんだ その言葉のかけら 心で光る 今はどうしているのか 知りもしないけれど どんな恋をしても ふいに君を思うだろう フワリ揺れ 切なくて 離れるように その手を振った 変わっていく季節は ただ流されて 二人通った店はあの日のすがたのまま こぼした愚痴にも応えてくれた君

夏川りみ おぼろ月夜歌词

11/06 03:41
「おぼろ月夜」 作詞∶高野辰之 作曲∶岡野貞一 歌∶夏川りみ 菜の花畠に 入日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし 春風そよふく 空を見れば 夕月かかりて におい淡し 里わの火影も 森の色も 田中の小路を たどる人も 蛙のなくねも かねの音も さながら霞める おぼろ月夜 蛙のなくねも かねの音も さながら霞める おぼろ月夜 专辑:ぬちぐすい みみぐすい 歌手:夏川りみ 歌曲:おぼろ月夜

See-Saw 記憶歌词

09/04 20:12
きっと最後はここに帰って来ると思う 世界の始まりを二人で見ていた 一度だけその場所に確かに届いたから この手を離しても怖くはないの 二度と 空っぽの身体に降り積もってゆく記憶 私を少しずつ作って満たして そんな風に人は人の形になるの 忘れたくない想い心に重ねて 何処まで遠く行く時にも 私はここに君の中に 君を導く星のように ずっといるわ 君を離れて行く時にも 胸に刻んだあの場所へと 私はきっと帰れるから 振り向かずに行くわ 空っぽだった胸に愛という名の記憶 君が甘く苦く注いでくれた 一度だけ君の