葉月ゆら 十六夜童歌歌词


十六夜童歌
作曲.編曲:Drop
作詞:葉月ゆら

十六夜宵(いざよいよい)昇(のぼ)る月(つき)に 対(つい)の黒兎(うさぎ)
十六的晚上 满天的金平糖 夜空里升起了大月亮

金平糖(こんぺいとう)散(ち)らした空(そら) 跳(は)ね回(まわ)り消(き)えて逝(い)った
成对的黑兔来回跳下跳上 突然就不见 去什么地方

格子戸(こうしど) 陰絵(かげえ)模様(もよう) 囁(ささや)き響(ひび)く古井戸(ふるいど)から
格子门上花纹的模样 低声的 在咏唱 在那古井中回响

誰(だれ)かを呼(よ)ぶ声(こえ)は  首(くび)が欲(ほ)しいと嘆(なげ)いている
就好像在不断哀叹着 这次又 把镰刀 架在谁的脖子上

奇々怪々(ききかいかい) 枝垂(しだ)れ桜 振り舞(ふりま)く屍(しかばね)
在垂下枝条的樱花树旁 有尸体跳舞的怪现象

絢爛(けんらん)な夢(ゆめ)見(み)せつけ 欲(よく)の花(はな) 狂(くる)い咲(さ)き
为了卖弄自己的灿烂梦想 欲望的花朵疯狂地绽放

集(つど)え今宵(こよい)はそら 森(もり)へ 里(さと)へ と百鬼夜行(ひゃっきやこう)
就在今晚森林深处的 某地方 集结的 魑魅魍魉赶夜场

腹鼓(はらつづみ)抱えた古狸(ふるだぬき)と狐(きつね)の舞(まう)も
狸猫敲着圆圆肚子唱 旁边的 小狐狸 跳着舞来帮他忙

命(いのち)無(な)き物(もの)でも 魂(たま)を宿(やど)しいずれ這(は)い出(で)る
就算是没有生命之物 也会有 飘荡的 灵魂附在它身上

繰(く)り返(かえ)す陰(いん)と陽(よう) 理(ことわり)、教(おし)える童歌(わらべうた)
不断轮回着的阴与阳 选择了 用童歌 把那真理来传扬

  • 专辑:宵闇恋想奇譚
  • 歌手:葉月ゆら
  • 歌曲:十六夜童歌

葉月ゆら 十六夜童歌歌词

相关歌词

TAMUSIC 十六夜狂歌歌词

10/14 11:02
[ti:桜風花] [ar:Innocent Key] [al:東方スクール] [by:遠心力] [00:00.19] [00:00.20] [00:00.21] [00:00.22] [00:00.23] [00:00.24] [00:00.25]「十六夜狂歌」 [00:12.50] [00:13.75]見上げた夜空 [00:16.75]遠く流れた日想へど [00:20.75]不死なる命 [00:23.75]永遠(とわ)に逃げられない咎(とが)よ [00:31.75] [00:54.75]妖(あ

森永真由美 十六夜セツナ (Extended Mix)歌词

11/01 04:32
巡り会えた悲しみに 積もる時の端 こぼれ落ちる雫さえ ココロうらはら 行き過ぎる 人の波あなたを探す 伸びる影ひた隠す藍色の恋 交わる光に魅せられて 眩むひと時を覚えてる 五月雨わたしを濡らす夜 ひとり囁いて 巡り会えた悲しみに 積もる時の端 こぼれ落ちる雫さえ ココロうらはら 揺らぐ夜の隙間から 紡ぐ言の葉 風も波も渉りゆく 夢の行く先 目をそらす 鏡越し扉を閉ざす 繰り返し言い聞かす 鈍色の鍵 いつか来る夜にすれ違う 見つめ返すほど遠ざかる 宵闇二人を照らす月 淡く輝いて 巡り会えた悲しみに

河合奈保子 十六夜物語歌词

04/16 13:32
※恋に落ちた 女は月ですか 満ちては欠ける 夢をかさねて 逢いたいから 逢わない あなたへ いざよう 月※ 悲しむ人なら ひとりでいい ためらう心を 隠しきれず迷うなら 一度だけ接吻で 傷をつけて下さい もう誰も愛せないほど抱きしめて ああ 恋が始まる十三夜から 涙を数え 月は移ろい 逢いたくても 逢えない あなたへ いざよう 月 遠くでやさしく 見える波が 切なさの際で 砕け白い華になる 指先で紅をひく やるせなさしずめても 渡れない夢の手前で あなたを想う (※くり返し) 专辑:JAPAN

SaRaSa 十六夜ノ戦渦歌词

06/08 15:29
vocal/坂上なち 途切れ 途切れ 聞こえる 空に舞い散る花 消えゆう想い 揺れる幾つもの影 目覚めたとて闇は終わらぬ 今 光解き放って 手繰り寄せてく煌きがその手に伝ってゆく 遠く果てしない時間の中で 愛する者達は守れるだろうか 迷いなき心で信じ続ければ 輝く明日に変えてゆける 嘆く風が逆巻く 響く激しい寒雷の音が それは人の哀しみ 故に時は続いてゆく 今 照らす その心 抱き寄せたその暖もりがこの手に伝ってゆく 朧夜に瞳を閉じ願いをかけ 十六夜の月 振り解き そっと祈る 惑いなき心を信じ続

葉月ゆら 金魚恋想歌歌词

08/18 12:13
金魚恋想歌 夕闇の影法師 遠く聞こゆわらべ唄 人無き路地をぬけ 灯る牡丹の灯 影に満ちし 白檀の煙 呼びかける 暗闇の 格子の向こうから あなたの哀を 口移しで結びませう その暖かな舌先の 美味なる蜜を絡め 現と夢の 狭間へとおしてくだしゃんせ 伸ばす指を 金魚のように 求むるわたしに 触れて 心移ろいげな 透きの入った指先に 白い胸元から 嫉妬の闇が動く 雀の囀り 不安の音色 独毒への誘いは 永久を求めだす 指をからめて 綾とり遊びをいたしませう 体中を 舌も骨も すべてを絡ませて わたしの指

日本ACG 遙かなる時空の中で3 with十六夜記 愛蔵版~東雲月~ ヴォーカル4::潮騒は生涯の相聞歌に…歌词

04/06 02:50
潮騒は生涯の相聞歌に- 歌:宮田幸季 光る海が 見える丘に そう永眠(ねむ)る 両親(ふたり)へと 君が僕の 大事な女性(ひと)だと言いに来た 君の知らない 僕でしょう 苔(こけ)むす小さな 奥津城(おくつき)に 愛を誓った- ああ 潮騒(しおさい)の相聞歌(そうもんか)よ 寄せては返す波は永遠(とわ)に続く ああ 生涯(しょうがい)を共にゆく 離さない 君は僕の隣(そば)に 僕は君の隣(そば)に ふいに僕の衣(ころも)の中 忍び込み 泣いた君 とても強い 女性(ひと)ほど 幸せに弱くて 僕の知

大川栄策 十六夜月歌词

07/24 04:30
歌:大川栄策 作詞:麻ことみ 作曲:四方章人 そっとうなじに 手をやれば あなたの匂い こぼれます 優しく抱かれた あの夜は 二度とはかなわぬ 夢ですか 女につらい 夜が来て 窓に十六夜(いざよい) こぼれ月 ひとつため息 つくたびに ガラスの窓が 震えます 恋しいあなたの 面影を 忘れるその日は ありますか 心変わりの その理由(わけ)を せめておしえて 夜半の月 痩せた月さえ いつかまた 元の姿に 戻るのに あなたの心が 返る日を 待つのは愚かな ことですか 眠れぬままに 夜が更けて 空に白

田村直美 十六夜の月の下で歌词

12/26 15:54
听かせて更纱の风 最果ての空は何色 爪先触れた蕾 今进むか戻るのか 瞳闭じれば 光射す乐园 泥泞にもがく日を越えて 辿り着く 呜呼命たぎらせて 战いは续く遥か彼方 旅は终わらない 十六夜の月が导くままに 今日の足枷 明日の翼に变えよう 流れる血高鸣る鼓动は 生きるため 谁もが时の辙 はぐれても同じ行き先 心に希望の原石(いし) 舍てるか握りしめるか 选択肢なら 几千通りもあるはず 茨の道を走る 伤も夸らしく 呜呼身体震わせて 胜ちたいと愿う强く高く 大地蹴り上げて 永久(とこしえ)の虹が始まる场

歌ってみた 十六夜涙歌词

10/22 00:53
あまつ风(かぜ)よ 刻(とき)の叶(は)さえ この想(おも)いは 十六夜(いさよい)に 凛(りん)とした あなたと同(おな)じ 手折(てお)られぬ华(はな) 色(いろ)は匂(にお)えど 言(こと)の叶(は)も 届(とど)かないまま 忧(うれ)う枝(えだ)から 消(き)えた あなたの空(そら)を飞(と)ぶ 蝶(ちょう)になれぬのなら その悲(かな)しみ苦(くる)しみを 喰(く)らい尽(つき)くす鬼(おに)でも构(かま)わない あまつ风(かぜ)よ 刻(とき)の叶(か)さえ この想(おも)いを 舞(ま