池田輝郎 人生みなと歌词


枯葉ひとひら 音もなく
転げる路地の こぼれ灯(び)づたい
涙ほろほろ 人生みなと
言葉忘れて 呑む人の
肩が寂(さみ)しい 縄のれん

遠い汽笛が この胸の
思いをつれて 故郷(こきょう)へ帰る
吐息とまり木 人生みなと
供花(はな)も今さら いらないと
窓にあの娘(こ)の 流れ星

死ぬも生きるも 浮世なら
さだめのままに 流れていたい
命ゆらゆら 人生みなと
酔うてひととき うたた寝の
海に漂う はぐれ舟

  • 专辑:人生みなと
  • 歌手:池田輝郎
  • 歌曲:人生みなと

池田輝郎 人生みなと歌词

相关歌词

池田輝郎 男の誠歌词

02/11 07:17
池田輝郎 男の誠 作詞:関口義明 作曲:水森英夫 野辺に咲いてる 花よりも 心きれいな 女(ひと)だった 目には見えない 男の誠 離れても- 君にささげて 人生(たび)をゆく 肩をふるわせ 泣く声が とぎれとぎれに 風の中 時が経つほど 思いがつのる 幸せか- 君が好きだよ 今もなお 星が流れて 消えるまで 祈る願いが 叶(かな)うなら 夢をつむいだ あの日よ帰れ 離れても- 君に逢いたい もういちど 专辑:湯の町哀歌 歌手:池田輝郎 歌曲:男の誠

池田輝郎 湯の町哀歌歌词

04/01 19:14
いで湯銀座の 銀の字が ひと文字欠けた 灯(ひ)がともる 人のうわさの 細糸を たぐり寄せれば その先の きみは湯けむり かくれ花 酒にやつれた 横顔の 白さにつのる いとおしさ 今も住むのか この町に 寝ものがたりの つれづれに 夢が欲しいと 泣いた女(ひと) 橋のたもとで 名を呼べば 山鳥啼(な)いて 闇にとぶ 逢えば別れが 辛いから ひとり帰ろう 濡れながら きみの面影 背に捨てて 专辑:湯の町哀歌 歌手:池田輝郎 歌曲:湯の町哀歌

池田綾子 足音歌词

10/02 08:14
人はなぜに巡り合い 手と手結ぶのだろう 花のように 風に揺れて 寄り添い合うのだろう 消えてゆく星を潜り 朝日の見える丘へ 東の雲 輝くのを 君と見つめていた 目の前の 朝の光 始まりの合図にして 穏やかに 歩き出した 二人の足音 きっと超えてゆくのだろう 手には持てないほとの 荷物抱え 言葉もない 静か過ぎる夜も 動き出す町を潜り 押し寄せる人波は 涙色の 路地を抜けた 逞しい足取り 両手では抱えきれず 悩んだりつまずいても そのままで ありのままで 確かな足音 信じ合う そんな言葉 眩しくて

池田聡 月の舟歌词

05/04 04:07
もしも涙(なみだ) あふれたら moshimo namida afure tara この胸(むね)に押(お)しあてて kono mune ni oshi ate te 二度(にど)と恋(こい)は 出来(でき)ないと nidoto koi ha deki nai to 自分(じぶん)を憎(にく)まないで jibun o nikuma nai de 思(おも)わず抱(だ)きしめて 镜(かがみ)の様(よう)に omowazu dakishime te kagami no you ni 君(きみ)だけの

池田綾子 Life歌词

12/28 03:01
目を闭じて祈っていた 永远に続く日々を 「闭上眼睛祈祷永远的每日」 部屋中に残っている 记忆の影に何もできず 「房间里残留着记忆的影子 什么也做不成」 Why 叶わないと知り 「why 知道不会实现」 Why 求め合うのだろう 「why 即使如此祈求」 雨に打たれて 涙に濡れて 「雨打在身上,泪湿了脸」 Everything has gone-so I do 守れない爱だってある 「无法守护的爱」 その切なさを力に 「也要用尽力气忍住悲伤」 流した涙が かわくまで 「直到流下的泪都乾涸了为止」

池田綾子 sora歌词

12/17 12:20
過去にならない 深い痛みを 胸に刻んだ ON THAT DAY 遠い空の彼方 消えていった 誓い 立ちつくす私をおいて 変わらず季節が過ぎても 君の響く声 笑顔が今も胸に 空の上から届くならば その手を伸ばして欲しい あなたの元に届くならば 今すぐ瞳を閉じて Ah 初めて知った 大切だった 今も聞こえる PAST DAYS 揺れてにじんだ空 あの日と重なる ふざけてはしゃいだ私を包んだ大きな手 人波の中で今も影を捜して・・ あなたの空を飛べるならば この両手を羽根にかえて 見つめる手のひら 落

織田哲郎 碧いうさぎ歌词

10/07 10:30
碧いうさぎ 歌手:織田哲郎 作詞:牧穂エミ 作曲:織田哲郎 編集:Piccolo あとどれくらい 切(せつ)なくなれば あなたの声(こえ)が聴(き)こえるかしら なにげない言葉(ことば)を瞳(ひとみ)合(あ)わせて ただ静(しず)かに 交(か)わせるだけでいい 他(ほか)にはなんにもいらない 碧(あお)いうさぎ ずっと待(ま)ってる 独(ひと)りきりで震(ふる)えながら 淋(さび)しすぎて 死(し)んでしまうわ 早(はや)く暖(あたた)めて欲(ほ)しい ... あとどれくらい 傷(きず)ついた

池田綾子 旅人歌词

05/30 11:00
地平線に星が消えたら 漂う朝の気配 浅い眠り ぼんやり見てる 静かな部屋に差し込む朝陽 「どこまでできるのだろう...」 誰にも言えない言葉を抱えて いつか花のように 笑える日まで 喜びと別れを繰り返しながら いつか胸の奥に刻んだ誓い 時は流れていく 約束を乗せて 描きたくて広げた紙は 今も真っ白なまま 焦るほどに 遠のく景色 幻になってしまう前に 「どこまでゆけるのだろう...」 小さな言葉を 朝陽が照らしていた 夏の雲のように わき上がる夢 いつか私らしく 空に手を挙げて 「どこまでも行って

池田綾子 ふたつの街で歌词

01/10 12:01
[ti:ふたつの街で] [ar:池田绫子] [al:a light,a life] [offset:0] [00:00.79]ふたつの街で - 池田绫子 [00:02.53]�:池田�子 [00:03.54]曲:池田�子 [00:04.80] [00:24.61]今年も�やかに 街が色を�える [00:34.15] [00:36.60]あの日のように クリスマスの雪が舞う夜 [00:46.03] [00:48.85]今は�う街で �かの瞳に映る [00:58.41] [00:59.39]あなたが