absorb 桜ノ雨 -standard edit-歌词


それぞれの场(ば)所(しょ)へ旅(たび)立(だ)っても
友(とも)达(だち)だ 闻(き)くまでもないじゃん
十(じゅう)人(にん)十(と)色(いろ)に辉(かがや)いた日(ひ)々(び)が
胸(むね)张(は)れと背(せ)中(なか)押(お)す

土(つち)埃(ぼこり)上(あ)げ竞(きそ)った校(こう)庭(てい)
穷(きゅう)屈(くつ)で着(き)くずした制(せい)服(ふく)
机(つくえ)の上(うえ)に书(か)いた落(らく)书(が)き
どれもこれも仆(ぼく)らの证(あかし)

白(はく)纸(し)の答(とう)辞(じ)には伝(つた)え切(き)れない
思(おも)い出(で)の数(かず)だけ涙(なみだ)が渗(にじ)む
幼(おさな)くて伤(きず)つけもした
仆(ぼく)らは少(すこ)しくらい大人(おとな)に成(な)れたのかな

教(きょう)室(しつ)の窓(まど)から桜(さくら)ノ雨(あめ)
ふわりてのひら心(こころ)に寄(よ)せた
みんな集(あつ)めて出(で)来(き)た花(はな)束(たば)を
空(そら)に放(はな)とう
忘(わす)れないで
今(いま)はまだ小(ちい)さな花弁(はなびら)だといても
仆(ぼく)らはひとりじゃない

下(げ)駄(た)箱(ばこ)で见(み)つけた恋(こい)の実(み)
廊(ろう)下(か)で零(こぼ)した不(ふ)平(へい)不(ふ)満(まん)
屋(おく)上(じょう)で手(た)缲(ぐ)り描(か)いた未(み)来(らい)図(ず)
どれもこれも仆(ぼく)らの证(あかし)

卒(そつ)业(ぎょう)证(しょう)书(しょ)には书(か)いてないけど
人(ひと)を信(しん)じ
人(ひと)を爱(あい)して学(まな)んだ
泣(な)き 笑(わら)い 喜(よろこ)び 怒(いか)り
仆(ぼく)らみたいに青(あお)く
青(あお)く晴(は)れ渡(わた)る空(そら)

教(きょう)室(しつ)の窓(まど)から桜(さくら)ノ虹(にじ)
ゆめのひとひら胸(むね)奋(ふる)わせた
出(で)逢(あ)いの为(ため)の别(わか)れと信(しん)じて
手(て)を振(ふ)り返(かえ)そう
忘(わす)れないで
いつかまた 大(おお)きな花弁(はなびら)を咲(さ)かせ
仆(ぼく)らはここで逢(あ)おう

几(いく)千(せん)の学(まな)び舎(や)のなかで
仆(ぼく)らが巡(めぐ)り逢(あ)えた奇(き)迹(せき)
几(いく)つ歳(とし)をとっても変(か)わらないで
その优(やさ)しい笑(え)颜(がお)

教(きょう)室(しつ)の窓(まど)から桜(さくら)ノ雨(あめ)
ふわりてのひら
心(こころ)に寄(よ)せた
みんな集(あつ)めて出(で)来(き)た花(はな)束(たば)を
空(そら)に放(はな)とう忘(わす)れないで
今(いま)はまだ小(ちい)さな花弁(はなびら)だとしても
仆(ぼく)らはひとりじゃない
いつかまた 大(おお)きな花弁(はなびら)を咲(さ)かせ
仆(ぼく)らはここで逢(あ)おう

No matter how hard it hurts me
I'll never say good bye
Your presence will always linger inmy heart
…wannasee your smile again

就算我们将会各奔前程也无妨
我绝不会把我们的友情给遗忘
大家一起相处的那段青春时光
使我充满自信抬头挺胸向前望

总是尘土飞扬热情激荡的操场
直到现在再也穿不下的制服上
书桌还有上课所留下的大片涂鸦
这些全部都是我们留下的过往

毕业册上所写的道别话 无法道尽的感伤
脑中满满回忆轻易让 泪水浸湿了眼眶
青春岁月中 虽然受过不少伤
却让我们逐渐的成长 就算是微不足道的地方

教室的窗口旁向外仰望如雨的樱花
轻轻飘落到手掌 勾起曾经的景象
将大家一起收集而成的那一大束花
抛到天空的彼方
我绝对不会忘
虽然我现在 只不过像是小小的花瓣一样
却有你们陪在我身旁

期待抽屉里能找到恋爱的光芒
在走廊发泄满腹的牢骚与不爽
躺在屋顶编织著自己未来的梦想
这些全部都是我们留下的过往

虽然这在毕业证书上 一个字都不会讲
我已经从这学会信赖 学会爱人的方法
伤心和失望 还有开心的脸庞
青涩彷佛像我们一样 蔚蓝又晴空万里的穹苍

教室的窗口旁向外仰望缤纷的樱花
就像一片片梦想 让我们挺起胸膛
相信别离一定是为了以后能再来往 挥手道别时心想
我绝对不会忘
不知不觉中 当初的小花瓣已经恣意绽放
彼此回到相识的地方

好几千间中 截然不同的学校里
我们能相逢 是不可思议的奇迹
就算随著时光岁数增长依然不会变
你那无比温柔的笑脸

教室的窗口旁向外仰望如雨的樱花
轻轻飘落到手掌 勾起曾经的景象
将大家一起收集而成的那一大束花
抛到天空的彼方
我绝对不会忘
虽然我现在 只不过像是小小的花瓣一样
却有你们陪在我身旁
不知不觉中 当初的小花瓣已恣意绽放
彼此回到相识的地方

No matter how hard it hurts me. (不管伤害了我多深)
I'll never say good bye. (我都不会轻易说出“再见”)
Your presence will always linger (你的身影总是留在)
in my heart. (我的心中)
...wanna see your smile again. (...好想再一次看到你的微笑)

  • 专辑:桜ノ雨
  • 歌手:absorb
  • 歌曲:桜ノ雨 -standard edit-

absorb 桜ノ雨 -standard edit-歌词

相关歌词

absorb 桜ノ雨歌词

07/25 01:23
桜ノ雨 作詞:halyosy 作曲:halyosy 編曲:is/halyosy(absorb) 英詩協力:iso&his friends 唄:absorb feat.初音ミク それぞれの場所へ旅立っても /就算我们将会各奔前程也无妨 友達だ 聞くまでもないじゃん /我绝不会把我们的友情给遗忘 十人十色に輝いた 日々が /大家一起相处的那段青春时光 胸張れと背中押す /使我充满自信抬头挺胸向前望 土埃上げ競った校庭 /总是尘土飞扬热情激荡的操场 窮屈で着くずした制服 /直到现在再也穿不下的制服上

VOCALOID 桜ノ雨歌词

09/19 10:14
桜ノ雨 作詞&作曲:halyosy(森晴義) 編曲:absorb 歌:absorb feat.初音ミク それぞれの場所へ旅立っても 友達だ 聞くまでもないじゃん 十人十色に輝いた 日々が 胸張れと背中押す 土埃上げ競った校庭 窮屈で着くずした制服 机の上に書いた落書き どれもこれも僕らの証し 白紙の答辞には伝え切れない 思い出の数だけ涙が滲む 幼くて傷付けもした 僕らは少しくらい 大人に成れたのかな 教室の窓から桜ノ雨 ふわりてのひら 心に寄せた みんな集めて出来た花束を 空に放とう 忘れないで

松たか子 桜の雨、いつか歌词

10/06 02:58
ti:桜の雨.いつか(何时会有樱花雨)(日文.罗马拼音与中文对照)] 樱の雨.いつか 何时会有樱花雨 相亲结婚片尾曲 日.英.中对照 By:Baul 春の光につ包まれたままで Harunohikarinitsuzumaretamamade 春光拥抱我 一人息をひそめ泣いていた Hitoriikiwohisomenaiteita 独自一人隐隐啜泣 さようならも言えずに Sayounaramoiezuni 没有一句告别的话 离れたあの人の面影が何故か Hanaretaanohitonoomokage

三澤秋 桜雨降る歌词

08/22 10:32
風に香る桜 花びらを連れて あなたの上に降る 見えない雨粒 それは 春の嵐 うすい手のひらから涙をこぼして あの子は泣いていたの? あなたに降る雨が 冷たくなければいい あなたを包み込む やさしい桜の雨ならば なすすべ無いまま 見送る背中はただ 静かに進んでゆく ひとりの旅路を迷わない眼で 夜に香る花に 記憶をたどれば 時の向こう岸へさらわれてしまう それは 春の嵐 高く花天井 見上げる横顔 願いはひとつだけで あなたに降る雨が 冷たくなければいい あなたを包み込む やさしい桜の雨ならば 祈るよ

JUJU 桜雨歌词

11/30 18:31
ふたりで歩いた 川べりの道を ひとりで歩く 三年ぶりに すこし速すぎる わたしの背中を きみの口笛 追いかけてたね 色づく街並みと ざわめく人たちが この季節を告げるよ (It's spring!) ここに来れば 会える気がした 何も知らなかったふたりに 桜を濡らす やさしい雨が 私の頬を伝わってゆく どうかこのまま 降りやまないで 涙がかわくまでは もう少し この雨に打たれていたくて あの頃はいつも 何かに傷つき 消えない痛みで 不安ごまかした 見えない未来と 目の前のきみを 心のなかで 並べ

Sona 桜雨 歌词

10/19 05:21
sona 桜雨 作词:kaede 作曲:松下典由 运命の いたずらに 切なさを 隠せない 心模様 优しさと强がりが 违うこと知らずに伤つけてた 伞に隠れ ぎゅっと抱きしめた 溢れだすよ とめられぬ想いが 神様がいるのなら お愿い この瞬间 雨音でふたり 离さないで 逢いたくて逢えなくて 何度も伝えたかった "きっと 出逢えてよかった" 今もずっと 鲜やかに覚えてる 出逢った日の 景色やにおい 穏やかな その瞳 その奥の 强さに惹かれてた 爱の形 ずっと探してた- 时の流れは 儚い梦のよ

中孝介 桜ノ雨歌词

10/25 00:03
それぞれの場所へ旅立っても 友達だ 聞くまでもないじゃん 十人十色に輝いた日々が 胸張れと背中押す 土埃上げ競った校庭 窮屈で着くずした制服 机の上に書いた落書き どれもこれも僕らの証し 白紙の答辞には伝え切れない 思い出の数だけ涙が滲む 幼くて傷付けもした 僕らは少し位大人に成れたのかな 教室の窓から桜ノ雨 ふわりてのひら 心に寄せた みんな集めて出来た花束を 空に放とう 忘れないで 今はまだ- 小さな花弁だとしても 僕らは一人じゃない 下駄箱で見つけた恋の実 廊下で零した不平不満 屋上で手繰

イトヲカシ 桜ノ雨歌词

04/01 15:52
それぞれの场所へ旅立って 就算我们将会各奔前程也无妨 友达だ 闻くまでもないじゃん 我绝不会把我们的友情给遗忘 十人十色に辉いた日々が 大家一起相处的那段青春时光 胸张れと背中押す 使我充满自信抬头挺胸向前望 土埃上げ竞った校庭 总是尘土飞扬热情激荡的操场 穷屈で着くずした制服 直到现在再也穿不下的制服上 机の上に书いた落书き 书桌还有上课所留下的大片涂鸦 どれもこれも仆らの证 这些全部都是我们留下的过往 白纸の答辞には伝え切れない 思い出の数だけ涙が渗む 毕业册上所写的道别话 无法道尽的感伤

松たか子 桜の雨,いつか歌词

10/30 13:32
春の光に包まれたままで 一人息をひそめ泣いていた さよならも言えずに 離れたあの人の面影が何故か 蘇る 何もしてあげられなかったのに いつも見守ってくれていたこと 伝えたかったのに あなたはもう何も答えてくれない 遠い人 ありがとうって言ったら 永遠にさよならになる 果てしないこの旅で どこかでいつか会おう もっと色んなこと話したかった いつか叶うものと思っていた 安らかな寝顔に そっと触れたくちびるにこぼれてゆく 涙が 桜の雨になる 夢が今虹をかけてく あなたは空を行く 私を一人にして 永遠の